タグ:新たまねぎ ( 1 ) タグの人気記事

簡単!新玉ねぎのロースト

a0056451_18340401.jpg



今日は蒸し暑い一日でした。
エアコンを入れようかどうしようか…
って言う時は、冷たい食べ物が美味しい時ですね。
冷房を入れてしまうと逆に熱々のものが食べたくなったりするから、
暑いなぁ〜と言いながら、冷やし中華なんかをいただくのがピッタリかも♪

でも今日のレシピは熱々の一品なんです(すみません〜w)
先日、葉たまねぎをローストしたら
これがまた美味しかったんですよ〜(*´д`*)ハフン♪




いいね!と思ってくださったら↑ポチッと一押し応援よろしくお願いしますm(_ _)m

a0056451_18340895.jpg

葉たまねぎって、玉ねぎの赤ちゃんと言えば分かりやすいかな?
見た感じは、細っそりした小ぶりの玉ねぎにネギがくっついてるって言う感じ(笑)

玉ねぎ部分がもう少し育つと新たまねぎとして出荷されるそうですが、
そうなる前に収穫したものなので
もちろん市場にはあんまり出回ってません。

都会育ちの私は、恥ずかしながら
葉たまねぎにお目にかかったのは今回初めて!
どう料理しようかな〜と考えてたら
その昔、aicafeにたまねぎカップのレシピがあったのを思い出す。
かれこれ14年も前だよ(^-^;)

以前のレシピはオーブンを使ってましたが、
14年の間にオーブントースターも随分と進化して、
パワーもアップしております(汗)
なので今回はオーブントースターを使ったレシピをアップしますね。

葉たまねぎは入手できなくても、
新たまねぎを使うと同じように美味しく出来上がります。
特に新たまねぎは水分が多くて、
気がついたら痛んでた〜!…って言うことも多いから、
思い切って丸ごと何個か使えるレシピは新鮮で、
玉ねぎの美味しさ再発見かもしれませんよ(^-^)v
ぜひトライして見てください(*^-^*)




「新玉ねぎのグリル」


【材料】 3人分

新玉ねぎ 1〜2個(食べやすい大きさにクシ切り)
塩、コショウ
オリーブ油 大さじ1
ベーコン 2枚(細切り)
溶けるチーズなど 適宜(お好みで)

アルミホイルを用意
葉たまねぎや青ネギを使っても!



【作り方】

1.【並べる】
耐熱容器に切ったたまねぎを並べ、
しっかり目の塩とコショウを降る。
オリーブ油を回しかけたらベーコンを散らし、
アルミホイルをかぶせてオーブントースターへ。

a0056451_18341110.jpg


2.【焼く】
7分~10分ほど焼いて玉ねぎがしんなりしてきたら、
アルミホイルを外して好みでチーズを散らし、
チーズが溶けて焦げ目が付くまで更に4~5分焼いたら出来上がり。



a0056451_19084875.jpg




タマネギは、加熱するとビックリするほど甘くなるので、
塩は気持ちしっかり目に振った方が良いかも。

葉たまねぎみたいにしたかったら、
青ネギと組み合わせても良いんじゃないかな〜
あと、キノコをプラスしたり、
お子ちゃまにはソーセージやカレー粉をプラスするとか、
アレンジも楽しそうですよね(*^-^*)

この日一緒にいただいたのは…

a0056451_18344040.jpg

ヒイカと新じゃがに、
いろんなお豆(えんどう豆、枝豆、さやえんどう)を組み合わせた一品。
みじん切りのニンニクとバジルペースト、
オリーブ油で和えてあります。

これ、白ワインがピッタリ!で、
この撮影の後、冷蔵庫から出てきました〜(笑)

a0056451_18342084.jpg

同じくヒイカを使ったパスタ。
普通のパスタじゃなくて、グルテンフリーのものを使ってます。
エビも入っているのでシーフードパスタですね。
トマトソースでサッパリといただきました♪

a0056451_18351994.jpg

あとサラダも一緒に、こんな感じでした(*^-^*)

タマネギは、甘みが強いので
ご飯のおかずと言うよりは、
前菜的に最初に食べるのに向いていると思います。

お酒を飲む方はいい肴になるし、
飲まない方は、玉ねぎを食べてしまってから
ご飯を食べると血糖値が急激に上がらず
ヘルシーさがアップです!
特にタマネギはイヌリン(水溶性繊維質)が多く、
糖質を包み込んで大腸まで運んでくれ、
結果、糖尿病や動脈硬化を予防するのに大活躍してくれるので
身近なヘルシー素材として
いっぱい使ってくださいね!
これからの季節、バテ予防にもオススメですよ〜( ^ー゚)♪



←孫猫ロボたんをポチッと一押し
今日も応援して行ってくださったらうれしいです。
どうぞよろしくお願いします!(^-^)

人気blogランキングに参加しています。



by aiaicafe | 2018-05-18 19:40 | グリル・焼きもの | Trackback | Comments(2)