タグ:ベシャメルソース ( 2 ) タグの人気記事

厚揚げとキノコのおかずグラタン

a0056451_17022788.jpg



とうとうお正月まで1週間を切ってしまいました〜(汗)
12月ってアッと言うまに時間が過ぎていくような気がします(^-^;)

忘年クリスマス会が終わってからは、
残った食材なんかを処分するために
リメイク料理中心の我が家。

…と言っても、お料理自体はほぼ完食してたので
ソースやドレッシングなんかを利用してます。
残ったカレーの食べ方…なんかとはちょっと違って
最初に作ったものとは全然違うものに変身させるのが楽しいの(*^-^*)

日々のお料理作りでも、
やっぱり作りたてが一番美味しいと思うので
一般的な作りおきおかずっていうのはあまり作りません。
もちろん、時間を置いて
温め直した方が美味しくなるものもありますけどね。

作りおきで一番多いのは、やっぱりトマトソースや
ベシャメルなんかのソース類かなぁ
あとソフリットや飴色に炒めた玉ねぎなんかも。
完成一歩手前のものをたくさん作りおきしておくと
結果的には時短になって、
しかもワンランク上の味に仕上がりますから( ^ー゚)♪

今回は、カキフライと一緒に食べたタルタルソースと、
ベシャメルソースを使いました。
ご飯のおかずにピッタリな一品ですよ〜(*^-^*)v



おいしそう~♪と思ってくださったら
↑ポチッと一押しよろしくお願い致しますm(_ _)m
a0056451_17023789.jpg




「厚揚げとキノコのおかずグラタン」


【材料】2~3人分

厚揚げ 1パック(一口大に切る)
マシュルームやしめじなど、お好みのキノコ 1パック
スナップエンドウ 一掴み程度
*粗塩、コショウ 各少々

植物油 大さじ1
醤油 大さじ1
みりん 大さじ1
粗製糖 小さじ2(上白糖でもOK)

ベシャメルソース 1カップ程度(市販のホワイトソースでもOK)
溶けるチーズ 適量

ベシャメルソースの作り方はこちら
スナップエンドウはスジを取りサッと茹でておく
野菜は好みで絹サヤやブロッコリーでも!



【作り方】

1.【炒める】
フライパンに植物油を熱し、キノコ、厚揚げ、スナップエンドウの順に炒め、
調味料を加えて全体に絡める。


2.【盛り付ける】
耐熱皿に炒めた具を盛り付ける。
上にベシャメルソースを乗せ、チーズをトッピングする。


3【焼く】
オーブントースターで焦げ目が付くまで焼いて完成。


a0056451_17023371.jpg

これ、ベシャメルソースがあれば一瞬でできるんですが
作る時間が無い!っていう方は、
ベシャメル無しでチーズだけで作っても
かなり美味しく出来上がりますよ〜(^-^)v

ベースのお味は、甘じょっぱ系の照り焼き味です。
そこにミルキーな味が加わると
なんとなくすき焼きを思い出す味になるのよね。

まったりまろやかで、
和と洋のコラボみたいな感じ?
ソフトクリームとあんこや
明太子フランスにも通じるかもしれない美味しさかな(ちがう?笑)

一緒にいただいたのは
アボカドとトマトのサラダ。
a0056451_17024583.jpg

下にはブロッコリースプラウトとラディッシュ、
上にタルタルソースをトッピングしました。
茹でタマゴも入ってるから、結構ボリュームありました。

a0056451_17024104.jpg

あとは肉団子と根菜の煮物。
お野菜類は、カマンベールが入った煮物に使ったもの。
洋風にする時は、大根とごぼうは
あまり強い香りが出ないようにサッと下茹でします。

濃いめのお醤油で和風の煮物にする時や
ごぼうの香りを立たせたい時なんかは
下茹では無しでも大丈夫です(^-^)v
いろいろやった方が美味しくなるだろう…
っていうのとはちょっと違います。
もしかしたら無駄な手間をかけているかもしれません。
自分はどんな味のものを作りたいのか、
っていうことを考えて決めてくださいね。

さて、お正月まで残すところあと数日。
みなさん、大掃除やおせち作りに励んでるのかな〜?
風邪をひいて寝正月にならないように
ご自愛くださいね。



←孫猫ロボたんをポチッと一押し
今日も応援して行ってくださったらうれしいです。
どうぞよろしくお願いします!(^-^)

人気blogランキングに参加しています。





by aiaicafe | 2017-12-28 18:12 | 炒めもの | Comments(4)

牡蠣のコキール風

a0056451_151177.jpg



今日はうるう年の29日ですね。
四年に一回なんだから、日記書いとかないとな〜…と思って過去記事を振り返ってみたら、
この11年間の間に、うるう年の2月29日には1回だけ記事を書いてるみたい。
その時の内容がオイスターチャウダーの記事だったので、
今回も久しぶりに牡蠣を使ったレシピをアップしますね。
そう書くと、4年に一回しか牡蠣食べないのか??っていう感じがしますが(笑)
そんなことありませんよ〜(^▽^;)
我が家は生ではほとんど食べないんですが、
フライやグラタンにして時々いただきます。

2月のレッスンでは、鍋の具として登場しました。
プリッと大粒で、生徒のみなさんには大好評♪
あまりに美味しそうだったので、我が家の晩ごはんにも登場したというわけです。

タイトルには『コキール風』とあるけど、
本当のコキールは、貝殻か、貝の形の器に入っているものを指すんですよね。
(コキール=貝殻 の意味)
我が家、一応貝の形の器があるんですが小さくて〜(汗)
代わりに1パックの牡蠣を二人で分けてちょうど収まるサイズの耐熱皿を使いました。

コキールといえば、グラタンのイメージがあるけど、
必ずしもそうでは無いらしくて、生でも貝の上に乗っていればコキールなんだそうですよ。
グラタン皿なんかを使って、気軽に作ってみてくださいね。

牡蠣の上にかけるベシャメルソース(ホワイトソース)は、
「私にはちょっと敷居が高くて…」という方は省いちゃっても構いません( ̄^ ̄)キッパリ
代わりにチーズをたっぷり乗せれば、また違った美味しさです。
臨機応変にどうぞ( ^ー゚)♪


おいしそう~♪と思ってくださったら
↑ポチッと一押しよろしくお願い致しますm(_ _)m

a0056451_1512611.jpg





「牡蠣のコキール風」


【材料】

3人分程度

牡蠣 1パック(130g~200g)
シメジまたはマッシュルームなど、お好みのきのこ 適量
オリーブ油 大さじ1
白ワインまたは日本酒大さじ1
粗塩、黒胡椒 各少々
カレー粉(カレーパウダー) 小さじ1/3

ほうれん草 1把

ベシャメルソース 1カップ程度
溶けるチーズ 適量
バター 少々(型に塗る用)

ベシャメルソースの作り方はこちら
  (今回は牛乳を豆乳に変えて作りました)前もって作っておく。



【作り方】

1.【下ごしらえ】
鍋に湯を沸かし、沸騰したらほうれん草を入れてサッと茹でる。
しんなりしたら引き上げ、ザルに取って冷水で冷やし、色止めする。
水気が切れたらぎゅっと絞り、5cmくらいに切っておく。
牡蠣は3%の塩水を作り(300ccの水なら小さじ2程度の粗塩を溶かす。)優しく振り洗いし、
真水でゆすいでから水気を切っておく。



2.【炒める】
フライパンにオリーブ油(または他の植物油)を熱し、
強目の中火で牡蠣ときのこを炒める。
牡蠣の両面を軽く焼いたら、白ワンを回しかけてきのこがしんなりするまで少し炒める。
軽く塩胡椒し、カレー粉を振りかけてまぶしておく。
(この後また焼くので、火の通しすぎに注意!)



a0056451_1512832.jpg3.【焼く】
耐熱皿に、指の温度で溶かしながらバターを塗る。
炒めた牡蠣とシメジを盛り付け、
その周りにほうれん草を広げて乗せる。
上にベシャメルソースをかけて広げたら、
チーズをトッピングしてオーブントースターへ。
(または220度くらいのオーブンで焼いても良い)
ふつふつと煮えて、うっすら焦げ目が付いたらできあがり。





牡蠣はすべての必須アミノ酸と、
亜鉛やマグネシウムなんかのミネラルを豊富に含んだすごい食材なんですよね。
柔らかいからお子ちゃまやお年寄りの方にも食べられるし〜
なのですべての年齢層の方におすすめ!
美肌や健康維持になくてはならない栄養を、
美味しく食べながら摂取してくださいね(*^-^*)v
できあがりはこんな感じです〜♪

a0056451_1513527.jpg





←孫猫ロボたんを ポチッと一押し
今日も応援投票して行ってくださったらうれしいです。
どうぞよろしくお願いします!(^-^)

人気blogランキングに参加しています。


by aiaicafe | 2016-02-29 15:54 | グリル・焼きもの | Comments(0)