2018年 06月 13日 ( 1 )

やみつき!台湾風枝豆

a0056451_14180531.jpg



梅雨入りして蒸し暑い日が多くなってきましたね〜!
我が家でも、少しずつ真夏メニューが増えて
食卓が夏っぽくなってきました。

今回のレシピは、夏の定番「えだまめ」を
ちょっとアレンジした一品です。

これ、つい最近
我が家の近所にある創作中華料理屋さんで食べたメニューなんですが
茹でた枝豆をニンニクや黒コショウを効かせて
甘辛味でサッと炒めてあります。

メニューには「台湾風枝豆の炒め」とあったので
さやから出した枝豆を炒めてあるのかな?と思ったら

なんと!さやごと炒めてある??w( ̄△ ̄;)wおおっ!

と、その調理方法に驚きつつ、
パクッと一口食べてみたら…

  _, ._
(;゚ Д゚)お、おいしい!!

ピリっと効いたコショウと甘辛味が後を引いて
ビールにピッタリなのは言うまでもありませんが
白いご飯にこれを乗せて、
ガガーっとかき込みたい気分になるではありませんか!(笑)
(実際、サヤは食べられませんけどね^^;)
詳しい画像などは記事下↓もしくは右サイド→の
インスタグラムでチェクしてみてくださいね。

早速味を思い出して作ってみたので
忘れないうちにレシピをアップしておきますね。

自分で茹でた枝豆で作るとひときわ美味しいですが
冷凍やお惣菜で売っているのでも作れますよ〜
新しい味の枝豆にぜひトライしてみてください(*^-^*)



おいしそう~♪と思ってくださったら
↑ポチッと一押しよろしくお願い致しますm(_ _)m
a0056451_14164265.jpg



「台湾風枝豆炒め」


【材料】

枝豆 一袋
粗塩 大さじ1(茹で用)

太白ごま油または他の植物油 大さじ2
にんにく 1片(ごく細かいみじん切り)
輪切り唐辛子 少々
粗挽き黒コショウ 適量
五香粉 一振り(または八角1個でも)

『合わせ調味料』
オイスターソース 小さじ2
醤油 小さじ2
粗製糖または上白糖 小さじ1/2


茹で用の塩は必ず粗塩(海の塩や岩塩など)をお使いください。精製塩は不可です。


【作り方】

1.【下ごしらえ】
枝豆は、キッチンバサミでサヤの両端をカットする。
合わせ調味料は材料を全て混ぜ合わせ、
炒める前に作っておく。



a0056451_14184508.jpg2.【茹でる】
ピッタリした蓋つきのフライパンか鍋を用意。
水250ccに大さじ1の粗塩を入れて溶かす。
枝豆を加え、両手でこすり合せるようにして
塩水となじませる。
豆がヒタヒタに浸かる程度の水加減にし、
蓋をして中火にかける。
沸騰したら静かに沸騰するくらいの弱火にして茹で、
3分経ったら一度かきまぜる。
再び蓋をして3分湯でたら出来上がり。
ザルに上げて水気を切る。
(水にさらしたりしないこと!)



3.【炒める】
フライパンに油とにんにく、唐辛子を入れて中火にかける。
香りが立ってきたら枝豆を加えてサッと炒める。
五香粉をほんの一振りし、好みで黒コショウを加えたら
合わせ調味料を回し入れて枝豆に絡める。
すぐに火を止め、器に盛り付けたら完成。



枝豆の両端を切るのは、
茹でた時にそこから塩気が染み込んで
豆に程よい塩味が付くから。
塩は枝豆の甘みが引き立つように、
黄金律に基づいた濃さなので
ここはひとつ、面倒がらずにチョキチョキしてくださいね。
豆のキワあたりを切ると味がよく染み込みます( ^ー゚)♪

にんにくは、できればちょっと気合を入れて
これでもかー!とみじん切りにすると(笑)
仕上がりに差がでますよ(^-^)
まず二つに切って、芯はえぐみがキツいので取り、
それから細かく切っていきます。

これ、手で食べるとベタベタになるので(汗)
必ずお箸を使ってくださいね。
思わずサヤも食べたくなる味ですが(笑)
硬くてムリなのでご注意を(^▽^;)


この方法で、ゴーヤでも試してみてんですが
なかなかイケますよ〜♪
今年はゴーヤーを一株植えたので
とれとれのゴーヤーがGETできたら
またアップしますね!(*^-^*)v



←孫猫ロボたんをポチッと一押し
今日も応援して行ってくださったらうれしいです。
どうぞよろしくお願いします!(^-^)

人気blogランキングに参加しています。




by aiaicafe | 2018-06-13 15:27 | 茹で・蒸しもの | Comments(2)