2018年 02月 02日 ( 1 )

リメイクで作るカレーの晩ごはん

a0056451_13293617.jpg



厳しい寒さが続いてますね〜(T^T)
加えて、インフルエンザに感染している人も過去最高だそうで、
私は特に、乳がん治療で放射線治療をしたこともあって、
肺炎になりやすいかなぁ…と、
不要不急の外出は少しの間控えるようにしてます。

でも本当は、さっそうと外を闊歩したくてウズウズ…
すぐ近くには大阪のセントラルパーク!?
大阪城公園もあるのにな〜

仕方がないので大好きなクロスステッチをチクチクしていると
毎日あっという間に時間が経ってしまって(^-^;)
気がつけば外は真っ暗。

ダーリンからの「今から帰るよ〜!」という電話でハッと気がつく私(汗)
それから大急ぎで晩御飯の支度にかかるわけですが
ダーリンが帰宅するまでは約30分。
ごはんのことなんてな〜んにも考えずに
のほほんとしている私は、
そこからおかず作りがスタートします。

材料は何があるか?どういう調理方法でどんな味付けにするか?
制限時間30分!そこから慌てて考えて作るわけです(^▽^;)
もちろん、毎日がすべてそうでは無いですけど、
今回のごはんもそのうちのひとつ。



おいしそう~♪と思ってくださったら
↑ポチッと一押しよろしくお願い致しますm(_ _)m
a0056451_13294867.jpg


この日は、ローストポーク(焼豚)とグリーンサラダ、
豆腐の一口ステーキ・キノコとアボカドのチャンキーソース
リメイクカレー・トロトロ卵添え。

前日に調味料をすり込んでおいたローストポーク以外は、
その時パッと思いついたものばかり。
なのでいつも、なんやねんこの組み合わせは〜??
っていうおかずの組み合わせになっちゃうんですが(笑)
お家ごはんは、なによりもまず栄養のバランスが取れていることを第一に考えます。
医食同源ですからね〜!
二番目は、同じ味がダブらず美味しいこと。
そして見栄えが三番目に来ます。


メニューの中では、カレーが一番時間がかかりそうかな?
実はコレ、前回アップした
ベジスープ煮・とろけるカマンベールをリメイクしたもの。
カレーをリメイクしたんじゃなくて、
リメイクカレーね!
夫婦二人だと、量が食べられないので少し余ってしまいました(^-^;)
具はすでに火が通っているし、スープには野菜の旨味がいっぱい出ているから
沸騰したらできあがるくらいの時間でできてしまいます。

私はスペルト小麦とカレーパウダー(SBの赤い缶)を使ったけど、
インスタントのカレーキューブを使っても良いんじゃないかなぁ
いつものカレーよりも、きっと美味しくできあがると思いますよ(*^-^*)

おじさん&おばさん向けには、
ごはんの量を考えて、白米よりも雑穀系が混じってる方がオススメです。
(手作りカレーの作り方はこちらを参考にしてください。)


一緒にいただいたのは…
a0056451_13294377.jpg

a0056451_13294094.jpg

ローストポークと、一口サイズの豆腐ステーキ。
両方とも、美味しいタレがポイントで、
ポークのタレは、焼いた後に出る肉汁がプラスされてます。

お豆腐は固めの木綿豆腐を使うと
水を切る手間も省けるし、崩れずあつかいが楽です。
充填どうふ(器と豆腐の間に隙間のない豆腐)はパスして、
『かため』と書いてあるものか、
無ければ焼き豆腐が固くておすすめ。
それも無ければ厚揚げを使うという手もありです( ^ー゚)

今回は、フライパンで色よく焼いた豆腐に、
切ってみたら予想外に硬かったアボカドと(笑)
キノコを2種(まい茸としめじ)炒めてタレで味付けしたものをトッピング。
豆腐には軽く粗塩を振っただけだけど、
タレが染みていくので濃くもなく薄くもなく、
前菜的に良い感じで食べられます(*^-^*)v

タレの作り方
生姜とニンニクスライス各5〜6枚(ニンニクは中心の芯を取る)
醤油大さじ2、みりん大さじ1、日本酒大さじ1、
砂糖小さじ2、オイスターソース小さじ1
以上を小鍋に入れて沸騰させ、粗熱が取れたら生姜とニンニクは取り出す。


このタレは、手羽先唐揚げのタレを元にアレンジしたもの。
つけだれや炒め物の味付けなんかに使える万能ダレなので
作り置きしておくと制限時間30分でも
ちゃんとしたおかずが何品か作れます(笑)

なかなか外出できないときは、
お家でゆっくり新しいメニューにトライするのも楽しいものです。
美味しいごはんでほっこり温まってくださいね(*^-^*)



←孫猫ロボたんをポチッと一押し
今日も応援して行ってくださったらうれしいです。
どうぞよろしくお願いします!(^-^)

人気blogランキングに参加しています。






by aiaicafe | 2018-02-02 16:37 | 煮もの | Trackback | Comments(0)