我が家流ブイヤベース

a0056451_14223924.jpg



魚介の旨味がぎゅっと濃縮されたブイヤベースは、世界三大スープの1つ。
本当は、アレとコレを入れなくちゃダメ!と言うブイヤベース憲章まであるそうなんですが
元々は漁師が余った魚介を鍋にぶっ込んでグツグツしたスープですしね。
普段にお家で気軽に作って食べるのには、
白身魚、貝、エビ、この3種とジャガイモが入ればもうごちそうです(^-^)

このスープの特徴は、なんといっても黄金色であるという所。
そう、サフランを使うんですよね。
サフランは風邪予防にいいらしいですが、みなさんご存知のようにかなり高価(^-^;)
っていうか、近所のスーパーをのぞいたら置いてませんでした〜(笑)

で、代わりに(?)ウコンを使いました。
カレー粉や、沢庵の色づけなんかに使われてるヤツです(^-^)
こちらスパイスコーナーで1瓶105円ナリ(笑)
サフランに負けずに、体に良いスパイスとして最近ではおなじみですよね。
肝機能を強化し、解毒作用を助け、
コレステロール値を下げてピロリ菌までやっつけてくれるらしいです。
これをパパッと入れたら薬膳スープのできあがりではないか??
ムフフと思いながら迷わずGETです(たぶん顔がニタついてたはずw)

今回は、煮込む時に土鍋を使いました。
先に作っておいても、他のお料理ができあがるまでアッツアツ!
黒いシンプルな土鍋なので、洋風スープもぴったりで
「これ、なかなかいいじゃない♪」と、お気に入りの土鍋になってしまいました(笑)

材料を入れたらあまり煮込まないので、アッと言う間にできあがる簡単料理です。
でもお味は最高!魚介の旨味って本当にすごいです!
にんにくの入ったアイオリソースも添えて、ハフハフ言いながら召し上がれ♪



人気blogランキングに参加しています。   Blog ranking
a0056451_14245012.jpg









「我が家流ブイヤベース」


【材料】

4〜5人分

白身魚適宜(タラ、イトヨリを使いました)
アサリ1パック
エビ15匹程度
ジャガイモ小3個(5mmくらいにスライス)
たまねぎ1/4個(みじん切り)
白ネギ1本(小口切り)
にんにく1片(みじん切り)
オリーブ油大さじ1
白ワイン100cc
水1リットル
コンソメ(粉末タイプ一包)
トマト2つぶ(水煮)(無ければ入れなくてもOK)
ウコン(ターメリック)小さじ1
月桂樹、ローズマリー、ディルなどのお好みのハーブ(ブーケガルニでも可)
塩コショウ
フランスパン(お好みで)

『アイオリソース』
卵黄1個
おろしにんにく1片分
ワインヴィネガー大さじ1
砂糖小さじ1/2
塩コショウ
オリーブ油80cc

アイオリソースは、オリーブ油以外の材料を先に混ぜ、最後にオイルを少しずつたらしながら
泡立て器(又はバーミックスやFP)などでよく混ぜ合わせます。





【作り方】


1.【下ごしらえ】
  魚は一口大に切り、塩を少し振って10分程度置いてから
  ペーパータオルで水気を吸い取ります(臭みが取れます)
  エビは殻を剥いて塩を振って揉み、ぬめりが出たらサッと洗い流して
  爪楊枝などで背わたを取っておきます。
  アサリは塩を振って擦り合わせるようにして洗い(2〜3回繰り返す)
  ヒタヒタの海水程度の塩水に浸けてお皿などで蓋をし、
  少しの間冷蔵庫に入れて砂抜きしておきます。



2.【炒める】
  フライパンにオリーブ油とにんにくを入れて熱し、
  ニンニクの香りが立ったらタマネギとネギを加えて炒めます。
  白ワインを回し入れ、一煮立ちさせてアルコール分を飛ばしたら
  土鍋へ移します。
  (土鍋を使わない場合は、最初からお鍋で炒めます)



3.【煮る】
  土鍋に水を足し、ハーブ類全てとコンソメ、
  トマトの水煮を手で潰して加え、一煮立ちさせます。
  ぐらぐらと沸騰したら魚とジャガイモを加え、じゃがいもが煮えるまで5分ほど煮ます。



4.【仕上げ】
  最後にエビとアサリを加えたら、塩コショウで味を調えます。
  一煮立ちして貝の口が開いたらできあがり。
  器に盛り、アイオリソースを加え、薄切りのフランスパンを添えて召し上がれ♪




a0056451_14255741.jpgアイオリソースの半分は、
粉チーズを混ぜてドレッシングに使いました。
シーザーサラダのドレッシングと似た感じになるんですよ〜
ホットサラダにかけて食べたらいい感じ♪



a0056451_14265347.jpg

人参は型抜きした後のを使ってますが(笑)
温かいサラダが嬉しい季節ですよね〜(^-^)
緑黄色野菜もたっぷりと食べられました。

我が家流は、普通の魚介で作りましたが、
ムール貝や有頭エビ(伊勢エビの頭なら最高!)白身魚も3種類くらい入れて、
ちゃんとサフランを入れると超豪華な1品になります。
あ、クリスマスディナーなんかにもおすすめです!
ココゾと言う時は、ぜひ奮発して作ってみてくださいね。




人気blogランキングに参加しています。

おいしそう〜♪と思ってくださったら

Blog ranking ←_ρ( ̄  ̄*)ポチッ♪と一押し
応援どうぞよろしくお願いします!

a0056451_14235738.jpg

by aiaicafe | 2007-11-14 14:39 | 煮もの | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : https://aiaicafe.exblog.jp/tb/6441854
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by みーこ at 2007-11-14 17:15 x
うっひゃ~!!
キター!ブイヤベース!!!
どのお料理本を見ても、本格的なものばっかりでかなり遠い存在だったけれど、ママンレシピなら私にも作れそう♪
ありがとうママン♥
ちなみにウコンは飲兵衛の私にとって必須アイテムですww
それも一緒に摂れるなんて・・・最高のレシピだ。

今年のクリスマスはブイヤベースとポークロールに決まった!(早い)
これを作りたいがためにお家ディナーにしちゃおう(●´艸`)
Commented by kei-kana38 at 2007-11-14 22:08
aiさんブイヤベースにウコンなんて、凄すぎます。
おいしさはもちろんのこと、栄養、家族の健康、そして家計のこともすべて頭に入れた上でのレシピにスゴイ以外の言葉がでてきません。
aiさんのブログを見た後は丁寧にお料理を作ろうと思うんですよね。
でも手抜きしちゃうんですが。
今後はメリハリをつけようと思いまーす。

Commented by aiaicafe at 2007-11-15 23:55
+みーこちゃん+
そうそう、本とかにはかな〜り豪華なのが載ってるよね(笑)
本当は、頭の付いたエビが入るとコンソメなんて入れなくてもいいんだけど、
お家で気軽に食べるのにはこれで充分だと思うのよね(^-^)
でないと、ここぞと言う時に威力が無くなっちゃうし〜(笑)
>これを作りたいがためにお家ディナーにしちゃおう
仲間とワイワイやるのもいいけど、お家でゆっくりもいいよね♪
う〜ん、悩むわ〜…と言ってる間にクリスマス来そうよ!(^-^;)
Commented by aiaicafe at 2007-11-16 00:00
+ kei-kana38さん+
いえいえ、そんなすごいものではないんですよ〜(^-^;)
最初はカレー粉で…と思ったんですが、ウコンの方がくせが無いですものね。
>今後はメリハリをつけようと思いまーす。
そうそう、1品を一生懸命作ったら、他は簡単な物でいいと思いますよ(^-^)
全部一生懸命だったら続きませんしね。
できるだけ丁寧に、そしてたまには手を抜いて、
ずっと続ける事だから、息抜きしながら頑張りましょう!(^-^)
Commented by simarisu10 at 2007-11-18 19:38
はじめまして~

ひょんな事がきっかけで、頻繁にお邪魔していることは、ナイショ。
今回、たまらず、このブイヤベースを作ってしまいました。
かな~り美味しかったです。ありがとうございました。

Commented by aiaicafe at 2007-11-18 23:25
+simarisu10さん+
はじめまして!
早速作ってみてくださったんですね?
おいしく食べていただけてよかったわ〜(*^-^*)
嬉しいコメントどうもありがとうございました。
また気軽にあそびにいらしてくださいね♪
Commented by みーこ at 2007-11-26 20:57 x
ママン!
クリスマスを待てずに作っちゃった♪
思ったよりも簡単で短時間で出来るのに、驚きの美味しさでおなかいっぱい食べちゃいました!
アイオリソースがまた旨いのなんのって。
隊長がクリスマスも食べたいとリクエストしてきたよ☆
クリスマスに留まらず、冬の定番料理になりそうです(*´ω`*)
Commented by aiaicafe at 2007-11-27 14:43
+みーこちゃん+
>思ったよりも簡単で短時間で出来るのに、驚きの美味しさで
でしょ〜!
同じ美味しさを共有できてうれしいわ♪
魚介の旨味ってすごいよね(^-^)
お魚の洋風料理って、ソテーやフライくらいしか思いつかないけど、
これって穴よ(笑)
鍋感覚で又気軽に作ってみてくださいね!
<< 舞茸のクリームパスタ トンポーロー風豚の角煮 >>