主役は小玉ねぎ!スペアリブと大豆のポークビーンズ

主役は小玉ねぎ!スペアリブと大豆のポークビーンズ_a0056451_13551114.jpg


寒くなって来てから、煮込み料理をよく作ります。
週に一度デリバリーしてもらっている、
オーガニック野菜の中に
小ぶりの玉ねぎがありました。
ポークビーンズと一緒に煮てみたら美味しかったので、
今回はアレンジ版としてアップしますね。
(最初にアップしたポークビーンズのレシピはこちら↓)

今回のレシピには、使ったハーブも詳しく書いてあります。
その他ビミョーに分量なども違う進化系なので
煮込み料理がお好きな方は
ぜひチェックしてみてくださいね(*^-^*)


おいしそう~♪と思ってくださったら
   ↑ポチッと一押しいいね!をお願いしますm(_ _)m
主役は小玉ねぎ!スペアリブと大豆のポークビーンズ_a0056451_13551634.jpg

使った小玉ねぎは、
ペコロスよりもやや大きいくらい。
じっくり焼き色を付けてからコトコト煮込むと、
自然の甘みがジンワリ出て
めっちゃ美味しいの〜(*´д`*)ハフン♪

作った翌日はさらに美味しくなってるから
娘のところへ行くときに
お土産として持って行くと
娘大喜びです(笑)

クリスマスや忘年会なんかの
パーティーシーズンにぴったりのメニューなので、
前日に作っておくと当日は確実に楽できますよ〜( ^ー゚)♪





「小玉ねぎ入り、スペアリブと大豆のポークビーンズ」

【材料】4~5人分

スペアリブ(骨付き豚バラ肉)400g~500g
粗塩 小さじ1程度
粗挽き黒こしょう、ドライ粉末オニオン、ドライ粉末ガーリック 各少々
ハチミツ 大さじ1程度

小玉ねぎ 5~6個
タマネギ小1/2個(みじん切り)
オリーブ油 大さじ1
水 300cc
コンソメの素 1個
ベイリーフ 1枚
クミン、コリアンダーシード、オレガノ 各小さじ1/2ずつ
※トマトソース 100cc
飴色タマネギ 大さじ1(市販のものでOK)
水煮大豆 150g程度
粗塩、コショウ

※トマトソースの作り方はこちら
飴色たまねぎの作り方はこちら


【作り方】


1.【下ごしらえ】
スペアリブはフォークなどを全体に突き刺して穴をあける。
粗塩を全体に振って手で刷り込み、
オニオンやガーリック、コショウなども振る。
ハチミツを垂らしたらラップをし、
冷蔵庫に入れてそのまま一晩置く。

主役は小玉ねぎ!スペアリブと大豆のポークビーンズ_a0056451_13552154.jpg

2.【炒める】
厚手の鍋にオリーブ油を熱し、
弱めの中火でじっくり焼き色が付くまで
小たまねぎをソテーする。
しっかり焼色が付いたら一度取り出す。
続けてスペアリブに焼き色を付ける。
全体にこげ色が付いたらこれも一旦取り出す。
続けてみじん切りにした玉ねぎを炒め、
しんなりしたら小玉ねぎとスペアリブを鍋に戻す。



3.【煮る】
鍋に水を加えたら、コンソメとスパイス類、
飴色玉ねぎ、トマトソース、大豆を加えながら煮て、
沸騰したら弱火にして蓋をし、コトコト静かに10分ほど煮て火を止める。
そのまま蓋を取らずに30分ほど置き
再び弱火で10分煮て火を止める。

主役は小玉ねぎ!スペアリブと大豆のポークビーンズ_a0056451_14254596.jpg

4.【仕上げ】
2~3回繰り返したら
蓋を外して弱火で少し煮詰める。
最後に味をみて、粗塩とコショウで味を整えたら完成。





美味しく作るポイントは、
玉ねぎにしっかり焼き色を付けること。
ペコロスを使う場合も同様だけど、
小さいので数は増やしてくださいね。

横に写っている前菜風なのは、
エビとモッツァレラチーズを合わせたもの。
主役は小玉ねぎ!スペアリブと大豆のポークビーンズ_a0056451_13552768.jpg

味付けはオリーブ油と粗塩、バジルペーストのみ。
エビを茹でずにグリルした
…って言うのがポイントかな。
結構大ぶりだったせいか、
エビの香ばしさがしっかり出て
美味しかったんですよ〜♪
主役は小玉ねぎ!スペアリブと大豆のポークビーンズ_a0056451_13554847.jpg

見た目の彩りも良いので
おもてなしやクリスマスメニューにも
良いかもしれません。
何よりも簡単なので
初心者の方にもオススメです。
材料をしっかり吟味して、
トライしてみてくださいね(*^-^*)





←孫猫ロボたんをポチッと一押し
今日も応援して行ってくださったらうれしいです。
どうぞよろしくお願いします!(^-^)

人気blogランキングに参加しています。



by aiaicafe | 2018-11-26 14:56 | 煮もの | Comments(0)
<< 簡単!椎茸ステーキ 牡蠣とレタスのオイスターソース炒め >>