永久保存版!レンジサラダチキン

a0056451_14424940.jpg



連休に入ってから、
毎日信じられないくらいの暑さが続いてますね〜(汗)

ここ最近は信じられない事(信じたくないと言うべき?)
ばかりで、心身ともに疲れ気味の方も多いと思われます。
日々の食事で少しでも改善できればなぁ〜と、
今回は、鶏胸肉を使った一品を
超詳しい解説付きでアップしますね(*^-^*)
疲労回復、夏バテ防止にはやっぱりコレですよ〜!

鶏胸肉には、イミダゾールドペプチドという成分が多く含まれ、
これに疲労回復効果を高める働きがあると言われています。
この成分、渡り鳥などの、
ずっと翼を動かし続ける部分に特に多く含まれるそうです。
(なるほどね〜!と、納得ね^^)

ニワトリは飛びませんが(^▽^:)
私達が普段気軽に入手できる食材の中では、
イミダゾールドペプチドがダントツに多いらしいですよ。
お魚なら、回遊魚の尻尾に近いところにも多く含まれるそうですが…
(これもやっぱり一生懸命動かす部分よね!)
あんまり食べ応えはなさそうですしね(^-^;)

調理次第でバリエーション豊かに食べられる鶏胸肉は、
お財布にも優しいから気軽に食卓に並べられます(*^-^*)v

そしてなんと言ってもタンパク質ですから、
体の中に入ればアミノ酸として、
髪や肌、血液などを作る細胞に。
はたまた、質の良い睡眠や頑張る気力を作り、
ストレスに打ち勝つためのホルモンを作る元にもなります。

老若男女、誰にでも勧められる鶏胸肉は
ストレスの多い現代社会の救世主と呼んでも
過言ではないかもしれませんね。
ちょっと大げさ?(笑)

鶏胸肉に風味を付けて加工した食品は
最近は『サラダチキン』と言う名で
スーパーに行くといろんなメーカーのものを見かけますよね。

我が家ではレンジ蒸し鶏として、
お料理教室にも時々登場してましたが
今回はレンジで作るサラダチキンとして再アップです。
まずはここから。やったことの無い方は、
少しずつステップアップしてくださいね(*^-^*)


おっしゃ〜頑張るぞー!と思ってくださったら
↑ポチッと一押しよろしくお願い致しますm(_ _)m



「レンジサラダチキン」


【材料】鶏胸肉一枚分

鶏胸肉 1枚
粗塩 小さじ1/2
料理酒(日本酒) 大さじ1


『好みのスパイス・薬味など』
黒胡椒 適量
粉末ガーリック 適量
粉末オニオン 適量
おろしレモン皮 少々

塩は精製塩ではなく、海の塩や岩塩(粗塩)を使う。
料理酒は塩が入っていないものがオススメ。

a0056451_14430589.jpg


【作り方】

【下準備】

1.皮は断熱材の役割をしてしまいます。
ムラなく一度で火を通すために取ります。

(後で一緒に加熱できるので、食べたい方は捨てずに取っておきましょう)
一番分厚いところを上にして置くと、イビツなハート形に見えます。


2..胸肉の繊維にそって、
まず一番分厚い上部を切り離す。
残りは真ん中あたりで縦に2分割し、
全部で3つに切り分けます。



3.手のひら全体で上からしっかり肉を抑え、
真横から包丁を入れて切り開きます。

こうすると厚みが均一になり、
失敗なく火が通り、加熱ムラが無くなります。
もし切り離してしまっても大丈夫。
サイズが小さくなるだけなので心配しないで!


4.全部を開いたところ。
こうしておくと、どんな形の器にも並べられるし、
後で裂いたり切ったりもしやすくなります。



a0056451_14431013.jpg



【加熱する】

1.好みのスパイスや薬味を用意する。
今回は洋風にするために上記のスパイスを使用。

和風や中華風にする時は、
ネギやショウガのスライスを乗せたりします。
市販のサラダチキンを参考に、好みのものを用意してみてください。
(塩味は後からでも調節できるので、ここでちゃんと味を決めなくても大丈夫!
ちょっと控えめぐらいがオススメ^^)



2.耐熱皿に重ならないように並べ、
まず粗塩から振り、手で刷り込むようになじませる。
粉末ガーリックなど、残りのハーブを全体に振る。

(皮も食べたい時は、ここで一緒に隅っこに置いて^^)


3.日本酒を全体にまわしかけたら
膨らんでも良いように、ふんわりと緩めにラップをする。
レンジ600Wで3分40秒~3分50秒加熱。
ラップはしっかり膨らみ、ぐつぐつと煮えて湯気が立ってきます。
チン♪と鳴ったら取り出す前にお箸などで1箇所穴を開け、
それから取り出す。


4.ラップは剥がさず、そのままの状態で自然に冷ます。
完璧に火が通る一歩手前まで加熱し
この間に余熱で火が通るようにする。
なので赤子泣いてもラップ取るな!です(笑)
(使うレンジで時間や温度は変わってくるので
加熱時間は参考にしてください)
粗熱が取れたら完成。
肉汁は後で使うので、捨てずにそのまま浸しておく。



a0056451_14425739.jpg

さて、これでサラダチキンは完成!
スライスしてそのまま食べても美味しいけど、
やっぱりいろんなバリエーションで頻繁にいただきたいですよね〜♪

トップ画像は少し前にいただいた我が家のご飯。
サラダチキンを使った一品も含めて、
レシピはさらに次回へと続きます。
またチェックしてみてくださいね(*^-^*)



←孫猫ロボたんをポチッと一押し
今日も応援して行ってくださったらうれしいです。
どうぞよろしくお願いします!(^-^)

人気blogランキングに参加しています。




by aiaicafe | 2018-07-17 16:09 | 茹で・蒸しもの | Comments(0)
<< ミントパワー!チキンとパイナッ... ゴーヤサイクル >>