タグ:鶏肉 ( 4 ) タグの人気記事

レンジで手間なし!鶏むね肉とオクラのお浸し

a0056451_11491413.jpg




なんだか寒い日が続く大阪。
ただいま杉花粉のピークみたいですが(汗)
スギ花粉に敏感なダーリンは、去年に引き続き
今現在は時々クシャミが出るくらいで症状は軽いみたい。

毎年今頃は、涙をポロポロこぼして
「誰にいじめられたんだ!?」って言う顔で
泣きながら帰ってくるんですが(笑)
腸活が効いてるのかなぁ?

ヒノキやオリーブに敏感な私は
4月に入ってからが勝負なので(^-^;)油断は禁物。
腸活はもちろん、外に出るときには必ずマスク着用してますよ〜

娘からは「3日も熱出してるから来て〜(涙)」と出動要請があったので(^▽^;)
先日は救援物資を持って救助に行ってまいりました(笑)

いつも遊んでくれる人が相手をしてくれないからか
なんだかヒマそうにダンボールで一人遊びしてるロボたん…



なんとなく寂しそう?
↑ポチッと一押し応援よろしくお願い致しますm(_ _)m
a0056451_12091925.jpg

いつもはあんまり鳴かないのに、
みゃ〜みゃ〜と甘えた声で娘にすり寄って
彼女の布団に潜り込んでくるらしいですよ。
ロボたんなりに心配してくれてるんでしょうかね〜(´∀`*)ウフフ


さて今回のレシピは、レンジで一度に作れる一品。
鶏胸肉をチン♪して蒸し鶏にするついでに(^-^;)
他の野菜も一緒にチン♪したら
おもてなし風の小鉢もののできあがり〜!
…っていえば大体どんな風に作るのかは想像できますよね?

美味しく作るためのポイントを書いておきますから
そこを外さないようにして作ってみてくださいね(*^-^*)




「鶏胸肉とオクラのお浸し」


【材料】約3人分

鶏胸肉小さめ 1/2枚
オクラ 6〜8本(縦半分に切る)
粗塩 2つまみ程度
コショウ 少々
日本酒 大さじ1
生姜 少々(千切り)

醤油 小さじ1
いりゴマなどの薬味(お好みで) 適宜

塩は精製していない粗塩(海の塩)をお使いください。

a0056451_11491749.jpg



1.【下ごしらえ】
鶏胸は皮を取り、手の平でしっかりと抑えて
真横から水平に包丁を入れて開く。

分厚いところを開くことで厚みを均一にする。
そうすると火の通りがムラにならない。

粗塩を振ってまんべんなく手で擦り込んでおく。


2.【レンジ加熱する】
鶏肉とオクラを耐熱容器に並べ、オクラに軽く粗塩を振り、
日本酒を全体にふりかける。
ふんわり緩めにラップをかけたら電子レンジ(600w)で数分間加熱します。

鶏肉大きめなら3分、小さめなら2分半くらいかな。
取り出す目安は、ラップがパンパンに膨らみ、湯気が出てお酒の香りが漂ってくるまで。
途中で止めたりドアを開けたりしないこと!



3.【仕上げ】
レンジから取り出したらすぐにお箸などで一箇所穴を開け、
ラップをかけたまま粗熱が取れるまで放置する。

余熱でしっかり中まで火が通り、
加熱されすぎないので柔らかくジューシーに仕上がります。

触れるようになったらオクラを取り出し、
鶏肉は繊維にそって手で細く裂く。
醤油を振り、混ぜながら肉汁に絡ませて味を染み込ませる。



4【盛り付け】
まずオクラを先に盛り付け、その横に鶏肉を添える。
中央が山高くなるように、立体的に盛り付ける。
好みでいりゴマをふって完成。


a0056451_11491162.jpg

レンジ調理のコツは、目と鼻を使うことかな(^-^;)
アルコールは75度くらいで沸騰するので、
ラップが膨らんだ時点では、中はまだまだぬるいのです。
あ、沸騰してる!と慌てて取り出すと生煮えで(汗)
なんどもチン♪する羽目に…
ラップが膨らんでから湯気が充満するまで少し待って、
取り出してから冷めるまで少し置くっていうのがポイント( ^ー゚)♪

こうすると、びっくりするくらい柔らかい蒸し鶏が出来上がります。
上手にできたら、サラダに使ったり、煮物や炒め物に混ぜたり、
そのままでも美味しいけど、何と組み合わせたら合うかな〜♪
と、色々と想像を膨らませてみてくださいね。

ちなみに、今回一緒にチン♪したのはオクラでしたけど、
グリーンアスパラや白菜、きのこでも(*^-^*)
ここに季節の野菜を使うと季節感が出ますよ〜!



←孫猫ロボたんをポチッと一押しして
今日も応援して行ってくださったらうれしいです。
どうぞよろしくお願いします!(^-^)

人気blogランキングに参加しています。



by aiaicafe | 2017-03-09 13:37 | サラダ・和えもの | Trackback | Comments(0)

おうち焼き鳥・甘辛万能ダレ

a0056451_1237115.jpg



昨日は珍しくダーリンが腕をふるってやきとりを作ってくれたんですよ〜(*^-^*)
今回は、それに使った万能ダレのレシピをアップしますね。

このタレ、焼き鳥や丼もの、かけダレから炒め物の味付けにと、
何にでも使えて怖いもの無し!
日持ちもするから、忙しい時の救世主的な調味料なんです。
私自身、「あってよかった〜!!(T^T)」と何回救われたことか(笑)

そしてなによりも、美味しいっていうところが一番のポイントだから
いつも冷蔵庫に常備して、お役に立てていただきたいな〜と思います。



さて、やきとりの方は、
シンプルな塩味と、このタレを使ったものと2種類。
焼き鳥屋のおっちゃんと化したダーリンが(笑)
せっせと焼いてくれました(*^-^*)


おいしそうに焼けてるね~♪と思ってくださったら
↑ポチッと一押しよろしくお願い致しますm(_ _)m

a0056451_12371534.jpg


ダーリン「僕がガンガン焼くから、ビール飲みながら食べててくれたら良いからね~(^-^)/」

いやに張り切っちゃってるけど、
実はそれには理由が…(汗)

ダーリン、先日アマゾンで焼肉用のコンロを購入したんですよねぇ
その名もジュージューボーイ(なんでボーイやねん?w)
炭火じゃなくて、カセットコンロ式のコンパクトなものなので、
思い立ったらどこででもすぐに使えるっていうのが便利だからと…

そう、もうお分かりかと思いますが久々の男の買い物です(笑)

それを使ってみたくてしょうがない彼は、
まかせとけー!と大見得を切ってしまったというわけね(^-^;)


で、いつもの通りに帰ってきた彼。
材料の下ごしらえや、タレはどうするか?
なーんてコトは全く考えてない様子。

ダーリン「 Σ゚ ゚щ( ロ щ) しまった!何にも考えてなかった〜!」

やっぱりね (´~`;)

ai「そんなことだろうと、すでに砂肝やレバーは下処理したし、タレも作っといたよ。」

ってことで、二人で串に刺すところからスタート(笑)

焼き鳥屋のおっちゃんは、
最初はなかなか火の加減がつかめない様子だったけど、
なぜかこういうのは数をこなすと上手くなってくるのが法則よね(笑)
お腹がいっぱいになる頃には抜群の焼け具合となったのでした(* ̄m ̄)



「万能甘辛だれ」


【材料】

50cc分程度

醤油 大さじ2
みりん 大さじ1
日本酒 大さじ1
オイスターソース 小さじ1
砂糖 小さじ2
ショウガ、にんにくスライス 各3~4枚

みりんは本みりんを、日本酒はできれば塩の入っていない料理酒をお使いください。


【作り方】

1.【煮立てる】
小鍋に調味料とショウガにんにくを入れて火にかける。
沸騰してきたら弱火で1分ほど煮立てて、
アルコールが飛んだらできあがり。
(または沸騰するまでレンジ加熱してもOKです)

保存するときはショウガとにんにくは取り出して冷蔵庫へ。



このタレ、最初は『名古屋風手羽先唐揚げ』を作るために考えたもの。
その時々で少しアレンジしたりするんですが、
ほんのりショウガとにんにくの香りがして
食欲をそそるんですよね~♪
(手羽先唐揚げのタレにするときは砂糖を増やします)

冷蔵庫で1週間や10日は余裕で保つし、
今晩のおかずどうしようかな~と思ったら、
適当に食材をチョイスして、このタレと組み合わせてハイできあがり~!
…って具合です( ^ー゚)♪

これ、傷むものが入ってないから、
もしかしたら1ヶ月以上もつのかもしれないけど、
うちではすぐに無くなっちゃうんですよね(^-^;)
(長く置いたのを試してみた方はぜひコメントくださいねw)

レシピは作りやすい量で書いてありますが、
色々と使ってみたい方は、
ショウガとにんにく以外をこの倍量で作ると後々楽できますよ(*^-^*)v


a0056451_12371951.jpg

一緒にいただいたのはシーザー風サラダ。
温泉玉子に削ったパルミジャーノをたっぷり乗せて、
ガガーッと混ぜていただきます♪


a0056451_12372387.jpg

締めにはご飯の上に色々乗せた丼をいただきました。
万能ダレを少しかけるんですが、
いや~美味しかったなぁ(*´д`*)ハフン♪

フライパンで焼く照り焼きチキンなんかも、
このタレで仕上げると一味違うものに仕上がるから
ぜひ試してみてくださいね!

おっちゃんダーリンお疲れ様!
おかげで焼き鳥屋に行った気分で楽しめました♪
次は焼肉屋のおっちゃんでお願いしたいもんです (* ̄m ̄)むふふ



今日も  ←孫猫ロボたんをポチッと一押し、
応援して行ってくださったらうれしいです。
どうぞよろしくお願いします!(^-^)

人気blogランキングに参加しています。



これが↓ジュージューボーイです

by aiaicafe | 2017-02-06 13:27 | その他 | Trackback | Comments(0)

秋の食卓へ〜鶏肉と厚揚げのあんかけ風

a0056451_17361685.jpg




長らくご無沙汰してしまいました(汗)
もう10月。あと3ヶ月もしたら新しい年ですよ〜!
やっぱり一年って早いですよねぇ
今月はお料理教室をお休みして、次のレッスンは11月なので
ただいまクリスマスレッスンのメニューで頭がいっぱい。
なのでもう今から師走の気分です(笑)

お休みだぁ〜♪ …と言っても、今年は気を許せば台風がやって来ますよね(´~`;)
今近づいている台風が行っちゃったら、
どこかへ遠足にでも行くか?と、ダーリンと計画中です。
それから、またロボたんにも会いに行かなくちゃ! (* ̄m ̄)ふふふ

我が家の食卓の方は、めっきり秋らしいメニューが並ぶようになりました。
今回はそのうちの1品であります。




おいしそう~♪と思ってくださったら
↑ポチッと一押しよろしくお願い致しますm(_ _)m

a0056451_17361004.jpg


これ、鶏肉と厚揚げ、きのこなどを炒めて、
あんかけのおだしに放り込んだだけ。
彩りよくてボリュームいっぱい♪
主役級のおかずになりました(^-^)v

厚揚げは、汲みどうふをそのまま揚げたような、まぁるい形をしてます。
珍しいな〜と思って買ってみたんだけど、
ふんわり柔らかくて、こういう料理には向いているみたいで
美味しかったなぁ〜 (*´д`*)ハフン♪

先にあんを作っておいてから、
フライパンでお好みの具に焦げ目をつけて放り込んで行きます。
気軽に作れる一品なので、ぜひトライしてみてくださいね!




「鶏肉と厚揚げのあんかけ風」


【材料】

3人分

厚揚げ 1パック
鶏ももまたは胸肉(お好みで)100g〜150g(一口大にそぎ切り)
白ネギ 1本(5cmに切る)
しいたけ 2枚(スライス)
茹で人参やインゲン豆など(彩り用) 適宜
植物油 大さじ1

だし汁 500cc
粗塩 小さじ1/3
みりん 大さじ1
薄口醤油 大さじ1
水溶き片栗粉 大さじ1+水少々

美味しいダシのひき方はこちら
厚揚げは、冷たかったらレンジで少し加熱して温めておく。
塩は精製塩ではなく粗塩をお使いください。


【作り方】

1.【あんを作る】
鍋にだし汁を入れて火にかけ、調味料を加えて行き味を整える。
沸騰してきたら一旦火を弱めて沸騰を鎮め、
水溶き片栗粉を回し入れる。
混ぜながら中火にし、少し煮てとろみが付いたらOK。



2.【焼く】
フライパンに植物油を熱し、鶏肉とネギを並べて
強めの中火くらいで焼き焦げ目を付ける



3.【仕上げ】
焼き色が付いたらあんの鍋に入れ、厚揚げと人参やきのこ、
インゲン豆なども一煮に入れて、一煮立ちさせてから盛り付ける。
好みで柚子皮やミツバなどを散らしても美味です^^



あんさえ作っておけば、具はなんでもOK!
厚揚げが無かったら、お豆腐を鶏肉と一緒に焼いて入れても美味しそうですよね〜(*^-^*)
焼かなくても良いものは、そのままあんに放り込んだら良いし、
何を焼いて何を焼かないか?その辺がポイントかもしれません。

インスタントのだし汁(粉末のとかパックのとか)を使う時は、
少し濃いめに作ると美味しく出来上がると思います。
ここぞという時は、ぜひ削り節や昆布で美味しいだし汁にトライしてみてくださいね。
ほっぺが落ちますぞよ〜( ^ー゚)♪



今日も ←ポチッと一押し、
応援して行ってくださったらうれしいです。
どうぞよろしくお願いします!(^-^)

人気blogランキングに参加しています。




by aiaicafe | 2016-10-04 18:49 | 炒めもの | Trackback | Comments(2)

インドとフランスのコラボ?!柔らかタンドリーチキン

a0056451_1733919.jpg



あっという間に11月ですね~^^;
連休はいかがお過ごしでしたか?
私は…

ダーリン「観たいって言ってた映画、今やってるよ~!行く?」

ai「行きた~い!」

ということで、久しぶりにダーリンと映画デートに行ってきました。

観たいと思ってたのは『マダムマロリーと魔法のスパイス』という映画。
フランスの田舎にある格式高いレストランの向かいに、
インド人家族が越してきて、インド料理店を始める…というストーリーで、
レストランの頑固女主人vsインドファミリーのパパが繰り広げるバトルが面白いの!
出てくる料理が美味しそうなのはもちろんだけど、
なんと言ってもこの二人がとってもいい味出してて、
映画がさらに美味しくなってるのよね~( ^ー゚)♪
それと、主人公のインド青年が美形なのも高ポイントです(笑)

頑固なフランス人女性を演じるのはヘレン・ミレン。
某映画では女殺し屋の役がかっこよかったなぁ♪
この方、笑わないキリッとした役が本当にぴったり!
でもちょっぴり可愛いところが見え隠れするところがさすが!という感じで、
結構ファンなんです(*^-^*)

おっと~!
またダーリンに『女浜村淳』って言われるわ(汗)
あんまり詳しく書くとネタバレしちゃうからこのへんで。
とにかく、今一番のおすすめ映画です~!!(*^-^*)/


で、映画を観終わったら、インド料理とフレンチで頭がいっぱいのダーリン(笑)
その日は最終上映で遅かったので、
翌日にインドとフレンチのコラボっぽいのを作ってみました(*^-^*)


おいしそう~♪と思ってくださったら
↑ポチッと一押しよろしくお願い致しますm(_ _)m

a0056451_1733129.jpg

コラボと言っても、
ストウブ(フランス製のホーロー鍋)にタンドリーチキンが入ってる、
っていうだけなんですけどね(^▽^;)
なかなか美味しくできたので、今回レシピを書いておきますね。

まず、タンドリーチキンは、
ヨーグルトとスパイスを合わせたものに鶏肉を漬け込んでグリルしたもの。
スパイスは、カレー粉でも代用できますが、
映画でも出てくるけど(おっと!)
自分で色々とブレンドすると美味しさは格別。


a0056451_17332780.jpg←今回私が使ったのは、
ケイジャン料理で使うMIXスパイス。
これ、タンドリーチキンに使うスパイスと
似たようなのが入ってて、美味しいんですよ〜♪
辛そうだけど、パプリカがたくさん入ってるから赤いんです。
クミンの香りが食欲をそそるんですよね♪
先月のレッスンでは、
これを使ったチキンとジャンバラヤが大好評でした♪
写真はアメリカから通販で購入したもの。
日本ではGABANがケイジャンスパイスシーズニング(塩入り)
っていうのを出してますが
残念ながら業務用サイズしか無いみたい^^;
WEBで探してみてくださいね。


このチキン、本当はタンドールというインド式のオーブンで焼くんだけど、
魚焼きグリルで焼いても十分美味しくできるんですよ(*^-^*)
ヨーグルトの乳酸菌が、タンパク分解酵素の働きを促進して、
(ノ゚ω゚)ノ*.オオォォォォォォォ って言うほど、お肉が柔らかくなるんですよ~!
もちろん、こういうお鍋が無くても大丈夫。
ちょっとした工夫で同じようにできますよ(^-^)v
簡単なのでぜひトライしてみてくださいね。




「タンドリーチキン」


【材料】

鶏胸肉1枚

『タンドリーペースト』
プレーンヨーグルト100cc(1/2カップ)
粗塩小さじ1/2
ハチミツ小さじ1
オリーブ油大さじ1
おろし生姜小さじ1/2
おろしにんにく小さじ1/4
ケイジャンスパイスMIX小さじ2~3

エリンギ、まいたけなどのキノコ適量
レンコン、ブロッコリー、人参などお好みで適量
オリーブ油大さじ1/2
塩コショウ


付け合わせの野菜は一口大に切って茹でておく。
スパイスはカレーパウダーを使っても。
もしくは、パプリカ、クミン、チリパウダー、ガーリック、などのお好みのスパイスをブレンドしてもOK。



【作り方】

1.【下ごしらえ】
a0056451_17331554.jpg鶏肉は横から包丁を入れて開き、
厚みを均一にする。

a0056451_17331944.jpg縦半分に切ってから、一口大にそぎ切りにしておく。

a0056451_17332063.jpgタンドリーペーストの材料をジップ付きバッグに入れ、
よく混ぜ合わせておく。
出来上がったペーストに鶏肉を入れてよく揉み込み、
そのまま2時間~半日くらい置く。
(すぐに焼く場合は冷蔵庫には入れない。)



2.【焼く】
できれば常温になるように、
焼く前に冷蔵庫から出してしばらく置いておく。
魚焼きグリルを予熱し、強火でサッと3分ほどクリルする。
同時にフライパンにオリーブ油を熱し、付け合せ野菜をソテーする。
軽く塩胡椒して器に盛り付けておく。
鶏肉に焼き目が付いたらすぐに取り出して器に盛り、
アルミホイルなどをかぶせて2~3分待つ。
鶏肉から肉汁がほとばしり出てきたらできあがり。





レシピは、どなたにでも作っていただけるように、
鍋を使わずにアルミホイルを利用する方法を載せました。
保温性の良いフライパンやお鍋を使って、そのまま食卓へ出したい!‥という方は、
鶏肉をグリルすると同時に鍋を弱めの中火にかけて予熱し始め、
充分温まったらオリーブ油を加え、野菜とキノコを入れてソテーし、軽く塩胡椒します。
焼き目が付いたチキンも入れてすぐに蓋をして火を止め、
2分ほどそのまま待ち、その後蓋を開けたらできあがり〜♪
です(*^-^*)v

この「ちょっと待つ」っていうのが、
お肉を柔らかくジューシーに焼くポイントなんですよね。
魚焼きグリルの中に、肉汁を全部落としてしまわないように、
どうぞ焼きすぎにご注意を(^-^)
あ、もちろんフライパンで焼いてもOKですよ〜
自由に自由に…
お料理に決まりは無いのです( ^ー゚)♪


a0056451_17332415.jpgこの日のご飯はこんな感じ。
目玉焼き乗せのジャンバラヤとか、
りんごとくるみのサラダとか。
あぁスパイスって本当に素晴らしい(*^-^*)v




いつも応援ありがとうございます!
今日も ←ポチッと一押し、
応援して行ってくださったらうれしいです。
どうぞよろしくお願いします!(^-^)

人気blogランキングに参加しています。

by aiaicafe | 2014-11-07 18:05 | グリル・焼きもの | Trackback | Comments(0)