タグ:野菜たっぷり ( 3 ) タグの人気記事

鮮やか冬サラダ・柑橘ドレッシング

a0056451_17423266.jpg



今日は前回からの続き、
先日の晩ご飯に鍋仕立てのスープと一緒に食べた、サラダのレシピです(*^-^*)

私最近、色の付いた大根に凝ってるんですよね。
皮が赤くて中は白いのや、外も中も全体に真っ赤なの、
皮は緑で中が赤いの…結構種類が多くてビックリなんですよ〜w( ̄△ ̄;)wおおっ!
a0056451_17521929.jpg

今回使ったのは、中が濃いピンク色をした紅芯大根(こうしんだいこん)。
原産は中国だそうですが、京都産のものをGET。
コレ、実は固めだけど、薄切りにして緑の葉野菜と混ぜたら美しさは抜群!
一気に華やかサラダのできあがり~!
なのです( ^ー゚)♪

大根には、蛋白、でんぷん、脂質を分解する酵素が含まれますが、
赤い部分にはさらに白い大根にはない栄養があるみたい。
最近代謝が落ちてきたなぁと感じている私としては(汗)
そりや~毎日でも食べないと!…ってことで、
色んな野菜と組み合わせたりして楽しんでます(*^-^*)

紅芯大根、まだサラダなどでしか食べてないので、
おろしたらどんな感じか?
火を通したらどうなるか?
これから少しずつトライしてみようと思ってます。
ちょっと楽しみ~♪


さて、ドレッシングの方は、
柑橘の絞り汁をヴィネガー代わりにして、お醤油を加えた和風味。
さらにオメガ3たっぷりのチアシードを加えて、油の栄養バランスをよくしました。

柑橘はかぼすを使ったんですが、さっぱりして美味しかったな~♪
揚げたレンコンやかぼちゃのコクとマッチして、
するするいけちゃうサラダでした(*^-^*)v

レモンやすだち、ゆずなどなど、
お好みの柑橘で作ってみてはいかが?
野菜がモリモリ食べられますよ~



おいしそう~♪と思ってくださったら
↑ポチッと一押しよろしくお願い致しますm(_ _)m

a0056451_17423765.jpg




「鮮やか冬サラダ・柑橘ドレッシング」


【材料】

3人分

ベビーリーフやグリーンリーフなどの好みの葉野菜 適量
紅芯大根またはラディッシュなど 適量
きゅうり 1/2本

かぼちゃ 少々(薄切り)
れんこん 少々(薄切り)
オリーブ油 大さじ2
粗塩 ひとつまみ

『柑橘ドレッシング』
かぼすやすだちなどの柑橘絞り汁 大さじ1
みりん 大さじ1
醤油 小さじ1
クレイジーソルトまたは粗塩 少々
チアシード(ふやかしたもの)大さじ1~2(お好みで、もしあれば入れる)
オリーブ油またはエゴマ油などの植物油 大さじ2

ドレッシングにチアシードを入れる場合は前もって用意しておく。
(100ccの水に大さじ1のチアシードを振り入れて混ぜ、ふやけるまで15分~30分くらい置く。)



【作り方】

1.【下ごしらえ】
野菜類は食べやすい大きさに揃え、洗ってザルにあげて水気を切り、
食べる直前まで冷蔵庫に入れてパリッとさせる。
ドレッシングは、みりんを30秒ほどレンジ加熱してアルコールを飛ばし、
その他の材料を全て混ぜ合わせてよく混ぜる。



2.【揚げる】
小さめのフライパンにオリーブ油を熱し、
中火程度でかぼちゃとれんこんを炒め揚げにする。
火が通って色づいてきたらペーパーに上げて油を切る。



3.【盛り付け】
器に葉野菜を盛り付け、上に揚げたかぼちゃとレンコンをトッピングする。
ドレッシングを回しかけ、ざっくり混ぜ合わせて召し上げれ!





チアシードは、無ければ入れなくても全然OK!
買ったはいいけど、どうやって使うのかわからない…
っていう方は、こういう時が使いどきですよ~

ドレッシングに入れて野菜と一緒に食べてしまうと、
ヌルッとした食感も気にならずに
めっちゃ食べやすくなります。
特にお魚をあまり食べない方には、
手軽にオメガ3を摂れる食品なのでオススメです('∇^d)

揚げるものも、野菜に限らず
エリンギやしめじなんかのキノコでも美味しそうですよね~♪
サラダって、トッピングに凝れば脇役からメインに変身したりもするし、
ドレッシングとの組み合わせは、それこそ無限大!
いや~本当に面白いです(*^-^*)

さて、明日はどんなサラダを作ろうかなぁ
美味しいのができたらまたアップしますね!



←孫猫ロボたんをポチッと一押し
今日も応援して行ってくださったらうれしいです。
どうぞよろしくお願いします!(^-^)

人気blogランキングに参加しています。

by aiaicafe | 2016-12-13 18:08 | サラダ・和えもの | Trackback | Comments(2)

うまみたっぷり♪蒸し鶏とアスパラのホンノリ中華和え

a0056451_1251564.jpg



12月に入った途端、冬の寒さになっちゃいました。
さて、そろそろ年末に向けて、年賀状やら大掃除やらの計画を練らなくちゃ〜
…と、意気込みだけはあるんですけどね(汗)

とりあえず、お正月休みにかけて、床をキレイにしたいなぁと思っているので、
古いワックスを剥がす洗剤と、ワックス剤を購入。

よし!ちょっとだけ計画的だな(* ̄‥ ̄*)=3
これでピカピカの床に…♪
と、買っただけで満足しないようにしなくちゃ(笑)

新年のレッスンあたりには、キレイな床になってるといいな。
もしピカピカになっていたら、そのまた翌年も張り切って掃除できるように
「わぁ!きれいですね〜〜〜♪」と、腰が抜けるほどよいしょしてくださいね(笑)


さて、今回のレシピは、忙しい時期にパパッとできる1品です。
寒くなってくると、葉っぱのサラダよりも、
冷たすぎないものが食べやすくて良いですよね(^-^;)
酸味が入らないので、サラダと言うよりは和え物っていう感じかな。
ほんの少々胡麻油が入って、あっさりと優しい味なので「ホンノリ中華」です(*^-^*)v

お肉が入るのでボリュームは抜群!
もちろんメインのおかずにもなるけれど、
鍋や煮物なんかの温かいおかずのお供としておすすめです。
アスパラ以外のお野菜(ブロッコリーやインゲン豆、カリフラワーなどなど)と
組み合わせても美味しいですよ( ^ー゚)♪


おいしそう~♪と思ってくださったら
↑ポチッと一押しよろしくお願い致しますm(_ _)m

a0056451_12524130.jpg





「蒸し鶏とアスパラのホンノリ中華和え」


【材料】

3~4人分
鶏胸肉1/2枚、又はササミ4切れ
粗塩、コショウ
日本酒大さじ2

グリーンアスパラ1束
ラディッシュ2~3個

鶏を蒸した時の肉汁全量
おろしショウガ小さじ1/2
薄口醤油小さじ1
ごま油小さじ1


肉汁は調味料として使用するので捨てないこと!



【作り方】

1.【下ごしらえ】
グリーンアスパラはサッと色よく茹で、ザルにあげて水気を切っておく。
胸肉は皮を取り、真横から包丁を入れて切り開き、厚みを均一にする。
(ササミを使う場合は、白い筋を削ぎ取っておく)



2.【鶏肉を蒸す】

耐熱容器に鶏肉を入れ、少ししっかりめに粗塩と胡椒を振り、
日本酒を回しかけてラップをしてからレンジ強(600w)で2分半程度加熱する。
(少しパワーが弱い場合は3分加熱する)
すぐにレンジから取り出し、ラップは取らずにお箸などで1箇所穴を開けて、
そのまま粗熱が取れるまで5〜10分ほど待って、余熱で火を通す。



3.【和える】
鶏肉から出た肉汁は他の容器に移し、
調味料を加えて味を整えておく。
鶏肉を手で裂いてほぐし、アスパラとラディッシュと共に
合わせておいた調味料で和え、器に盛り付ける。




これ、胸肉以外に、ささみ肉でも同じようにできます。
レシピには「白い筋を取る」とありますが、
やり方がわからない場合は、取らなくても大丈夫。
取らないと出来上がらないということではありませんから、
チンしてから、後で気になったら手で取れば良いのです( ^ー゚)♪

レンジ蒸し料理のポイントは、やっぱり加熱時間かな?
レンジの機種でパワーが微妙に違うから、
「何分で出来上がる」とは言えないのが正直なところ(^-^;)
何回もチン♪しないで(やったことあるでしょう?笑)
1回で決めて、ラップを取らずにそのまま置いて余熱で火を通すと、
しっとりと柔らか〜い蒸し鶏に出来上がりますよ(*^-^*)v
その時に、穴を一箇所開けるのをお忘れなく!
忘れると、圧縮袋のお布団みたいになっちゃいますから(笑)
さぁバランスよく食べて、これからの季節、
風邪に負けない体を作りましょう(・∀・)ノおー




今日も ←ポチッと愛の一押しを!
応援どうぞよろしくお願いします(^-^)

人気blogランキングに参加しています。

by aiaicafe | 2014-12-04 13:47 | サラダ・和えもの | Trackback | Comments(0)

スープの季節!具だくさんボストンクラムチャウダー oishii

a0056451_18125875.jpg



台風一過の今日は、スカッと晴れたり時々サーッと雨が降ったり…
なによりも一段と気温が下がって、秋が深まった感アリです。
お買い物に行ったら、マフラー巻いてる人、多かったなぁ〜
そろそろ温かいスープが美味しい季節ですね♪(*^-^*)

お野菜がいっぱい入った具だくさんスープは、
朝ご飯にパンと一緒に食べても満足感があるから、
寒い季節にはよく作ります。
その中でも、一番よく作るのは赤と白…そう、やっぱりトマトとクリームかな。
どちらも別物って感じで、どっちが好き?って聞かれると困っちゃうんだけど(笑)
後からパスタを入れたり、ご飯を入れたり、
アレンジもできるから、いつも多めに作って楽しんでます。
というか、こういうのって、作り立てよりも翌日の方が絶対に美味しいのよね♪
なので多めに作るのがお約束なのです。

今回はクリーム味のクラムチャウダーです。
トマト味のはマンハッタンクラムチャウダー、
クリーム味のはボストンクラムチャウダーって言います。
どちらもアサリの旨味がぎゅーっと詰まって、美味しいんですよね〜これが! (*´д`*)ハフン♪

8年くらい前に一度クラムチャウダーとしてレシピをアップしてますが、
今回のはベーコンやコーンも入った具だくさん。
基本的な作り方はどちらも同じなので、
ぜひぜひトライしてみてくださいね。
寒い季節の必須レシピですぞよ〜( ^ー゚)♪




おいしそう~♪と思ってくださったら
↑ポチッと一押しよろしくお願い致しますm(_ _)m

a0056451_181318.jpg





『具だくさんボストンクラムチャウダー」


【材料】

3人分

アサリ250g程度(殻付き)
ベーコン1枚(細切り)
タマネギ大1/4個(粗みじん切り)
セロリ1/2本(1cmのさいの目切り)
じゃがいも1個(   〃    )
人参1/2本(    〃     )
冷凍コーン適量
冷凍グリーンピース適量
オリーブ油大さじ1
水300cc
コンソメの素1個
ベシャメルソース(ホワイトソース)200cc
粗塩、白コショウ
白ワイン又は日本酒(アサリ用)100cc

ベシャメルソースの作り方はこちらです。




【作り方】
  

1. 【下ごしらえ】
アサリは、水に3%の量の粗塩を溶かし(300ccの水なら小さじ2の粗塩)
アサリをヒタヒタに浸け、お皿などで蓋をして砂抜きする。
砂抜きしたアサリは塩をふりかけ、両手で拝むように貝同士をこすりながら洗う。
これを2〜3回繰り返してから水で洗い、ザルに上げておく。
ベシャメルソースは前もって作っておく。



2. 【アサリを返す】
フライパンを熱し、アサリを入れたら白ワインか日本酒を回しかけ、
すぐに蓋をし、5分くらい蒸し煮して口を開かせる。
(この作業を「返す」と言います。)
アサリから出たスープは「返し汁」と言います。これは後からスープに加えるので
砂が出ていたら漉して器に移しておきます。
あら熱が取れたら、トッピング分をいくつか置いて、身を貝殻から外しておきます。



3. 【炒める】
鍋にオリーブ油を熱し、ベーコン、タマネギ、人参、じゃがいもの順に炒めます。
しんなりしたら冷凍のコーンとグリーンピースも加えてサッと炒める。


4. 【煮る】
水とコンソメを加え、沸騰したら蓋をして具が柔らかくなるまで5〜10分ほど弱火で煮ます。
アサリの返し汁とベシャメルソースを加え、粗塩とコショウで味を整える。
アサリの身を加えて一煮立ちしたらできあがり。
器に盛りつけ、上に殻付きのアサリをトッピングしたら完成。



a0056451_1812553.jpg


アサリの身を外すのがちょっと面倒…(^-^;)という方は、
殻ごと入れて、「外して食べてね」と、食べる方にお願いする手もありますが(笑)
外れてるとやっぱり食べやすいですよね〜

ベシャメルソースは、冷凍できるし、作っておくと何かと重宝しますが、
無くてもチャウダーは作れますよ(^-^)
その場合は、ベシャメルの代わりに牛乳か豆乳を入れてくださいね。
残念ながらサラサラでとろみは出ませんが、
アサリパワーで、それなりに味は美味しくできますよ〜(*^-^*)v



今日も←ポチッと愛の一押しを!
ランキング投票どうぞよろしくお願いします(^-^)

人気blogランキングに参加しています。

by aiaicafe | 2014-10-14 19:10 | スープ・汁もの | Trackback | Comments(0)