タグ:蕎麦 ( 1 ) タグの人気記事

大人のカレーそば

a0056451_17194521.jpg



先日、久しぶりにカレー蕎麦を作りました。
aicafeには一度「カレーうどん」はアップしてますが、
今回のは隠し味なんかも入ってて、
なかなか美味しくできたんですよ〜♪
年越し蕎麦にこういうのもアリかな~と思って、
再アップしときますね(*^-^*)


これ、タイトルに『大人の』っていうのが付いてますが、
激辛とかじゃないですよ~(^-^;)
でも結構スパイシーです。
栄養面でも大人向けって言う意味も込めてますから、
体に優しくて、ほどほどにスパイシーっていうところでしょうか。

お味は、昆布と削り節(厚削り節)で引いただし汁をベースにカレー粉を入れ、
片栗粉でとろみを付けた、お蕎麦やさんのカレー蕎麦です。
あんかけなので、体の芯からポカポカ♪

それと、具に牛肉をたっぷり使うと、
お肉に含まれるアミノ酸(L-カルニチン)が
体の細胞を増やして活性化させてくれるのです。
活性化してきたら、食べたものをガンガン消化してエネルギーへ…
そう、結果的にアンチエイジングだって言うことね( ^ー゚)♪

お好みで、麺はうどんを使っても美味しいですよ~♪
大人向け効果を期待される方は、
ぜひ、そば粉の比率が多いお蕎麦でどうぞ!



おいしそう~♪と思ってくださったら
↑ポチッと一押しよろしくお願い致しますm(_ _)m

a0056451_17194893.jpg




「大人のカレー蕎麦(うどん)」


【材料】

3人分

だし汁 1000cc
粗塩 小さじ1・1/2
みりん 大さじ1
薄口醤油 大さじ1
濃口醤油 小さじ1
カレー粉(カレーパウダー)大さじ1
水溶き片栗粉(片栗粉大さじ2+水少々)


牛または豚スライス肉 150g程度(一口大に切る)
玉ねぎ 小1/4個(薄くスライス)
えのきまたはしめじなどのキノコ 適量
ネギ 少々
ソバまたはうどん 人数分

麺は各説明書に従って、茹でたり湯通ししたりする。
美味しいだし汁の引き方はこちら




【作り方】

1.【カレーあんを作る】
鍋にだし汁を入れて火にかけ、片栗粉以外の調味料を入れて味を整える。
沸騰してきたら一旦火を止め、ぐるぐるとかき混ぜて水流を作り、そこへ水溶き片栗粉を流し入れる。
再び火をつけ、かき混ぜながら沸騰させてとろみが付いたら牛肉を加える。
肉がほぐれて火が通ったら、ネギを散らしてできあがり。



2.【仕上げ】
使う麺は、各説明書(生麺なら茹で、蒸麺なら湯通しするなど)に従って用意する。



3.【盛り付け】
丼に麺を入れ、熱々のカレーあんを注いで完成。




カレー粉は、エスビーの赤い缶のを使用。
うちではカレーを作るときはいつもコレ(*^-^*)
カレー蕎麦だからと侮るなかれ!
多めに使うと結構スパイシーで、ピリッとします。

逆に、あれこれ数種類スパイスを入れるお料理には、
カレー粉をほんの少し隠し味程度に入れて代用することもできます。
入れる量で主役にもなるし、他の味を引き立てることもできる、
使えるヤツなんですよ〜(^-^)v

俗に、缶入りのカレー粉にはスパイス以外のものは入らず、
純粋にスパイスだけの集合体で、
小麦粉や油脂なんかは入っていません。
カレー粉って、複数のスパイスを調合してある、
言わばスパイスの集合体みたいなもので、
カレーの粉っていうのがあるわけでは無いのです(^-^;)

スパイシーなのが苦手な方は入れすぎにご用心を。
お子ちゃまにはあんまり辛くないカレー粉を入れてあげてくださいね。

手打ちうどんで作ってみたい!と思う方はぜひこちらをチェックしてみてください。
意外に簡単にできてしまうので、
冬休みにお子さんと一緒にトライしてみるのも楽しいですよ〜♪



おいしそう~♪と思ってくださったら→←孫猫ロボたんをポチッと一押しして
応援投票してくださいね。どうぞよろしくお願いします!(^-^)

人気blogランキングに参加しています。

by aiaicafe | 2016-12-23 17:38 | パスタ・麺類 | Trackback | Comments(0)