タグ:ピラフ ( 1 ) タグの人気記事

国籍自在の(?)チキンライス

a0056451_19303152.jpg



さぁて、そろそろお正月休みも終わって、
新しい年が始動し始めましたね〜(*^-^*)
みなさんのお正月はいかがでしたか?

我が家は…このお正月はメンテナンスウイークだったかな?
床がキレイになったら他の傷んだところが目立っちゃって(汗)
椅子の布地を張り替えたんですよ。

a0056451_19304731.jpg

椅子の角のところが擦り切れちゃって〜(´~`;)
こりゃどう見てもみっともない。
で、張替え後はこちら↓

a0056451_19304924.jpg

見違えたよ~♪と思ってくださったら
↑ポチッと一押しよろしくお願い致しますm(_ _)m




色は以前と同じような感じなんですが、
今度のはモアレ模様が入って、ちょっぴり大人っぽいかな?

布地を適当に切って端を織り込み、タッカー(ステイプラーの大きいの)で
バチンバチンと止めただけなので、シワがあったりするのはご愛嬌(^-^;)
でも、擦り切れてるよりはこっちの方が全然いいよね〜(*^-^*)v
これでみんなに気持ち良く座ってもらえるな♪

椅子もキレイになったし、良い気分で新年早々のレシピ行ってみましょう〜


先日、久しぶりにシンガポールチキンライスを作りました。
ダーリンと二人分だけなので、フライパンで作ってそのまま食卓へ…
パッと蓋を開けると、鮮やかな赤、黄、グリーンが目に飛び込んで来て、
なんとも言えず良い匂いが~♪

ダーリン「お、うまそうやなぁ(*^-^*)」

ai「豪華に見えるね~♪」

こういうのは、そのまま豪快に食べて様になるから、
大勢で食べるのに向いてるのよね。

ダーリン「この、上に乗ってるのは何??」

実は、何か彩りに散らそうと思って、冷蔵庫をガサゴソして、
唯一あったのがチャービル(セルフィーユ)なのでした(^-^;)


これね、一番最後に散らす薬味で
全く違った国籍の1品になるんですよ!
今回のチャービルや、イタリアンパセリだったら洋風に、
薬味ネギや三つ葉だったら和風に、
シャンツァイ(香菜やコリアンダーとも言いますよね)だったら中華やエスニックに…と。
なんだか不思議な炊き込みご飯なのです(*^-^*)v

今回の?
強いて言えば、フランス人が作ったエスニックピラフっていう感じかな(なんじゃそれ笑)
チキンの旨みがじんわりとご飯に染み込んで
美味しいのよ~(*´д`*)ハフン♪

シンガポールチキンライスは、チキンスープで作る、
ケチャップの入らない大人のチキンライス。
本当はチキンの茹で汁で作るんだけど、
市販の鶏ガラスープでも十分美味しく作れるんですよ(*^-^*)v
炊飯器でも簡単に作れるので、
お鍋で炊くのは難しそう…なんて言わずに、
普段にもガンガン作って食べてみてくださいね。
さて、冷蔵庫にはどんな薬味があるか?
チェックチェック!



a0056451_19303919.jpg


「国籍自在のチキンライス」


【材料】

3人分
米 2合
にんにくみじん切り 小さじ1/4
生姜みじん切り 小さじ1/3
太白ごま油または香りにクセのない植物油 大さじ1
鶏肉(手羽元なら5~6本、ももなら小さめ1枚)

スープ 360cc(水360cc+鶏ガラスープの素大さじ1)
日本酒 大さじ1
粗塩 小さじ1
コショウ少々

パプリカ赤、黄、合わせて1/4個分(さいの目切り)
しめじや舞茸などのキノコ1/2パック分
太白ごま油または香りにクセのない植物油 大さじ1
白ワインまたは日本酒 大さじ1
粗塩、コショウ少々
チャービルまたはネギ、シャンツァイなど、お好みの薬味適量


米は30分以上前にといでザルに上げ、表面を乾かしておく。
時間がないときは、とがずに乾いたまま使うこと。



【作り方】

1.【米を炒めて炊く】
フライパンにしょうが、にんにく、太白胡麻油を入れて火にかけ、
香りが立ったら米を加えて、中火で焦げないように炒める。
米に油が回って透明感が出てきたら、水と鶏ガラスープの素を加え、粗塩と胡椒で味を整える。
蓋をして、沸騰したら弱火にしてそのまま15分炊き、火を止めて10分蒸らす。
炊飯器で炊く場合は、炒めた米を内釜に移し、スープと調味料で味を整えたら、
上に鶏肉を並べて(混ぜません!)そのままスイッチオン♪




2.【仕上げ】
フライパンに太白胡麻油を熱し、パプリカとキノコを炒める。
白ワインか日本酒を振りかけ、軽く塩胡椒をしてキノコがしんなりしてきたら、
蒸らし終わったチキンライスの蓋を開けて具を散らす。
好みの薬味を彩りよくトッピングしたらできあがり。




フライパンで作ると、なんだかパエリア風ですね(*^-^*)
こういうのは、おもてなしに使うと演出効果抜群ですよね〜
作るポイントは、蒸らしている時には絶対に蓋を開けないこと!かな。
赤子泣いても蓋取るな!っていうでしょ?あれですよ~( ^ー゚)♪
開けると温度が下がって、余熱の効果が無くなるのです。

鶏肉はお好みで、さいの目に切っちゃってもいいし、
焼き目を付けてから炊き込んでもいいし…
ただし、ご飯と一緒に炊くので、皮はパリッとは仕上がりませんのでご注意を。

出来上がったら、ざっくりと混ぜ合わせてから食べてくださいね。
炊飯器で炊いた場合は、各器にご飯を盛り付けてから、
炒めた具をトッピングしてもいいかもしれません。
その辺は、自分の都合のいいようにアレンジしてみてね!
お料理に決まりはありません。
美味しかったらそれで良いのですから(^-^)v


a0056451_19304430.jpg



←ポチッと
一押しランキング投票して行ってくださったらうれしいです。
応援どうぞよろしくお願いします!(^-^)


人気blogランキングに参加しています。

by aiaicafe | 2015-01-06 20:19 | ご飯もの | Trackback | Comments(0)