タグ:パエリア ( 2 ) タグの人気記事

パエリアのコツ

a0056451_1371648.jpg



寒さが一段と厳しくなってきた大阪。
12月も半ばを過ぎて、だんだんと年末気分も盛り上がってきました!

さぁて、そろそろクリスマスやおせちの事も考えないとなぁ(汗)
ということで、最近は晩ご飯にクリスマスメニューの試作をしたりして、
それっぽいものを作ってみては「これってアリだよね~♪(*^-^*)v」とか
「これはボツだな(´~`;) 」とか…
ブツブツ言いながら、毎日楽しんでおります~(^▽^;)ははは


クリスマスや忘年会なんかのパーティーメニューでは、
食卓にど~んと目を引くものが一つあると、
それだけで華やかさが断然アップしますよね!
簡単に作れて華があって、さらに美味しいものって??

私の一番のおすすめは、やっぱりパエリアかな(*^-^*)
11月のお料理教室では、サンマを使ったパエリアが大好評でした。
もしかしてお鍋洗った?!っていうくらい(笑)
一粒も残さずごはんを平らげていただいたりしました(* ̄m ̄)

なんと言っても、やっぱり日本人はお米が大好き♪
ご飯ものが食卓にあると、安心するというか、
ほっとする気持ちになりますよね。
ご飯を嫌いな人なんかいないんじゃないの?と思ってしまいます。


パエリア=フライパンの意味があるんですが、
鍋を使って、お米を炒めてから炊くピラフがそれにあたります。
出来上がったらお鍋のまま食卓に運べるし、
パッと蓋を開けた時のワクワク感がまた良いのよね~♪
そして一口食べて、旨味の染み込んだご飯を噛み締めると…

うま~~~(*´д`*)ハフン♪

ほ~ら、やっぱり「ご飯があってよかったわ!」
っていう結果になります(笑)


具は豪華じゃなくていいんですよ~
何か旨味の出るものを一つ入れるだけで充分。
チキン、あさり、有頭エビなんかのうちの、一種類だけでもいいのです。
ってことで、今日のレシピは有頭エビを使ったバージョンです。

今回は、みんなを虜にする
そんなパエリアのコツなんかをちょこっと書いてみたいと思います。
まずは普段のご飯に気軽に作ってみてくださいね( ^ー゚)♪



おいしそう~♪と思ってくださったら
↑ポチッと一押しよろしくお願い致しますm(_ _)m

a0056451_1372164.jpg





「有頭エビのパエリア」


【材料】

お米2合分

サフラン(あれば) ひとつまみ
熱湯 50cc程度

米 2合(360cc分)
オリーブ油 大さじ2
にんにく 1片(みじん切り)
ベーコン 2枚(細切り)
プチトマト 5~6個
有頭えび 3〜4匹
水 400cc(サフラン液と合わせて)
コンソメの素 1個
粗塩 小さじ1
コショウ 少々

パプリカ赤、黄 各1/4個(細切り)
ピーマン 大1個(細切り)
セロリ 1/2本(斜め切り)
オリーブ 油大さじ1(ソテー用)
粗塩、コショウ 少々

お米は洗わずに使います。(とぐ場合は必ず表面を乾燥させること!)
サフラン液は前もって作っておきます(無くても大丈夫です!)



【作り方】

1.【下ごしらえ】
熱湯にサフランひとつまみを浸し、10分程度置いて色出しをする。
これに水を足して400ccにしておく。
(サフランは入れたままで使います)



2.【炒める】
蓋のある鍋かフライパンを用意。
フライパンににんにくとオリーブ油を入れて火にかける。
弱火でゆっくり加熱しながらベーコンも加えてサッと炒め、
香りが立ったら米を加える。
弱めの中火程度で、米に油がまわって半透明になるまで炒める。



3.【炊く】
水を注ぎ、コンソメと粗塩、コショウを加えて混ぜ、よく溶かす。
上に有頭エビとプチトマトを並べて蓋をし、まず強めの中火程度で加熱する。
沸騰して湯気が出てきたら弱火にし、そこから15分炊く。
15分立ったら一度強火にし、チリチリと音がしたら火を止める(10秒程度、これでおこげができます)
止めたらそのまま10分~15分蒸らす(その間は絶対に蓋を開けないこと!)



4.【仕上げ】
蒸らしている間に野菜を炒める。
フライパンにオリーブ油大さじ1を熱し、パプリカやセロリを炒める。
軽く塩胡椒をして、蒸らし終わったパエリアの上に乗せてできあがり。




これ、食べるときはまずエビを出してから
ご飯をざっくり混ぜ、再びエビを戻すことになります。
細かい具だったら、一気に全部混ぜられるんですけどね(^-^;)

この有頭エビ、スーパーで手軽に買える『赤海老』っていうヤツです。
ボリュームがあるのにお財布にも嬉しくて、
なによりもこれがパエリアに乗っかってたら
なんとも言えない迫力がありますよね~w( ̄△ ̄;)wおおっ!

この、エビの頭(みそ)から出た旨味が
お米にギュ~っと染み込んでいくわけですね。
なのでパエリアに使うエビは、頭が付いているって言うことが重要で、
身はグツグツと必要以上に加熱されるから、
ちょっぴり縮んでしまって(汗)
残念ながら少々硬くなってしまいます(^-^;)
(不味くなるっていうことじゃ無いのよ~)

逆に、パプリカなんかのお野菜は、
ご飯と一緒に炊くと、溶けてしまったり(汗)
セロリの歯ざわりはどこへ?っていう結果になります(^-^;)

エビの身の美味しさって、「プリプリ」っていう言葉にもあるように、
加熱し過ぎないプリッとした歯ざわりの良さにあるんですよね。
なので高価な活けの車海老なんかだと、
パエリアのダシに使うにはちょっともったいなかったりするわけで(^-^;)
プリッと出来上がる、グリルやソテーなんかの調理方法の方が
断然美味しく食べられると思うんですよ~

ということで、安価で入手できるこのエビは、
パエリアにはうってつけと言うわけです。
見つけたらぜひトライしてみてはいかがでしょ(*^-^*)

a0056451_1372498.jpg

さて、この日は他に、サラダやスープなんかを一緒にいただきました。
普段の日ならこれだけで十分だけど、クリスマスメニューだったら
これに前菜風のものが1品あれば立派なコース料理になりますよね〜♪
まずは練習しつつ、あなたの十八番を一つ増やしてみてくださいね( ^ー゚)♪



←ポチッと一押し
今日も応援して行ってくださったらうれしいです。
どうぞよろしくお願いします!(^-^)

人気blogランキングに参加しています。

by aiaicafe | 2016-12-17 14:05 | ご飯もの | Trackback | Comments(0)

チキンのパエリアと砂肝のアヒージョ

a0056451_1525663.jpg



湿気が多くて、暑いからとエアコンを入れると寒くなるという(汗)
ビミョーな季節になりました(^-^;)
こういう時はエアコンをグッと我慢して、
冷やし中華や冷奴なんかのひんやりしたものをいただくと、
ちょうど良いくらいの涼しさになるのよね。

真夏になってエアコンを入れ出すと、
こういうのはかえって体が冷えすぎちゃうから、
今が食べどきかもしれませんよ〜( ^ー゚)♪


さて、今回はちょっぴりスパイシーな晩ごはん画像です。
「な〜んだ、全然ひんやりしてないじゃん!」って?
いえいえ、これをつつきながら、
ひんやりした液体をいただいたんですのよ(笑)

ご飯の方は、ソテーパンで作ったパエリアですが、
お味はスパイスが利いて、チキンや野菜がいっぱい入ったジャンバラヤであります♪
お鍋で炊いたので、ちゃんとおこげもできて美味しかったなぁ(*´д`*)ハフン♪


おいしそう~♪と思ってくださったら
  ↑ポチッと一押しよろしくお願い致しますm(_ _)m

a0056451_1525144.jpg


これ、一度レッスンで作ってるんですが
作ってみたい!という方はベビーコーンジャンバラヤを参考にトライしてみてくださいね。
(先にピラフを炊いて、後からソテーした具を乗せて混ぜます。
*スパイスはGABANのケイジャンMIXスパイスを使用)

サイドメニューは、砂肝のアヒージョ。
こちらも、以前レッスンでエビ版を作ったら大好評でした(*^-^*)
これ、冷やしたワインやビールとぴったりなのよね〜♪
a0056451_15251774.jpg

今回は、最近ハマっているスキレットを使用。
少々重いんだけど(汗)小ぶりなので油が少しで済むから経済的なんですよ〜(^-^)v
めっちゃ簡単にできるので、小ぶりのフライパンや
大阪のお家には必ずあると言う(笑)たこ焼き機で作ると
もっと少ない量のオリーブ油でできますよ!
エビや牡蠣、きのこなんかでもできるから、
父の日の一品にも良いんじゃないかな?





「砂肝のアヒージョ」


【材料】

2〜3人分
砂肝 200g〜300g
粗塩

オリーブ油 50cc〜100cc
ニンニク 1片(みじん切り)
アンチョビソース 大さじ1/2
輪切り唐辛子または鷹の爪 適宜

塩は必ず粗塩をお使いくださいね。
精製塩を使うと塩っぱ過ぎて食べられません!その場合は控えめの量で。



【作り方】

1.【下ごしらえ】
砂肝は白いところを削ぎ、切り目を入れて
食べやすいように下ごしらえしておく。
(画像はこちらを参考に。)
砂肝に重さの1%の粗塩を振り、全体に揉み込んで少し置く(5分くらい)



2.【煮る】
小ぶりのフライパンなどにオリーブ油、にんにく、アンチョビ、
輪切り唐辛子を入れて中火にかける。
小さな泡が立ち始めたら(70度〜80度の合図です)砂肝を入れ、
そのままの温度を保ちながら3〜5分煮る。
箸で砂肝を抑えて、弾力が出ていたらできあがり。



これ、揚げるのでは無くて、あくまでも煮るなのです。
なのでジュージュー音がしないように、火加減にご注意を。
そうすると、カチカチにならずにサックリ柔らかく仕上がりますよ〜(*^-^*)v

残ったオイルは、パンを浸したりしながら食べても美味しいし、
アンチョビなんかは下に沈むので、上澄みを炒め物なんかに使うのもOK!
私は…

a0056451_15253038.jpg

ローズマリーや月桂樹をプラスして、
オイルサーディン風にイワシを煮ました。
缶詰のとは違って、少々背骨がしっかり気味で
骨ごと!とはいかなかったけど(汗)
身が骨からポロっと外れて、しっとり柔らかで美味しかったなぁ(*´д`*)ハフン♪
さて、その話はまた次回。
どうぞお楽しみに!



今日も ←孫ねこロボたんをポチッと一押し、
応援クリックして行ってくださったらうれしいです。
どうぞよろしくお願いします!(^-^)


人気blogランキングに参加しています。

by aiaicafe | 2016-06-13 17:08 | その他 | Trackback | Comments(0)