タグ:あんかけ ( 2 ) タグの人気記事

ラヴあんかけ!ひろうすのあんかけ煮

a0056451_14183427.jpg



いや~寒い!
冬将軍が猛威をふるってますね~((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

各地で大雪だそうですが、
大阪市内(難波近辺)はそんな気配はまったく…(^▽^;)
降るって言うから待ち構えてたのに、
予報と違うじゃないの~?

昨日も今日も外はすっきり良い天気で、
ん?!ほこりなのか??っていう感じの雪が
一瞬舞っただけ(^-^;)
我が家周辺は年に一回降るか降らないかっていう程度なので、
なんだか寂しいような気もします。
同じ大阪でも北の方は数センチほど積もってたりするのになぁ


さて、体の芯から冷える季節は、
やっぱり暖かいおかずは必須ですよね~!
何か一品熱々のものがあれば、
凍ってた体がだんだん溶けていくような…
それだけで気分がホッとしますよね(*^-^*)

今回のレシピは煮物ですが、
私の大好きなトロ~リあんかけであります♪
あんかけって冷めにくいから、
ふーふー言いながら少しずついただく…
っていうのが寒い季節にピッタリなのよね(´∀`*)ウフフ 


おいしそう~♪と思ってくださったら
↑ポチッと一押しよろしくお願い致しますm(_ _)m

a0056451_14183737.jpg

メインになるのは、具が色々入ったひろうす。
これ、関西ではひろうすって言いますが
関東だとがんも(がんもどき)かな?
人参やキクラゲ、ぎんなんが入ってたり、
ものによって違うから楽しいですよね~♪

もちろん、具は他のものでも大丈夫ですし、
ひろうすが無くても厚揚げやお豆腐でオッケーです(^-^)v
お鍋に飽きたころに、ぜひトライしてみてくださいね!





「あんかけひろうす煮」


【材料】

3人分

ひろうす(がんもどき) 3個
人参、白ネギ 各少々(細切り)
まいたけ 1/2パック

だし汁 500cc
粗塩 小さじ1/2
みりん 大さじ2
粗製糖または上白糖 小さじ1
薄口醤油 大さじ1・1/2

水溶き片栗粉(片栗粉大さじ1+水大さじ1)
彩り用薬味ネギまたはミツバなど(あれば)適宜

水溶き片栗粉は前もって作り、用意しておく。
塩は精製塩ではなく、粗塩(海の塩)をお使いください。
精製塩を使う場合は少なめに入れてください。
おいしいダシのひき方はこちら



【作り方】

1.【煮る】
鍋にだし汁を入れて火にかけ、調味料で味を整える。
ひろうすまたは厚揚げなどを入れ、
蓋をして沸騰したら弱火にして10分程度静かに煮て火を止める。



2.【仕上げ】
火を止めてから、膨らんでいたひろうすがしぼんだら一旦取り出し、
煮汁に具を入れて再び火にかけ、3~4分煮て火を通す。
一旦弱火にして沸騰を静め、煮汁にぐるぐると水流を作りながら
水溶き片栗粉を流し入れる。
そのまま弱火で煮てとろみが付いたらひろうすを戻し入れて温める。



3.【盛り付け】
ひろうすが熱々になったら器に盛り、
上からあんを注いで彩りに薬味ネギやミツバを散らす。






人参が一番硬くて煮えにくいので、
できるだけ細い千切りになるように、ちょっと頑張ってみてくださいね。
太めだとゴリゴリになっちゃいます(^-^;)

水溶き片栗粉は、最初に作って用意しておくと、
片栗粉に水分が染み込み、結果冷めても緩まない綺麗なとろみが付きます。
慌てて間際に作るととろみが長続きしないのでご注意を。

これ、冷え性の方は、おろし生姜をトッピングすると
ポカポカ感がグンとアップして、腸活にも良いのでおすすめです!

トッピングに緑のものを散らすと
彩りが良くて見た目の美味しさ感がアップしますよね。
冷蔵庫にあるけど、面倒だから乗せなくてもいっか~…
なんて言わないで!
香りのあるハーブや薬味ものって、目に美味しいだけじゃなくて
その香りが脳を刺激して認知症予防や
頭の回転を良くするのにつながるんですよね。
もし冷蔵庫にあるのなら、ガンガン使うべし!!( ^ー゚)♪

ショウガは腸の蠕動運動を促し、
腸内環境を良くするのに働くんですが、
それって結果的には免疫力をアップすることになります。
ノロやフルーのウイルスに負けないように、
美味しく食べて寒い季節を乗り越えてくださいね(*^-^*)


a0056451_14184058.jpg

この日の我が家の晩御飯はこんな感じ。

*青菜の香り炒め
サワラの幽庵焼
*ひろうすのあんかけ煮
*けんちん汁風具沢山汁
*発芽玄米入りごはん

実は私、グルコーススパイク(食後血糖値が高くなる)になりやすいので(汗)
いつもご飯を一番最後にいただきます。
お茶碗が手前にあると、ついつい先にパクッと食べちゃったりするので(^-^;)
それを防止するために、ご飯の位置が一番遠いところになりました。
この位置にしてからは失敗知らず(* ̄‥ ̄*)=3
食後血糖値を気にされる方にはおすすめです。
和食のお作法には反しますけど、
健康には一役かうかもしれません( ^ー゚)♪



←孫ネコロボちゃんをポチッと一押し
今日も応援して行ってくださったらうれしいです。
どうぞよろしくお願いします!(^-^)

人気blogランキングに参加しています。

by aiaicafe | 2017-01-16 14:47 | 煮もの | Trackback | Comments(0)

秋の食卓へ〜鶏肉と厚揚げのあんかけ風

a0056451_17361685.jpg




長らくご無沙汰してしまいました(汗)
もう10月。あと3ヶ月もしたら新しい年ですよ〜!
やっぱり一年って早いですよねぇ
今月はお料理教室をお休みして、次のレッスンは11月なので
ただいまクリスマスレッスンのメニューで頭がいっぱい。
なのでもう今から師走の気分です(笑)

お休みだぁ〜♪ …と言っても、今年は気を許せば台風がやって来ますよね(´~`;)
今近づいている台風が行っちゃったら、
どこかへ遠足にでも行くか?と、ダーリンと計画中です。
それから、またロボたんにも会いに行かなくちゃ! (* ̄m ̄)ふふふ

我が家の食卓の方は、めっきり秋らしいメニューが並ぶようになりました。
今回はそのうちの1品であります。




おいしそう~♪と思ってくださったら
↑ポチッと一押しよろしくお願い致しますm(_ _)m

a0056451_17361004.jpg


これ、鶏肉と厚揚げ、きのこなどを炒めて、
あんかけのおだしに放り込んだだけ。
彩りよくてボリュームいっぱい♪
主役級のおかずになりました(^-^)v

厚揚げは、汲みどうふをそのまま揚げたような、まぁるい形をしてます。
珍しいな〜と思って買ってみたんだけど、
ふんわり柔らかくて、こういう料理には向いているみたいで
美味しかったなぁ〜 (*´д`*)ハフン♪

先にあんを作っておいてから、
フライパンでお好みの具に焦げ目をつけて放り込んで行きます。
気軽に作れる一品なので、ぜひトライしてみてくださいね!




「鶏肉と厚揚げのあんかけ風」


【材料】

3人分

厚揚げ 1パック
鶏ももまたは胸肉(お好みで)100g〜150g(一口大にそぎ切り)
白ネギ 1本(5cmに切る)
しいたけ 2枚(スライス)
茹で人参やインゲン豆など(彩り用) 適宜
植物油 大さじ1

だし汁 500cc
粗塩 小さじ1/3
みりん 大さじ1
薄口醤油 大さじ1
水溶き片栗粉 大さじ1+水少々

美味しいダシのひき方はこちら
厚揚げは、冷たかったらレンジで少し加熱して温めておく。
塩は精製塩ではなく粗塩をお使いください。


【作り方】

1.【あんを作る】
鍋にだし汁を入れて火にかけ、調味料を加えて行き味を整える。
沸騰してきたら一旦火を弱めて沸騰を鎮め、
水溶き片栗粉を回し入れる。
混ぜながら中火にし、少し煮てとろみが付いたらOK。



2.【焼く】
フライパンに植物油を熱し、鶏肉とネギを並べて
強めの中火くらいで焼き焦げ目を付ける



3.【仕上げ】
焼き色が付いたらあんの鍋に入れ、厚揚げと人参やきのこ、
インゲン豆なども一煮に入れて、一煮立ちさせてから盛り付ける。
好みで柚子皮やミツバなどを散らしても美味です^^



あんさえ作っておけば、具はなんでもOK!
厚揚げが無かったら、お豆腐を鶏肉と一緒に焼いて入れても美味しそうですよね〜(*^-^*)
焼かなくても良いものは、そのままあんに放り込んだら良いし、
何を焼いて何を焼かないか?その辺がポイントかもしれません。

インスタントのだし汁(粉末のとかパックのとか)を使う時は、
少し濃いめに作ると美味しく出来上がると思います。
ここぞという時は、ぜひ削り節や昆布で美味しいだし汁にトライしてみてくださいね。
ほっぺが落ちますぞよ〜( ^ー゚)♪



今日も ←ポチッと一押し、
応援して行ってくださったらうれしいです。
どうぞよろしくお願いします!(^-^)

人気blogランキングに参加しています。




by aiaicafe | 2016-10-04 18:49 | 炒めもの | Trackback | Comments(2)