ベーグル

a0056451_15114818.jpg

バターや卵を使わないユダヤのパン『ベーグル』は
ドッシリと重みがあり、モチっとした歯ごたえが特徴です。
正直言って、初めて食べた時「なんて堅いの?!」と思いました。
仕事でニューヨークへ行くことが数回あり、
ホテルの朝ご飯には必ずこのベーグルが出てきます。
ニューヨークのベーグルって、日本のベーグルより
もっと堅くてドッシリしてるんです。
この堅いのをモグモグとかみしめているうちに、
小麦のおいしさや甘みがジンワリと…
気が付いたらいつしかベーグルの虜になっていました。


発酵は1回だけ。「茹でる」という行程が特徴のベーグルは
とっても簡単に出来てしまいます。
(普通のパンより簡単かも?)
わざわざ遠いところへ買いに出かけなくても
モッチリしたおいしいベーグルがお家で食べられるんです(^-^)





「ベーグル」


【材料】

8個分
強力粉400g
ドライイースト小さじ2
砂糖大さじ1・1/2
塩小さじ1
ぬるま湯250cc
砂糖大さじ2(茹で用)
卵白(つや出し用)
好みで胡麻やパンプキンシードなど。

強力粉は、普通の強力粉200gに「最強力粉」を200g混ぜると
モッチリ感が増して美味しくなります。
 *最強力粉はグルテン度(タンパク質)の高い小麦粉で、
  製菓材料店などで入手する事が出来ます。
麺棒、料理用のハケなどが必要です。



【作り方】

1. 人肌程度のぬるま湯に砂糖(大さじ1半)を良く溶かす。
 次にドライイーストを振り入れて混ぜたら、塩を入れて同じく混ぜる。

2. ボールに強力粉を入れ、真ん中を軽くくぼませ、
 そこへ(1)のぬるま湯を少しずつ注ぐ
a0056451_15124510.jpg

3. 徐々に混ぜ合わせていき、ひとまとめにしたら
 打ち粉(分量外)をした台に移しこねる。
 (親指の付け根を利用して、伸ばしたり時々台に打ち付けたり…)
 艶が出て滑らかになるまで約10分ほどがんばりましょう!

3. こね上がったら包丁かスケッパーで8等分する。
 麺棒で15×10cmくらいの楕円形に伸ばし、横に3つ折にする(写真参照)
a0056451_15134462.jpg

 4. 棒状に軽く形を整えたら、端を手で押さえつけて薄く伸ばし、
 水を少し付けてドーナツ状にする。
a0056451_1514536.jpg

5. オーブンペーパーを敷いた天板に並べ、上にオーブンペーパー、
 塗らして固く絞ったふきんの順に被せて、室温で25分くらい発酵させる。
 (真冬など室温が低い場合は、オーブンの発酵機能を利用するか
 お風呂場などの暖かい場所に30〜40分置いて下さい)
 *この間にお鍋にお湯を沸かし、オーブンを220度に予熱しましょう。

6. 乾いたふきんを用意します。
 2倍くらいに膨らんだら、沸騰したお湯で片面1分ずつ、
 網杓子などを使って途中ひっくり返して両面茹でます。
 (蒸しパンみたいになります!)
 ふきんの上に乗せ、軽く水気を吸い取ったら
 オーブンペーパーを敷いた天板に乗せます。
a0056451_15153877.jpg

7. 卵白に水をちょろっと入れてよく溶き、ハケで全体に塗る。
 胡麻やパンプキンシードなどをまぶしたい時はこの後付けます。

8. 220度に予熱したオーブンで約20分くらい焼きます。
 オーブンは機種によって焼き上がり時間が違いますから
 15分くらいで1度チェックしてみてくださいね(^-^)

9. きつね色に焼けたら、網などに乗せてあら熱を取る。
 出来上がりです!


焼きたては、外側がパリっとなっています。
焼きたて熱々が一番おいしい?…う〜ん(´〜`;)
あまり弾力が無いので噛むと口の中でお団子になってしまいます。
なので、やっぱりしっかり冷めてから(できれば翌日)の方が
おいしくいただけると思います。
サッとトーストして、クリームチーズを塗ったり…ハムや野菜をサンドしたり。
お好みの食べ方でエンジョイしてください(^-^)
ぴっちりラップに包んで冷凍もできます。
食べるときは1度レンジで解凍してからトーストして下さいね。

*ドーナツ状にしないで、平たく伸ばして焼き、
 ピザベーグルにしても美味です♪
 あと、細長く形を整えてソーセージに巻き付け、
 茹でてから焼くとソーセージベーグルになります。

(このレシピは『ベーグル・マジック』ウォーラー・マーティン&ちづ子
 のレシピを私なりにアレンジしたものです)


人気blogランキングに参加しています。
レシピがお役に立ったら
Blog ranking ←ぽちっとクリックしてくださいね(^-^)
ご協力ありがとうございます♪

# by aiaicafe | 2005-11-08 15:27 | パン | Trackback | Comments(6)

エッグベネディクト

「死んだら棺桶には卵を入れてね。」
と言うくらい卵loverな私です(^-^;)
大好きな卵料理の中でも、これはベスト3に入るメニュー。
ポーチドエッグからトロ〜ッと流れ出る黄身と
オランデーズソースのハーモニーがたまりません!
卵がお好きな方には一度は食べていただきたい1品です。
これを食べずして死ねるか!?


a0056451_16264787.jpg





「エッグベネディクト」


【材料】

2人分
卵4個
イングリッシュマフィン
ハム又はカナディアンベーコン4枚
オランデーズソース
酢少量



【作り方】

1. マフィンは横半分にカットし、トースターでサッと焼く。

2. 鍋に酢をちょろっと入れてお湯を沸騰させ、卵を静かに入れて
 ポーチドエッグを作る。(入れてから2分でちょうど良いくらいです)

3. お皿にマフィン、ハム、ポーチドエッグの順で重ね、
 上からオランデーズソースをかける。
 あればパセリなどを散らすと綺麗です(^-^)
a0056451_16255399.jpg



「オランデーズソース」


【材料】

4人分
卵黄3個
無塩バター50g
サラダ油50cc
レモン汁小さじ1
塩、白胡椒各少々

バターはレンジで1分加熱して溶かしバターにし、
サラダ油と合わせよく混ぜておく。


1. ボールに卵黄を入れ、湯煎にして少しとろみがつくまで良く混ぜ合わす。

2. バターとサラダ油を混ぜ合わせた物を少しずつ注ぎ、良く混ぜ合わせる
 (マヨネーズを作る要領です)

3. 塩、胡椒を少々入れ、最後にレモン汁を加えて良く混ぜ合わせて出来上がり!
 

先にソースを作っておいてから(冷めないように湯煎しておく)
出来上がったポーチドエッグにかけると、出来たて熱々がいただけます(^-^)
ボールは熱を伝えやすいガラスかステンレス製の方が向いていると思います。


エッグベネディクト発送の地はニューヨーク。
オスカー・ツィルキーさん、って方が考えたメニューだそうです。
(サウザンアイランドドレッシングを考えたのもこの方)
アメリカのホテルの朝食メニューではとてもポピュラーな1品です。
写真は普通のハムを使ってますが、本当は1cmくらいの厚切りハムか
脂身の少ないカナディアンベーコンをサッと焼いて使います。
このオランデーズソース、早い話がバターで作ったコクのあるマヨネーズ
っていう感じかな?
初めて食べた時は、チーズを溶かしたソース?って思いました(^-^;)
なんとなくチーズっぽい感じもします。

バターを思いっきり使うので、ちょっとカロリー高め??
その辺がちょっと気になる私は、サラダ油を半分ブレンドしたレシピにしてみました。
余ったら茹でたジャガイモにかけてホットサラダにしたり、
サーモンのムニエルにかけたり…
あっさりしたものと相性が良いみたいです。
 *バターが固まってしまうので保存は常温で。
  夏場はその日のうちに、冬場は2日以内に食べてしまって下さいね。


人気blogランキングに参加しています。
レシピがお役に立ったら
Blog ranking ←ぽちっとクリックしてくださいね(^-^)
ご協力ありがとうございます♪

# by aiaicafe | 2005-11-07 16:36 | たまご料理 | Trackback | Comments(6)

おから煮

お好みの具をたくさん入れたおから煮は
我が家では人気のメニューです。
ダシを効かせてあっさり味にすると、とっても美味しくいただけます。
繊維が多く、ダイエット効果が高いので、
美味しく食べながら痩せられますよ♪


a0056451_333649.jpg




「おから煮」


【材料】

5人分
おから200g
干し椎茸3枚(もどして細切り)
人参1/3本(みじん切り)
鶏ミンチ200g
油揚げ1/2枚(細切り)
しめじ1/2パック
ネギ2本(小口切り)
だし汁2カップ(400cc)
みりん50cc
薄口醤油大さじ1
塩(自然塩)小さじ1
サラダ油大さじ1/2



【作り方】

1. フライパンに油を熱し、ミンチを炒める。
  ポロポロになったら人参、椎茸、油揚げを順に炒める。

2. 油が回ったらダシ汁を注ぎ、みりん、薄口醤油、塩で味付け。

3. おからを加えて、よく混ぜながら汁気が少なくなるまで炒り煮する。



できればダシ汁は、ぜひ昆布や鰹できちんと取ったものを使ってみてください。
フワッとダシのいい香りがする、上品な味のおからが出来上がりますよ(^-^)
うちでは、いつもたくさん作って半分くらいは冷凍するので
こんにゃくは入れません(氷ると堅くなって元に戻らなくなります)
冷凍しない方にはおすすめです!
あと、枝豆などがあれば一緒に入れると彩りが良くなります。


人気blogランキングに参加しています。
レシピがお役に立ったら
Blog ranking ←ぽちっとクリックしてくださいね(^-^)
ご協力ありがとうございます♪

# by aiaicafe | 2005-11-07 03:10 | 煮もの | Trackback | Comments(4)

ジェノベーゼ

バジルペーストを使ったジェノベーゼは
イタリアのジェノバが発祥の地。
なのでジェノベーゼ(ジェノバ風)と呼ばれています。
生のバジルをふんだんに使ったパスタは、爽やかな香りが食欲をそそります。
乾燥バジルでは味わえない鮮烈な香りはもう病みつき!
シンプルなのにあとを引くおいしさです(^-^)


a0056451_343632.jpg



「ジェノベーゼ」


【材料】

2人分
スパゲティ200g
バジルペースト大さじ3
塩(自然塩、できれば岩塩)
粉チーズ大さじ2
松の実少々

はじめに、ボールにバジルペーストと粉チーズを混ぜておく。
バジルペーストの作り方はこちら


【作り方】

1. たっぷりの沸騰したお湯(3Lくらい)に
塩(大さじ2程度)を入れる。
 (ペロッとなめてみてしょっぱいと感じるくらい)

2. パスタを茹でる。(ゆで汁は少し取っておく事!)

3. バジルペーストにパスタのゆで汁(大さじ3)を入れてゆるめ、
 ゆであがったパスタを入れてよく混ぜる。

4. 味を見て、好みで塩気を調節して下さいね。
 器に盛り、松の実と粉チーズ(分量外)をパラパラ〜っとしてできあがりです!


バジルペーストさえあればできる、茹でて混ぜるだけの簡単パスタです。
ボールで混ぜている間に冷めやすいので、
盛りつけるお皿は前もってお湯を少し注いで温めておくと
出来たての熱々を食べることができます(^-^)


人気blogランキングに参加しています。
レシピがお役に立ったら
Blog ranking ←ぽちっとクリックしてくださいね(^-^)
ご協力ありがとうございます♪

# by aiaicafe | 2005-11-06 03:14 | パスタ・麺類 | Trackback | Comments(2)

ミラノ風いわしフライ

お肉を薄く伸ばして焼いたミラノ風カツレツ。
最近はファミレスメニューにも登場しますよね。
同じようにイワシをチーズ風味でフライしてみました。
少量の油で焼くように揚げます。油の後始末も簡単ですよ〜(^-^)d
トマトソースには、少しウスターソースをブレンドしてあります。

a0056451_2141219.jpg


「ミラノ風いわしフライ」


【材料】

3人分
イワシ6枚(開いて骨を取った物)
酒少々
パン粉適量
小麦粉適量
卵1個
乾燥パセリ
粉チーズ
塩胡椒
オリーブオイル
トマトソース大さじ6
ウスターソース小さじ2

イワシにお酒を少量ふりかけ、
 ペーパータオルなどでよく水気をふき取る。
トマトソースとウスターソースを合わせておく。
*基本のトマトソースの作り方はこちら


【作り方】

1. イワシに軽く塩胡椒し、身の方に粉チーズを振りかけておく。

2. パン粉に乾燥パセリを適量混ぜ、イワシに小麦粉、卵、パン粉の順に付ける。

3. たっぷりのオリーブオイルをフライパンに注ぎ、
 皮の方から中火で揚げるように焼きます。

4. きつね色になったら出来上がり!
 器に盛り、トマトソースをかける。



青魚は特有の臭みがありますが、
オリーブオイルで焼くとなぜか消えてしまうんです。
反対に、オリーブオイルの方もクセが消えて、
苦手だと言う方にも食べやすくなります。
小麦粉をまぶすときは、茶こしで上から振るうと
余計に小麦粉を使わなくていいので便利ですよ(^-^)

付け合わせは茹でたジャガイモのバジルペースト和えです。
レモンを添えてどうぞ!


人気blogランキングに参加しています。
レシピがお役に立ったら
Blog ranking ←ぽちっとクリックしてくださいね(^-^)
ご協力ありがとうございます♪

# by aiaicafe | 2005-11-05 02:23 | トマトソースレシピ | Trackback(1) | Comments(2)