<   2010年 04月 ( 18 )   > この月の画像一覧

鯛のブイヤベース

a0056451_1513342.jpg



さて、鯛料理も終盤に近づきました。
今回は、娘のリクエストだったブイヤベースです。

以前アップしたときは、ターメリック(うこん)を使ったけど、
今回はちゃんとサフランを使ったかなり本格的なもの。
と言っても、これは鯛じゃなくても白身魚ならなんでもいいし、
アラでもできるので(アラが入る方が良いダシが出ます!)
意外に気軽に作れるんですよ〜(^-^)v

ポイントは、必ず煮立っているところへお魚を入れる事。
(アラは、入れる前に熱湯をかけて霜降りにしておきます)
一度に入れないように、1つ入れては沸騰を待ち、そしてまた入れる…
と言うようにすると、生臭さが出ません。

これ、本当に良いダシが出て、めちゃくちゃおいしいの!
世界3大スープのうちの一つ、っていうのが納得できるおいしさなのです(*^-^*)v
じゃがいもやキノコなんかもたっぷり入れて、
ぜひトライしてみてくださいね♪

*レシピはこちらを参考にしてください。
 (ウコンの代わりに、サフランをひとつまみ入れます)
a0056451_15135648.jpg


  人気ブログランキングへおいしそう〜♪と思ってくださったら
  ↑ポチッと一押しよろしくお願い致しますm(_ _)m





これ、魚介の旨味がたっぷり出た、上品な味のスープだけど、
ここにアイオリソースをプラスすると、また違った味で楽しめるんですよ〜
にんにくの風味とさっぱり感が食欲を増進して、
え〜っと…思わず「白ワインください!」って言っちゃうような味ね(笑)
ソースは、ドレッシングとしても使えますから、
余ったら捨てずにリメイクしてみてくださいね!

a0056451_15145862.jpg

我が家は薄切りのフランスパンを添えていただきました。
が!なんとなくもの足りなかったから、ご飯にスープをかけて
スープご飯にしていただいたら、これがウマい! (ノ゚ω゚)ノ*.オオォォォォォォォ
日本では鍋の後の締めに、雑炊をして食べたりするけど、
あれは鍋のおいしさを味わい尽くす、最高の手段だなぁと
今更ながらに納得。
これからブイヤベースの締めはこれだな(笑)


さて、そろそろゴールデンウィークに突入した方もいらっしゃる?
5月に入ると、いりなり初夏のような気候になるらしいから(ほんまかいなw)
アツアツ料理は今のうちかな(^-^)
しっかり堪能してみてくださいね〜!


レシピがお役に立ったら、人気ブログランキングへ ←ポチッと愛の一押しを!
どうぞよろしくお願いします(^-^)

a0056451_15154367.jpg

人気blogランキングに参加しています。

by aiaicafe | 2010-04-28 15:24 | スープ・汁もの | Trackback | Comments(2)

オーブンスコッチエッグ

a0056451_20135075.jpg




鯛ばっかりっていうのもなんだから、本日は一時休止。
(実際は続いたんですけどね^^;)
今回は、ご飯のおかずにピッタリな1品であります。
鶏ミンチ肉でうずらタマゴを包んで、ミニスコッチエッグを作ってみました。
って言うより、本当のスコッチエッグはフライにしたものだから
うずら入りつくねって言った方が良いかな?
これも今月よく登場している、甘辛ダレ利用です( ^ー゚)♪
一緒に、さっと焦げ目を付けた和野菜を添えてみました。

娘「焼き鳥と煮物を一緒に食べてるみたい」

そうそう!照り焼きつくねと甘辛煮ものが1度に出来る感じ。
これも一度で2品メニューかもね(笑)

普通のスコッチエッグは、ニワトリのたまごをミンチで包んで作るから、
大きくて、揚げるのがまた大変なんですよね(´〜`;)
なので耐熱皿に並べてオーブンへポイ!
衣も無しだし、気がつけば焼けているから手間要らずなんですよ〜(^-^)v
そして焼きたてのアツアツのところに甘辛ダレをジュ〜〜〜♪っとやると、
美味しそうな匂いがホワワ〜んと…

今回使った甘辛ダレは、お砂糖無しで作ったものです。
みりんが多めなので、充分に甘みはあるんですよ(^-^)
甘さ控えめが良い方は、こちらでお試しくださいね!


  人気ブログランキングへおいしそう〜♪と思ってくださったら
  ↑ポチッと一押しよろしくお願い致しますm(_ _)m


a0056451_20201828.jpg





「オーブンスコッチエッグ」


【材料】

3人分

鶏又は豚ミンチ肉200g
塩コショウ
日本酒大さじ1
ネギみじん切り大さじ山盛り1
茹でうずらタマゴ6個

人参1/2本(乱切り)
大根1/5本(半月切り)
舞茸1/2パック
ししとう6〜9個
サラダ油大さじ1
塩コショウ
甘辛ダレ(砂糖無しバージョン)大さじ3〜4

オーブンは200度に予熱しておく。
甘辛ダレの作り方はこちら(砂糖は入れずに、前もって作っておく)



【作り方】

1.【下ごしらえ】
  大根は米のとぎ汁などで5分ほど下ゆでする。
  人参はレンジ加熱して八割り程度火を通しておく。



2.【種を作る】
  ボウルにミンチ肉と塩コショウ、日本酒を入れて
  粘りが出るまでよくこねる。
  最後にネギを加えて混ぜ、6つに等分してまとめる。
  手のひらに1つ取り、中心にうずらタマゴを包んで丸く形作る。
  (手を水で濡らすとベタつきません)



3.【野菜を炒める】
  フライパンにサラダ油を熱し、強火で野菜を炒めて焦げ目を付ける。
  (きのこは炒めません)



a0056451_20213180.jpg4.【焼く】
まず、耐熱容器にスコッチエッグを並べ、
隙間を埋めるように野菜ときのこを並べる。
予熱したオーブンに入れ、20分〜25分くらい焼いて
表面に軽く焦げ色が付いたらできあがり。
熱いうちに甘辛ダレを回しかけて召し上がれ!






少し前に、外国にはオーブントースターがあるのか?という記事を書いたけど、
今回はその逆です(^-^)
予熱が要るし、時間がかかるイメージがあるからか、
日本の家庭では、オーブンを使っておかずを作るって言う事が
まだまだ少ないと思うんですよね。
でも、放り込んだらオーブンが勝手に(?)焼いてくれるし、
じっくり周りから加熱するからすぐに焦げてしまうと言う事も無くて、
今回のスコッチエッグも、ふんわりジューシーに焼けたんですよ(*^-^*)v
焼いている間の時間を上手く使えば、
焼き上がる頃には、全てのおかずを一度にテーブルに並べることができるし、
使い慣れると、とても頼りになるお道具なのです。
オーブントースターが短距離ランナーなら、オーブンはマラソン選手っていうところかな。
う〜ん、イマイチうまく表現できてない?
まぁ、両方使いこなせたら、鬼に金棒ってことです( ^ー゚)♪
夏になる前に、うんと利用してみてください!(笑)




いつも応援ありがとうございます!今日も人気ブログランキングへ ←ポチッと愛の一押しを!
どうぞよろしくお願いします(^-^)

a0056451_2021121.jpg

人気blogランキングに参加しています。

by aiaicafe | 2010-04-26 20:36 | グリル・焼きもの | Trackback | Comments(10)

鯛のオーブン焼き

a0056451_1910146.jpg



どこまで続く鯛料理〜(笑)
ド〜ンと丸ごと姿焼き!
豪華な感じは、やっぱりこれが一番でしょう(^-^)v
私的にはこれが一番やってみたかったのよね。
丸ごとオーブンに突っ込めばいいって言うお手軽さも理由の一つです。はい。



a0056451_19112331.jpgオーブンで焼くと、魚焼きグリルとはまた違った食感で、
しっとりふんわり♪
大きな魚もパサつかずに美味しく焼けるんですよ〜
…って、今回いただいた鯛達は、大きすぎて
魚焼きグリルには入りませんでした(汗)
しかも頭をぶっつりいかねば
うちの耐熱容器には入り切らず、
え〜い、はみ出たまま焼いてしまおうか…と思ったら、
我が家のしょぼいオーブンには
しっぽがつっかえてしまうのでした(T^T)
仕方が無いから雰囲気だけ姿焼きでございます。
ちょっと情けないお姿になってますが失礼(笑)

本当は、生ハーブを使って作りたかったんですよね。
が!なぜかこの日はどこへ行っても
欲しいハーブが売り切れで(涙)
困ったときのドライハーブ頼みと言う事で、
ハーブ入りアルペンザルツを使いました。
これ、ハーブ比率が高いので、お魚料理にはピッタリ♪
味付けはこの塩だけだったけど、
おかげでおいしくいただけました(*^-^*)v

丸ごと1匹でなくても、切り身でも同じようにおいしく、
もちろん豪華な雰囲気にできあがりますよ〜
オーブン任せの楽々料理、おすすめです( ^ー゚)♪



人気ブログランキングへおいしそう〜♪と思ってくださったら
  ↑ポチッと一押しよろしくお願い致しますm(_ _)m





「鯛のオーブン焼き」


【材料】

3〜4人分

鯛又は白身魚1匹(切り身でもOK)
塩、ディルやタイムなどのハーブ又はハーブ入りアルペンザルツなどのハーブ塩適量
黒コショウ
オリーブ油大さじ2
ジャガイモ、ブロッコリー、プチトマトなど適量(付け合わせ用)
レモン1/2個(お好みで)

オーブンは200度に予熱しておく。




【作り方】

1.【下ごしらえ】
  ジャガイモやブロッコリーは、レンジ加熱して
  ある程度火を通しておく。
  魚は切り込みを入れ、塩コショウ、又はハーブ塩を振ってすり込んでおく。



2.【焼く】
  耐熱容器に魚を置き、周りに野菜を並べる。
  野菜に軽く塩コショウをしたら、オリーブ油を全体に回しかける。
  ハーブ塩を使わない場合は、魚にハーブを乗せ、
  200度に予熱したオーブンで20〜30分焼いたらできあがり。
  レモンをしぼって召し上がれ!




焼き時間は、お魚の大きさやオーブンのパワーで違って来ます。
今回は、かなり厚みのある鯛だったので30分焼きました。
切り身なら、厚みが無いから15分くらいでできるんじゃないかな?
表面にうっすら焦げ目が付いたらOKです。
どちらかと言うと、しっかり焼くよりは、
余熱を利用した方がパサつかずに美味しく出来上がるので、
焼き過ぎにはどうぞご用心を。

a0056451_19141674.jpg


一緒にいただいたのは、大根と水菜のサラダ&ホットドレッシング(冷たいバージョンで)
カマンベール、ペンネ&トマトソースなどなど。

a0056451_19123776.jpg

各自ワンプレートに取りわけて食べたんですが、
ペンネのトマトソースと一緒に鯛を絡めて食べたら
これがまたウマ〜 (*´д`*)ハフン♪
2種類の味を楽しめてお得感いっぱい(笑)
しかも、鯛からおいしいダシが出ていて、
お野菜もおいしくいただけました。
これ、おもてなしにも良いかもしれません( ^ー゚)♪




いつも応援ありがとうございます!
気が向いたら人気ブログランキングへ ←ポチッと一押し、
応援して行ってくださいな〜(^-^)
どうぞよろしくお願いします。
a0056451_19144974.jpg

人気blogランキングに参加しています。

by aiaicafe | 2010-04-24 19:29 | グリル・焼きもの | Trackback | Comments(4)

鯛の幽庵焼き

a0056451_19263285.jpg



鯛メニュー、まだまだ続いてるんですよ〜
なにしろ7匹ですから(^▽^;)
釣りたては生でいただきましたが、次は生魚苦手なダーリン大喜びの
味を付けて焼いたものであります。
まずはさっぱり味の幽庵焼き、これでしょう!
それほど長く漬け込まなくてもいいから、あまり時間が無い時には嬉しいのよね♪
とりあえず、幽庵地に漬け込んでおいて、
その間に他のものを作ったら時間が上手に使えるし(^-^)v


a0056451_19472144.jpg


一緒に作ったのは豆ご飯。もしかして今年初?
なんだかずっと寒かったから、豆ご飯の事をすっかり忘れてたかも(^-^;)
お豆さんすみません(笑)
今年はお豆の詰まり具合はどうなんだろうなぁ…
な〜んて思いながらサヤを剥きましたけど、
甘くておいしいお豆でしたよ〜( ^ー゚)♪



  人気ブログランキングへおいしそう〜♪と思ってくださったら
  ↑ポチッと一押しよろしくお願い致しますm(_ _)m



a0056451_1948088.jpg


お野菜の一皿は、タラモサラダです。
タラコが少し余っていたので、殆ど無理矢理メニューであります(笑)
ダーリン、タラコも生は苦手で(タラコ臭がイヤらしいです)
「ポロポロになるまで焼いてくれない?」と言う彼。
方や女性軍は「タラコは生がおいしいに決まってるでしょ!」ですから〜(^▽^;)

どうしようか悩んで、タラコ臭がしないように一工夫してみました。
タラモサラダにはにんにくとオリーブ油を使うんですが、
そこにハーブアルペンザルツを加えて、ハーブの香りをプラス。

ダーリン「これ、何入ってるの?おいしいね。」

むふふふ(* ̄m ̄)v もしかして大成功?

娘「お父さんってば、ピンク色してるのに鈍すぎ〜(笑)」

またしても娘の笑いの的になってしまった彼。

ダーリン「あ、ほんまやなぁ 明太子かな?と思ったけど、違うのか〜」

  _, ._
(;゚ Д゚)え? 明太子もタラコ…(略)



なんとな〜く、ずれを感じる会話でありました(笑)



a0056451_2082075.jpg

で、鯛の幽庵焼きは、ひじょうに上品なお味で◎!
身はしっとり、皮の焦げたところが香ばしくっておいしかった〜(*^-^*)v
3人で1匹分ペロリでありました。
幽庵焼きって、オールマイティーで最高〜♪
まだ試してみてことの無いかたはぜひ!



いつも応援ありがとうございます!
今日も人気ブログランキングへ←ポチッと一押し、
応援して行ってくださったらうれしいです。
どうぞよろしくお願いします!(^-^)

a0056451_20183042.jpg

人気blogランキングに参加しています。

by aiaicafe | 2010-04-23 20:25 | グリル・焼きもの | Trackback | Comments(6)

ロールチキン・チャーシューダレ

a0056451_2094265.jpg



さて、最近ハマっている手羽先唐揚げの甘辛ダレ。
これ、なんとなくチャーシューのタレにも似てるなぁ…と、
今度はタレとして使ってみました。

それがねぇ…本当は焼豚で作りたかったんだけど、
買いものに出かけたら豚ももの塊肉が売ってなくて(涙)
仕方なく鶏もも肉です(^-^;)
でもね、これもなかなかいけたんですよ〜♪
オーブンで焼いてから、タレに漬けて味を染み込ませました(^-^)v
お手軽鶏チャーシュー(?)って言うところかな。
漬け込んでいたタレに、肉汁が滲み出て
更に美味しくなるっていうところも高ポイント!

ただ一つ後悔したのは、
時間があったら、タレが染み込んだところをサッと直火で炙って、
炙りチャーシュー風にしたかったな〜っていうこと。
きっと焦げ目が涙ものだったろうなぁ 残念〜!
お時間のある方は、ぜひ炙って
美味しそうな焦げ目を付けてみてくださいね( ^ー゚)♪
匂いだけでやられますぞよ〜(笑)



  人気ブログランキングへおいしそう〜♪と思ってくださったら
  ↑ポチッと一押しよろしくお願い致しますm(_ _)m


a0056451_20104035.jpg





「ロールチキン・チャーシューダレ」


【材料】

3人分

鶏もも肉大きめ1枚
塩コショウ
ゴマ油適量
※甘辛ダレ大さじ3〜4
葉野菜やプチトマトなどお好みで適宜(彩り用)

※甘辛ダレの作り方はこちら
オーブンは200度に予熱しておく。




【作り方】

1.【下ごしらえ】
  鶏もも肉は、余分な脂肪を取り除き、
  皮にフォークなどを突き刺して穴を開ける。
  分厚いところに横から切り目を入れて開き、厚みを均一にする。
  軽く塩コショウを振ってすり込み、皮が外側になるようにクルクルと巻いていく。
  端から凧糸でしばり、ごま油を少したらして手で塗り広げておく。



2.【焼く】
  耐熱皿にオーブンペーパーを敷き、鶏肉を乗せて
  200度に予熱したオーブンで、途中一度上下を返して20〜30分ほど焼きます。
  (目安は焼き色が付くまで)
  器を取り出したらすぐにアルミホイルを被せて(チキンを丸ごと包んでもOK)
  粗熱が取れるまで置く。



3.【タレに漬ける】
  粗熱が取れたら、まだ温かいうちにジップ付きバッグに入れ、
  甘辛ダレを注いで暫く置き、味を染み込ませる。



4.【盛りつけ】
  スライスし、付け合わせ野菜を添えて器に盛り付ける。
  漬け込んでいたタレを添えて完成。




漬け込む時に、タレが少量で済むので、
私はジップ付きバッグを使ったけど、バットなどに入れて漬け込んでもOKです。
その場合は時々上下を返して、よく絡むようにしてくださいね。

付け合わせは、マッシュルームのソテーいっぱい(笑)
そして人参シリシリと、カレー風味のポテトサラダ(カレーマヨ利用)と一緒にいただきました。

a0056451_20115078.jpg


そうそう、このタレがどれくらい持つかというご質問をいただきましたが、
ダシも入らないし、お醤油とみりん、日本酒だけなのでかなり傷みにくいと思います。
(ただし、保存するときは生姜やにんにくは取り出してくださいね。)
たぶん2週間くらいは余裕でいけるかな?
でも、各冷蔵庫によって保存状態は変わって来ると思うので、
長く置くつもりだったら冷凍保存したほうが良いですし、
1週間くらい経ったら、一度火を通した方が良いと思います。
ただし、今回みたいに肉汁が交じったりした場合は、2〜3日中に使い切ってください。
そしてご自分の責任において、目と鼻と舌に自信を持って確認してくださいね。
ではでは、おいしく召し上がれ〜(^-^)v



いつも応援ありがとうございます!おいしそう〜♪と思ってくださったら
今日も人気ブログランキングへ←ポチッと一押し、
応援して行ってくださったらうれしいです。
どうぞよろしくお願いします!(^-^)

a0056451_20112483.jpg

人気blogランキングに参加しています。

by aiaicafe | 2010-04-22 20:21 | グリル・焼きもの | Trackback | Comments(2)

鯛づくし♪鯛の和風ポキ

a0056451_1724737.jpg



知り合いの方から鯛をいただきました。
最近釣りに凝ってるそうで、大漁だったからと、
な、な、なんと9匹も!!(^▽^;)

まかせとけ〜!と、ど〜んと胸を叩いたものの、
さて、どうするかなぁ(おぃおぃw)

とりあえず、友人に2匹お裾分けして、
あとはダダ〜っと3枚におろしてから考えるとするかな。
おっと、丸ごと料理にもトライしたいから
1匹は尾頭付きで置いとかなくちゃね( ^ー゚)♪


a0056451_17471693.jpgうろこまみれになりながら(汗)
←鯛と格闘すること一時間。
うろこを引く時に、ツルツル滑って
背びれが指に刺さって流血(涙)
娘がキズパワーパッドをくれたので
助かりました〜(コレいいね!)
鯛をおろす時の三種の神器は、
うろこ引き、よく切れる包丁、そして絆創膏だなぁ
と、一人でウケる(笑)



釣りたての新鮮な魚は、やっぱり生で食べなきゃね!と、
まずは平づくりのお刺身に。
a0056451_17465448.jpg

う〜ん、少々切り方がアレでも(笑)おいしそうだぁ(*^-^*)

そしてお刺身苦手が若干一名なので←ダーリン
少し味の付いたのも用意。
a0056451_17502432.jpg

鯛のカルパッチョであります。
家族にはこれが一番好評だったんですよ〜(^-^)v

作り方は、まずにんにくを半分に切り、お皿にごしごしこすり付けて香りを付ける。
できるだけ薄くそぎ切りにした鯛を、あまり重ならないように並べる。
オリーブ油(大さじ2〜3)を回しかけ、塩を振ってから刻んだイタリアンパセリを散らし、
冷蔵庫で少し置いて味を馴染ませたらできあがり。
レモンを搾っていただきます。

塩は、「海のものには山の塩が合うよ!」と言うダーリンからの助言で、
岩塩(アルペンザルツ)を使いました。
そうそう、アルペンザルツのHPで、ドイツアルプスの旅(ペア)が当たるらしいですよ。
私が「応募しなきゃ!」と言ったら、ダーリンがすでに応募したらしくて、
今から「当たったら仕事休まなきゃなぁ…」と、余計な心配をする彼であります(笑)

話がそれました(^▽^;)
さて、もう1品は「昆布締めが食べたい」と言うダーリンのために、
昆布締め+ポキ風のものを作りました。
ポキは私が食べたかったの(笑)
以前ごま油で作ったら、鯛には少しきつすぎたようで
鯛の甘みが胡麻油の香りに負けてしまったので、今回は白締め油を使いました。
なかなかいけましたよ〜♪




  人気ブログランキングへおいしそう〜♪と思ってくださったら
  ↑ポチッと一押しよろしくお願い致しますm(_ _)m


a0056451_1812167.jpg




「鯛の和風ポキ」


【材料】

3人分

鯛お刺身用1冊(そぎ切り)
塩昆布約大さじ1程度
日本酒大さじ1/2
塩(岩塩又は粗塩)ひとつまみ
醬油小さじ1
白締め油小さじ1(太白ごま油)
大葉2〜3枚(粗みじん切り)
炒りごま小さじ1




【作り方】

1.【和える】
  そぎ切りにした鯛をボウルに入れ、日本酒を振りかける。
  塩昆布、塩、醬油、大葉、炒りごま、白締め油を加えて混ぜる。
  器に盛ったらできあがり。




これ、マグロでもおいしいと思います。
ご飯のおかずにもピッタリでした♪
お刺身苦手なダーリンは、「お刺身はご飯のおかずにならない」って言うんだけど、
私はこれだけで白いご飯が1杯いけるわ(笑)
が!残念ながら今回は白いご飯ではなくて、鯛飯でありました。

a0056451_18244664.jpg


一応ほぐした身が入ってるんですけど〜分かる?(笑)
私が忙しくしてたから、鯛の身はダーリンがほぐしてくれたんですよね。

ダーリン「できたよ〜!」

ai「ありがとう〜…って、いったい鯛はどこに??Σ(・ω・ノ)ノ」

っていうくらい細かくほぐしすぎちゃって(笑)

娘「お父さん、これじゃあ鮭フレークだよ(´〜`;) 」

と、娘からクレーム。
お父さん、頑張りすぎて失敗の巻きでありました(笑)
まぁおいしかったからヨシとしましょう(*^-^*)



a0056451_18424131.jpg

あとは茄子とベーコンのトロトロ煮やお吸い物などなど。
鯛づくしメニュー、あれがいいとかこれがいいとか
ワイワイと楽しい晩ご飯になりました(*^-^*)
Aさんありがとうございます!
また大漁だったらお願いしますね(笑)

いつも応援ありがとうございます!
今日も人気ブログランキングへ ←ポチッと一押し、
応援して行ってくださったらうれしいです。
どうぞよろしくお願いします!(^-^)

人気blogランキングに参加しています。
by aiaicafe | 2010-04-21 18:55 | おいしいブログ | Trackback | Comments(8)

手羽唐のタレで!菜の花と豚肉の甘辛炒め

a0056451_21392514.jpg




更新サボり気味ですみません(汗)
今日はちょっとお買い物に出かけて来ました。
来月のお料理教室で使うお弁当箱なんですが、
景色の良い所で、こういうのに入ったお弁当を食べたいなぁ…
って言う、素敵なのを見つけたんですよ〜♪
来月になったら、またアップしますね(^-^)

さて、今月はまだ名古屋風手羽先唐揚げが続いております。
手羽先に絡める甘辛ダレ、フライドポテトに利用してから、
今度はオーソドックスに炒め物に使ってみました。
サッと茹でた菜の花と豚肉、舞茸を一緒に炒めてから
じゅじゅ〜っとタレを回しかけるだけ!

…って、もうレシピ要らないって?(笑)

コレ、簡単でおいしくて最高でした!
和風味なので、ごはんのおかずにはピッタリです。
甘辛ダレ、作っておくと便利ですよ〜( ^ー゚)♪


  人気ブログランキングへおいしそう〜♪と思ってくださったら
  ↑ポチッと一押しよろしくお願い致しますm(_ _)m


a0056451_21402528.jpg




「菜の花と豚肉の甘辛炒め」


【材料】

3人分

豚スライス肉150g(食べやすい大きさに切る)
菜の花100g程度(茹でて食べやすい大きさに切っておく)
舞茸1/2パック
サラダ油大さじ1
輪切り唐辛子適宜
日本酒大さじ1
※甘辛ダレ大さじ2〜3

※甘辛ダレの作り方はこちら




【作り方】

1.【炒める】
  フライパンにサラダ油を熱し、豚肉を炒める。
  火が通ったら舞茸と好みで唐辛子を加え、日本酒を回しかけて炒める。
  舞茸がしんなりしてきたら菜の花を加えて更に炒め、
  最後に甘辛ダレを回しかけて絡めたらできあがり。




ほろ苦い野菜は、豚肉の脂っ気とよく合うそうなので、
脂を気にしない方は、ぜひバラ肉でどうぞ。
我が家はもも肉でしたけど、おいしさはきっとバラ肉の方が上だと思いますよ(^-^)

さて、また1週間が始まりましたね〜!
今週は雨が多くなりそうな…
すっきりしない変なお天気が続きますね(^-^;)
世界中で自然災害が多いから、なんだか不気味な感じもします。
せめて食卓だけでも明るくしたいなぁ…と、
お天気が良くなったら、ランチョンマット用の生地を探しに行こうと思ってます。
お手製マット作り、がんばるぞ〜!!(^▽^)/おー


いつも応援ありがとうございます!
今日も人気ブログランキングへ ←ポチッと一押し、
応援して行ってくださったらうれしいです。
どうぞよろしくお願いします!(^-^)

人気blogランキングに参加しています。
by aiaicafe | 2010-04-19 22:08 | 炒めもの | Trackback | Comments(4)

お弁当持って♪5月のお料理教室はこんなメニューです

a0056451_1732164.jpg




もうそろそろ…今度こそ…と、何回思ったか(´〜`;)
今年の春は出足が遅かったですよねぇ
気がつけば、もうすぐゴールデンウィークです!
そして気がつかなかった、お料理教室2年目突入(汗)
生徒さんに「1周年おめでとうございます!」と言われて、ハッとしました(^▽^;)
この1年、あっという間に過ぎてしまって、
振り返る余裕が無かったなぁと少し反省です。
これからは、もう少し余裕を持って、
更に充実したレッスンを目指したいな〜と思います。

さて、寒い日が多かった春から、季節は初夏へ…
気候が良くなると、外へ出かけたくなりますよね(^-^)
気持ちのいい日はお弁当を持って出かけよう!
と言う事で、5月は「ピクニック弁当」がテーマです。
これっくらいの♪おべんとばこに♪おにぎりおにぎりチョイと詰めて♪と歌いながら(笑)
各自でお弁当箱に詰めていただきます。
おもてなし風にするか?それともピクニック風?
詰め方次第で、がらりと雰囲気が変わるのがお弁当の楽しさ。
うんうん悩みながら(笑)一緒にトライしましょう!




  人気ブログランキングへおいしそう〜♪と思ってくださったら
  ↑ポチッと一押しよろしくお願い致しますm(_ _)m

a0056451_1884384.jpg




【5月のメニュー予定】

*竹の子ご飯
*のりっこつくね
*だし巻きたまご
*オクラとマッシュルームのフライ
*高野豆腐とえんどう豆の玉子とじ
*ほうじ茶プリン
*コーヒー又は紅茶



炊き込みご飯を始め、おかずはバラエティー豊かに、
そして栄養バランスを考えてチョイスしました。
フライの用意やつくね作り、ダシ巻きたまごを焼いたり…と、
少し実習が多くなるかもしれませんが、
どれもお弁当のおかずには外せないものばかりです。

今回は、和のお惣菜が中心なので、
和食の基本、ダシを引くことから始めます。
そしてTHE KITCHEN初登場!お弁当以外に、
ダシを利かせた薄味の煮物も作りますよ〜( ^ー゚)♪
和のおもてなしには欠かせない1品かな?と思います。
蓋を開けたら「わぁ♪おいしそう〜!」と言ってもらえるような
素敵なお弁当を目指しましょう(*^-^*)
みなさんお誘い合わせの上、ぜひご参加くださいね。


詳細やご予約お申し込みはこちらから。
又は右サイドのaiai@cafe THE KITCHENのバナーからでもOKです。
『5月のレッスンメニュー・ご予約』にある、カレンダーをご覧ください。
(ただ今は、4月のスケジュールが表示されます。5月をクリックしてくださいね)
レッスン内容をよくお読みになってから、お申し込みをお願い致します。

★ゴールデンウィーク中にもレッスン有りです。
みなさんにお会いできることを楽しみにお待ちしております!!




aiai@cafe THE KITCHEN
藤島あい




いつも応援ありがとうございます!
おいしそう〜♪と思ってくださったら→人気ブログランキングへ←ポチッと一押し、
応援して行ってくださったらうれしいです。
どうぞよろしくお願いします!(^-^)


a0056451_18275263.jpga0056451_1828588.jpg

人気blogランキングに参加しています。
by aiaicafe | 2010-04-17 18:33 | おいしいブログ | Trackback | Comments(4)

フライドブルスケッタ

a0056451_18263484.jpg



私もダーリンも大の映画好き。
二人で映画を観に行くと、一人1000円で観られるので(年齢的にねw)
時々は、ラーメンの後に映画デートもしております(笑)

食べ物がいっぱい出て来ると言うだけの理由で(^▽^;)
『ジュリー&ジュリア』を観たんですよね。
エイミー・アダムスとメリル・ストリープが出演する、
実話に基づいたストーリーなんですが、フランス料理が出るわ出るわ!
チラッとダーリンを見ると、目が爛々(笑)

あの料理はイマイチ…とか、あれ美味しそうだったねぇ♪とか
観た後は、ああだこうだと二人で言いたい放題(笑)
主演のエイミー・アダムスって、どこかで見たような…でも思い出せない(´〜`;)
何かの映画に出てたよね?と、なんだかすっきりしないままだったけど、
先日ダーリンから電話がかかってきて、用件のついでに
「エイミー・アダムスは『魔法にかけられて』で、お姫様の役で出てた!」と言われて、
「あ〜ぁ!あの歌ってたお姫様!?」と、おかげでスッキリ(笑)
映画の中でお料理はしてたけど、歌ってなかったから気がつかなかった(^-^;)
WEBで調べたら、彼女の出ている映画を4本も観てるのに〜!
毎回雰囲気が違っていて、役者ってやっぱりすごいのね!と感心してしまった。
1本の映画を、何ヶ月も話のネタにできる夫婦もすごいかもしれないけど(笑)

で、今回のレシピは、ジュリー&ジュリアにチラッと出て来た、
なんだかブルスケッタっぽいもの(笑)にインスパイアーされて作った1品。
映画の中で、ダーリンが一番心引かれたらしいです(^-^;)

映画では、パンをたっぷりの油(バター?)で揚げ焼きしてたけど、
そこは日本人的に油控えめで、でもいつもよりは思い切って多めのオリーブ油を使いました。
具はトマトにパプリカやピーマン、そしてブリーチーズも♪
チーズが少し溶けた感じがいいかなぁと、
サッとフライパンの熱で温めて、アツアツのパンの上にトッピング。

パクッとかじると、サクーーーッ♪
おぉ!オーブントースターで焼くのとは全然違う歯触りw( ̄△ ̄;)w

油っこいかな?と思ったけど、そこまでいかなくて(オリーブ油だったから?)
コクのある味がかなり美味でありました。
フライパン焼きのトーストも、たまにはいいもんですねぇ♪



  人気ブログランキングへおいしそう〜♪と思ってくださったら
  ↑ポチッと一押しよろしくお願い致しますm(_ _)m


a0056451_18384164.jpg





「フライドブルスケッタ」


【材料】

3人分

フランスパン(バゲットやパリジャンなど)1/2本
トマト大1個
パプリカ1/4個
ピーマン1/2個
ブリー又はカマンベール1/2個
イタリアンパセリ2房(粗みじん切り)
オリーブ油
塩コショウ




【作り方】

1.【下ごしらえ】
  トマトは種を取り、1cmくらいのさいの目切りにする。
  ザルに上げて汁気を切っておきます。
  パプリカ、ピーマンも同じくさいの目切り。
  ブリーは冷たいうちにさいの目に切り、室温に置いて柔らかくする。
  パンは2cmくらいにスライスしておく。



2.【焼く】
  フライパンにオリーブ油(大さじ2)を熱し、パンを焼く。
  弱火でゆっくり焼いて、パンの上にオリーブ油(大さじ1〜2)をまんべんなくたらしてから裏返す。
  きつね色になってパリッとしたらできあがり。



3.【炒める】
  フライパンにオリーブ油(大さじ1)を熱し、パプリカとピーマンを炒める。
  火を止めてからトマトとチーズ、イタリアンパセリを加えて混ぜ、
  塩コショウで味を調える。



4.【盛りつけ】
  器にパンを並べ、上に炒めた具を適量乗せる。
  あればイタリアンパセリの葉をトッピングして完成。




食べながら、またまたダーリンと映画の話は続きます(笑)

ai「外国にはオーブントースターって無いのかな?映画とかには出て来ないよねぇ」

ダーリン「パンを焼くのはやっぱり普通のポップアップトースターでしょう。
      サラマンダーみたいなのはあるかもしれないけど。」

ai「でも、炊飯器も売ってるくらいだから、持ってる人もいるよね?」

ダーリン「需要は少ないと思うよ。」

だって、トーストはもちろん、ピザトーストだってできるのよ?
グラタンやホイル焼きや…うちは空豆や茄子、お芋も!
なにしろ、オイル&予熱無しでいきなりなんでも焼けちゃうんだから〜
結果、日本の家庭には必ずと言っていいほどあるオーブントースターは、
ヘルシー&手軽に使えて、素晴らしい家電だ!と言う事で話は落ち着いた(笑)

a0056451_18414877.jpg

ブルスケッタは、前回のラザニアと、
パストラミサラダと共にいただきました。
ごちそうさま〜…いやいや、ワインと共にBuonappetito!!


いつも応援ありがとうございます!
今日も人気ブログランキングへ ←ポチッと一押し、
応援して行ってくださったらうれしいです。
どうぞよろしくお願いします!(^-^)

人気blogランキングに参加しています。
by aiaicafe | 2010-04-15 18:55 | パン | Trackback | Comments(6)

ラザニア

a0056451_18543692.jpg



ラザニアが食べたいからと、ダーリンがラザニア用のパスタを買って来てくれました。
そう言えば長い事作ってなかったわ(^-^;)
ラザニアって、ミートソースとベシャメルソースの2種類を使うから、
最初から作るとなると、かなり大変なのです。
今回は、作り置きのトマトソースがあったので、ミートソースはすぐにできるか?と、
重い腰を上げて母さんひと頑張り。
自分が食べたいっていうのもあったんだけどね(笑)



a0056451_18553295.jpg←パスタはディチェコのラザニア用(500g入り)
大きさは8cm×16cmくらいです。
幅広の板状なので、フライパンを使う方が茹でやすいかな。
これを何枚か重ねるわけですが、
間にミートソース&ベシャメルを挟んで層にします。
ラザニアって、重ねるっていう意味だそうですよ(^-^)
そして最後にチーズを振りかけてグラタンのように焼き、
切り分けてからいただきます。
アッツアツのミートソースと、
ベシャメルが混ざり合ったところが
も〜う、最高に美味なのです♪




今回唯一の反省点は、うちの耐熱容器にラザニアのサイズが中途半端だったこと(汗)
少しはみ出てしまって、カットしようか悩んだんだけど、
はみ出たまま焼いたらどうなるか試してみたくて〜(笑)
で、結果的にはカリカリのおせんべいみたいになっておいしかったんですけどね( ^ー゚)♪
おもてなし用にはカットすることをおすすめしますです。はい(笑)

最初から全部作るには少々の思い切りと時間が必要なので(^-^;)
トマトソース、ベシャメルを前もって作り置きしておくと、
かなり楽できると思います。
できあがりは満足度が高いですよ〜!!


  人気ブログランキングへおいしそう〜♪と思ってくださったら
  ↑ポチッと一押しよろしくお願い致しますm(_ _)m


a0056451_1859429.jpg





「ラザニア」


【材料】

3〜4人分

ラザニア用パスタ5〜6枚
塩適量(茹で用)
粉チーズ適量

『ミートソース』
牛ミンチ肉200g
タマネギ小1/2個(みじん切り)
セロリ1/2本(みじん切り)
人参小1/3本(みじん切り)
オリーブ油大さじ2
赤ワイン大さじ2又は白ワインか日本酒でも
基本のトマトソース1カップ(200cc)
塩コショウ
バター5g(小さじ1程度)

『ベシャメルソース』
バター30g
小麦粉大さじ3
牛乳350cc
生クリーム50cc
粉末コンソメひとつまみ
塩コショウ

基本のトマトソースの作り方はこちら
ベシャメルソースの作り方はこちら
両方とも前もって用意しておく。
オーブンを使う場合は、200度〜220度くらいに予熱しておく。



【作り方】

1.【ミートソースを作る】
  フライパンにオリーブ油を熱し、タマネギ、セロリ、人参を炒める。
  しんなりして色づき始めるまで、焦げないように10分ほどしっかり炒めます。
  ミンチ肉を加えてボロボロに火が通ったら、ワインを加えて一煮立ちさせ、
  トマトソースも加える。
  弱火で汁気が少なくなるまで10分〜15分煮て、塩コショウで味を調え、
  最後にポンとバターを加えて混ぜたらできあがり。



2.【パスタを茹でる】
  フライパンか鍋に湯を沸かし、10%の塩を入れてから
  パスタを規定時間通りアルデンテに茹でます。



a0056451_18575247.jpg3.【重ねて焼く】
耐熱皿に薄くオリーブ油(分量外)を塗り、
まず一番底にパスタを敷く。
ミートソースを適量敷いたら、その上にベシャメルソースを乗せる。
またパスタを重ね、ミートソース、ベシャメルの順に乗せ、
器の上まで来たら、ベシャメルで終わる。
粉チーズを振り、オリーブ油(分量外)を適量たらして
オーブントースターかオーブンで焼きます。
ふつふつして、焦げ目が付いたらできあがり。





焼きたてのアツアツはもう最高に美味しくて、
実はワタクシ、超が付くほど猫舌なんですが
今回は、もう水ぶくれが出来てもいいっ!って思いました(笑)

パスタの量は、使う容器によって違いますから、
枚数は目安にしてくださいね。
茹でてもそれほど大きくはなりませんから(気持ち大きくなるくらいです)
最初にシミュレーションしてから茹でると無駄無く使えます。

我が家は写真の耐熱皿で2つ分作ったんですよ〜
1つは晩ご飯にいただいて、もう一つは朝ご飯用に、
焼いたらおしまいのところまでで冷蔵庫へ。
このまま冷凍もできるので、非常用(?)にするのもいいかもしれません(笑)
ソースをいっぱい作っておいて、ひと頑張りしてみてくださいね(*^-^*)


a0056451_18595599.jpg

いつも応援ありがとうございます!
今日も人気ブログランキングへ ←ポチッと一押し、
応援して行ってくださったらうれしいです。
どうぞよろしくお願いします!(^-^)

人気blogランキングに参加しています。

by aiaicafe | 2010-04-14 19:17 | パスタ・麺類 | Trackback | Comments(8)