<   2008年 07月 ( 29 )   > この月の画像一覧

ラタトゥイユカレー

a0056451_1219917.jpg




今日の主役はカレーです(^-^)
ラタトゥイユカレーって、ラタトゥイユをカレーにリメイクしたわけじゃなくって(汗)
ラタトゥイユと同じような具を使ったカレーと言う事で命名。
ちょっと紛らわしかったかな?(^-^;)スミマセン

見た感じはちょっとイタリアンな雰囲気もするかな〜と思います。
でも味はちゃんとカレーよ(笑)
夏野菜いっぱいで油分控えめ、とってもヘルシーなカレーです♪

今回も別にルーは作らずに、簡単にできるスピードカレーです。
長く煮込む必要が無いので、インスタントのカレーよりも早いんですよ〜
なのに味は本格的!
爽やかな辛さがたまりませんっ (*´д`*)ハフン♪

カレーの匂いって、食欲をシゲキしますよね。
この香りが漂うと、条件反射でお腹がグゥ〜です(笑)
写真でお腹が鳴っちゃった方にはすみません!
今夜はぜひカレーで、ウマウマ言ってみてくださいね(^-^)




人気blogランキングへ。  Blog ranking






a0056451_12194944.jpg


「ラタトゥイユカレー」



【材料】

5〜6皿分

鶏肉(胸又はもも)小さめ1枚(一口大に切る)
赤パプリカ1/4個(細切り)
オクラ1パック

ショウガ、にんにくみじん切り各小さじ1
タマネギ1/2個(みじん切り)
茄子1個(いちょう切り)
ズッキーニ1/2本(いちょう切り)
トマト1/2個(皮を剥いてざく切り)

オリーブ油
バター大さじ1/2
小麦粉大さじ2
カレー粉大さじ2
スープ700cc(水+粉末コンソメ1包)
ベイリーフ(月桂樹の葉)2枚
飴色タマネギ大さじ1(あれば。市販のでもOK)
パプリカ大さじ1(乾燥粉末)
プレーンヨーグルト大さじ1(無糖)
マーマレード大さじ1又はチャツネ、ハチミツでも可
塩(粗塩)小さじ1・1/2
砂糖(粗糖)小さじ1/2〜1






【作り方】
  

1.【具を炒める】
  鍋にオリーブ油(大さじ1)とバターを熱し、ショウガとにんにくを炒める。
  香りが立ったら、タマネギをしんなりするまでしっかり炒める。
  続けて鶏肉と赤パプリカ、オクラ以外の具を加えて炒める。



2.【煮る】
  具がしんなりしてきたら、小麦粉とカレー粉を振り入れ、
  火を弱めて焦げないように少し炒める。
  スープをかき混ぜながら注ぎ入れ、ベイリーフを入れて一煮立ちさせる。



3.【味付け】
  一煮立ちしてきたら、飴色タマネギ、粉末パプリカ、他調味料で味を調えましょう。


4.【仕上げ】
  フライパンにオリーブ油大さじ1を熱し、
  鶏肉と赤パプリカを炒める。
  軽く塩コショウ(材料外)して、オクラと一緒にカレーの鍋に加える。
  沸騰したら弱火で2〜3分煮てできあがり。




思っている以上に野菜から甘みが出るので、
最後のお砂糖は控えめに、少ない量から入れて味をみてくださいね。
どちらかと言うと、材料の下半分が肝心で、
具はなんでもOKです。
辛さが足りなかったらチリペッパーなどを入れたり、
お好みでアレンジしてみてください(^-^)v



a0056451_12204080.jpg今回はご飯じゃなくて、前回アップした、
ナン&フォカッチャと一緒にいただきました。
あとは温泉玉子の巣ごもりサラダなんかと。
美味しかったな〜♪

そうそう、某アンケートで、
彼女又は彼に作ってもらいたい料理の一位は、
男女どちらとも「カレー」なんだそうです。
ちなみに、私がダーリンに作ってもらうなら
お好み焼きあたりでお願いしたいと…(汗)
だって、
変な調味料いっぱい入れそうなんだもの〜(^▽^;)
(前科あり(笑))

今日もBlog ranking ←ポチッと
一押しして行ってくださったらうれしいです。
(一押しで10ポイント加算される仕組みです)
応援どうぞよろしくお願いします!(^-^)


人気blogランキングに参加しています。


by aiaicafe | 2008-07-31 12:41 | 煮もの | Trackback(1) | Comments(3)

ナン&フォカッチャ

a0056451_1356263.jpg



やっぱり夏はカレーでしょ〜!
って事で、スパイシーメニューづいている我が家です(^-^;)

ダーリンは大のカレー好き。
娘もしっかりそのDNAを受け継いでいるみたいで(笑)
2人ともカレーと聞くとニンマリ(* ̄m ̄)クス
でも、好きな物ってついつい食べ過ぎてしまうんですよね。
あんまりご飯をたくさん食べてはいけないダーリンには要注意。
そこで今回は、ご飯じゃなくてパンの登場です(^-^)

カレーにピッタリのパンと言えば?そう、ナンです!
ナンっていったいなんなんでしょ?(…オヤジだな^-^;)

ナンはタンドールと言う釜に貼付けて焼くインドの平たいパンです。
最近はスーパーでも売っているので、きっとみなさんご存知ですよね。
これ、ピザ生地を利用して、フライパンで簡単に作れるんですよ〜!
しかもモッチリふわふわ♪
カレーと一緒に食べると美味しいのなんのって (*´д`*)ハフン♪
このおいしさはナンなの?(しつこいw)

今回のカレーは、お野菜いっぱいの
ちょっぴりイタリアン(?)なカレーでした。
ナンはピザ生地を利用して作るので、
えぇ〜い、ついでにフォカッチャも作ってしまえ!と(笑)
両方一度に作っちゃいました(^-^;)
フォカッチャは具の無いピザと言ったら分かりやすいかな。
両方1度に作るのは大変そう?
いえいえ、フォカッチャをオーブンで焼く間にナンも作れてしまうんですよ♪

フォカッチャだけなら4枚、ナンだけなら8枚作れる分量です。
私はフォカッチャ2枚とナンを4枚焼いて、
食べきれなかった分はラップでぴっちり包んで冷凍庫へ。
解凍してオーブントースターでサッと焼けば、美味しさが蘇ります(^-^)
この機会にぜひトライしてみてくださいね。





人気blogランキングへ。  Blog ranking






a0056451_13574761.jpg


「ナン&フォカッチャ」


【材料】

フォカッチャ2枚、ナン4枚分(フォカッチャだけなら4枚、ナンだけなら8枚できます)

強力粉300g
薄力粉100g
塩(粗塩)小さじ1
砂糖(粗糖)大さじ1
ドライイースト小さじ2
ぬるま湯250cc(37度〜40度)
オリーブ油大さじ2

『フォカッチャ』
オリーブ油適量
ドライハーブ(ローズマリー、バジルなどお好みで)適宜
岩塩少々

『ナン』
バター適量

オーブンは天板も一緒に入れて250度に予熱しておく。




【作り方】
  

1.【生地を作る】
  ピザ生地と同じです。こねて発酵させ、切り分けるところまではこちらを参照してください。


2.【フォカッチャを作る】
  生地を半分に切り、それを更に2等分して丸める。
  麺棒でピザよりも少し厚めに伸ばし(5mm〜1cmくらい)オーブンペーパーに乗せ
  ラップを被せて10分ほど休ませます。
  少し膨らんだら、指やお箸などで突いて所々にくぼみを付ける。
  オリーブ油をたっぷりと刷毛で塗り、塩少々とお好みのハーブを振ってオーブンへ。
  5〜10分焼いてうっすらと焦げ目が付いたらできあがり。



3.【ナンを作る】
  生地の残りの半分を4等分して丸め、少し引っ張りながら
  20cmくらいの長さの茄子型に伸ばす。
  温めたフライパン(テフロン加工が◎)に乗せ、弱火で蓋をして片面2分ずつくらい焼く。
  うっすら焦げ目が付いて少し膨らんだら焼き上がり。
  焼きたてにバターをサッと塗って召し上がれ!




これ、同じ生地で作るのに、
フォカッチャはしっかりフォカッチャだし、ナンはちゃんとナンなのです!
変な言い方だけど(笑)全然違うものに出来上がるから不思議。

ナンは本来、ギーと言う植物性のバターみたいなのを塗っていただきます。
あれば発酵バターがギーに近い風味ですが、
私的にはマーガリンはおすすめできないので(^-^;)
バターを使うと風味が良くなっておいしいと思います。

フォカッチャの方は、粒の大きな岩塩をミルで挽いて振りかけると最高!
オリーブオイルをたっぷり目に塗ると、表面がパリッと香ばしく仕上がります。
ブラックオリーブを乗せたり、にんにくのスライスを乗せても美味です♪


a0056451_13571725.jpg

どちらも、何も無くてもそのまんまで充分おいしいんですよ〜(*^-^*)
でもそうなると、主役のカレーが少しかわいそう?
明日はカレーがスネないように、主役級でご紹介しますね(笑)

今日もBlog ranking ←ポチッと
一押ししてくださったらうれしいです。
(一押しで10ポイントプラスされます)
ちょっと面倒ですが、応援どうぞよろしくお願いします!(^-^)

人気blogランキングに参加しています。
by aiaicafe | 2008-07-30 14:25 | パン | Trackback | Comments(11)

エビとしめじのガーリックソテー

a0056451_14184099.jpg



味付けは塩だけ!
シンプルでおいしいの極みみたいなエビとしめじのソテー。
香り付けに、にんにくとネギを使うので、少〜し中華な感じです。

塩は岩塩や海の塩などの粗塩を使ってくださいね。
ただそれだけなんですが、ホントに良いお味なのよね〜 (*´д`*)ハフン♪
炒めすぎずに余熱を利用するのがぷりぷりに仕上げるポイントです。

そうそう、エビ好きさんには、
しっぽは付けたままで炒めるのがおすすめ!
我が家は「しっぽは食べる時に面倒だから取ってね」
と言うダーリンのリクエストで取っちゃってますが(^-^;)
しっぽは食べなくても、炒めると香ばしい香りが出るんですよね。
あの香りがエビ好きにはたまらないのです。
きのこは何でもOK!
無ければセロリでもよく合います(^-^)
プリプリの食感を楽しんでみてくださいね。





人気blogランキングへ。  Blog ranking






a0056451_14203162.jpg


「エビとしめじのガーリックソテー」



【材料】

3人分

エビ1パック(10匹前後)
しめじ1/2パック
ネギみじん切り(大さじ1
にんにくみじん切り大さじ1
太白ごま油(白締め油)又はサラダ油大さじ1
紹興酒又は日本酒大さじ1
塩(粗塩)






【作り方】
  

1.【下ごしらえ】
  エビは殻を剥いて塩少々を振って揉み、
  ぬめりが出たら洗い流して、爪楊枝などで背わたを取る。



2.【炒める】
  フライパンに白締め油を熱し、ネギとにんにくを炒める。
  香りが立ったらしめじを炒め、油が回ったらエビを加える。
  すぐに紹興酒をまわし入れ、フライパンを揺すりながら炒めて塩で味を調える。
  エビの色が全体的に白くなったら火を止め、余熱で火を通します。
  器に盛ったらできあがり。





写真に写っているのはイタリアンサラダと、
たまごとキノコの入ったあっさり味のコンソメスープ。
サラダは、ドレッシングがイタリアン風です。


【ドレッシングの材料】
みりん大さじ1
ワインヴィネガー大さじ1・1/2
塩コショウ
粉末ガーリック、オレガノ、タイム各少々
オリーブ油大さじ1


例のごとく、みりんをレンジ加熱してから混ぜ合わせます。
お好みで少しアンチョビを入れても大人の味でおいしいですよ♪

スパイシーなジャンバラヤに、さっぱり&あっさりのおかずで
盛りだくさんな晩ご飯でした(^-^)
ご飯を炊いている間に全部用意できるから
それほど時間もかからないんですよ。
普段にも気軽に作れるメニューですから
ぜひトライしてみてくださいね!

でもやっぱり、自分で作るよりは
誰かに作ってもらえれば最高!(正直私もそう思うw)
と思う方は(笑) Blog ranking ←ポチッと
一押ししてくださったらうれしいです。
応援どうぞよろしくお願いします!(^-^)


人気blogランキングに参加しています。
a0056451_14201321.jpg

by aiaicafe | 2008-07-29 14:29 | 炒めもの | Trackback | Comments(6)

ジャンバラヤ

a0056451_1242504.jpg



以前、チャーハン風のナンチャッテジャンバラヤって言うのをアップしましたが(^▽^;)
今回はかな〜り本格的なジャンバラヤのレシピです。



a0056451_12441740.jpg←参考にしたのはコレ。
アメリカ人の知り合いが
「これがいいよ!」と本屋さんで選んでくれた、
ケイジャン・クレオール料理のレシピ本。

アメリカのレシピ本って、
写真が少なくて殆ど字ばっかりなんですよ〜(´〜`;)
中身はもちろん英語です(汗)
ま、◯◯切りに…な〜んて言う細かい指定が無いから、
私のレシピ本よりシンプルで分かりやすいかもしれません(笑)



ケイジャン料理って、アメリカ南部の郷土料理です。
私もダーリンもこれが大好きで、アメリカに行くと、
ここで食べないでどうするのよ!とばかりに(笑)
必死になっておいしいケイジャン料理のレストランを探すんですよね(^▽^;)

その中でも、ジャンバラヤは特に有名ですよね。
本当はチャーハンではなくて(笑)ピリッとスパイシーな洋風の炊き込みご飯です。
ジャンバラヤ=ハムごはんと言う意味があるので、
ハムやソーセージが必ず入るのがお約束。

ジャンバラヤって、なんだか色んなスパイスが入って複雑そうだけど(^-^;)
この本に紹介されているのはとってもシンプル。
辛みの素になる胡椒やカイエンパッパー(粉唐辛子)が入るだけなんですよ〜
ただ、油はラードやベーコンの脂を使うし、
スープはビーフベースなので、とてもコクのある味になります。

今回はそれを私流に、少しアレンジして紹介しますね(^-^)
例のごとく、炒めて炊飯器のスイッチポン♪です(笑)
とっても簡単に出来上がって、ピリッとスパイシーな辛さが暑い時にはピッタリ♪
野菜をたっぷりと入れれば、これだけで立派なご馳走のできあがりです。
余り野菜を利用して、ぜひトライしてみてくださいね!




人気blogランキングへ。  Blog ranking







a0056451_12434466.jpg


「ジャンバラヤ」


【材料】

3合分

米3合
タマネギ1/2個(みじん切り)
にんにくみじん切り大さじ1
オリーブ油大さじ1
スープ540cc(水540cc+粉末コンソメ1包)
塩(粗塩)小さじ1/2
胡椒適量(お好みの量)
カイエンペッパー(チリペッパー)適量(お好みの量)
ベーコン2枚
スモークソーセージ100g〜150g(輪切り)
トマト1個(皮を剥いてざく切り)

オリーブ油大さじ1
ピーマン2個(1cm角に切る)
赤パプリカ1/4個(1cm角に切る)
セロリ1本(スライス)
ズッキーニ1/2本(縦半分に切ってスライス)
塩コショウ
パセリ又はイタリアンパセリ(みじん切り)

米は炊く30分前に研いでザルに上げ水気を切っておく。




【作り方】
  

1.【米を炒める】
  フライパンにオリーブ油とにんにくを入れて火にかけ、香りが立ったらタマネギを炒める。
  しんなりするまでしっかり炒めたら、米を加えてさらに炒める。
  米に少し透明感が出たら炊飯器の内釜に移し、スープを加える。
  塩で味を調え、胡椒とチリペッパーで辛みを調節する。



2.【炊く】
  同じフライパンでベーコン、ソーセジ、トマトをサッと炒めたら
  お米の上にドーナツ状に乗せてスイッチON(混ぜません)



3.【具を混ぜる】
  ご飯が炊きあがったら、具を炒め始めます。
  フライパンにオリーブ油を熱し、
  強火でセロリとピーマン、パプリカ、ズッキーニをサッと炒める。
  軽く塩コショウして、炊きあがったご飯に混ぜ合わせる。
  器に盛り、パセリを散らして完成です。




最初に混ぜて炊くと色や歯触りが悪くなる野菜は、
後から炒めて混ぜ合わせます。
こうすると、ピーマンはグリーンが奇麗だし、
しゃきしゃきしたセロリがおいしいんですよ〜♪
そうそう、写真の黄色いのはズッキーニです。
レモンではありませんから〜(^-^;)

辛さはお好みで調節してくださいね。
粉唐辛子が無ければ胡椒を多めに入れてみてください。
クミンを入れて、少しメキシカン風にしても美味です(^-^)v


ダーリン「辛〜っ(^▽^;)」

私&娘「え、そうぉ?(全然平気)」

かなりお子ちゃま舌のダーリンは汗かいてました(笑)
でも、汗をかいた後って涼しく感じるのよね。
今日も極楽極楽♪ごちそうさまでした〜!


a0056451_12453875.jpg

本当はお祭りシーズンだから、ちらし寿司でも…と思ってたんだけど、
材料の都合でこうなっちゃいました(^-^;)
お祭りはお祭りでもカーニバル系だよねぇ(笑)
一緒に写っているメニューはまた明日。
了解。待ってるよ〜!って言ってくださる方は
Blog ranking ←ポチッと
一押ししてくださったらうれしいです。
応援どうぞよろしくお願いします!(^-^)

人気blogランキングに参加しています。
by aiaicafe | 2008-07-28 12:57 | ご飯もの | Trackback | Comments(8)

I Love HASHIOKI ♪

a0056451_14445416.jpg



今日は久しぶりに番外編、レシピ以外のお話です(^-^)
つい最近、箸置きを作るのに凝ってたんですよね。
レシピ本にもチラッと出てきますが、樹脂粘土で簡単にできる箸置き。
これがおもしろくって、ハマりましたね〜(笑)

雑貨屋さんに行くと、食器やカトラリーに合わせて
可愛い箸置きが並んでいます。
「わっ♪可愛い〜(*^▽^*)」と思っても、
お値段を見た瞬間に「おぉっとΣ(・ω・ノ)ノ」と引いてしまう事もしばしば(汗)

1個だけ買うのならいいのだけれど、我が家は3人家族。
最低3個、もしくは6個(テーブルが6人がけなので)
ここでお財布と物欲との葛藤になるのよね(笑)

箸置きって、普段の食卓には無くてもいいものかもしれません。
でもね、これがあると無いとでは
食卓の引き締まり具合(?)が違うのよ〜!
それに、ちょっとした自分のお気に入りのものを置いてみたりしたい
乙女心と言うものがあるのよね(笑)
(乙女か?と言う突っ込みは無しでねw)

ある日娘とお買い物に出かけて、雑貨屋さんをのぞいた時、
色んな箸置きを見ながら娘に「これって自分でも作れるよね?」と
ぽつりとつぶやいたら、


娘「うん。レジンとか樹脂粘土とかで簡単に作れるよ〜!」


(ノ゚ω゚)ノ* オオォォォォォォォ
美大へ行かせてよかった(笑)



a0056451_14544542.jpg買ったのは彼女おすすめのFIMO(フィモ)と言う樹脂粘土。
←一回り大きい練り消しゴムと言った感じです。
色もたくさん揃ってて、
ラメ入りやパール調のもあったりします。
(1個430円〜450円前後)

これをよく練って柔らかくしてから
自分の好みの形に造形し、
最後にオーブンで焼くとできあがり。
(オーブントースターは不可)
クッキーを作るのと似てるかな?
焼くとカチンと硬くなって洗えるんですよ。



だいたい1個のフィモで10個前後の箸置きが作れます。
(大きさで違ってきます)
小学校の時にやった粘土細工を思い出しながら
アレもいいな〜コレもいいな〜と(笑)
一気にいろんな形のを作ってしまいました(^-^)


a0056451_1446546.jpg

我が家で育てている鉢植えのオリーブちゃんをモデルにしてみたり、
黄色い箸置きが欲しかったので、ポンポン菊みたいな黄色いお花も。
金太郎飴風に、棒状に作ってからスライスしてもおもしろいんですよ♪
クッキー型で抜くのも簡単でいいかも。



a0056451_14533761.jpg

↑これ、真っ白に細かいラメが入ってるんですが、
焼くとほんのりサーモンピンクになるの!
上品な感じに仕上がって大満足♪
ラメ入りは特におもしろくてお気に入りです(*^-^*)

自分でせっせと作るのも楽しいけど、次は
うちでホームパーティーをする時に、
来た人に「マイ箸置き」を作ってもらおうかな〜と計画中です(^-^)
次のホームパーティーが又楽しみになるでしょ?
きっと思わぬ傑作ができて盛り上がる事間違い無しです(笑)

樹脂粘土は、東急ハンズで購入しました。
品揃えの良い画材屋さんなどでも購入できます。
web通販を利用してもいいかもしれませんよね。
夏休みにお子さんと一緒に作るのも楽しいと思います 。
少々いびつでも、それがまた味になって可愛いらしいんですよね♪
自分で作ったものって、なによりも愛着がわきますよ〜(*^-^*)
さて、次は何をつくろうかな?


箸置きいいね!と思ってくださったら Blog ranking ←ポチッと
一押ししてくださいね。

人気blogランキングに参加しています。
応援どうぞよろしくお願いします!(^-^)

by aiaicafe | 2008-07-26 15:13 | おいしいブログ | Trackback | Comments(22)

ポークチャップ

a0056451_14493353.jpg




なんだか身体がダルくて〜(´〜`;)
これはもしや夏バテ??
丑の日だし、鰻でも…と思ったけど、
暑い中を買いに行く元気が湧いて来なくて(苦笑)
暑いと何もしなくてもどんどん体力が無くなって行きますよねぇ

やっぱりここでがっつりと疲労回復メニューだな。うん!

買い置きしてあった豚肉で、
ちょっと洋食屋さん風のポークチャップを作ってみる。
本当は厚切りのステーキ用を使うんですが、
分厚いお肉って、結構焼き加減が難しいんですよね(汗)
特に豚肉は、レアで…とはいかないので硬くなりがち(^-^;)
なので生姜焼き用程度の厚さで、一口カツ風にしてみました。
焼きすぎないようにして、余熱を利用するのが柔らかく仕上げるポイントです。

ソースは飴色タマネギが入った、な〜んちゃってデミグラス風(笑)
これがおいしいの!
甘過ぎず濃過ぎず、ご飯がすすむ味 (*´д`*)ハフン♪
飴色タマネギが大活躍です♪
市販のでもOKですが、無い方は、
生タマネギをじっくりと5分くらい炒めてから作ってみてください。
(その場合は甘みが強くなるので、仕上げに味を見てからみりんの量を調節してください)

お肉は普通の薄切り肉でも作れますよ〜(^-^)
サッと炒めてソースを絡めれば、洋風焼き肉の出来上がり♪
ご飯に乗っけたらハヤシライス風で美味です。
疲れた日の締めくくりにぜひどうぞ!





Blog ranking






a0056451_14523147.jpg


「ポークチャップ」


【材料】

3人分

豚塊肉又は生姜焼き用250g程度
塩コショウ
サラダ油大さじ1
バター大さじ1/2
飴色タマネギ大さじ1/2又はタマネギ1/4個分をスライス
赤ワイン50cc
スープ100cc(水100cc+粉末コンソメ小さじ1/3)
ケチャップ大さじ2
みりん大さじ1
醤油小さじ1/3
塩コショウ

飴色タマネギの作り方はこちら





【作り方】
  

1.【下ごしらえ】
  塊肉は1cm程度にスライスする。
  肉叩きや麺棒などで叩いて伸ばし、軽く塩コショウしておく。



2.【焼く】
  フライパンにサラダ油とバターを熱し、豚肉を焼く。
  両面が色よく焼けた程度で一旦取り出す(あとは余熱で火を通します)



3.【ソースを作る】
  肉を取り出した後のフライパンに飴色タマネギと赤ワインを入れ、
  一煮立ちさせてアルコール分を飛ばしたら、
  ケチャップ他の調味料を入れて味を調える。
  豚肉を戻し入れ、ソースを絡めたらできあがり。




付け合わせは、焼きトウモロコシとサラダです。
トウモロコシは、フライパンに少なめの水を入れて弱火で5分ほど蒸し茹でして、
それから醤油とみりん(1:1)のタレを刷毛で塗って網焼きしてあります。
これがね、焼くと家中にいいにおいが広がって

娘「なに??このいい匂いは o(・_・= ・_・)oキョロキョロ」

ダーリン「なんかおいしそうな匂いがするなぁ…( ̄∀ ̄ )♪」

わらわらとキッチンに全員集合(笑)
鰻を焼く匂いよりも効果があるかもしれません(^▽^)
これってお祭りの夜店の匂いなのよね〜♪

そうそう、今日は大阪で一番大きなお祭り「天神祭り」の日です。
人多過ぎでなかなか見に行く元気は無いけれど(^-^;)
トウモロコシのおかげでちょっぴりお祭り気分が味わえました(笑)
みなさんのご近所でも夏祭りや花火大会が始まってるのかしら?
浴衣を着て、金魚すくいやたこ焼き(大阪はやっぱりコレよw)
暑くてもこう言う楽しみはまた別物ですよね(*^-^*)

今日はがんばってお祭りっぽい晩ご飯にしてみようかな〜♪
あ、ちょっと元気出てきた!(笑)

写真のサラダは冷やしトマト・オニオンドレッシングです。
今日もがんばれよ〜!と私のお尻を蹴る代わりに(笑)
Blog ranking ←ポチッと一押しして行ってくださったらうれしいです。
応援どうぞよろしくお願いします!(^-^)


a0056451_14531156.jpg

人気blogランキングに参加しています。

by aiaicafe | 2008-07-25 15:07 | グリル・焼きもの | Trackback | Comments(4)

フレッシュトマトと大葉のパスタ

a0056451_12472750.jpg



生のトマトをたっぷり使った、冷たいジューシーなパスタ。
暑い日には最高なんですよ〜 (*´д`*)ハフン♪

味付けは塩とオリーブオイルだけ!
旬のトマトのおいしさを引き立てるにはこれです( ^ー゚)♪
シンプルゆえに素材がものを言うので、
できれば塩は、まろやかな岩塩や海の塩などの粗塩をお使いくださいね。
おいしっくすさんでお試しセットを買ってくださった方は、
次はおいしい塩や調味料を物色してみてはいかがでしょう。
お料理の幅がまた広がりますよ〜♪

そうそう、お試しセット!今朝の8時に終了いたしました。
ご注文して下さった方、本当にありがとうございました!
心よりお礼申し上げます(*^-^*)
ぼちぼちとお手元に届いていると思いますが、
レシピ本を見ながら美味しい食材を堪能していただけたら幸いです。
何を作ろうかな〜と、ニマニマしながら悩んでくださいね(笑)

ではでは、レシピいってみましょ〜(・∀・)ノ
「へっ?」って言うほど簡単なのでビックリしないでね(笑)





人気blogランキングへ。  Blog ranking






a0056451_12483419.jpg


「フレッシュトマトと大葉のパスタ」


【材料】

3人分

トマト2個(さいの目切り)
大葉5〜6枚(せん切り)
塩(岩塩や海の塩などの粗塩)小さじ1/3
オリーブ油大さじ2
パスタ250g程度

大葉(紫蘇の葉)は千切りにして水にさらし、ザルに上げて水気を切っておく。





【作り方】
  

1.【パスタを茹でる】
  鍋にたっぷりの湯を沸かし、塩(材料外)を入れて
  使うパスタの規定時間通りに茹でる。



2.【仕上げ】
  パスタを茹でている間に具の用意です。
  ボウルにトマトを入れ、塩とオリーブ油で味を調える。
  茹で上がったパスタをザルに上げ、氷水にサッとくぐらせて冷やし、水気をしっかり切る。
  トマトにパスタを加え、よく混ぜ合わせてから器に盛る。
  大葉をトッピングしたらできあがり。




大葉はもちろんバジルでもOKです。
バジルなら黒こしょうを後から振ってもgoodです(^-^)v



a0056451_12492124.jpg私が結婚したころ(20ん年前よw)
今でこそどこのスーパーでも大抵は置いてあるけど、
バジルがなかなか手に入らなくて〜(^-^;)
同じ紫蘇科の大葉をよく使いました。
乾燥バジルでさえもなかなか売ってなかったのよね。
今は便利な世の中になったなぁと思うけど、
もうちょっと買いやすいお値段だったら
もっと便利なのに。ねぇ?(笑)

パスタは前回のスパイシーチキンと、
さっぱり大根サラダと一緒にいただきました。
暑いとなかなか献立が浮かんで来ないけど(笑)
この組み合わせ、なかなかおいしかったなぁ♪

みなさん、毎日ポチッと応援本当にありがとうございます!
汗だくになりながらなんとかがんばっております(笑)
今日も Blog ranking ←ポチッと
一押ししてくださったらうれしいです。
応援どうぞよろしくお願いします!(^-^)


人気blogランキングに参加しています。


by aiaicafe | 2008-07-24 12:58 | パスタ・麺類 | Trackback(1) | Comments(8)

スパイシーチキン

a0056451_13283036.jpg



香ばしいスパイスが食欲をそそるスパイシーなチキン。
暑い日にはこれがおいしいんですよね〜!
我が家のスパイシーチキンはそれほど辛くはありません。
クミンの香りを利かせた、メキシカン風味です。
たっぷりの野菜と一緒に、仕上げにチーズをトロリと♪
も〜うたまりませんっ (*´д`*)ハフン♪

ビールお代わり!(笑)

と言いたい所ですが、今回は無し(^▽^;)
昼間は暑いので、最近日が暮れて晩ご飯を食べてから
ダーリンとお散歩に出かけるんですよね。
しっかり歩きたいのでアルコールは抜きです。

実はこれ、可愛いサイズのミニパエリア鍋風の器を見つけたので
それに合わせて考えたメニューなんですよ(^-^)
おままごとみたいな大きさが可愛くて一目惚れ(笑)
金属製なので応用も利きそうでお気に入りです。
気になる方はナチュラルキッチンをのぞいてみてね(そう、1個100円w)
新しい器を買うと、何を盛ろうかな〜と考えるのが楽しいですよね♪


辛さは唐辛子で調節してみてくださいね。
唐辛子無しだと、スパイシーだけど全然辛くはなくて、
お子様でも食べられる味です。
クミンやパプリカが無ければ、小さじ1/2ほどのカレー粉を入れて
代用してみてくださいね(少し辛くなります)

優しい味、ピリッとスパイシーな味。
どちらもいいですよね。
うまく組み合わせて夏の晩ご飯を楽しんでくださいね(^-^)v





人気blogランキングへ。  Blog ranking






a0056451_1474039.jpg


「スパイシーチキン」


【材料】

3人分

鶏胸肉又はもも肉1枚(一口大に切る)
タマネギ1/4個(櫛形に切る)
茄子1個(5mmの輪切り)
ピーマン2個(乱切り)
赤パプリカ1/4個(乱切り)
クレイジーソルト又は塩、コショウ
白ワイン又は日本酒
ハチミツ小さじ1/2
ガーリックパウダー少々
クミンパウダー小さじ1/3
パプリカパウダー小さじ1/2
チリペッパー又は唐辛子適宜(お好みの量)
オリーブ油
溶けるチーズ適量






【作り方】
  

1.【マリネする】
  ボウルに鶏肉を入れ、しっかり目にクレイジーソルト(又は塩)コショウし、
  白ワイン(大さじ1)とハチミツ、各スパイスを入れてよく揉み込み
  ラップをして10〜15分以上冷蔵庫で味を馴染ませる。



2.【炒める】
  フライパンにオリーブ油(大さじ1)を熱し、鶏肉を焼く。
  周りが白くなって、八分がた火が通ったら一旦取り出して余熱で火を通します。
  同じフライパンにオリーブ油大さじ1を足し、まずタマネギと茄子を炒めます。
  油が回ったら白ワイン(大さじ1)を入れ、蓋をして1分ほど弱火で蒸し炒めする。
  茄子がしんなりしたらピーマンとパプリカを加え、
  軽く塩コショウをして更に炒めます。



3.【焼く】
  耐熱皿に野菜と鶏肉を並べ、溶けるチーズを乗せて
  オーブントースターで焼きます。
  チーズが溶けて焼き色が付いたら完成です。





最後にオーブントースターでサッと焼くので
鶏肉はしっかり炒めなくても大丈夫です。
あともうちょっとかな〜と言う所でストップしてくださいね。
余熱で火を通すと、これ本当に胸肉?って言うほど
ふんわりしっとりと仕上がります(^-^)

このメニュー、実は最初に作った時に塩コショウだけで味付けして、
なんだかイマイチもの足りなくて納得しなかったんですよね。
今回、少〜しはちみつを足してみて大満足。
味がまろやかになりました♪
リベンジ大成功〜(・∀・)ノ(笑)
(ハチミツの代わりに、砂糖をひとつまみ入れてもOKです。)
これ、お弁当のおかずにもいいし、
バーベキューにもいいんじゃないかなぁ


a0056451_1484298.jpg

この日はあっさりパスタと一緒にいただきました♪
写真のパスタのレシピは又明日に続きます〜
どうぞお楽しみにね( ^ー゚)♪
さて、今日もがんばって行こうかぁ(・∀・)ノ
みなさん、毎日ポチッと応援本当にありがとうございます!
今日も Blog ranking ←ポチッと
一押ししてくださったらうれしいです。
応援どうぞよろしくお願いします!(^-^)


人気blogランキングに参加しています。




a0056451_1411656.jpg

お得なオイシックスのお試しセットとのコラボ販売もどうぞ!
詳しい内容とご購入は→こちら←から。
期間限定、明日(23日)の朝8時締め切りです!お早めにどうぞ〜( ^ー゚)♪

by aiaicafe | 2008-07-23 14:21 | グリル・焼きもの | Trackback | Comments(6)

のりっこ兄弟♪のりっこポテト

a0056451_11544465.jpg



以前秋の夜弁3で登場したのりっこつくね。
今回は、ポテト版の登場です。

ポテトと言ってもジャガイモじゃなくて、里芋なんですよ〜(^-^;)
新里芋を使いました。
ほんのりお醤油の香りがする和風味♪
ベーコンとネギが入っているのでコクと風味もあります。
柔らかめのお餅みたいでなかなかいけるんですよ( ^ー゚)♪


a0056451_11563671.jpg


のりっこつくねがお姉ちゃんなら、
ポテトは弟って感じかな?
もう1種類考えて、ぜひのりっこ3兄弟にしたいものです(笑)

本当はお弁当仕立てにしようかな〜と思ったんですが
冷や奴が食べたくて(お弁当箱にはムリよね)
プレート盛りになりました(^-^;)
お約束のラヴぃハートのダシ巻き玉子も一緒です(笑)

ポテトは、私は俵型にしたけれど、
焼くのに少々時間がかかると言う事と、
まんべんなく焼き色をつけるのが少し難しいので
どちらかと言うと小判型の方がおすすめです。
衣の無いコロッケを作る感覚でどうぞ(^-^)





人気blogランキングへ。  Blog ranking






a0056451_11574045.jpg


「のりっこポテト」


【材料】

2〜3人分

里芋1/2袋
ベーコン1枚(みじん切り)
白ネギみじん切り大さじ1
塩コショウ
醤油小さじ1/2
片栗粉大さじ1
海苔適量
サラダ油大さじ2





【作り方】
  

1.【茹でる】
  里芋を茹でます。耐熱皿に小さく切った里芋を並べ、
  水を少し入れてラップをし、3〜4分レンジ強で加熱。
  柔らかくなったら、フォークかマッシャーなどで潰します。
  片栗粉と塩コショウ、醤油で味を調えながら練り、
  最後にベーコンとネギを入れてよく混ぜます。



2.【焼く】
  手に薄くサラダ油を塗り、等分して小判型に形を調えたら
  海苔を巻いて(貼付けるだけでもOK)
  フライパンにサラダ油を熱して、中火でじっくりと焼きます。
  色よく焼けたらできあがり。





少し多めの油で揚げるように焼きます。
周りがカリッと香ばしくっなって◎ですよ〜♪
里芋はベタつくので、形作るときは、手に薄くサラダ油をまぶしてくださいね。
油が膜になるから、痒くなるのも防げます。

そうそう、他のおかずについても書いておきますね。

*ハートのダシ巻き玉子 
 作り方はこちらです。

*冷や奴のなめたけがけ 
 作り方はこちらです。

*のりっこつくね    
 作り方はこちらです。

*舞茸ときぬさやのソテー 
 舞茸ときぬさやをオリーブ油でソテーし、
 塩コショウで味付けする。


のりっこつくねは、お弁当のおかずにはバッチリです!
晩ご飯には、大きめにワラジ風なのを作って(笑)
海苔も大きいのを使うとちょっとおもしろいのができそう(^▽^)
…のりっこワラジ?(爆)

これはやっぱりお母さんだな(* ̄m ̄)ププ
周りからブーイングが出ない程度に遊んでみてくださいね(笑)


みなさん、毎日ポチッと応援本当にありがとうございます!
鰻になった気分で(笑)
上へ上へと、さらにがんばりたいと思いますっ!
…って、もうすぐ土用の丑なのに
それじゃあ鰻が可哀想になって食べられないかも(^▽^;)
ま、いっか(笑)
今日も Blog ranking ←ポチッと
一押ししてくださったらうれしいです。
応援どうぞよろしくお願いします!(^-^)



a0056451_1158171.jpg

人気blogランキングに参加しています。




a0056451_1411656.jpg

お得なオイシックスのお試しセットとのコラボ販売もどうぞ!
詳しい内容とご購入は→こちら←から。
期間限定、残りあと2日です!お早めにどうぞ〜( ^ー゚)♪

by aiaicafe | 2008-07-22 12:15 | プレート料理・お弁当 | Trackback(1) | Comments(8)

マグロのユッケサラダ

a0056451_1251475.jpg



甘辛い韓国風の味付けのマグロと、瑞々しい葉野菜のサラダです。
まったりとあっさりの組み合わせがおいしいんですよ〜(*^-^*)
お酒にも白いご飯にもよく合います。

これ、娘と2人で食べたんですが、
私も娘も、こういうお酒のおつまみ系が大好き♪
方やダーリンは、シャアもびっくりな坊や舌(笑)
お刺身なんかは苦手で、ピザやカレーなんかが大好物。
そりゃ太りますわ〜(^▽^;)

と言う事で、ダーリンのメタボ予防に
我が家はどちらかというと和食が多めで、
その合間に洋風のおかずが入ると言った感じ。
洋風の時でもあまり気にせず和風のおかずと組み合わせたりしてます。
やっぱり毎日のご飯は、見かけよりも栄養バランスの方が大切ですものね( ^ー゚)♪
なんか変かな?と思っても、食器の雰囲気を揃えると
それなりに、違和感無く治まりますよ(^-^)v

あ、話が飛んじゃった(笑)

マグロのユッケ、コチュジャンが甘くて、
後からぴりりと来る味がクセになります。
マグロは消化もいいですから、
ちょっと食欲が落ちたな〜って言う時にもおすすめです。
もちろんビールのお供にもね('∇^d)





人気blogランキングへ。  Blog ranking






a0056451_128134.jpg


「マグロのユッケサラダ」


【材料】

3人分

マグロ150〜200g程度(5mm厚さにスライス)
タマネギ、水菜、キュウリ、ラディッシュなどお好みで適量
卵黄1個
松の実又は炒りごま適宜

『タレ』
コチュジャン小さじ1
みりん大さじ1
醤油大さじ1
ごま油大さじ1

タマネギを使う場合は、数回水を替えてさらし、辛みを抜いておく。
野菜は食べやすい大きさに切っておく。





【作り方】
  

1.【タレを作る】
  まずみりんを20秒ほどレンジ加熱してアルコール分を飛ばします。
  他の調味料をすべて合わせ、よく混ぜ合わます。



2.【和える】
  タレにマグロをしっかり絡めます。
  器に野菜を盛り、上にマグロをトッピング。
  (ボウルに残ったタレもしっかりかけましょう)
  真ん中に卵黄を乗せ、松の実を散らして完成です。
  よく混ぜ合わせて召し上がれ!






マグロは冊でなくても、切り落としでOKです。
タレと絡めて野菜に乗せるだけ!
あっという間にできあがり〜(笑)
夏場はこういう簡単料理が嬉しいですよね(^-^)

一緒にいただいたのは、鶏肉と枝豆のうま煮、
キュウリと舞茸の胡麻マヨ和え、オクラの煮浸しなどなど。
鶏肉と枝豆のうま煮は、旬の枝豆がおいしくいただけるので
夏のおすすめメニューです。
娘はせっせと枝豆だけつまんで食べてました(笑)



a0056451_1291665.jpgあ、そうそう。前回お知らせした、
毎日新聞に書評を載せていただいた件ですが、
webの方にも載せていただいてました(^-^;)
こちらです。
お時間のある方はチラッと見てみてくださいね。
みなさん、毎日ポチッと応援
本当にありがとうございます!
夏休みも始まりましたねぇ
この機会に
親子クッキングもいいかもしれませんね(^-^)
楽しい想い出いっぱい作ってくださいね♪
今日も Blog ranking ←ポチッと
一押ししてくださったらうれしいです。
応援どうぞよろしくお願いします!(^-^)

人気blogランキングに参加しています。






a0056451_1411656.jpg

お得なオイシックスのお試しセットとのコラボ販売もどうぞ!
詳しい内容とご購入は→こちら←から。
期間限定です。終了まであと3日!お早めにどうぞ〜( ^ー゚)♪

by aiaicafe | 2008-07-21 12:30 | サラダ・和えもの | Trackback | Comments(12)