<   2007年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

いわたまうどん

a0056451_1572588.jpg



a0056451_158984.jpg名古屋のお土産だよ〜と、
友達が「きしめん」をくれた。
半生タイプのきしめん。
茹でるとツルッとした舌触りとコシがうみぁ〜のなんの(笑)
冷やしきしめんもいいけれど、
麺だけだとなにか物足りなくて、
買い置きしてあったイワシの照り焼きを
たまごでとじて乗っけてみた。
冷たい麺に熱々の具を乗せた冷やあつですね(^-^)




イワシはニシンの甘露煮を思いだす味で(そんないいもんじゃないけど)
骨まで食べられていい感じ♪
イワシの味付けが濃いので、つゆは普段常備している便利ダシを
ダシ汁で割ったらちょうどいい味加減でした(^-^)v
市販の麺つゆでもおいしく作れます(薄めに割ったら丁度いいと思います)
お好みの麺でおいしく食べてみて下さいね(^-^)







「いわたまうどん」


【材料】

3人分

うどん又は蕎麦3玉(できれば生か乾麺がオススメ)
イワシの照り焼き(缶詰)1〜2缶
たまご3個
きざみねぎ適宜


『つゆ』
ダシ汁200cc
みりん60cc
醤油60cc

つゆはボウルなどに入れて混ぜておきます。





【作り方】

1. 【麺を茹でる】
  多めの湯で茹でた麺をザルに上げ、冷水でしめておきます。


2. 【具を作る】
  小鍋につゆを適量(一人分)入れ、
  一煮立ちさせてアルコール分を飛ばしてからイワシを並べます。
  溶き卵を回し入れたら火を弱め、蓋をして1分ほど煮て火を止めます。



3. 【盛りつけ】
  器に麺を盛り、上から熱々の具をスルリとのせ、
  ネギを散らしてできあがりです。


a0056451_1585425.jpg




親子丼の要領で、小鍋や小さなフライパンで
一人分ずつ作るときれいにできあがります。
つゆは「便利つゆ」とは調味料の分量が違うので注意してくださいね。
(便利つゆは、ダシ汁200ccに、みりん80cc、醤油80ccです)

これ、もちろんご飯に乗せていわたま丼にしてもおいしいと思います(^-^)
今回はきしめんを使ったけど、お蕎麦の方がおいしかったかなぁ
そのへんは好みがありますよね。
夏バテしないようにがっつり食べて下さいね!


おいしそう〜!と思ってくださったら
Blog ranking ←_ρ( ̄  ̄*)ポチッ♪と
1日1クリックしてくださると、とても励みになります。
応援どうぞよろしくお願いします!

a0056451_1510411.jpg

by aiaicafe | 2007-06-30 15:19 | パスタ・麺類 | Trackback(3) | Comments(8)

鶏肉と夏野菜のソテー・カレーマスタード風味

a0056451_12155839.jpg



夏にスパイスの利いた食べ物をいただくのは、
暑さでボーっとしている脳に、ガツンと刺激を与えて
しゃっきりさせる効果があるからとてもいいんだそうです。
今回は夏の野菜をたっぷり使って爽やかに♪
ほんのりカレーとマスタードの風味を利かせた炒め物です(^-^)
ご飯のおかずにはもちろん、ビールのおつまみにも良く合います。
ぼよ〜んとしがちな暑い日も、これでパワーアップ!

固くなりがちな胸肉も、余熱法で炒めるので柔らか〜く仕上がります。
野菜はしゃっきり、お肉はふんわり♪
おいしく食べて下さいね(^-^)







「鶏肉と夏野菜のソテー・カレーマスタード風味」


【材料】

3人分

鶏胸肉1枚(一口大の削ぎ切り)
セロリ1本(斜め切り)
さやいんげん一掴み分
マッシュルーム又はしめじなど1パック(一口大に切る)

サラダ油
白ワイン又は酒大さじ1
塩コショウ
カレー粉小さじ1/3
粒入りマスタード大さじ1

さやいんげんはサッと茹でるか、レンジ加熱してから、一口大に切っておきます。





【作り方】

1. 【鶏肉を炒める】
  フライパンにサラダ油大さじ1を熱し、まず鶏肉を炒めます。
  お肉の周り全体が白くなったら一旦取り出しておきます。
  (余熱で火が通って、ふんわり柔らかくなります)



2. 【味付け】
  フライパンにサラダ油大さじ1を足し、強火で野菜とキノコを炒めます。
  白ワイン(又は酒)を回しかけて混ぜながらさらに炒め、
  鶏肉を戻し入れたら塩コショウで味を整え、最後にカレー粉とマスタードを加えます。
  よく混ざったら器に盛ってできあがり。


a0056451_1216517.jpg



野菜はグリーンアスパラやパプリカ、ピーマン、なんでもOK!
暑いと冷たい麺類なんかに走りがちなので、
ここでなるべく繊維とビタミンを補給しておきましょう(^-^)

さ〜て、今日も1日がんばるかな!
あ、そうそう、実はもうすぐ引っ越しの予定なんです。
仮住まい生活からやっと解放されます♪
キッチンも今よりはグンと広くなるし、楽しみ〜(*´艸`*)
引っ越し準備で少しバタバタしてますが、
前回よりはスムースに引っ越せる…予定(笑)
暑いけど頑張ります!!

*写真に一緒に写っているはキノコのご馳走ピラフ大豆たっぷりトマトスープです。



引っ越しバテないようにがんばれよ〜!と言ってくださる方は
Blog ranking ←_ρ( ̄  ̄*)ポチッ♪と
1日1クリックしてくださると、とても励みになります。
応援どうぞよろしくお願いします!
a0056451_12172837.jpg

by aiaicafe | 2007-06-29 12:28 | 炒めもの | Trackback | Comments(8)

カリカリじゃこと豆腐のサラダ・オニオンドレッシング

a0056451_1259362.jpg


カリカリに炒めたじゃこを乗せた香り奴
我が家の夏の定番ナンバーワンです。
熱々のじゃこをジュ〜っとお豆腐に乗せるのも美味だけど、
今回はもっとお手軽に、作りおきのカリカリじゃこでもできる豆腐サラダのご紹介。

簡単なサラダだから、ドレッシングは一手間かけたものを添えました。
これ、タマネギの甘みがおいしいんですよ〜♪
香ばしいじゃこにとても良くあいます(^-^)
一手間と言ってもチン♪して混ぜるだけですけどね(^▽^;)アハハ
でもシンプルで無添加のドレッシングは、飽きずに野菜もがっつりと食べられます。
ボリュームもあるサラダなのでダイエット中の方にもオススメの1品です。
ぜひお試しくださいね。


a0056451_134253.jpg





「カリカリじゃこと豆腐のサラダ・オニオンドレッシング」


【材料】

3人分

豆腐(絹ごし)一丁
じゃこ適宜
ごま油大さじ2〜3
レタス、水菜、タマネギ、プチトマトなどお好みで。

『オニオンドレッシング』
たまねぎすりおろし大さじ2
みりん大さじ1
ポン酢大さじ2
コショウ少々
オリーブ油又はサラダ油大さじ1





【作り方】

1. 【下準備】
  じゃこは小さなフライパンに多めのごま油を熱して、
  中火できつね色になるまで揚げるように炒め、キッチンペーパーに上げて油を切っておきます。
  野菜は洗ってから一口大にちぎり、少し冷蔵庫で冷やしてパリッとさせておきます。
  豆腐はザルに上げて水気を切り、一口大に切っておきます。



2. 【ドレッシングを作る】
  耐熱容器にタマネギとみりんを入れ、レンジ強で30秒ほど加熱します。
  (こうするとみりんのアルコール分とタマネギの辛みが飛んでまろやかになります。)
  冷めたら他の調味料を加えてよく混ぜ合わせておきます。



3. 【盛りつけ】
  器にサラダ用の野菜を広げ、その上にお豆腐を並べます。
  カリカリのじゃこをトッピングしてできあがり。
  食べる直前にドレッシングをたっぷりとかけて召し上がれ♪


a0056451_1345783.jpg



私が使っているポン酢はあっさりタイプのものなので、
普通のポン酢を使う方は、ポン酢大さじ1をダシ汁大さじで割ったほうがいいかもしれません。
そのへんはどうぞお好みで(^-^)

我が家で一番人気のメニューは、案の定あっという間に完売。
まぁ、「暑くて食欲が無い」という言葉を知らない家族達ですから(笑)
でも作る方は暑くてバテそうなのよ〜
もう少しゆっくり味わって食べて欲しいわ(^-^;)

カリカリじゃこは前回のじゃこ入り菜飯に使ったじゃこの半分です。
一度にたくさん作っておくと後々好きな時に使えて便利ですよ!
冷蔵庫で2〜3日以上は日持ちすると思います(たぶん)
(我が家では2日以内にはなくなってしまうのではっきりとは分かりません(^-^;))
サラダのトッピングやふりかけ代わりにぜひお試しくださいね♪




おいしそう〜!と思ってくださったら
Blog ranking ←_ρ( ̄  ̄*)ポチッ♪と
1日1クリックしてくださると、とても励みになります。
応援どうぞよろしくお願いします!
a0056451_1354632.jpg

by aiaicafe | 2007-06-28 13:12 | サラダ・和えもの | Trackback | Comments(2)

じゃこ入り菜飯

a0056451_12592325.jpg


今日も暑い1日になりそうです〜!
暑いとお料理のアイディアもなかなか浮かんできませんね(汗)
冷たいおかずでヒンヤリもいいけれど、おなじみの懐かしい味で食欲増進も捨て難い。
(両方あったらなおヨシ!笑)

炊きたての熱々ごはんも汗がじんわりしてくるかなぁと、
今回は混ぜご飯にして、一冷まししたご飯にしてみました。
お買い物に行ったら、大根の間引き菜が一把100円だったんですよね(^-^)
久しぶりに菜飯もいいな〜と早速GET!
カリカリに炒めた香ばしいじゃこと一緒においしくいただきました。
これ、パクパク行っちゃいますよ〜
おにぎりにしてお弁当に入れてもGOODです♪
じゃこは保存もできるので(他のお料理に活用できます)
たくさん作っておくと後で幸せがやって来ます(^-^)v


a0056451_1305330.jpg






「じゃこ入り菜飯」


【材料】

3人分

青菜(大根葉や小松菜など)1/2把
じゃこ適量
炒りごま大さじ2
ごま油
醤油大さじ1・1/2
みりん大さじ1
ごはん2〜3合





【作り方】

1. 【下準備】
  じゃこは小さなフライパンに多めのごま油を熱して、
  中火できつね色になるまで揚げるように炒め、キッチンペーパーに上げて油を切っておきます。
  青菜はみじん切りにし、水300ccに小さじ2の塩(分量外)を溶かした塩水に暫く漬け
  しんなりしたら水気を切ってから、手でぎゅっと絞っておきます。




a0056451_1314359.jpg2. 【具を炒める】
フライパンに大さじ1のごま油を熱し、青菜をサッと炒めます。
油が回ったらじゃこも加え、醤油とみりんで味を整えます。
最後にごまを加えてよく混ぜ合わせたら具のできあがり。





3. 【混ぜる】
  具をご飯に混ぜます。
  器に盛るか、おにぎりにして出来上がりです。




カリカリに炒めたおじゃこが香ばしくって、
青菜とよく合うんですよね♪
夜に具を作っておいて、朝炊きたてご飯に混ぜてもいいですよね。
これにお味噌汁があったら、私的には他にはもうなにもいりません(笑)
あ、ダシ巻きたまごならいくらでも食べますけどね( ̄∀ ̄+)ニヤリ

この日の晩ご飯は、ダーリンのリクエストでチキン南蛮やゴーヤーのお浸しなどなど。
チキン南蛮は、2度揚げの方法で揚げると
びっくりするほど柔らかくジューシーにできあがりますよ〜♪
今日もごちそうさまでした!(*^-^*)



おいしそう〜!と思ってくださったら
Blog ranking ←_ρ( ̄  ̄*)ポチッ♪と
1日1クリックしてくださると、とても励みになります。
応援どうぞよろしくお願いします!
a0056451_1303675.jpg

by aiaicafe | 2007-06-27 13:07 | ご飯もの | Trackback | Comments(15)

エビのコンソメジュレサラダ

a0056451_11524362.jpg


フルフルと冷たいゼリーがヒンヤリとおいしいサラダ。
これ大好きなんです♪
去年は和風のだしジュレで作ったけど、今年はコンソメ味のレシピです(^-^)
このゼリー、甘いプチトマトと相性がいいんですよ〜
フルーツトマトだけで作っても美味です♪

今回はエビとオクラを入れて彩りよく作ってみました。
涼しげな器に一人ずつ盛ると、少し前菜風のおしゃれな1品のできあがりです。
冷たいコンソメのゼリーがお口の中でスーッと溶けます。
簡単なのでぜひお試しくださいね(^-^)


a0056451_115463.jpg





「エビのコンソメジュレサラダ」


【材料】

3人分

エビ9〜12匹
オクラ3本
プチトマト10個程度(4つに切る)
オリーブ油少々
塩(粗塩や岩塩などの自然塩)適宜

『コンソメジュレ』
コンソメスープ250cc(250ccの水にコンソメを溶かしたものでOK)
粉ゼラチン5g入り1袋
塩、白コショウ

オクラはサッと茹でてから水に取り、小口切りにしておく。



  

【作り方】

1. 【ゼリーを作る】
  小鍋にスープを入れて火にかけ、塩コショウ少々をいれて温めます。
  湯気がふんわり立ったら火を止め、スープを混ぜながら粉ゼラチンを加えてよく溶かします。
  (ゼラチンが溶ける温度は50〜60度です、沸騰させると固まらないので注意)
  ボウルか器にスープを注ぎ、粗熱が取れたら冷蔵庫で1〜2時間冷やし固めます。



2. 【具の下ごしらえ】
  エビは殻を剥き、塩(分量外)を少し振ってから揉み、
  ぬめりが出たら水で洗い流します。
  背に切り目を入れて背わたを出し、沸騰した湯で全体が白っぽくなる程度に茹でます。
  茹ですぎると固くなるので余熱で火を通す程度にします。
  ボウルにエビ、オクラ、トマトを合わせ、オリーブ油をチョロッと回しかけてよく混ぜ合わせます。
  軽く塩を振って下味を付けておきます。



3. 【盛りつけ】
  ゼリーが固まったら、スプーンなどですくい、
  具と混ぜ合わせます。
  器に盛ったらできあがりです。




夏は室温でゼリーがどんどん溶けて行きます。
なのでできるだけ食べる直前に混ぜ合わせて下さいね。
お皿も冷蔵庫で少し冷やしておくと完璧です!(^-^)d

私が使ったのは豚由来のゼラチンで、
最近のゼラチンは暖かい液体に直接入れても奇麗に溶けるようです。
そうでないゼラチンを使う場合は、お鍋に入れる前に
水大さじ1程度でふやかしてから溶かして下さいね。

このサラダ、おもてなしの時はカクテルグラスに入れても素敵です。
色々と工夫して涼しげに演出してみてくださいね♪




おいしそう〜!と思ってくださったら
Blog ranking ←_ρ( ̄  ̄*)ポチッ♪と
1日1クリックしてくださると、とても励みになります。
応援どうぞよろしくお願いします!
a0056451_11545017.jpg

by aiaicafe | 2007-06-26 12:00 | サラダ・和えもの | Trackback | Comments(12)

アジの和ハーブ焼き

a0056451_11585389.jpg


時々は食べたい青魚。上手に臭みを消しておいしくいただきたいですよね。
以前、ハーブを色々使ったグリル焼きをご紹介したけれど、
今回は和のハーブ。
ハーブと言うよりは薬味と言った方がなじみがあるかしら?
アジのお腹には、ショウガ、ネギ、ミョウガがたっぷりと入ってます♪
お醤油やポン酢で、身をほぐしながらハーブと一緒に食べると

ウマ〜 (*´д`*)ハフン♪ご飯お代わり〜!です(笑)

いつもの塩焼きを一工夫でもっと美味しく!
簡単なのでぜひお試しくださいね(^-^)


a0056451_11594043.jpg





「鯵の和ハーブ焼き」


【材料】

3人分

鯵3匹
青ネギ1本(小口切り)
ショウガ一片(せん切り)
みょうが2個(薄い小口切り)
塩(粗塩や岩塩などの自然塩)適宜

アンディーブ(レタスや水菜などなんでも)
トウモロコシ1〜2本




  

【作り方】

1. 【下ごしらえ】
  アジはワタとエラ、ぜいごを取り、
  サッと洗っておきます。
  コーンは食べやすい大きさに切って茹でておきます。
  ネギ、ショウガ、ミョウガはよく混ぜて合わせておきます。



2. 【焼く】
  アジに切り目を入れ、お腹に軽く塩をしてから
  ネギ、ショウガ、ミョウガをたっぷりと詰め、全体に塩をします。
  醤油とみりん(分量外)を合わせた物をサッと塗ったコーンと一緒に
  グリルで焼き色が付くまで焼きます。
  付け合わせ野菜を添えた器に盛ってできあがりです。

a0056451_1201489.jpg



一緒にこんがりと焼いたコーンも香ばしくっておいしかったですよ♪
そろそろお祭りの季節だね、なんて話しながらかぶりつくのも
たまにはいいものですよね(^-^)

今回食べたアジは手頃な大きさで、一人に1匹でちょうどいい感じでした。
大きなアジだったら3枚におろして切り身にしてから、
身の方にハーブを乗せて焼いてもいいと思います。
(その方が食べやすさは上ですよね)

ハーブが余ったので、冷や奴にたっぷりと乗せて一緒にいただきました。
う〜ん、夏だなぁ(^-^)♪




おいしそう〜!と思ってくださったら
Blog ranking ←_ρ( ̄  ̄*)ポチッ♪と
1日1クリックしてくださると、とても励みになります。
応援どうぞよろしくお願いします!
a0056451_121927.jpg

by aiaicafe | 2007-06-25 12:07 | グリル・焼きもの | Trackback | Comments(4)

大根のとびっこサラダ

a0056451_13403248.jpg



とびっこメニュー最終です(^-^)
大根のシャキシャキした歯触りと、とびっこのプチプチ感がおいしいサラダ。
水菜を入れて彩りよく作ってみました。
塩もみはしないで、我が家のコールスローの作り方を活用しています。
ふんわりシャキシャキ♪コールスローの大根版と言う所でしょうか。

ヨーグルトを入れているのでマヨの油っこさも無し。
さっぱりと美味しく出来上がりました(^-^)
タラコでも同じように美味しくできると思います。
普通の大根サラダに飽きたらぜひお試しくださいね!


a0056451_13415693.jpg






「大根のとびっこサラダ」


【材料】

3人分

大根10cm分程度
サラダ水菜1把(5cm程度に切る)
塩小さじ2
太白ごま油(白締め油)又はサラダ油大さじ1/2
とびっこ大さじ1〜2
プチトマト適宜
マヨネーズ大さじ2
プレーンヨーグルト(無糖)大さじ2
塩コショウ




  

【作り方】

1. 【下ごしらえ】
  大根はスライサーでせん切りにする。
  水300ccに塩小さじ2を溶かし、そこへ大根を暫く漬けて
  しんなりしたらザルに上げて水気を切っておきます(たて塩にします)



2. 【和える】
  まず、大根と水菜を合わせ、
  太白ごま油を回しかけてよく混ぜ合わせ、油の膜を作っておきます。
  (こうすると調味料の塩分で野菜から水が出る事も無く、
  しゃっきりと食べられます。)
  あとは調味料で和えて器に盛り付ければ出来上がりです。




結局とびっこ1パックで3品できました♪
結構使い勝手があってビックリ!
赤い色もアクセントになるし、おもしろい食材ですよね。
置いているスーパーが少ないというのがアレですが(^-^;)
どこででも手に入るといいのになぁ
スーパーさん、ぜひお願いしますよ!(笑)
探しても無い…って言う方は、タラコや明太子で作ってみて下さいね。
(イクラなら豪華にできます♪(^-^))
今日もごちそうさまでした!



おいしそう〜!と思ってくださったら
Blog ranking ←_ρ( ̄  ̄*)ポチッ♪と
1日1クリックしてくださると、とても励みになります。
応援どうぞよろしくお願いします!
a0056451_13413278.jpg

by aiaicafe | 2007-06-24 13:47 | サラダ・和えもの | Trackback | Comments(2)

めかぶ蕎麦

a0056451_1047745.jpg

蕎麦派ですか?うどん派ですか?
う〜ん、私的にはどちらも別物で両方大好き♪(ずるい?)
でもものによっては、これは絶対にお蕎麦でなくっちゃ!って言うものがありますよね。
山かけそばや鴨南蛮なんていうのは代表的なお蕎麦のメニューです。

先日出かけた時に、暑いしお昼はお蕎麦がいいね!と、
ダーリンとお蕎麦屋さんデートをしてきました(笑)
ダーリンは鴨南蛮、私は天ザルをいただいたけど、
お店にはちょっと気になるメニューがいくつか…
その中の1つがめかぶ蕎麦。
お蕎麦にめかぶが乗った簡単なものだったので、
蒸し暑い日のお昼ご飯に早速作ってみました。

これ、ツルツルッとのどごしがよくて、
食べた感じは山かけ蕎麦と似た感じ。
梅を入れると、食欲の無い時でもさっぱりと食べられます(^-^)
海藻の繊維もたっぷりで、他におかずが無くても太っちゃう心配もありません。
薬味をたっぷりと乗せて召し上がれ〜♪


a0056451_10474634.jpg





「めかぶ蕎麦」


【材料】

3人分

蕎麦3人分(乾麺又は生麺)
めかぶ3パック
練り梅又は梅干し適宜
刻みネギ、揉み海苔、かいわれなどお好みで。

『つゆ(便利ダシ)』
ダシ汁200cc
みりん80cc
醤油80cc

ツユは全部合わせて小鍋で一煮立ちさせてから冷ましておきます。


  

【作り方】

1. 【蕎麦を茹でる】
  鍋にたっぷりの湯を沸かし、お蕎麦を規定時間茹でます。
  ザルにあげ、冷水で洗い流して締めてから水気をよく切っておきます。



2. 【盛りつけ】
  器にお蕎麦を盛り、上にめかぶと練り梅を乗せ、
  お好みの薬味をトッピングしてできあがり。
  つゆをたっぷりかけて召し上がれ♪

a0056451_10482549.jpg



我が家は梅干しが無かったので練り梅を使いました(^-^;)
練り梅よりは、梅干しを小さくちぎって散らした方が美味しいかもしれません。
常備されてる方は試してみて下さいね。

つゆは我が家に常備してる「便利ダシ」です。
これ、麺つゆやかけつゆに色々使えて便利なんですよ〜♪
作り置きしておくと重宝します(^-^)

めかぶ、ツルツルっと美味しかったです♪
あんまり濃い味付けのものよりは、薄味(又は味の付いてないもの)の方が
おいしくいただけるようです。
暑い日のランチなんかにぜひどうぞ!



おいしそう〜!と思ってくださったら
Blog ranking ←_ρ( ̄  ̄*)ポチッ♪と
1日1クリックしてくださると、とても励みになります。
応援どうぞよろしくお願いします!
a0056451_10523333.jpg

by aiaicafe | 2007-06-23 10:57 | パスタ・麺類 | Trackback | Comments(10)

とびっこパスタ

a0056451_11351244.jpg



とびっこって、1つ買えば結構たくさん入っているので使いでがあるんですよね。
たらこと同じように使えるので、今回はパスタにたっぷりと乗せてみました♪
赤い色がきれいで食欲をそそります(^-^)

とびっこ自体にも味がついているので、味付けは超シンプル。
舞茸のうまみもしっかりと味わえて美味しかったですよ〜♪
とっても簡単なので、とびっこを入手したときにはぜひ作ってみて下さいね。


a0056451_11392839.jpg





「とびっこパスタ」


【材料】

3人分

パスタ約250g程度
舞茸1パック
オリーブ油大さじ2
にんにくスライス5〜6枚
塩コショウ
白ワイン大さじ2
とびっこ大さじ3程度



  

【作り方】

1. 【パスタを茹でる】
  鍋にたっぷりの湯を沸かし、パスタを茹でます。
  塩(分量外)はお湯を舐めてみて塩っぱいと感じるくらい
  海水くらいの塩っぱさになるように入れて下さいね。



2. 【炒める】
  パスタが茹で上がる4〜5分前になったら、
  フライパンにオリーブ油とニンニクを入れて弱火にかけます。
  香りが立ってニンニクが色づき始めたら取り出し、火を強めて舞茸を炒めます。
  ワインをふりかけてしんなりするまで蒸し炒めにし、軽く塩コショウしておきます。



3. 【仕上げ】
  茹で上がったパスタの水気を切り、舞茸に加えて手早く混ぜます。
  器に盛り、とびっこ(一人大さじ1程度)をトッピングしてできあがり。

a0056451_1138471.jpg




a0056451_1140510.jpgお醤油を加えて和風パスタにしょうかな〜
と思ったんですが途中で変更(^-^;)
とびっこって意外に味が濃いんですよね。
これもモノによって差があると思います。
パスタにしっかり塩味を付けておく事が肝心ですが、
作る前に少しとびっこの味を見て、
塩気が足りないようだったら
最後にパスタのゆで汁を加えて調えてくださいね。

この日は生ハムとチーズのサラダや豆乳ポトフなんかでイタリアンな晩ご飯でした。
お野菜もたっぷり食べて、
バランスのよいご飯目指して下さいね〜(^-^)


おいしそう〜!と思ってくださったら

Blog ranking ←_ρ( ̄  ̄*)ポチッ♪と
1日1クリックしてくださると、
とても励みになります。
応援どうぞよろしくお願いします!


by aiaicafe | 2007-06-22 11:52 | パスタ・麺類 | Trackback | Comments(10)

鶏の唐揚げカレー風味

a0056451_10454010.jpg



唐揚げって、時々無性に食べたくなるんですよね(^-^;)
カリッとしててジュワ〜っとジューシーなのが食べたくて、今回は2度揚げしました。

京都に高安って言う人気のラーメン屋さんがあるんですが、
そこの唐揚げがすごいんです。
げんこつくらいの大きさの唐揚げが3個、小さいお皿に乗って出て来るんです。
ハフハフ言いながらかじると、ほんのりカレー風味♪
でもラーメンとげんこつ3個は女性にはチトヘビーで(^-^;)
すみませ〜ん!と言うと、お持ち帰り用の紙袋をくれるんですよ(笑)
その唐揚げを思いだして、カレー風味で作ってみました。
夏はこれで冷たいビール!もう最高♪(*゚∀゚)=3
ほんのりカレー風味が食欲倍増です♪


a0056451_10464775.jpg





「鶏の唐揚げカレー風味」


【材料】

3人分

鶏もも肉1・1/2枚
塩コショウ
酒大さじ1
醤油大さじ1/2
カレー粉小さじ1/4

卵白1個分
片栗粉大さじ2
薄力粉大さじ1

付け合わせ野菜(レタス、水菜、タマネギ、プチトマトなどお好みで)
サラダ油適宜(揚げ用)



  

【作り方】

1. 【下味を付ける】
  鶏肉を一口大に切ってボウルに入れ、
  調味料を入れて揉み込むように良く混ぜ合わせ、暫く置いて味をなじませます。



2. 【揚げる】
  味が染み込んだ鶏肉に、卵白と片栗粉、薄力粉を入れて
  グルグルとかき混ぜながら、粉気がなくなるまで手でよく混ぜ合わせます。
  170度程度に熱した油で、まず2分くらい揚げて、
  周りが白くなったら一度引き上げます。
  2〜3分置いて、今度は180度くらいで周りがカリッと
  きつね色になるまで揚げます。
  キッチンペーパーにあげてよく油を切り、器に野菜と一緒に盛ってできあがり。


a0056451_10472450.jpg




一度に全部油に入れないで、2〜3組に分けて揚げると
ちょうど良いローテーションになります(^-^)
余熱でじんわり火が通ると、中はジュワ〜っとジューシーに出来上がっておいしいんですよね♪

カレー粉はたくさん入れると飽きちゃうので、ほんのり香る程度が◎
ついつい手が伸びる美味しさですよ(^-^)
ご家族みんなでどうぞ!



a0056451_10524176.jpg

人気blogランキングに参加しています。
みなさまのポチッに支えられて日々更新にがんばっております!
おいしそう〜!と思ってくださったら
Blog ranking ←_ρ( ̄  ̄*)ポチッ♪と
1日1クリックしてくださると、とても励みになります。
応援どうぞよろしくお願いします!
by aiaicafe | 2007-06-21 11:01 | 揚げ物 | Trackback | Comments(17)