カテゴリ:サラダ・和えもの( 291 )

サムジャンディップで!春のスティックサラダ

a0056451_139156.jpg



ここ数日、温かい日が続く大阪。
そう言えば、明日は節分。
節分の翌日は立春で、暦の上ではもう春ですよね〜(*^-^*)
気持ち的にはすでに冬に飽きてしまって、頭の中はすっかり春なワタクシ(笑)
最近は春っぽいお料理作りに励んでおりますよ〜
今回は、そんな気分で作った一皿。

これ、最初は大皿盛りのスティックサラダにするつもりだったんだけど、
可愛いマイクロトマトが安かったんですよね。
なのでそれを活かすものを作ってみたくて、
こういう感じになりました。

添えてあるのは韓国味噌のサムジャンで作ったディップ。
サムジャンは一口ハンバーグで一度ご紹介してます。
(どんな味で、どこで売ってるの?ぜひ使ってみた〜い!って言うかたはチェックしてみてね!)

これを使うと、混ぜるだけ〜♪で程よくパンチのあるディップができるし、
サラダの方も、切るだけ〜♪ですから(笑)
いつもと違うサラダが作りたい!と思った時に
ぜひ試してみてくださいね。
ポリポリが止まりませんぞよ〜( ^ー゚)♪



春っぽいね~♪と思ってくださったら
  ↑ポチッと一押しよろしくお願い致しますm(_ _)m

a0056451_1393153.jpg




「春のスティックサラダ」


【材料】

3~4人分

きゅうり、セロリ、パプリカなどなどの好みの野菜適量

『サムジャンディップ』
サムジャン大さじ2
ヨーグルト小さじ2
マヨネーズ大さじ1
上白糖小さじ1

ディップは、盛りつける前に作って用意しておく。



【作り方】

1.【下ごしらえ】
生野菜はスティック状に切り、アスパラやスナップえんどうなどを使う場合はサッと茹でる。
ゆでたまごは12分茹でて糸でカットする。


2.【盛りつけ】
スティック状の野菜は小ぶりのグラスなどを利用する。
お皿に絵を描くつもりで並べたら完成。






マイクロトマトの大きさ、トップ画像ではプチトマトくらいに見えますけど、
実はこれ、グラスもすごく小さいのです。
下の画像では、実際の大きさが分かっていただけるかな?


ダーリン「すっぱ〜(→o←)」

ははは(^▽^)
ぶちぶちとちぎって、一度にたくさん口に入れたダーリン。
これって、どちらかというと甘味には欠けるんですよね。
なので一粒ずつ食べた方が良いかもしれません。
でも、イタリアンパセリやチャービルを使うノリで、
一房お料理に添えると、パッと赤い色が華を添えて可愛いので、
ここぞと言う時には間違いなく大活躍しますよ〜(^-^)v

スナップえんどうに乗っている白いのはフェタチーズです。
茹でたまごにはパプリカを振ってあります。
野菜だけだともの足りないな〜って言う場合は、茹でたまごやチーズをプラスして
パンチとボリュームをアップしてみるのもおすすめ。
節分の、海苔巻きと一緒に食べるお野菜や、
ひな祭りなんかにも良いかもしれません。
まずは普段のごはんに練習してみてくださいね!

a0056451_1393832.jpg


レシピがお役に立ったら、今日も ←ポチッと愛の一押しを!
どうぞよろしくお願いします(^-^)

人気blogランキングに参加しています。
by aiaicafe | 2014-02-02 13:53 | サラダ・和えもの | Trackback | Comments(2)

かぼちゃの胡麻風味サラダ oishii

a0056451_21432586.jpg



前回の続きです^^
里芋のオニオンコンソメ煮と一緒にいただいたおかずは、
かぼちゃのサラダとスパニッシュオムレツでした。

ほっくりおいしいかぼちゃが旬ですよね〜♪
冬至に食べると風邪をひかないって言います。
かぼちゃは甘いからごはんのおかずにならない…
っていう方もいらっしゃるみたいですが、
サラダにしたら結構食べやすくて、ごはん以外にパスタやパンにもよく合います。
今回は、さら胡麻をたっぷり入れてみました。

ダーリン「お!これってデパ地下で売ってるお惣菜みたい。ほら、サラダ専門店とかにあるやつ!」

うんうん、そうかも!
胡麻が入るだけで、コクが出るもんだねぇ

このサラダ、以前アップしたかぼちゃとピスタチオのサラダをアレンジしたもの。
実は、ピスタチオもクルミも、ナッツが何にも無くて、
え〜い、一番近い胡麻はどうよ!と入れてみたのでした(^▽^;)ははは

でも、何も入れないよりも、繊維質が増えてヘルシーさは間違いなくアップしてます。
レーズンをトッピングしたので鉄分なんかのミネラルもとれます( ^ー゚)♪
かぼちゃ好き女子におすすめですよ〜!



人気ブログランキングへおいしそう~♪と思ってくださったら
  ↑ポチッと一押しよろしくお願い致しますm(_ _)m

a0056451_21432819.jpg



「かぼちゃの胡麻風味サラダ」


【材料】

3人分
かぼちゃ300g
粗塩

プレーンヨーグルト(無糖)大さじ1
マヨネーズ大さじ2
すりごま大さじ1
粗塩、コショウ
レーズン適宜



【作り方】

1.【下ごしらえ】
かぼちゃはスプーンなどでワタ(種)を取り、まず軽くレンジ加熱してから切る。
(少し柔らかくなってから一口大に切ると切りやすい)


2.【茹でる】
鍋に湯を沸かしてかぼちゃをゆでる。
ザルにあげて水気を切り、湯気の上がるうちに軽く塩を振って下味を付けておく。


3.【和える】
ボウルにマヨネーズ他の調味料を混ぜ合わせ、かぼちゃを加えて和える。
器に盛り、レーズンをトッピングしてできあがり。





a0056451_21433113.jpg

オムレツは、フライパンに一気に流し込んで焼く
コーンがたっぷり入ったイタリアンオムレツ。
これ、ボリューム満点で失敗無くできるからお料理初心者さんにもおすすめです(*^-^*)v
ただし、上に乗ってるのは、
ケチャップじゃなくて、自家製トマトソース。
この辺がポイントを稼げるところかな?
トマトソースを作ったら、ぜひトライしてみてくださいね。



「コーンたっぷり♪イタリアンオムレツ」


【材料】

3~4人分
玉子3個
生クリーム又は牛乳大さじ2
粉チーズ大さじ1
塩コショウ

オリーブ油大さじ1
ベーコン1枚(細切り)
タマネギ1/4個(みじん切り)
パプリカ又はピーマンなど適量(粗みじん切り)
ブラックオリーブ4〜5個(スライス)
コーン(缶詰)1/2カップ分

基本のトマトソース適量(又はケチャップなど)

トマトソースの作り方はこちら



【作り方】

1.【混ぜる】
ボウルに玉子を割り入れ、粉チーズ、塩コショウ、生クリームを入れて混ぜる。

2.【炒める】
フライパンにオリーブ油を熱し、まずベーコンとタマネギを炒める。
続けてパプリカやコーン、オリーブも加えてサッと炒める。


3.【焼く】
タマゴ液を流し込んだら、箸で少しかき混ぜながら具を均一にならす。
蓋をして弱火でゆっくり5分くらい焼き、底に良い色の焦げ目が付いて倍くらいに膨らんだらできあがり。


4.【盛りつけ】
大きめのお皿をフライパンの上にかぶせ、弾みをつけてひっくり返して盛りつける。
上にトマトソースをトッピングしたらできあがり。



これ、少々盛りつけが難しいかもしれません(汗)
勇気の無い方は、放射状に切ってから盛りつけてもいいかも。
男前な方は、ぜひポ〜ンと放り投げて裏返し、
それからお皿へどうぞ。
崩壊せぬようにどうぞご用心を(笑)


レシピがお役に立ったら
ぜひ←ポチッと愛の一押しを!
どうぞよろしくお願いします(^-^)

人気blogランキングに参加しています。
by aiaicafe | 2013-11-27 22:53 | サラダ・和えもの | Trackback | Comments(0)

タコのマリネ2

a0056451_21142678.jpg



先日、超ひさしぶりにタコのマリネをいただきました。
タコのお値段ががどんどん上がってしまってから、食卓に上る回数が激減しております(^-^;)
これ、ブログを始めた初期のころに1度ご紹介してるんですが、
あのころはもうちょっと買いやすかったなぁ…(シミジミ
大阪人としては特に、気軽にたこ焼きができないのが残念でなりませぬ(T^T)


今月のお料理教室では、スパイシーなエビとマッシュルームのカレーを作っております。
食べているとじんわり辛さが広がって来るカレーは、暑い季節にはピッタリですよね〜(*^-^*)v
この日の晩ご飯は、レッスンで残ったカレーをリメイクした焼きカレーでありました。
私、焼きカレーが大好きなんですよね〜(*´д`*)ハフン♪
これを食べるためにカレーを作ってもいいくらい!


人気ブログランキングへおいしそう~♪と思ってくださったら
  ↑ポチッと一押しよろしくお願い致しますm(_ _)m

a0056451_21143475.jpg


大阪人は「カレーを作った翌日はやっぱ『カレーうどん』やろ〜!」って言う人が多いんだけど、
レッスンで作っているカレーは、どちらかと言うと
ココナッツがふんわり香るレストラン風のカレーなので、
私的には断然焼きカレーがおススメ!
食べた事の無い方は、ぜひトライしてみてくださいね( ^ー゚)♪

で、タコのマリネは、この焼きカレーと一緒にいただきました。
ピリッと辛くて、ハフハフ熱いカレーと、
さっぱりしたタコのマリネは相性バツグン。

a0056451_2114314.jpg


マリネにはタコの他に、キュウリやセロリなんかの
パリパリと歯触りの良い野菜がいっぱい入ってます♪
彩りが良いから、おもてなしにも良いんですよ〜
和えるだけの簡単料理ですから、こちらもぜひトライしてみてくださいね(*^-^*)


a0056451_21142915.jpg






「タコのマリネ2」


【材料】

3人分
ゆでだこ150g〜200g(食べやすい大きさにスライス)
セロリ1本(斜め切り)
キュウリ1本
茹でブロッコリーひと掴み分
プチトマト5〜6個(普通のトマトなら1/2個)
バジル又はディルなどのハーブ適宜(お好みで)

『マリネ液』
レモンの絞り汁大さじ2
にんにく1片(みじん切り)
アンチョビペースト(小さじ1)
粗塩ひとつまみ、黒こしょう少々
オリーブ油大さじ2
ケイパー大さじ1(無くても可)

アンチョビは、フィレでもOK(すりつぶす)



【作り方】

1.【下ごしらえ】
  キュウリはフォークを使って引っ掻くように側面にスジを付ける。
  (ドレッシングを染み込みやすくするためなので、しっかり目に付ける)
  5mmくらいの輪切りにしておく。
  器にマリネ液の材料を入れてよく混ぜ合わせておく。



2.【和える】
  マリネ液にタコと野菜を加えてよく混ぜ合わせる。
  好みでハーブを加えたら、冷蔵庫へ。
  一度混ぜ返すとベストです^^




写真は、我が家で育ったバジルちゃんが乗っかってます。
本当は、主役はタコじゃなくてこのバジルちゃんだったりしますが(笑)
今年は、水耕栽培に凝っているダーリンが育ててるんですよね。
ペットボトルを改造した容器にデッカいバジルがにょっきり(^▽^;)
せっせと刈り取っては食べております(汗)
バジルの他に、シーフードにはディルも合いますよ〜
それから、ご飯のお供に食べるのなら、
レモン汁の代わりにポン酢を使って、和風にしてみるのもおいしいですよ♪
アレンジもぜひ楽しんでみてくださいね(*^-^*)


レシピがお役に立ったら
今日も ←ポチッと愛の一押しを!
応援どうぞよろしくお願いします(^-^)

人気blogランキングに参加しています。
by aiaicafe | 2013-08-25 22:09 | サラダ・和えもの | Trackback | Comments(0)

ゴーヤーバンバン oishii

a0056451_15471896.jpg



この1週間は、ずっとジメジメ蒸し暑かった大阪。
不快指数は最高潮で、何もしなくても疲労感がドヨ〜ンと押し寄せて来る暑さだったけど(x_x;)
今日は久しぶりにカラッとした暑さ。
湿気が少ないと、いつもと同じ気温でもちょっぴり涼しく感じますね。

さて、今回は真夏のスタミナメニューであります!
夏バテ防止メニューの代表、大人気のゴーヤーチャンプルーに飽きたら…というか、
1本の大きめのゴーヤーを、半分はチャンプルーに、
もう半分はこういう風にしてみるのもおすすめですよ(*^-^*)



ダーリン「お、今日はゴーヤーバンバンかな?」

え?(^▽^;) 
それってもしかしてバンバンジーのゴーヤー版って言う意味ですな?
私としては鶏とゴーヤーのゴマだれのつもりだったんだけど…
ま、いっか(笑)

蒸し鶏と、サッと茹でたゴーヤーに香ばしいゴマだれをかけました。
ゴーヤーは苦いから苦手(シャレじゃないんですけどねw)
という方がいらっしゃいますが、苦い物は脂っ気と相性が良くて、
油分が苦さを包み込んで食べやすくしてくれるんですよね。
なので、チャンプルーをおいしく作るためには豚バラ肉が必須なのです。
先月のレッスンでは「お好み焼き用がベスト!」と、私からのおすすめでしたが、
お好み焼き用のバラ肉って、関西にしか無いようなので(^-^;)
近所に売ってないわ、って言う方は、焼き肉用のバラ肉を細めに切って使うのもおすすめです。
いずれにせよ、炒めすぎると硬くなってしまいますから、
最初に強火でサッと炒めたら一回取り出し、最後にまた戻すのがポイント。

ちなみに、「お好み焼き用」って言うのは、
焼き肉用と、しゃぶしゃぶなんかの薄切り肉との中間くらいの厚さ。
この程よい厚みがチャンプルーにピッタリなんですよね( ^ー゚)♪


で、チャンプルーの翌日は、もう少しあっさり目の1品に。
お浸し風だけど、練り胡麻の油分がゴーヤーの苦みを押さえてくれます。
ピーナッツのように香ばしいから、お子ちゃまにも食べられるかな。
優しい味なので、ぜひお試しを!


人気ブログランキングへおいしそう~♪と思ってくださったら
  ↑ポチッと一押しよろしくお願い致しますm(_ _)m

a0056451_15472142.jpg


「ゴーヤバンバン」


【材料】

3人分
ゴーヤー(苦瓜)1/2本(薄くスライス)
粗塩
鶏胸肉1/2枚
日本酒大さじ1
コショウ少々
トマト(スライス)

『ゴマだれ』
みりん大さじ1
練りごま大さじ1
醤油小さじ1
酢小さじ1
粗塩少々



【作り方】

1.【ゴーヤーを茹でる】
  小鍋に水と1%の粗塩(300ccの水なら小さじ約2杯)を入れて火にかけ
  沸騰したらゴーヤーを茹でる。
  ゴーヤーの色が鮮やかになったらすぐにザルに上げ、そのまま水気を切って冷ます。



2.【蒸し鶏を作る】
  鶏肉は皮を取り、分厚いところは横から包丁を入れて開き、厚みを均一にする。
  耐熱容器に入れ、軽く塩コショウを振り、日本酒をまわしかけたらラップをして
  2分~2分半ほどレンジ加熱する。
  レンジから取り出して、ラップにお箸などで小さな穴を開け、そのまま置いて余熱で火を通す。
  冷めたら手で食べやすい大きさに裂いておく。



3.【ゴマだれを作る】
  まずみりんを20秒ほどレンジ加熱してアルコール分を飛ばす。
  レシピどおりに調味料を順番に混ぜて味を整える。



4.【盛りつけ】
  器にスライスしたトマトを並べ、その上にゴーヤーと鶏肉を盛りつける。
  ゴマだれをまわしかけて出来上がり。




ゴマだれなんて、優しい味過ぎて〜 (*-ω-)(-ω-*)ネー
って言う方はゴーヤのキムラ君和えゴーヤー冷や奴なんかがおすすめ。
ピリっと辛かったり、ひんやり冷たかったり…
どちらも泡が進んじゃう味ですが、ゴーヤーの栄養効果で血糖値もあまり上がらずに
ヘルシーに食べられるんじゃないでしょうか(*^-^*)v



今日も ←ポチッと一押し、
応援して行ってくださったらうれしいです。
どうぞよろしくお願いします!(^-^)

人気blogランキングに参加しています。
by aiaicafe | 2013-08-03 16:41 | サラダ・和えもの | Trackback | Comments(3)

ひんやり♪ポン酢ジュレで彩りサラダ

a0056451_18163969.jpg



夏本番までもうそろそろ?
少しずつ真夏に近づいて来て、毎日のご飯も夏バージョンに衣替えし始めた我が家。
ひんやり冷たいものが増えてきました〜

暑いとキッチンに立つのものおっくうになりますよね。
といって、冷や奴ばかりじゃ「また〜?(´~`;) 」って言われちゃいそうなので(汗)
先日は、お野菜たっぷりで、彩りも鮮やかな1品を作りました。

a0056451_18164761.jpg

ダシを利かせたポン酢風味のジュレをドレッシング代わりに使ったサラダです。
これ、ダーリンが大好きなんですよね(*^-^*)

ダーリン「今年は空豆全然食べなかったなぁ…空豆の入ったジュレサラダ作って〜!」

という事で、そろそろ終盤の空豆が入っておりますが(^-^;)
これからは枝豆でも良いですし、お野菜はどうぞお好みで。
ポン酢なのでホタテやタコなんかを使ってもおいしいですし、
普段のご飯なら、そういうのは省略して(^▽^;)ははは
茹でたじゃがいもやうずらたまごなんかでボリュームアップしても良い感じです♪ 

これ、ちゅるるん♪と、のどごしも良くて、
なんと言っても見た目が涼しげなので、
私のイチオシ夏メニューなんですよ〜( ^ー゚)♪
実は去年のレッスンで作ったんですけど、みなさんには大好評!

「おもてなしに作ったら、『料亭で出て来るのみたい!』と、びっくりされました。」

「『お母さん、すご〜い!!w( ̄△ ̄;)wおおっ! 』って、家族に言われました。」

と、大勢の方からご報告いただきました(*^-^*)v


今回のゼリーは、アガーを使って作りますが…
アガーって???
原料はカラギーナンって言う海藻なんですけど、
70度〜80度で溶けて、40度で固まりはじめます。
ゼラチンのような透明感があるけど、真夏の暑い時でも室温で溶けることもありません。
超スピードで固まるのでおもしろいんですよ〜♪
作ったゼリーをお友達にプレゼント…と、外をウロウロしても大丈夫!
ということで、スーパーで売っているゼリーなんかは、これを使ったものが多いんですよね。

が!まだまだ気軽にスーパーなんかで入手できないのが痛いところ(-_-;)
製菓材料専門店か、WEB通販、生協なんかで買えるようなので、
都合の良い入手方法を探してみてくださいね。
(ちなみに、メーカー各社で付けたネーミング、
パールアガーやイナアガー、エイトアガーという商標で売られています。)


さて、肝心のお味の方ですが、
2〜3回試作を繰り返し、やっとうちの家族がGOを出してくれたレシピで(笑)
濃すぎず薄すぎず、なかなか程よく仕上がっております(*^-^*)v
永久保存版としてご利用くださいね〜!


人気ブログランキングへひんやりおいしそう~♪と思ってくださったら
  ↑ポチッと一押しよろしくお願い致しますm(_ _)m

a0056451_18164451.jpg




「彩りジュレポンサラダ」


【材料】

3~4人分

【ポン酢ジュレ】
だし汁250cc
ポン酢大さじ2
みりん大さじ1
アガー5g(約小さじ2程度)

小エビ9〜12匹程度
茹で空豆や茹で枝豆など適量
プチトマト10個程度
キュウリやお好みの野菜適量
粗塩、コショウ各少々
オリーブ油大さじ1

ダシの引き方はこちら



【作り方】

1.【下ごしらえ】
  エビは殻を剥いてから塩を振って揉み、洗い流してサッと茹でておく。
  野菜は全て小さめに切って、大きさを揃えておく。
  


a0056451_1817118.jpg2.【ジュレを作る】
小鍋にだし汁とポン酢、みりんを入れて弱火にかけ、
小さな泡が出て来たら(80度です)、
茶こしなどにアガーを入れて少しずつ振り入れて溶かす。
(ダマにならないように、グルグルかき混ぜてくださいね〜!)
溶けたらバットや流し缶などに移し、少し冷ます。
粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やす。


3.【仕上げ】
  ボウルにエビや野菜を入れ、軽く塩コショウをしてオリーブ油をまぶす。
  器に盛りつけ、スプーンなどでくずしたジュレを添えたら完成。




これ、お箸よりも、やっぱりスプーンが食べやすいんですよね。
なので材料もスプーンに乗るくらいの大きさが◎
ジュレと一緒に食べられるので小さめに切るのがお勧めです(^-^)V
ダシの香りがおいしさの秘訣なので、できればきちんとダシを引いてみてくださいね。

アガーが入手できない方は、ゼラチンでもOKです。
ポン酢の入らないダシジュレの作り方もどうぞご参考に。
こちらもなかなかおいしいですよ〜♪


a0056451_18165033.jpg

この日のごはんは、インドの炊き込みご飯ビリヤニや、
ズッキーニのチーズ焼きなんかと。
ちなみに、ビリヤニはMU◯Iで売っている素使用。
かなりスパイスが強烈です〜^^;
ジュレのひんやりとは相性バッチリでしたけど!



デカすぎ?!(笑)
←クマさんをポチッと一押し
今日も応援して行ってくださったらうれしいです。
どうぞよろしくお願いします!(^-^)

人気blogランキングに参加しています。
by aiaicafe | 2013-06-24 19:46 | サラダ・和えもの | Trackback | Comments(2)

カブと鶏肉のマリネ

a0056451_18352699.jpg



あがってんの〜?さがってんの〜?みんなはっきりいっとけー♪
って言う歌があったけど(古い?w)
夏日になったと思ったら翌日はコートが要るわで
ついて行くだけで精一杯(笑)
気温が極端でいけませんねぇ(^-^;)
体調を崩されている方も多いんじゃないでしょうか。

さて、今回は簡単に作れるちょっとした和え物です。
材料はカブ
先月のお料理教室では、クリームシチューに使いました。

ai「カブは煮えるのが早いから、うっかりしてたら溶けて無くなっちゃうよ〜!」

って言う私の台詞を覚えてると思うけど(笑)
クセが無くて柔らかいから、
生のままスライスして塩揉みや甘酢和えにしてもおいしいですよね〜♪
鶏肉を加えてちょっぴりボリュームアップして、
身近にある調味料でパパッと和えた1品をご紹介しますね。
これ、和洋どちらにも合って、サラダ感覚で食べられます(*^-^*)



人気ブログランキングへおいしそう~♪と思ってくださったら
  ↑ポチッと一押しよろしくお願い致しますm(_ _)m

a0056451_18352962.jpg



「カブと鶏肉のマリネ」


【材料】

3~4人分
小カブ 1〜2個(薄くスライス)
粗塩

鶏胸肉 1/2枚
塩コショウ
日本酒 大さじ1

『ドレッシング』
みりん 大さじ1
ポン酢 大さじ2
オリーブ油 大さじ1
いりごま 少々
輪切り唐辛子 適宜(彩り用)



【作り方】

1.【下ごしらえ】
  3%の塩水(水300ccなら粗塩小さじ2程度)を用意し、
  スライスしたカブを浸して『立て塩』にする。
  5分くらい浸けてしんなりしたら、ザルにあげて絞らずにそのまま水気を切りる。
  鶏胸肉は皮を取って塩コショウし、耐熱容器に入れて日本酒を振りかける。
  ラップをして3分程度レンジ加熱し、取り出したらお箸などで穴を開けて
  そのまま自然に冷ます(余熱でしっかり火を通す)
  冷めたら繊維にそって手で裂いておきます。



2.【和える】
  ドレッシングを作ります。
  まず、みりんを20秒ほどレンジ加熱してアルコールを飛ばし、
  それから他の材料をすべて混ぜ合わせる。
  カブと鶏肉をボウルに入れ、ドレッシングをまわしかけて和える。
  胡麻と、好みで輪切り唐辛子を加えて器に盛る。





これ、和えてすぐよりも、少し置いて味が染みた方がおいしいですよ(^-^)v
好みでキュウリやブロッコリーなどなど、他の野菜をプラスしてもいいかも。

カブの葉を少し刻んで入れたら、彩りも良くなって美味しいそう…なんですが、
今回は他の方法でいただきました。

a0056451_19253185.jpg

菜飯のおにぎり。私、これ大好きなんですよね(*´д`*)ハフン♪
みじん切りにした葉を立て塩にし、ギュッと水気を絞り、
炒りごまと塩昆布と一緒にご飯に混ぜます。
じゃこ入りバージョンもおいしいので、
ぜひ一度お試しくださいね。



さて〜、ここ最近は、新しいおもちゃを買ったので(笑)
趣味の時間を作るのに必死のワタクシ。

じゃじゃ〜〜〜ん♪
a0056451_19314530.jpg


コンピューターミシンであります(* ̄‥ ̄*)=3
今まで使っていたのはとうとう息絶えてしまったんですよね。
動かないわ、動いたと思ったら止まらず暴走するわで(苦笑)
なにせ30年くらい使いましたから〜(歳バレるなぁw)

a0056451_1936247.jpg

最近のは進化がすごいですね。
糸は内蔵されてスッキリ♪
糸通しは番号がふってあるから楽々だし、
私が買ったのは、下糸を引っぱり出さなくても良いタイプで、
おまけにミシンが針に糸を通してくれるんですよ〜w( ̄△ ̄;)wおおっ!

実は、前回アップしたランチョンマットとフリル付きナプキンは
このミシンで作ったもの。
もうス〜イス〜イ♪と縫えてしまって、嬉しいのなんの(*´д`*)ハフン♪
コンピューターミシンって、縫い目が奇麗!
この春〜夏は、大作に挑戦したいと思いますっ(・∀・)ノ
お気に入りができたら、また公開しますね。




←今日もポチっとワンクリック♪
応援して行ってくださったら嬉しいです。
どうぞよろしくお願いします!(^-^)

人気blogランキングに参加しています。
by aiaicafe | 2013-03-13 19:55 | サラダ・和えもの | Trackback | Comments(4)

柔らか♪イカとツナのサラダ

a0056451_1784196.jpg



ご無沙汰しております〜
毎日寒い日が続きますね!
我が家あたりでも、夕べはとうとう雪が降りました^^;
今年は春が来るのも少し遅めらしいですが(汗)
寒波のせいか、電気代が上がったせいなのか、
野菜が高くてびっくりします。
お正月休みが明けたころはレタスが500円ほど…

  _, ._
(;゚ Д゚)た、高いっ!

今は少しマシになって、それでも300円はするかなぁ
一番贅沢なメニューは野菜サラダだったりするもんね(苦笑)
しかし!
そんな時に限ってサラダが食べたくなるっていうのはどういうこと?(^▽^;)ははは

さて、今回は魚介メインのサラダであります。
葉野菜は、高けりゃ無くてもオッケー!
いかにイカを柔らかく茹でるかって言うことが重要なので、
そのポイントを以下に書きます(ちょっとオヤジっぽ?w

このサラダ、ツナの旨味を利用します。
ツナはドレッシングの一部って言うところかな。
なのでツナ缶はノンオイルのスープタイプのものをご用意くださいね。
お味はイタリアンかスペインか、かなり本格的。
ワインがすすむ味ですぞよ〜( ^ー゚)♪



人気ブログランキングへおいしそう~♪と思ってくださったら
  ↑ポチッと一押しよろしくお願い致しますm(_ _)m

a0056451_1784463.jpg





「柔らかイカとツナのサラダ」


【材料】

3~4人分
イカ1杯
ツナ缶ノンオイルスープタイプ1個
ジャガイモ大1個又は小2個(さいの目切り)
ブラックオリーブ適宜(あればお好みで)
プチトマト、レタスなどの葉野菜適量

レモン1/2個
粗塩小さじ1/4
黒こしょう少々
アンチョビソース又はペースト小さじ1/2
にんにくみじん切り小さじ1/2
オリーブ油大さじ1〜2

ジャガイモは前もって茹でるかレンジ加熱しておく。
アンチョビはフィレでもOK(1切れを潰す)



【作り方】

1.【下ごしらえ】
  イカは胴と足を離し、胴は残ったワタと骨を取って1cmの輪切りにする。
  足は目とくちばしを取り、食べやすく切り離す。
  よく洗って水気を切ったら、軽く塩を振っておく(分量外)



2.【茹でる】
  鍋に水を入れて火にかけ、沸騰したら火を止める。
  沸騰が静まったらイカを一気に入れて軽く混ぜ、すぐに蓋をして5分ほど待つ。
  ザルに上げて水気を切ったら、そのまま置いて粗熱を取る。



3.【仕上げ】
  ボウルにニンニク、レモン汁、アンチョビ、
  塩コショウ、オリーブ油を入れてよく混ぜ、ツナ缶を汁ごと加える。
  イカとオリーブ、ジャガイモも加えてよく和えたら、
  葉野菜などと一緒に器に盛りつける。
  好みで刻みパセリを振ると彩りアップです^^




イカは、中途半端に茹でると、ゴムみたいに硬くなっちゃうんですよね(^-^;)
70度くらいまでの低温で茹でるか、もしくは反対に
しっかりしっかり茹でると、柔らかいって言うのとはまた違うんだけど、
サクッと歯切れよくなって食べやすくなります。

イカをお湯に入れるときは、沸騰したところに入れるんじゃなくて、
火を止めてちゃんと沸騰が静まってから入れてくださいね。
これ、どう違うか比べてみたんですが、
びみょ〜に後者の方が柔らかさは上でした。
まぁイカの種類によっても差がありますが、
『お湯に放り込むだけ』ですから、一度お試しくださいませ〜



さて、お正月休みは編み物をするのだ!と息巻いていたワタクシですが、
今回は出来上がったものを一部ちらっと公開(*^-^*)

a0056451_17541260.jpg

『風工房のトラディショナルニット』より、アラン編みのセーターです。
七分袖から、ボーダーシャツや白シャツをチラッと覗かせる着方がお気に入り♪
並太毛糸なので、それほどごつくもなくて柔らかいの。
手編みって、やっぱり暖かいわ〜(*´д`*)ハフン♪


a0056451_1802820.jpg

『布とニット(了戒かずこ)』より、お花モチーフのマフラーも。
これ、アルパカが入っててふわふわなんですよ〜♪

娘「お花の色がイマイチねぇ…^^;」

だって、本に載ってる色は売り切れて無かったんだもん(涙)
似たようなのをウェブで適当に買ったら、
モニターで見るのとちょっと違ったんだよね^^;
まぁでも私の場合、着るよりも編むのが楽しくて作るわけだから、
あんまり気にしてないのよね。
で、結局マフラーは全部で3本編んだのでした(^▽^;)

娘「そんなにたくさん編んだって、首は一本だよ (* ̄m ̄)ぷ」

いいのだ!
その気になれば腹巻きにだって使えるではないか?(笑)

さて、次は何作ろうかな〜(´∀`*)ウフフ



レシピがお役に立ったら
今日も ←ポチッと愛の一押しを!
どうぞよろしくお願いします(^-^)

人気blogランキングに参加しています。
by aiaicafe | 2013-01-28 18:31 | サラダ・和えもの | Trackback | Comments(6)

ドラゴンフルーツで!エスニックサラダ

a0056451_19582232.jpg



ダーリン「こんなん貰ったよ〜!」

先日、ダーリンが友達から変わったフルーツをいただいて、
帰ってくるなり「見て見て!」と、うるさい嬉しそうに言うので見てみたら(^-^;)

a0056451_19582793.jpg


なんじゃこりゃ〜Σ(・ω・ノ)ノ
っていうくらいの極彩色がすごい、ドラゴンフルーツでありました。
これ、売っているのを見た事はあっても、食べた事は無かったんですよね。
外側は、まっピンク!黄色からグリーンに変わる鱗状のひだが付いてて、
ぱかっとまっぷたつに切ったら、中身はこんな感じ…

a0056451_19582915.jpg

人気ブログランキングへ中すご〜い!と思ってくださったら
  ↑ポチッと一押しよろしくお願い致しますm(_ _)m



白っぽい実に黒い胡麻みたいなの(種?)が点在してて、
外側のピンクとの対比がすごいの!
なんだかメラメラと燃えてるみたいな感じに見えますよねぇ(^▽^;)
これを一番最初に見た人が「ドラゴンだ!」って言ったのなら、
なんだか分かるような気がするなぁ

さて、どういう風にして食べたら良いものか?肝心の食べ方ですが、
説明書きが付いていて、「セミスイートだから、サラダにしてもおいしい…」
なんて事が書いてありました。
一切れ食べてみたら、プチプチしたところがキウイそっくり!
甘みは、ほの甘いというか…あんまり無いです(^-^;)
どちらかというと、少し青っぽい味かな。
でも、熟しているからか、ジュワッとジューシーな食感がいい感じ。

じつは、その日の晩ご飯は天ぷらだったんですよね。
(ワタクシ、時々無性に天ぷらが食べたくなります^^;)
天ぷらにエスニックなサラダってどうなの?とイマイチ気が乗らなかったので、
え〜い、いっそのこと合体させてしまえ!と、
天ぷらとドラゴンフルーツのコラボサラダにしてみました。

a0056451_19583482.jpg


使ったのは、鶏胸肉を天ぷらにした「鶏天」。
まず、器にベビーリーフを盛り、
切ったドラゴンフルーツを散らしてから、鶏天をトッピング。
かかっているのは、輸入食材屋さんなんかに売っている市販のスウィートチリソースです。
これがなかなか、食べてみたらいけるじゃないですか!w( ̄△ ̄;)wおおっ!
甘酸っぱい味が鶏天にもドラゴンフルーツにもピッタリ♪

ダーリン「お、これってビールに合いそう!豚肉でやったら酢豚みたいになるかも」

うんうん、甘いのが酢豚を彷彿とさせるよね(^-^)
でも、私的には、エビがピッタリはまると予感。
エビ天だとエビチリみたいだし、サッとソテーやグリルしたのを使えば
エスニック感もグンとアップするはず…
次回はそれで行きたいと思います。

今回は、スウィートチリの新しい食べ方を発見できて楽しかったなぁ
またやろうっと♪
あ、そうそう。鶏天のコツですが、
火が通りやすいように、胸肉を1cm厚さにスライスして、
食べやすくスティック状に切ってから揚げてあります。
揚げ上がってからすぐに食べずに、5分くらい待ってから盛りつけます。
こうすると、余熱でじっくり火が通るから中が柔らかくジューシーに、
野菜も煮えずに美味しく食べられますよ(*^-^*)v


a0056451_22495495.jpg

おいしそう〜♪と思う方も、味が想像できないって言う方も(笑)
←ポチッと一押し、応援して行ってくださったらうれしいです。
どうぞよろしくお願いします!(^-^)

人気blogランキングに参加しています。
by aiaicafe | 2012-11-20 23:02 | サラダ・和えもの | Trackback | Comments(2)

カニとプチトマトの贅沢サラダ

a0056451_9404493.jpg


朝晩が肌寒いくらいになりました。
週末になると、どこからか運動会の応援の声が聞こえて来たり(*^-^*)
そしてそろそろ食欲の秋ですねぇ(笑)


先日、毛ガニをいただいて、
黙々とものもしゃべらず食べた後(やるよね?w
お腹いっぱいになって食べきれなかった分を、ちょっとしたサラダにしてみました。
あ、カニカマじゃないですよ!見た目は似てるかもしれないけど(笑)

実はこれ、一度作ってみたかったんですよ〜(*^-^*)
いっぱいカニ身が入ってて、プチトマトは一つ一つ湯剥きされてて…
シンプルだけど贅沢♪っていう1品。

a0056451_9405120.jpg

プチトマトは、湯剥きすると皮付きとは全然別物になってしまうんですよね。
ドレッシングにトマトの旨味がにじみ出て、
単に「酸味がある」のとは違うんですよ〜
まろやかで上品な味に仕上がります。
そして作ってみると意外に簡単なのよ( ^ー゚)♪

もちろん、具は毛ガニじゃなくても作れますので〜
サッと茹でたホタテやエビ、グリルしたチキンなどなどと一緒に、
彩りよく作ってみてくださいね。
ほっぺが落ちますぞよ〜(´∀`*)ウフフ


人気ブログランキングへおいしそう~♪と思ってくださったら
  ↑ポチッと一押しよろしくお願い致しますm(_ _)m

a0056451_9404940.jpg





「カニとプチトマトの贅沢サラダ」


【材料】

3~4人分
カニ身 適量
プチトマト10〜15個程度
セロリ1/2本(薄切り)
レモン汁 レモン1/2個分
粗塩、コショウ各少々
オリーブ油大さじ1〜2
刻みパセリ(あれば)適宜

カニ身は前もって用意しておく。カニ缶や茹でたホタテやエビを利用してもOK



【作り方】

1.【下ごしらえ】
  トマトは、お尻(ヘタの付いていない方)に
  浅く十字に切り目を入れる。
  沸騰した湯に入れ、10秒くらいでザルにあげて水気を切る。
  粗熱が取れたら、葡萄の皮をつまむ要領で3本の指でつまんで皮を剥く。
  セロリは3%の食塩水に5分くらい浸して立て塩にする。
  しんなりしたら絞らないてザルに上げて水気をよく切る。


2.【和える】
  ボウルにレモン汁とカニ身、セロリ、プチトマトを入れ、
  軽く塩コショウとオリーブ油をまわしかけてよく混ぜる。
  器に盛りつけて完成。




トマトに入れる切り目は、なるべく浅く…です。
皮も、おもしろいくらいつるりと剥けるので、
慣れたら「どんどん来い!」って感じで両手でできますよ〜(笑)


さて、今月はハロウィーンメニューで、
家中がなんとなくオレンジと黒な我が家(^▽^;)
お花屋さんに行ったら、可愛い観賞用のミニかぼちゃを見つけました♪

a0056451_9411597.jpg

これ、手のひらに乗るサイズなんですよ。
丸いのやヘチマみたいなの、かぼちゃって種類が多くてびっくりですw( ̄△ ̄;)wおおっ!

中はどんなだろう?
切りたい、切ってみたいよぉ〜〜〜(うずうず (≧ε≦)ノ
ハロウィンが過ぎたら切ってやるぞ!(笑)



今日もポチっとワンクリック♪→応援して行ってくださったら嬉しいです。
どうぞよろしくお願いします!(^-^)

人気blogランキングに参加しています。
by aiaicafe | 2012-10-05 11:10 | サラダ・和えもの | Trackback | Comments(2)

季節の野菜で!簡単まぜサラダ

a0056451_1845881.jpg



毎月、末頃になると、翌月のレッスンで使う器やクロスなどを色々と思案しだす私。
こんな色合いが良いな~とか、このお花をぜひ使いたい!とか、
少しずつアイディアをピックアップしていって、
それから最終的にマッチしないものは消去して、いつものテーブルができあがります。
なので出かけると、雑貨屋さんとか食器屋さんとかは必ずチェックします。
もうほとんど職業病?(笑)

先日、夏服のお買い物をしにうろうろしていて、シンプルで使いやすそうな器を発見♪
大きな片口のボウルなんですけど、洋風にも和風にも使えるなぁと即買い。
お家に帰ってじっくりと眺めつつ、
何を入れたらピッタリ来るか右脳が妄想し始めてしまって(笑)
これって、服や靴を買ったときも一緒で、
早く着てみたくて、鏡の前で1人ファッションショーをしてみたりしてね(笑)
とりあえずは色の美しいサラダを入れてみました。


人気ブログランキングへおいしそう~♪と思ってくださったら
  ↑ポチッと一押しよろしくお願い致しますm(_ _)m

a0056451_185591.jpg

う~ん、赤と緑と白がお似合いね(*^-^*)
…って、モロイタリアンカラーですなぁ(笑)

使った野菜はスナップえんどうとトマト。
それに一口タイプのモッツァレラチーズをプラスした、イタリアン風の1品です。
市販のドレッシング類は使わず、粗塩とレモンとオリーブ油で味付けしたら、
これがまたシンプルでうま~~~!
素材の美味しさが引き立って、まるでイタリアンレストランのサラダみたい(*´д`*)ハフン♪
切ってボウルで混ぜるだけ~なので、ぜひトライしてみてくださいね。





「季節の野菜のまぜサラダ」


【材料】

3~4人分
トマト大1個又は小さめ2個(乱切り)
スナップえんどうひとつかみ分
モッツァレラチーズ1袋(チェリータイプ)
ニンニクみじん切り小さじ1/2
オリーブ油大さじ1~2
レモン1/4個(櫛形に切る)
粗塩、黒コショウ少々

チーズは、普通のタイプなら食べやすい大きさに切る。



【作り方】

1.【茹でる】
  鍋に湯を沸かし、水量の1%の量の塩(500ccの水なら小さじ1杯程度)を入れて
  スナップえんどうを茹でる。
  湯に入れて色が鮮やかになったらすぐにザルにあげて水気を切り、
  そのまま粗熱を取る。


2.【和える】
  ボウルに野菜とチーズを入れ、まず全体にオリーブ油を回しかけて混ぜる。
  野菜全体に油の膜ができたら、にんにくを加えてレモンを絞り、
  塩とコショウを振りかけてざっくり混ぜてできあがり。





混ぜるだけ~ですが、調味料の順番は、最初にオリーブ油ですから~
先に塩気が入ると、野菜から水気が出てしまうので、
まずオイルで全体に膜を作ります。
それから「こんなもんかな~?」と、粗塩を加えてくださいね。
精製塩ではなくて、粗塩というのもおいしさのポイントですから、
ぜひまろやかな塩気の岩塩や海の塩を使ってみてください。

お野菜は、季節のものならなんでもOK
アスパラやブロッコリーなども良いし、
これからの季節はサッと茹でた苦瓜(ゴーヤー)もおすすめ!
思わずいっぱい野菜が食べられちゃうので、
いつもの野菜サラダや、市販のドレッシングは飽きた…って言う方はぜひお試しあれ。


a0056451_1851094.jpg

この日は、豚の生姜焼きなんかと一緒にいただきました。
横に添えてあるのは、ガーリックトーストです。
これはダーリンが買って来た市販のもの。
これにサラダを乗っけて食べたら美味しかった〜♪(*^-^*)
手間でなかったら、ガーリックトーストもぜひどうぞ。
冷た~くしたワインや泡と一緒にね( ^ー゚)♪


簡単そう!と思ったら←ポチッと一押し、
応援して行ってくださったらうれしいです。
どうぞよろしくお願いします!(^-^)

人気blogランキングに参加しています。
by aiaicafe | 2012-06-24 18:21 | サラダ・和えもの | Trackback | Comments(2)