カテゴリ:サラダ・和えもの( 284 )

ドラゴンフルーツで!エスニックサラダ

a0056451_19582232.jpg



ダーリン「こんなん貰ったよ〜!」

先日、ダーリンが友達から変わったフルーツをいただいて、
帰ってくるなり「見て見て!」と、うるさい嬉しそうに言うので見てみたら(^-^;)

a0056451_19582793.jpg


なんじゃこりゃ〜Σ(・ω・ノ)ノ
っていうくらいの極彩色がすごい、ドラゴンフルーツでありました。
これ、売っているのを見た事はあっても、食べた事は無かったんですよね。
外側は、まっピンク!黄色からグリーンに変わる鱗状のひだが付いてて、
ぱかっとまっぷたつに切ったら、中身はこんな感じ…

a0056451_19582915.jpg

人気ブログランキングへ中すご〜い!と思ってくださったら
  ↑ポチッと一押しよろしくお願い致しますm(_ _)m



白っぽい実に黒い胡麻みたいなの(種?)が点在してて、
外側のピンクとの対比がすごいの!
なんだかメラメラと燃えてるみたいな感じに見えますよねぇ(^▽^;)
これを一番最初に見た人が「ドラゴンだ!」って言ったのなら、
なんだか分かるような気がするなぁ

さて、どういう風にして食べたら良いものか?肝心の食べ方ですが、
説明書きが付いていて、「セミスイートだから、サラダにしてもおいしい…」
なんて事が書いてありました。
一切れ食べてみたら、プチプチしたところがキウイそっくり!
甘みは、ほの甘いというか…あんまり無いです(^-^;)
どちらかというと、少し青っぽい味かな。
でも、熟しているからか、ジュワッとジューシーな食感がいい感じ。

じつは、その日の晩ご飯は天ぷらだったんですよね。
(ワタクシ、時々無性に天ぷらが食べたくなります^^;)
天ぷらにエスニックなサラダってどうなの?とイマイチ気が乗らなかったので、
え〜い、いっそのこと合体させてしまえ!と、
天ぷらとドラゴンフルーツのコラボサラダにしてみました。

a0056451_19583482.jpg


使ったのは、鶏胸肉を天ぷらにした「鶏天」。
まず、器にベビーリーフを盛り、
切ったドラゴンフルーツを散らしてから、鶏天をトッピング。
かかっているのは、輸入食材屋さんなんかに売っている市販のスウィートチリソースです。
これがなかなか、食べてみたらいけるじゃないですか!w( ̄△ ̄;)wおおっ!
甘酸っぱい味が鶏天にもドラゴンフルーツにもピッタリ♪

ダーリン「お、これってビールに合いそう!豚肉でやったら酢豚みたいになるかも」

うんうん、甘いのが酢豚を彷彿とさせるよね(^-^)
でも、私的には、エビがピッタリはまると予感。
エビ天だとエビチリみたいだし、サッとソテーやグリルしたのを使えば
エスニック感もグンとアップするはず…
次回はそれで行きたいと思います。

今回は、スウィートチリの新しい食べ方を発見できて楽しかったなぁ
またやろうっと♪
あ、そうそう。鶏天のコツですが、
火が通りやすいように、胸肉を1cm厚さにスライスして、
食べやすくスティック状に切ってから揚げてあります。
揚げ上がってからすぐに食べずに、5分くらい待ってから盛りつけます。
こうすると、余熱でじっくり火が通るから中が柔らかくジューシーに、
野菜も煮えずに美味しく食べられますよ(*^-^*)v


a0056451_22495495.jpg

おいしそう〜♪と思う方も、味が想像できないって言う方も(笑)
←ポチッと一押し、応援して行ってくださったらうれしいです。
どうぞよろしくお願いします!(^-^)

人気blogランキングに参加しています。
by aiaicafe | 2012-11-20 23:02 | サラダ・和えもの | Trackback | Comments(2)

カニとプチトマトの贅沢サラダ

a0056451_9404493.jpg


朝晩が肌寒いくらいになりました。
週末になると、どこからか運動会の応援の声が聞こえて来たり(*^-^*)
そしてそろそろ食欲の秋ですねぇ(笑)


先日、毛ガニをいただいて、
黙々とものもしゃべらず食べた後(やるよね?w
お腹いっぱいになって食べきれなかった分を、ちょっとしたサラダにしてみました。
あ、カニカマじゃないですよ!見た目は似てるかもしれないけど(笑)

実はこれ、一度作ってみたかったんですよ〜(*^-^*)
いっぱいカニ身が入ってて、プチトマトは一つ一つ湯剥きされてて…
シンプルだけど贅沢♪っていう1品。

a0056451_9405120.jpg

プチトマトは、湯剥きすると皮付きとは全然別物になってしまうんですよね。
ドレッシングにトマトの旨味がにじみ出て、
単に「酸味がある」のとは違うんですよ〜
まろやかで上品な味に仕上がります。
そして作ってみると意外に簡単なのよ( ^ー゚)♪

もちろん、具は毛ガニじゃなくても作れますので〜
サッと茹でたホタテやエビ、グリルしたチキンなどなどと一緒に、
彩りよく作ってみてくださいね。
ほっぺが落ちますぞよ〜(´∀`*)ウフフ


人気ブログランキングへおいしそう~♪と思ってくださったら
  ↑ポチッと一押しよろしくお願い致しますm(_ _)m

a0056451_9404940.jpg





「カニとプチトマトの贅沢サラダ」


【材料】

3~4人分
カニ身 適量
プチトマト10〜15個程度
セロリ1/2本(薄切り)
レモン汁 レモン1/2個分
粗塩、コショウ各少々
オリーブ油大さじ1〜2
刻みパセリ(あれば)適宜

カニ身は前もって用意しておく。カニ缶や茹でたホタテやエビを利用してもOK



【作り方】

1.【下ごしらえ】
  トマトは、お尻(ヘタの付いていない方)に
  浅く十字に切り目を入れる。
  沸騰した湯に入れ、10秒くらいでザルにあげて水気を切る。
  粗熱が取れたら、葡萄の皮をつまむ要領で3本の指でつまんで皮を剥く。
  セロリは3%の食塩水に5分くらい浸して立て塩にする。
  しんなりしたら絞らないてザルに上げて水気をよく切る。


2.【和える】
  ボウルにレモン汁とカニ身、セロリ、プチトマトを入れ、
  軽く塩コショウとオリーブ油をまわしかけてよく混ぜる。
  器に盛りつけて完成。




トマトに入れる切り目は、なるべく浅く…です。
皮も、おもしろいくらいつるりと剥けるので、
慣れたら「どんどん来い!」って感じで両手でできますよ〜(笑)


さて、今月はハロウィーンメニューで、
家中がなんとなくオレンジと黒な我が家(^▽^;)
お花屋さんに行ったら、可愛い観賞用のミニかぼちゃを見つけました♪

a0056451_9411597.jpg

これ、手のひらに乗るサイズなんですよ。
丸いのやヘチマみたいなの、かぼちゃって種類が多くてびっくりですw( ̄△ ̄;)wおおっ!

中はどんなだろう?
切りたい、切ってみたいよぉ〜〜〜(うずうず (≧ε≦)ノ
ハロウィンが過ぎたら切ってやるぞ!(笑)



今日もポチっとワンクリック♪→応援して行ってくださったら嬉しいです。
どうぞよろしくお願いします!(^-^)

人気blogランキングに参加しています。
by aiaicafe | 2012-10-05 11:10 | サラダ・和えもの | Trackback | Comments(2)

季節の野菜で!簡単まぜサラダ

a0056451_1845881.jpg



毎月、末頃になると、翌月のレッスンで使う器やクロスなどを色々と思案しだす私。
こんな色合いが良いな~とか、このお花をぜひ使いたい!とか、
少しずつアイディアをピックアップしていって、
それから最終的にマッチしないものは消去して、いつものテーブルができあがります。
なので出かけると、雑貨屋さんとか食器屋さんとかは必ずチェックします。
もうほとんど職業病?(笑)

先日、夏服のお買い物をしにうろうろしていて、シンプルで使いやすそうな器を発見♪
大きな片口のボウルなんですけど、洋風にも和風にも使えるなぁと即買い。
お家に帰ってじっくりと眺めつつ、
何を入れたらピッタリ来るか右脳が妄想し始めてしまって(笑)
これって、服や靴を買ったときも一緒で、
早く着てみたくて、鏡の前で1人ファッションショーをしてみたりしてね(笑)
とりあえずは色の美しいサラダを入れてみました。


人気ブログランキングへおいしそう~♪と思ってくださったら
  ↑ポチッと一押しよろしくお願い致しますm(_ _)m

a0056451_185591.jpg

う~ん、赤と緑と白がお似合いね(*^-^*)
…って、モロイタリアンカラーですなぁ(笑)

使った野菜はスナップえんどうとトマト。
それに一口タイプのモッツァレラチーズをプラスした、イタリアン風の1品です。
市販のドレッシング類は使わず、粗塩とレモンとオリーブ油で味付けしたら、
これがまたシンプルでうま~~~!
素材の美味しさが引き立って、まるでイタリアンレストランのサラダみたい(*´д`*)ハフン♪
切ってボウルで混ぜるだけ~なので、ぜひトライしてみてくださいね。





「季節の野菜のまぜサラダ」


【材料】

3~4人分
トマト大1個又は小さめ2個(乱切り)
スナップえんどうひとつかみ分
モッツァレラチーズ1袋(チェリータイプ)
ニンニクみじん切り小さじ1/2
オリーブ油大さじ1~2
レモン1/4個(櫛形に切る)
粗塩、黒コショウ少々

チーズは、普通のタイプなら食べやすい大きさに切る。



【作り方】

1.【茹でる】
  鍋に湯を沸かし、水量の1%の量の塩(500ccの水なら小さじ1杯程度)を入れて
  スナップえんどうを茹でる。
  湯に入れて色が鮮やかになったらすぐにザルにあげて水気を切り、
  そのまま粗熱を取る。


2.【和える】
  ボウルに野菜とチーズを入れ、まず全体にオリーブ油を回しかけて混ぜる。
  野菜全体に油の膜ができたら、にんにくを加えてレモンを絞り、
  塩とコショウを振りかけてざっくり混ぜてできあがり。





混ぜるだけ~ですが、調味料の順番は、最初にオリーブ油ですから~
先に塩気が入ると、野菜から水気が出てしまうので、
まずオイルで全体に膜を作ります。
それから「こんなもんかな~?」と、粗塩を加えてくださいね。
精製塩ではなくて、粗塩というのもおいしさのポイントですから、
ぜひまろやかな塩気の岩塩や海の塩を使ってみてください。

お野菜は、季節のものならなんでもOK
アスパラやブロッコリーなども良いし、
これからの季節はサッと茹でた苦瓜(ゴーヤー)もおすすめ!
思わずいっぱい野菜が食べられちゃうので、
いつもの野菜サラダや、市販のドレッシングは飽きた…って言う方はぜひお試しあれ。


a0056451_1851094.jpg

この日は、豚の生姜焼きなんかと一緒にいただきました。
横に添えてあるのは、ガーリックトーストです。
これはダーリンが買って来た市販のもの。
これにサラダを乗っけて食べたら美味しかった〜♪(*^-^*)
手間でなかったら、ガーリックトーストもぜひどうぞ。
冷た~くしたワインや泡と一緒にね( ^ー゚)♪


簡単そう!と思ったら←ポチッと一押し、
応援して行ってくださったらうれしいです。
どうぞよろしくお願いします!(^-^)

人気blogランキングに参加しています。
by aiaicafe | 2012-06-24 18:21 | サラダ・和えもの | Trackback | Comments(2)

レンコンと豆のカレー風味サラダ

a0056451_19194572.jpg



今日は金環日食を観るために、
いつもより1時間早起きしたので少々眠うございます(^▽^;)ははは
大阪は少し雲があったけど、それがかえってフィルター効果になったみたいで
薄曇りの中にくっきり見えましたよ〜♪

ダーリン「そんなに暗くないね。もっと夜みたいになるのかと思った^^;」

うんうん。夕方になったみたい?
ちょっと日が陰った程度かな。

前回(2009年)の日食は7月で、蝉がいっせいに鳴きやんでし〜〜んと静まり返って、
なんだか神秘的な気分になったのを覚えてるけど、
今回はいやに冷えて来て、さむ〜〜〜〜!
ほんの数分太陽が隠れただけなのに、この温度はなんだ??
と、あわててカーディガンを羽織りました(^-^;)

ai「太陽のチカラってすごいね!昔の人が太陽を拝んだ気持ちがわかるような気がする。」

思わずそうつぶやいたワタクシ。
ちょっと「氷河期」を想像しちゃった(笑)


さて、太陽が元に戻ったら、爽やかな初夏の温度に逆戻り。
今回は、今が旬のエンドウ豆や空豆を使ったサラダのレシピです。
ベースはしゃきっと歯触りの良いレンコン。
レンコンジェノベーゼが好評だったので、
今度はうちの家族たちが大好きな、カレー味です♪
彩りもよくて、和洋どちらのおかずにも相性良し!ですぞよ(*^-^*)v



人気ブログランキングへおいしそう~♪と思ってくださったら
  ↑ポチッと一押しよろしくお願い致しますm(_ _)m

a0056451_19195265.jpg




「レンコンと豆のカレー風味サラダ」


【材料】

3~4人分
れんこん100g
さやえんどう豆ひとつかみ分
空豆2~3さや分
粗塩
マヨネーズ大さじ2
プレーンヨーグルト(無糖)大さじ1
粒マスタード小さじ1
カレー粉(パウダー)小さじ1/3
塩コショウ
グリーンリーフ、わさび菜、トマトなど適宜

豆はそれぞれさやから出しておく。



【作り方】

1.【茹でる】
  鍋に湯を沸かし、水量の1%の量の塩を入れる。
  れんこん、エンドウ豆、空豆を入れて茹で、
  一煮立ちしたら火を止めてザルにあげ、水気を切る。
  粗熱が取れたら、空豆は薄皮をむいておく。


2.【和える】
  ボウルに調味料を合わせて混ぜ、茹でた野菜を加えてよく混ぜる。
  器に葉野菜を盛りつけ、その上に和えた野菜を盛りつける。
  さいの目切りにしたトマトを彩りに散らして出来上がり。




これ、お豆はグリーンピースじゃなくて、
できたらぜひさやえんどう豆で作ってみてくださいね。
ほっくり甘くてお味がぜんぜん違いますよ〜( ^ー゚)♪
少量で良いので、豆ご飯なんかのときに、
お豆を少し除けておいて作るのがおすすめ。

一緒にいただいたのは、某ハンバーガー屋さんにもあるナン◯コス(?)
実はコレ、冷凍のナン使用の手抜きなんですよ〜(^▽^;)ははは
上に乗っかってるタコミートは手作りです。
ナンにタコミートとタマネギ&パプリカを乗せて、
チーズを振ってピザ風に焼いてあります。
1人に1枚ずつということで、それぞれに帰りがバラバラで、
ピザだと冷めて都合が悪い時にはピッタリ!
おいしかったからまた作ろう〜っと(*^-^*)v


a0056451_19195950.jpgあとは6月のレッスンメニューの
キノコのペンネ、
冷たいトマトスープのガスパチョなどなど。

我が家、
そろそろ夏メニューになってきました!
もちろん、泡もおいしくいただきましたよ〜

ダーリン「そろそろラー油作ってよ!」

良いね〜♪
今年はちょっと多めに作ろうかな。
みなさんもぜひトライしてみてくださいね。
一緒にラー油料理食べましょ!(* ̄m ̄)むふふ



レシピがお役に立ったら、今日も ←ポチッと愛の一押しを!
どうぞよろしくお願いします(^-^)

人気blogランキングに参加しています。
by aiaicafe | 2012-05-21 20:29 | サラダ・和えもの | Trackback | Comments(3)

春キャベツの親子サラダ・バジルの香り

a0056451_15412322.jpg



更新やコメントのお返事などなど、少し間が開いちゃってすみません!
実は、まぶたが腫れてしまって先週は病院通いしてました(^-^;)

なんだ〜まぶたが腫れるくらい…
ほろりと来る映画でも観たのかって?

いえいえ!

夜にダーリンとお散歩に出かけて、
帰って来てからなんだかまぶたがかゆいなぁとぽりぽりしたら、
みるみる間にまぶたはぷ〜っとふくれあがり真っ赤!

娘「Σ(・ω・ノ)ノ うわっ! おかあさん、顔が遮光器土偶みたいやで。」

土偶って…
しかも遮光器って…

ひどいわ〜(/_<。)


と思いつつ鏡を見たら、ホントにそっくり!
笑う土偶だよ(笑)

翌日、病院へ行ったら、
「何かのアレルギー反応でしょう」といわれて、飲み薬と塗り薬を処方してもらい、
それから2〜3日後にようやくまぶたにくぼみができました(^▽^;)ははは

う〜ん、特に今まで使っていた化粧品を替えたわけでもないし、
鼻水や涙は出ないので花粉でもなさそうだし…
もしかして黄砂??
以前、ピアスでかぶれた事があるので、
黄砂の中に含まれる金属に反応したのかもしれません。
というわけで、腫れた目で仕事をしつつ(見苦しくってごめんなさいね^^;)
ちょっと辛い1週間でした(T^T)


さて気を取り直して、
目はぷっくり腫れても、お腹はペッコリ減るのよね(笑)
今回は勝手にシリーズ化している「新」の付くメニューであります!

甘くて柔らかい新キャベツ、又の名を春キャベツと言いますが、
それと鶏肉&ゆでたまごの組み合わせ。
実はこれ、「茹でたキャベツのサラダが食べたい!」と言う、
ダーリンからのリクエストで作りました。
写真は、一人分ずつの小分けで盛りつけてありますが、
大皿盛りにするとボリュームバツグンで、
思わずもりもりとキャベツを食べてしまいますよ〜(*^-^*)v

これ、味付けはいたってシンプル。
キャベツも鶏肉も、それほど濃い味付けはしてなくて、
マヨネーズにバジルペーストを混ぜたものがかけてあるだけです。
その方が、キャベツの甘みが感じられておいしいのよね♪
作り方はと〜っても簡単なので、ぜひ試してみてください。
ほんのり香るバジルがオツですぞよ〜( ^ー゚)♪



人気ブログランキングへおいしそう~♪と思ってくださったら
  ↑ポチッと一押しよろしくお願い致しますm(_ _)m

a0056451_15413364.jpg





「春キャベツの親子サラダ・バジルの香り」


【材料】

3~4人分
春キャベツ1/4個〜1/2個(食べやすくざく切りに)
粗塩

鶏胸肉1/2枚
塩コショウ
日本酒大さじ1

固ゆでたまご3個(1人1個、スライス)
マヨネーズ大さじ2
バジルペースト大さじ1/2

バジルペーストの作り方はこちら
バジルマヨネーズは前もって用意しておく。(マヨにペーストを混ぜる)




【作り方】

1.【鶏肉を蒸す】
  胸肉は皮を取り、分厚いところは真横から包丁を入れて開き、
  厚みを均一にする。
  塩コショウを振り、耐熱皿に入れて日本酒を振りかけ、ふんわりラップする。
  3分〜3分半くらいチン♪してから取り出し、そのまま冷まして粗熱を取る。
  (ラップは外さずに、お箸などでぷすっと穴を開けておく)
  冷めたら細く裂いて、鶏から出た肉汁に浸しておく。


2.【キャベツを茹でる】
  鍋に湯を沸かし、水量の1%の粗塩を溶かす。
  ざく切りにしたキャベツを入れ、しんなりしたらすぐにザルに揚げて水気を切る。
  粗熱が取れたら軽く水気を絞る。


3.【盛りつけ】
  まず、器にキャベツを盛り、軽くバジルマヨをかける。
  その上に鶏肉と茹でたまごをトッピングする。
  一番上にバジルマヨをかけて出来上がり。



キャベツを茹でる時に、水の量の1%程度の粗塩を入れるので、
お湯を沸かす時は、大雑把で良いので量を量っておいた方が良いかな。

バジルペーストは市販のでOKですが、
自分で作るとめっちゃおいしいので、ぜひトライしてみてくださいね。

このバジルマヨ、今月のお料理教室の「サーモンとアボカドの前菜風」に使っております。
ふんわり香るバジルがサーモンとピッタリ♪と、大好評(*^-^*)
バジルペーストは、マヨネーズと混ぜたりの他に、
ベシャメルやトマトソースにプラスしたり…と、脇役にも使えるのです。
冷蔵庫で眠らせてる方は、ぜひ起こしてあげてくださいな〜

そうそう、バジルマヨを奇麗にかけるには、
100均で売っている、自分で先をカットして使うタイプのディスペンサーがおすすめ。
きれいに絞り出せておもしろいの(^▽^)♪
でも蓋が無いのが難点なんだなぁ…

ダーリン「冷蔵庫に保存する時は、穴に短くカットした爪楊枝を差しとくといいよ〜(^-^)v」

だそうですよ(笑)



ダーリン、ナイスアイディア!と思ってくださったら ←ポチッと一押し
今日も応援して行ってくださったらうれしいです。
どうぞよろしくお願いします!(^-^)

人気blogランキングに参加しています。
by aiaicafe | 2012-04-22 17:08 | サラダ・和えもの | Trackback | Comments(0)

れんこんジェノベーゼ

a0056451_1254165.jpg



先日、ランチにオムライスを作ったんですけど、
それだけじゃなんとなく物足りなくて、ちょっとした野菜のおかずも欲しいなぁと、
冷蔵庫をのぞいてみたらレンコンの端っこが少し…

レンコンを使ったお料理って、和食のイメージが強くて、
浮かんでくるのはきんぴらとかせいぜいはさみ揚げとか…

う~ん(´~`;)

そこでもう少し冷蔵庫をごそごそしたら、
良いもの発見♪


バジルペースト~o(=´エ `= )o (ドラ◯もん風でw)


バジルペーストって、困った時の神頼み的に便利ではないか?
…そういえば、そろそろバジルの苗を植える時期。
今年も張り切って育てて、バジルペーストを作らなきゃ!
じゃあ、この冷蔵庫にあるヤツは、早く食べなきゃね。
というわけで、レンコンくんとバジルちゃんの運命の出会いであります(笑)

レンコンって、くせの無い野菜だから、
オリーブ油やバジルの風味とも意外によく合うんですよね。
和野菜と言えど、何にでも使えて便利便利♪
シャリシャリした歯触りを楽しんでいると、
レンコンの甘みが感じられておいしいのよね。

大皿盛りだと、一人で全部食べちゃいそうで(汗)
危険だから小さい器に一人分ずつ盛りつけました(笑)
大きめのレンコンを買ったら、半分はきんぴらとかの和風に。
残りはこんな風に洋風に…
なんていうのもおすすめです(*^-^*)





人気ブログランキングへおいしそう~♪と思ってくださったら
  ↑ポチッと一押しよろしくお願い致しますm(_ _)m

a0056451_1254522.jpg







「れんこんジェノベーゼ」


【材料】

3~4人分
れんこん200g
プチトマト3~6個(彩り用)
酢少々(茹で用)

レモン汁大さじ1/2
バジルペースト小さじ1/2
粉チーズ適量
オリーブ油大さじ1
粗塩、ブラックペッパー適宜

バジルペーストの作り方はこちら
レモン汁は、スダチやゆずなどの他の柑橘系でも代用できます。


【作り方】

1.【下ごしらえ】
  レンコンはピーラーなどで皮を剥き、太ければ縦半分か4つ割りにして
  3mmくらいの厚さにスライスする。


2.【茹でる】
  鍋に湯を沸かし、酢を少したらしてレンコンを茹でる。
  鍋に入れて再沸騰したらすぐに火を止め、ザルに上げて水気を切り
  そのまま粗熱を取る。


3.【和える】
  ボウルにバジルペーストとオリーブ油を混ぜ合わせ、レンコンを加えて和える。
  粉チーズとレモン汁も振り入れ、味を見て塩気が足りなかったら塩を足す。
  器に盛り、上にプチトマトをトッピングしたらできあがり。






これ、パスタのジェノベーゼをヒントにしてます。
レンコンとバジルの入ったパスタじゃなくて、
パスタの代わりにレンコンを使ったサラダと言えば、
なるほど〜!かな?(^-^)

バジルペーストは、市販のものを利用すればOKですが、
自分で作ると、味も香りも最高!
レストランで食べる絶品ジェノベーゼがお家でも気軽に味わえますぞよ〜( ^ー゚)♪
4~5月ごろが苗の植え時です。
ぐんぐん育つ楽しさと、美味しいものが食べられる楽しみもあるし、
この機会にぜひトライしてみてくださいね。



おいしそう〜♪と思ってくださったら、 ←ポチッと一押し
今日も応援して行ってくださったらうれしいです。
どうぞよろしくお願いします!(^-^)

人気blogランキングに参加しています。
by aiaicafe | 2012-04-13 12:17 | サラダ・和えもの | Trackback | Comments(6)

今年の花わさびは…

a0056451_18365712.jpg



先日「さぁて、今日の晩ご飯は何にしようかなぁ〜(´~`;) 」
な〜んて、悩みながらお買い物をしていた時、
春の食材花わさびがお買い得なのを発見!
いつまでも寒いけど、春はやっぱりここからだよね〜♪
すぐには食べられないけど、数日後に幸せがやってくる予定で(^▽^;)
とりあえずGET!

さて、今年はどういう風にして食べようかなぁ♪
ワクワクするお買い物って楽しいわ(*^-^*)

とりあえず、お湯を沸かしてから花わさびをあく抜きし、
何か恨みでもあるのか?っていうくらい(笑)
ビニール袋に入れてバンバン叩く。
そのあと我が家で常備している「便利ツユ」に浸して冷蔵庫へ…

そして翌日。

今年一番にいただいた花わさび漬けは、
アボカド&いくらに乗せ乗せ♪


人気ブログランキングへおいしそう~♪と思ってくださったら
  ↑ポチッと一押しよろしくお願い致しますm(_ _)m

a0056451_18371362.jpg

ワタクシ、熟したアボカドをわさび醤油にちょんと付けて、
ご飯に乗っけて海苔でくるんで食べるのが大好きなんですよね。
まぁ練りわさびの代わりに花わさびを使ったと言うわけで、
いくらは無くてもOKです。
とにかく、おいしかった〜(*´д`*)ハフン♪

娘「今年のは、去年のよりもつんつんするね(T^T)」

そうぉ?
…っていうか、去年の花わさびの味、覚えてるんだ!と、ちょっと驚き。
いつのまにか大人になったわね〜!w( ̄△ ̄;)wおおっ!

私も歳いくはずだな(^▽^;)うひゃ〜
そういえば、来月は私の50歳のバースデーであります。
(何回目の50歳だ?という突っ込みは無しでお願いしますw)


びみょ〜(笑)



花わさび漬けの作り方はこちらから。
毎年アレンジをアップしてますから、「花わさび」で検索してみてくださいね。
オツな旬の味を味わってみてください。
あ、泡も忘れずにご用意くださいませ〜( ^ー゚)♪



おいしそう〜♪と思ってくださったら、
今日も←ポチッと応援してくださったら嬉しいです。
どうぞよろしくお願いします(^-^)

人気blogランキングに参加しています。
by aiaicafe | 2012-03-28 20:14 | サラダ・和えもの | Trackback | Comments(5)

レンジでチン♪もやし&鶏胸肉で2品

a0056451_19555796.jpg



先日、ダーリンから「うちはあんまり『もやし』って食べないよねぇ」と言われて、
ハッとしてしまったワタクシ(^-^;)
実は、妊婦になった時に、モヤシの匂いがいやになっちゃって、
それ以来たま〜にしか食卓には登場しないんですよね。
妊婦なんて何十年前のハナシ?ってつっこまれそうだけど(笑)

ダーリン「もやしって、安いし繊維質たっぷりだし、もっと食べてもいいんじゃないの?」

そう。そのとおり!
別に食べられないわけじゃないのに、好きじゃないなぁと思うものって、
なんとなく買うのに腰が引けるんですよね。
ごめんね〜もやしさん!
ダーリンに言われてハッとしてから、最近はよく買うようになりました。
でも、少し太めの緑豆もやし限定。
細いのよりも、歯触りがよくてひげ根も少ないし、これならすんなり食べられるわ〜♪
なのです(*^-^*)v

とりあえず、チン♪したもやしと、チン♪した鶏胸肉の組み合わせで2品作りました。
火は全然使わないけど、意外にボリュームがあるから立派なおかずになります。
キッチンが亜熱帯になるの…(涙)って言う方にはおすすめです!


まずは醤油味で中華風にしたもの。
a0056451_20202189.jpg

輪切り唐辛子を少し入れてます。
ピリッと辛いのがお好きな方は増量してどうぞ( ^ー゚)♪


人気ブログランキングへおいしそう〜♪と思ってくださったら
  ↑ポチッと一押しよろしくお願い致しますm(_ _)m






「もやしと鶏胸肉の中華和え」


【材料】

3人分

鶏胸肉1/2枚
塩コショウ
日本酒大さじ1
緑豆モヤシ1/2袋
輪切り唐辛子適宜
醤油小さじ1程度
ごま油小さじ1



【作り方】

1.【鶏胸肉を蒸す】
  胸肉は分厚いところを横から切り開いて厚みを均一にする。
  耐熱容器に入れて塩コショウをしてすり込み、日本酒をふりかけてラップをする。
  2分半〜3分レンジ加熱する。(鶏肉の大きさによって加減する)
  レンジから取り出したら爪楊枝などでラップを突いて空気を入れ、
  そのまま自然に粗熱を取りながら、余熱でしっかり火を通す。
  冷めたら食べやすい大きさに裂いておく。



2.【もやしを茹でる】
  洗ったもやしを耐熱容器に入れ、軽く塩を振ってラップをし、
  2分半ほどレンジ加熱する。
  ザルに上げて水気を切り、粗熱を取っておく。



3.【和える】
  鶏肉から出た肉汁に醤油とごま油を加えて味を調え、
  輪切り唐辛子も加えて、モヤシと鶏肉を一緒に和える。





鶏肉から出た肉汁は捨てないでくださいね〜!
これがとても良い仕事をしてくれるんですよね(*^-^*)
レンジでしっかり火を通してしまうよりも、余熱を上手に利用して火を通す方が
しっとり柔らかく仕上がります。
少しタイミングが難しいかもしれませんが、何度がやってみてコツを掴んでくださいね。



さて、もう1品はゴマだれを使った和風味。
「もやしとゴマだれって、相性良いよね!」と言う、ダーリンおすすめの味です。
これをそのままグリーンサラダの上に乗っけて食べてもいけますよ〜♪
お野菜いっぱい食べられますしね( ^ー゚)♪
蒸し鶏の作り方と、モヤシの茹で方は上記のレシピ↑と同じです。

a0056451_20514325.jpg



「もやしと鶏胸肉のゴマだれ」


【材料】

3人分

鶏胸肉1/2枚
塩コショウ
日本酒大さじ1
緑豆モヤシ1/2袋
スイートコーン(缶詰)適量
トマトや葉野菜など適量

『ごまダレ』
練り胡麻大さじ1
みりん大さじ1
ポン酢大さじ2

鶏肉の蒸し方と、もやしの茹で方は上記のレシピ参照


【作り方】

1.【ゴマだれを作る】
  まずみりんを20秒ほどレンジ加熱してアルコール分を飛ばす。
  まだ温かいうちに練り胡麻を加えてよく混ぜ、混ざったらポン酢を少しずつ加えて混ぜる。
  鶏肉から出た肉汁も忘れずに加えてくださいね^^



2.【盛りつけ】
  器にモヤシと裂いた鶏胸肉を盛り、コーンを適量トッピングする。
  ゴマだれを添えてできあがり。




このゴマだれ、万能ですから他のものにも色々と試してみてくださいね。
冷たい麺をプラスしても、冷やし中華風でおいしいですよ〜(*^-^*)v



レシピがお役に立ったら、今日も人気ブログランキングへ←ポチッと愛の一押しを!
どうぞよろしくお願いします(^-^)

人気blogランキングに参加しています。
by aiaicafe | 2011-07-07 21:01 | サラダ・和えもの | Trackback | Comments(2)

切るだけ!省エネシンプルサラダ2品

a0056451_1291398.jpg



すでに毎日30度超えの大阪(汗)
一応まだ6月なんですけど〜(^▽^;)

大人になると、職場でプールの時間があるわけでもないし(あったらいいのにw)
暑い時の楽しみが子供の頃より少なくなっていくようで(泡除くw)
なんだかつまんないですよ (*-ω-)(-ω-*)ネー
そして「暑い時に料理するのってヤダわ〜_| ̄|○il||l 」と言う、
下がり切ったモチベーションをどうにかして上げねばならず(笑)
ま、いっか!と、ついつい買った出来合いのお惣菜や外食で夏太りするハメに…

こんなはずではなかった!<( ̄口 ̄||)>!!!オーノー!!!<(|| ̄口 ̄)> と後悔する前に、
今回は、火を使わずにすぐ出来る、
涼感省エネローカロリーメニューをいくつかご紹介しますね。


まずは真っ赤なトマトに、大葉とチーズが相性バッチリ!
さっぱり味だけど、コクがあるんですよ♪
トマトもそろそろ旬で、安くておいしくなってきました。
切って並べるだけ!の簡単さなので(^-^;)
ドレッシングだけは(?)少し凝っております。

もう1品は、年々メジャーになっていく、大阪は泉州名産の「水茄子」を使った一皿。
これ、生でいただくのが最高においしいんですよ〜 (*´д`*)ハフン♪
今月のお料理教室ではおしゃれなイタリアンの一皿としてメニューに登場してますが、
ほぼ90%くらいの人が生水茄子は初体験ということでビックリ!
で、殆どの方が「ジュワッとしてフルーティーでおいしい♪」と、
水茄子のおいしさ大発見なんです(*^-^*)v

この水茄子、スライスと手でちぎったものとでは少々食感が違って、
噛み締めた時のジュワッとしたおいしさを味わうためには、
スライスよりも大胆にゴツゴツにちぎったものの方がおいしいんですよね。
レッスンではスライスとちぎったのと2皿作って食べ比べをしたんですが
みんな「ちぎった方が断然おいしい〜!」と同意見。
これ、火どころか包丁も使わずにできる1品なのであります(笑)

ドレッシングはポン酢ベースの和風味なので、ご飯にもよく合いますよ〜
さっぱり酢の物感覚で食べてみてください( ^ー゚)♪  


a0056451_12252220.jpg

人気ブログランキングへ楽そうだ〜♪と思ってくださったら
  ↑ポチッと一押しよろしくお願い致しますm(_ _)m







「チーズと大葉乗せトマトサラダ」


【材料】

3人分

トマト大1個、小さめなら2個(5mmくらいにスライス)
プロセスチーズ適量(小さめのさいの目切り)
大葉5〜6枚(せん切り)
ブラックペッパー適宜

『オニオンポン酢ドレッシング』
すりおろしタマネギ大さじ1
みりん大さじ1
ポン酢大さじ2
オリーブ油大さじ1

大葉は千切りにしてから水にさらし、ザルに上げて水気を切っておく。




【作り方】

1.【ドレッシングを作る】
  耐熱容器におろしタマネギとみりんを入れ、40秒程度レンジ加熱して一度沸騰させる。
  粗熱が取れたらポン酢とオリーブ油を加えてよく混ぜる。



2.【盛りつけ】
  器にトマトを並べ、チーズと大葉をトッピングする。
  ドレッシングを回しかけ、胡椒を振ってできあがり。




トマトは器に盛ってから、冷蔵庫で冷やしておくとヒンヤリ感アップです(^-^)v
ドレッシングは、上記の量でトマトと水茄子両方に半分ずつ使いました。
たっぷり食べたい方は、倍量でどうぞ。
あ、たまねぎは必ず一度沸騰させてくださいね。
沸騰させることによって、甘みが出ておいしくなります。


a0056451_1250132.jpg

水茄子(1個)は、ヘタを切り落としたら、切り口に軽く十文字に切り込みを入れます。
そこから手で一口大にちぎり、ドレッシングをかけ、
大葉をたっぷりトッピングしてできあがり。

ダーリン「これ、うま〜♪」

ダーリンかなりお気に入りの様子。
こんなんでウマウマ言ってもらっていいのか?(笑)

a0056451_12571053.jpg

水茄子は、鶏ハムと一緒にオードブル風のプレート盛りに。
鶏ハムも、火はお湯を沸かすのに使うのみで、
あとは鶏をお湯にちゃぽんと漬けるだけだから、これもすばらしく省エネな1品ですよね〜!
(鶏ハムの作り方はこちら
何枚か作って、楽々涼しく過ごしてくださいね(*^-^*)



レシピがお役に立ったら
ポチッと愛の一押しを!→人気ブログランキングへ どうぞよろしくお願いします(^-^)

人気blogランキングに参加しています。
by aiaicafe | 2011-06-27 13:13 | サラダ・和えもの | Trackback | Comments(2)

キムラ君はじめました(ゴーヤのキムラ君和え)

a0056451_20502191.jpg



じめじめ湿気の多い日が続きますねぇ(´〜`;)
鬱陶しいと、それほど暑くなくても、なんとな〜く体力が奪われるような…
そろそろ体力増強メニューが活躍する季節かも。
というわけで、今年はまずはゴーヤで開始。
去年大活躍した具だくさんラー油とキムチと一緒に、
豚しゃぶ風の1品を作ってみました。

このキムチと具だくさんラー油の組み合わせ、ちょっとクセになるおいしさで、
只今我が家のブームだったりします。
キムチとラー油でキムラ君なわけですが(笑)
これは我が家の近所にある釜たけうどんの店主たけちゃんが名付け親(たぶん)
キムチと食べるラー油を使ったメニューの総称なのだそうです。

『釜たけうどん』は、竹輪とトロトロたまごの天ぷらが乗った讃岐うどん「ちく玉天」が有名で、
大阪ではうどんツウに人気のお店です。
いつも行列で、早く行かなきゃ3時頃には売り切れてお店締まっちゃうのよね(^▽^;)
一見…いやいや一食の価値ありですぞよ!

さて、このゴーヤ和え、去年具だくさんラー油を色々と試した時に、
ゴーヤと相性が良い事を発見。
うちの娘、ゴーヤがそれほど好きではなくて、
「身体に良いんだよ〜」と言うと、しぶしぶ数切れ食べる程度(^-^;)
分かっちゃいるけど、あの青臭さが苦手みたい。

が!な、なんと、今回はペロリと完食したんですよ〜w( ̄△ ̄;)wおおっ!
ありがとね〜キムラ君!って、友達みたいだけど(笑)
このネーミング気に入ってます(^▽^)
ご飯もすすむ君なのでぜひお試しを(笑)



a0056451_2129563.jpg

  人気ブログランキングへ元気でそう〜♪と思ってくださったら
  ↑ポチッと一押しよろしくお願い致しますm(_ _)m




「ゴーヤのキムラ君和え」


【材料】

3人分

ゴーヤ大1/2本、小なら1本(薄くスライス)
粗塩(茹で用)
豚スライス肉150g〜200g程度
キムチ適量(粗みじん切り)
具だくさんラー油適量
醤油少々

具だくさんラー油の作り方はこちら




【作り方】

1.【豚肉を茹でる】
  鍋に湯を沸かし、豚肉を茹でる。
  沸騰した湯に豚肉を加え、箸でほぐしながら全体が白くなったら火を止める。
  ザルにあげて水気を切り、そのまま冷ます。



2.【ゴーヤを茹でる】
  別鍋で湯を沸かし、水の量の1%の塩(500ccなら5g)を入れてゴーヤを茹でる。
  湯に入れて色がパッと鮮やかになってきたらすぐにザルにあげ、余熱で火を通す。
  そのまま冷まして水気を切っておく。



2.【盛りつけ】
  器にゴーヤ、豚肉を盛りつける。
  上にキムチと具だくさんラー油をトッピングしてできあがり。
  好みで醤油を少したらし、よく混ぜ合わせて召し上がれ。





豚肉は余熱でも火が通るので、全体が白くなったらOKです。
硬くなるので煮過ぎないようにご注意を
茹で汁は捨てずに、鶏ガラスープの素を足してから味を調え、
スープにすると美味ですよ〜( ^ー゚)♪
ゴーヤは意外に硬いので、できるだけ薄く切ると
絞らなくてもいいし、歯触りよく食べられます。
ラー油は、もちろん市販のものでOKです。
最近は色んな種類が出てますよね〜!
味もそれぞれ違うと思うので、味を見ながらお醤油で調節してくださいね。
がが〜っと混ぜるとこんな感じ…↓
a0056451_21313954.jpg

この夏は節電頑張ろう!と思ってる方にもおすすめです。
しっかり体力付けて、暑さに負けない身体作りを!


人気ブログランキングへ←ポチッとワンクリック
今日も応援して行ってくださったらうれしいです。
どうぞよろしくお願いします!(^-^)

人気blogランキングに参加しています。
by aiaicafe | 2011-06-20 21:47 | サラダ・和えもの | Trackback | Comments(0)