カテゴリ:サラダ・和えもの( 291 )

レンジで手間なし!鶏むね肉とオクラのお浸し oishii

a0056451_11491413.jpg




なんだか寒い日が続く大阪。
ただいま杉花粉のピークみたいですが(汗)
スギ花粉に敏感なダーリンは、去年に引き続き
今現在は時々クシャミが出るくらいで症状は軽いみたい。

毎年今頃は、涙をポロポロこぼして
「誰にいじめられたんだ!?」って言う顔で
泣きながら帰ってくるんですが(笑)
腸活が効いてるのかなぁ?

ヒノキやオリーブに敏感な私は
4月に入ってからが勝負なので(^-^;)油断は禁物。
腸活はもちろん、外に出るときには必ずマスク着用してますよ〜

娘からは「3日も熱出してるから来て〜(涙)」と出動要請があったので(^▽^;)
先日は救援物資を持って救助に行ってまいりました(笑)

いつも遊んでくれる人が相手をしてくれないからか
なんだかヒマそうにダンボールで一人遊びしてるロボたん…



なんとなく寂しそう?
↑ポチッと一押し応援よろしくお願い致しますm(_ _)m
a0056451_12091925.jpg

いつもはあんまり鳴かないのに、
みゃ〜みゃ〜と甘えた声で娘にすり寄って
彼女の布団に潜り込んでくるらしいですよ。
ロボたんなりに心配してくれてるんでしょうかね〜(´∀`*)ウフフ


さて今回のレシピは、レンジで一度に作れる一品。
鶏胸肉をチン♪して蒸し鶏にするついでに(^-^;)
他の野菜も一緒にチン♪したら
おもてなし風の小鉢もののできあがり〜!
…っていえば大体どんな風に作るのかは想像できますよね?

美味しく作るためのポイントを書いておきますから
そこを外さないようにして作ってみてくださいね(*^-^*)




「鶏胸肉とオクラのお浸し」


【材料】約3人分

鶏胸肉小さめ 1/2枚
オクラ 6〜8本(縦半分に切る)
粗塩 2つまみ程度
コショウ 少々
日本酒 大さじ1
生姜 少々(千切り)

醤油 小さじ1
いりゴマなどの薬味(お好みで) 適宜

塩は精製していない粗塩(海の塩)をお使いください。

a0056451_11491749.jpg



1.【下ごしらえ】
鶏胸は皮を取り、手の平でしっかりと抑えて
真横から水平に包丁を入れて開く。

分厚いところを開くことで厚みを均一にする。
そうすると火の通りがムラにならない。

粗塩を振ってまんべんなく手で擦り込んでおく。


2.【レンジ加熱する】
鶏肉とオクラを耐熱容器に並べ、オクラに軽く粗塩を振り、
日本酒を全体にふりかける。
ふんわり緩めにラップをかけたら電子レンジ(600w)で数分間加熱します。

鶏肉大きめなら3分、小さめなら2分半くらいかな。
取り出す目安は、ラップがパンパンに膨らみ、湯気が出てお酒の香りが漂ってくるまで。
途中で止めたりドアを開けたりしないこと!



3.【仕上げ】
レンジから取り出したらすぐにお箸などで一箇所穴を開け、
ラップをかけたまま粗熱が取れるまで放置する。

余熱でしっかり中まで火が通り、
加熱されすぎないので柔らかくジューシーに仕上がります。

触れるようになったらオクラを取り出し、
鶏肉は繊維にそって手で細く裂く。
醤油を振り、混ぜながら肉汁に絡ませて味を染み込ませる。



4【盛り付け】
まずオクラを先に盛り付け、その横に鶏肉を添える。
中央が山高くなるように、立体的に盛り付ける。
好みでいりゴマをふって完成。


a0056451_11491162.jpg

レンジ調理のコツは、目と鼻を使うことかな(^-^;)
アルコールは75度くらいで沸騰するので、
ラップが膨らんだ時点では、中はまだまだぬるいのです。
あ、沸騰してる!と慌てて取り出すと生煮えで(汗)
なんどもチン♪する羽目に…
ラップが膨らんでから湯気が充満するまで少し待って、
取り出してから冷めるまで少し置くっていうのがポイント( ^ー゚)♪

こうすると、びっくりするくらい柔らかい蒸し鶏が出来上がります。
上手にできたら、サラダに使ったり、煮物や炒め物に混ぜたり、
そのままでも美味しいけど、何と組み合わせたら合うかな〜♪
と、色々と想像を膨らませてみてくださいね。

ちなみに、今回一緒にチン♪したのはオクラでしたけど、
グリーンアスパラや白菜、きのこでも(*^-^*)
ここに季節の野菜を使うと季節感が出ますよ〜!



←孫猫ロボたんをポチッと一押しして
今日も応援して行ってくださったらうれしいです。
どうぞよろしくお願いします!(^-^)

人気blogランキングに参加しています。



by aiaicafe | 2017-03-09 13:37 | サラダ・和えもの | Trackback | Comments(0)

エビとアボカドのチョップドサラダ

a0056451_16304243.jpg

先日、うちでは珍しく、

私一人の晩ご飯だったんですよね。

いつもなら…


ai「もうすぐダーリンが帰ってくるぅ~

      ヽ(´Д`ヽ)(/´Д`)/ぁゎゎ 急がなくっちゃ~!!」


なーんて感じで晩御飯を作っておりますが(笑)

一人のときはゆっくりまったり♪

誰に気兼ねすることもなく自分の好きなものを作って、

ワインでも飲みながらのんびりいただけるから、

これはこれでアリですよね~(*^-^*)

もちろん、誰かと美味しいものをシェアするのも素敵ですけどね!


というわけで、時間がいっぱいあったので、

今回のレシピは、インスタグラムの4コマレシピ風に書いてみたんだけど…


本当は、チョップドサラダって簡単過ぎて4コマも要らないのよね(汗)

切る→混ぜる の2コマで十分なんですけど(^▽^;)ははは

まぁいっぱい写真があったほうがさらに分かりやすいじゃない!

ってことにしておいてくださいな(笑)



さて、チョップドサラダですが

NYでは大人気のようで、東京や大阪でも『チョップドサラダ屋さん』

なるものが何件かできております。

材料を全て細かく切って(チョップ)ドレッシングで混ぜ混ぜして食べるサラダです。

お店では「アレとコレをそのドレッシングで!」とチョイスすると、

専用の包丁で刻んで混ぜ混ぜしてもらえます。





おいしそう~♪と思ってくださったら
↑ポチッと一押しよろしくお願い致しますm(_ _)m

a0056451_16305911.jpg



そう、材料の組み合わせはお好み次第。

そこへドレッシングが何種類かあると、果たして組み合わせは何通り???

って、確か中学の時に順列と組み合わせでこんな問題やったっけなぁ(歳が分バレるなw


ということで、合わせる材料に決まりはございませんっ( ̄^ ̄)キッパリ

ドレッシングにも決まりはございませんっ( ̄^ ̄)キッパリ

好きなものを混ぜて食べれば良いわけで、

組み合わせるものでいろんな味が発見できる…

って言うのが楽しいのです♪



チョップドサラダの代表と言えば、やっぱりコブサラダですよね~!

これは私もダーリンも大好物(*^-^*)

aicafeには、鶏ハムのコブサラダ

ご飯に合うおかずサラダとして考えた昆布コブサラダ

ボリュームたっぷりのお父さんよろコブサラダなんてのもありますから

ぜひ一度覗いてみてくださいね( ^ー゚)♪





「エビとアボカドのチョップドサラダ・シーザー風ドレッシング」


a0056451_16310350.jpg




【材料】23人分


むきエビ 10匹程度

グリーンリーフまたはレタスなどの好みの葉野菜3~4枚

きゅうり 1/2本

アボカド 1/2個

セロリ 1/2本

りんご 1/4個

マイクロトマトまたはプチトマト 適量


『シーザー風ドレッシング』

プレーンヨーグルト 大さじ1・1/2

マヨネーズ 大さじ2

粗塩、黒コショウ 各少々

乾燥粉末ガーリック 少々

削ったパルミジャーノチーズまたは好みの粉チーズ 大さじ1


サラダの材料は好みのものをお使いください。



【作り方】


1.【ドレッシングを作る】

まず最初に、材料を全て混ぜ合わせてドレッシングを作る。

(少し置いたほうが材料が馴染んで美味しくなります。)


2.【切る】

全て同じくらいの大きさ(大体1cmくらい)にカットする。

・ぷりぷりエビの茹で方 沸騰した湯にエビを入れ、

蓋をしてすぐに火を止める。そのまま2分まってからザルに上げる。


3.【盛り付ける】

ボウルなどの混ぜやすい器を用意。

まず葉野菜を入れ、他の食材も盛り付ける。


4.【混ぜる】

ドレッシングを回しかけ、よく混ぜて絡ませてからいただきます。




これ、混ぜてしまうと見た目はイマイチですが

パクッと食べた時に、

色んな味がコラボして美味しいんですよね~♪


エビなんかの魚介類が入る時は、

セロリやハーブなどの香りが立つものを入れると

互いに臭みを打ち消しあって良いのよね~とか、

りんごのサクサクと甘酸っぱい香りがアクセントになって美味しいかも~♪とか。

今回はそんなことを考えつつ材料を選んで、


ai「あら、美味しいぢゃな~い(*´д`*)ハフン♪」


やっぱりこれには白が合うわよねー!(ワインよw

なんて独り言を言いながパクパク食べてたら…


ダーリン「ただいま~… あっ!自分だけいいもの食べてるー! (≧ε≦)ノずるい~」


って、刻んであるっていうだけで、

いつも食べてるサラダと一緒だわよ( ̄o ̄;)ボソッ

しかも外で食べてきたと言うのにその言い草は何なんだ?


目先が変わると美味しそうに見えるのか、

ずるいずるいと人をののしりながら

気がつけば横からパクパクと…


ダーリン「おぉ~りんごが入ってる♪ エビがプリプリで美味しいね~ (*´д`*)ハフン♪]


と、まるで初めて食べたみたいなことを言いながら

私のサラダを平らげるダーリン(涙)


食べ物の恨みって恐ろしいんだぜ~~Ψ(ΦwΦ)Ψゥケケケケケ





←ポチッと一押し
今日も応援して行ってくださったらうれしいです。
どうぞよろしくお願いします!(^-^)

人気blogランキングに参加しています。





by aiaicafe | 2017-02-15 17:15 | サラダ・和えもの | Trackback | Comments(0)

鮮やか冬サラダ・柑橘ドレッシング

a0056451_17423266.jpg



今日は前回からの続き、
先日の晩ご飯に鍋仕立てのスープと一緒に食べた、サラダのレシピです(*^-^*)

私最近、色の付いた大根に凝ってるんですよね。
皮が赤くて中は白いのや、外も中も全体に真っ赤なの、
皮は緑で中が赤いの…結構種類が多くてビックリなんですよ〜w( ̄△ ̄;)wおおっ!
a0056451_17521929.jpg

今回使ったのは、中が濃いピンク色をした紅芯大根(こうしんだいこん)。
原産は中国だそうですが、京都産のものをGET。
コレ、実は固めだけど、薄切りにして緑の葉野菜と混ぜたら美しさは抜群!
一気に華やかサラダのできあがり~!
なのです( ^ー゚)♪

大根には、蛋白、でんぷん、脂質を分解する酵素が含まれますが、
赤い部分にはさらに白い大根にはない栄養があるみたい。
最近代謝が落ちてきたなぁと感じている私としては(汗)
そりや~毎日でも食べないと!…ってことで、
色んな野菜と組み合わせたりして楽しんでます(*^-^*)

紅芯大根、まだサラダなどでしか食べてないので、
おろしたらどんな感じか?
火を通したらどうなるか?
これから少しずつトライしてみようと思ってます。
ちょっと楽しみ~♪


さて、ドレッシングの方は、
柑橘の絞り汁をヴィネガー代わりにして、お醤油を加えた和風味。
さらにオメガ3たっぷりのチアシードを加えて、油の栄養バランスをよくしました。

柑橘はかぼすを使ったんですが、さっぱりして美味しかったな~♪
揚げたレンコンやかぼちゃのコクとマッチして、
するするいけちゃうサラダでした(*^-^*)v

レモンやすだち、ゆずなどなど、
お好みの柑橘で作ってみてはいかが?
野菜がモリモリ食べられますよ~



おいしそう~♪と思ってくださったら
↑ポチッと一押しよろしくお願い致しますm(_ _)m

a0056451_17423765.jpg




「鮮やか冬サラダ・柑橘ドレッシング」


【材料】

3人分

ベビーリーフやグリーンリーフなどの好みの葉野菜 適量
紅芯大根またはラディッシュなど 適量
きゅうり 1/2本

かぼちゃ 少々(薄切り)
れんこん 少々(薄切り)
オリーブ油 大さじ2
粗塩 ひとつまみ

『柑橘ドレッシング』
かぼすやすだちなどの柑橘絞り汁 大さじ1
みりん 大さじ1
醤油 小さじ1
クレイジーソルトまたは粗塩 少々
チアシード(ふやかしたもの)大さじ1~2(お好みで、もしあれば入れる)
オリーブ油またはエゴマ油などの植物油 大さじ2

ドレッシングにチアシードを入れる場合は前もって用意しておく。
(100ccの水に大さじ1のチアシードを振り入れて混ぜ、ふやけるまで15分~30分くらい置く。)



【作り方】

1.【下ごしらえ】
野菜類は食べやすい大きさに揃え、洗ってザルにあげて水気を切り、
食べる直前まで冷蔵庫に入れてパリッとさせる。
ドレッシングは、みりんを30秒ほどレンジ加熱してアルコールを飛ばし、
その他の材料を全て混ぜ合わせてよく混ぜる。



2.【揚げる】
小さめのフライパンにオリーブ油を熱し、
中火程度でかぼちゃとれんこんを炒め揚げにする。
火が通って色づいてきたらペーパーに上げて油を切る。



3.【盛り付け】
器に葉野菜を盛り付け、上に揚げたかぼちゃとレンコンをトッピングする。
ドレッシングを回しかけ、ざっくり混ぜ合わせて召し上げれ!





チアシードは、無ければ入れなくても全然OK!
買ったはいいけど、どうやって使うのかわからない…
っていう方は、こういう時が使いどきですよ~

ドレッシングに入れて野菜と一緒に食べてしまうと、
ヌルッとした食感も気にならずに
めっちゃ食べやすくなります。
特にお魚をあまり食べない方には、
手軽にオメガ3を摂れる食品なのでオススメです('∇^d)

揚げるものも、野菜に限らず
エリンギやしめじなんかのキノコでも美味しそうですよね~♪
サラダって、トッピングに凝れば脇役からメインに変身したりもするし、
ドレッシングとの組み合わせは、それこそ無限大!
いや~本当に面白いです(*^-^*)

さて、明日はどんなサラダを作ろうかなぁ
美味しいのができたらまたアップしますね!



←孫猫ロボたんをポチッと一押し
今日も応援して行ってくださったらうれしいです。
どうぞよろしくお願いします!(^-^)

人気blogランキングに参加しています。

by aiaicafe | 2016-12-13 18:08 | サラダ・和えもの | Trackback | Comments(2)

豆もやしと桜海老のサラダ

a0056451_15571658.jpg



今年も残すところ、あと1ヶ月とちょっと。
12月は少しのんびりしようかな〜と思ってたけど…
きっとそうはいかないだろうなぁ(汗)

忘年会は?とか、お正月は?とか、そろそろ頭をよぎり始めておりますが(´~`;)
この秋は野菜が高くて本当に大変でしたよね〜!
我が家近辺では、最近になってやっと少しマシになって来たかな?という感じ。

ダーリン「こういう時は、とりあえずモヤシだよ。モヤシ買っとけば間違いないっ!( ̄^ ̄)キッパリ」

やっぱり?(笑)
スーパー大好きなダーリンは、大きなスーパーを通りかかると寄らずにはいられないみたいで(笑)
我が家のごはんネタを買ってきてくれるんですよね
(自分のおやつを買うついでに( ̄o ̄;)ボソッ)
その中に、最近は必ずと言っていいほどもやしが入っております(笑)

ai「何買ってきても良いよ。料理は任せとけ〜!(* ̄‥ ̄*)=3」

と、私が豪語した手前もあるので(汗)
最近はもやしブームが来ております(^▽^;)
今日はその中の1品。


おいしそう~♪と思ってくださったら
↑ポチッと一押しよろしくお願い致しますm(_ _)m

a0056451_15572094.jpg


これ、タレが美味しいんですよ〜♪
そのタレと香ばしいエビが相性ピッタリで、
お酒のお供にも良いけど、ごはんのおかずにもよく合うの(*^-^*)v
もやしを茹でている時間内にぜ〜んぶ出来上がっちゃうので、
サイドメニューにぜひ作ってみてください。



「豆もやしと桜海老のサラダ・ガーリックソース」


【材料】

2〜3人分

大豆もやし 1袋
粗塩 水量の1%(500ccの水なら5g(小さじ1))
桜海老またはアミエビなどの干しエビ 適量
オリーブ油または他の植物油 大さじ2
パクチーまたはネギなどお好みで 適宜

『ガーリックソース』
醤油 大さじ2
水 大さじ1
上白糖 大さじ1
酢 小さじ1/2
おろしにんにく 小さじ1/2
ごま油 小さじ1
輪切り唐辛子(お好みで) 適宜



【作り方】

1.【茹でる】
鍋に湯を沸かし、水量の1%の量の粗塩を加えてもやしを茹でる。
5~6分茹でたらザルにあげて水気を切る。



2.【タレを作る】
もやしを茹でている間に、まず材料を全て混ぜ合わせてタレを作っておく。


3.【トッピングを作る】
小さめのフライパンに油を熱し、エビを加えて弱めの中火でゆっくり揚げ炒めにする。
うっすら茶色く色づいてきたらキッチンペーパーに取り冷ます。



4.【盛り付け】
器にもやしを盛り付けてエビを散らす。
好みでパクチーまたはネギをトッピングし、ガーリックソースを添えて完成。




タレに入れる酢は、酸味を付けるというよりも、
味を引き締めるために隠し味として加えます。
なのでタレ自体は酸っぱいわけはなくて、
ほどよいパンチのある味なんですよ〜(*^-^*)v

今回使った大豆もやしは、粒の小さい小大豆もやしというものでした。
茹で時間は豆の大きさで変わりますから、
記載されている茹で時間をしっかり確認してくださいね。
もちろん、緑豆とかの他のモヤシを使ってもOK!
お好みで選んでみてください。

パクチーは苦手な方も多いと思うので、刻みネギとかでも良いですよ〜
食べる時は全体にソースを回しかけ、よく混ぜ合わせてどうぞ(^-^)

さぁて、もやしは救世の一品になるか?
また新たに作ったらアップしますね(*^-^*)




←孫猫ロボたんをポチッと一押し
今日も応援して行ってくださったらうれしいです。
どうぞよろしくお願いします!(^-^)

人気blogランキングに参加しています。

by aiaicafe | 2016-11-28 17:35 | サラダ・和えもの | Trackback | Comments(0)

叩きキュウリの香り和え oishii

a0056451_18465049.jpg



お盆休み真っ最中の方が多いと思いますが、
みなさん、お休みは何してるのかなぁ(*^-^*)

我が家あと数日はダーリンの仕事の関係上、お休みはお預け(涙)
外は暑いので昼間はウロウロする気にはなれず、
…っていうか、うかつにウロウロしたら熱中症になるかも(汗)
なので、昼間はジッとお家の中。
食材の買い物なんかも、
日が暮れる頃になってからやっとスタートしてます(^-^;)


1年くらい前から、毎日の食事をちょっぴり見直して、
糖質を減らして腸活(腸内菌のバランスを整える)を目指す食事を心がけてるんですが
そのおかげか、暑くてもそれほど体が疲れる事も無くて、
仕事をしても集中できるし、ホント調子良いんですよ〜♪(*^-^*)v

糖質を減らす…と言っても、ダイエットしているわけでは無いので
糖分を全く取らないわけでは無くて、料理の味付け時にはお砂糖や蜂蜜を使うし、
ご飯(発芽玄米入りの白米)を一番最後に食べると言うだけで、
アイスクリームやゼリーなんかのデザートも食べてます。

いただきま〜す♪と言ってから、まず最初に野菜や魚、お肉類のおかずを食べるんですが、
もしおかずでお腹がいっぱいになったら、無理にご飯を食べたりはしません。
食べたとしても、子供用サイズのお茶碗に1杯くらい(120g)なんですよね。
パパッと簡単に作れるおかずをあれこれ作ったら、
ダーリンと二人で食べきれない事も多くて(汗)
どちらかというと、お腹がいっぱいでご飯まで手が届かない…っていう時の方が多いかも(汗)

今現在は、私もダーリンもお腹の調子が抜群に良くなって、
体重的には49キロくらいだったのが、
1〜2キロ減って今は47〜48キロくらいかな。
昔に比べてビミョーにぽよんとしてきたお腹周りのお肉が無くなって、
おかげさまでくびれが戻りました〜♪(*^-^*)v

今回は「一品増やしたい!」と、思い立ってからパパッと作れる一品。
ミョウガや生姜が無くても、最低塩昆布があれば作れますよ( ^ー゚)♪
サラダ感覚で食べられますから、
毎日のご飯の1品に加えてみてくださいね。



おいしそう~♪と思ってくださったら
↑ポチッと一押しよろしくお願い致しますm(_ _)m

a0056451_18465358.jpg




「叩きキュウリの香り和え」


【材料】

3人分
きゅうり 2本
粗塩(海の塩又は岩塩) 水量の3%の量

生姜 適量(千切り)
ミョウガ 1個(千切り)
塩昆布 大さじ2(みじん切り)




【作り方】

1.【下ごしらえ】
きゅうりは綿棒かすりこぎなどで軽く叩いて割り、一口大に切っておく。
ボウルに水と水量の3%の粗塩を溶かし(300ccの水なら小さじ2(9g)程度の粗塩)
きゅうりを10分程度浸して立て塩にする。
ザルにあげて水気を切っておく。


2.【和える】
水気が切れたら塩昆布を加えてザッと和え、器に盛りつける。
生姜とミョウガをトッピングしたらできあがり。
よく混ぜ合わせて召し上がれ!





生姜は皮と身では違う栄養があるので、わざわざ皮を剥く必要はありません。
(気になったらむいてくださいね)
でも一度に大量に食べると、刺激が強くて食道が炎症を起こしてしまうらしいので
程よい量でどうぞ。
そして、できるだけ細い千切りを目指して切ってくださいね。
細いとピリピリ感が全然違います( ^ー゚)♪

塩昆布を混ぜたらすぐに食べずに、数分置くと昆布のお醤油が溶けて滲み出し、
香りが良くなって美味しいの♪
立て塩の粗塩以外には調味料を使わないので、
ご飯が無くてもこのままでパクパク食べられちゃいます。
物足りない時はお醤油をかけて調節してみてくださいね。

これ、生姜でお腹の調子は良くなるし、
香りの強いものは副腎ホルモンを作るための刺激になるので
やる気と気力を出す=夏バテしない という事になるんですよね。
簡単なのでぜひトライしてみてくださいね!



今日も ←孫ねこロボたんをポチッと一押し♪
ランキング投票どうぞよろしくお願いします(^-^)

人気blogランキングに参加しています。

by aiaicafe | 2016-08-13 20:10 | サラダ・和えもの | Trackback | Comments(0)

たっぷり野菜とシーフードのマリネサラダ

a0056451_1905580.jpg



今日も猛烈に暑い大阪。
みなさん、夏バテしてませんか~?

暑いとお料理するのもおっくうですよねぇ(´~`;)
結果、ついつい簡単に冷たい麺類だけ…っていうメニューに走りがちですが
炭水化物だけの食事は夏バテの元!
なんだかダルくて…という方ほど、
きちんとおかずを食べたほうが良いですよ~!

今回のレシピは、たっぷりの野菜とシーフードを使った一品。
緑の野菜の他に、大豆も入ってますよ~♪
茹でて和えるだけ〜で、それほど難しいテクニックも必要ありません。
が!栄養バランスはバッチリ。
そしてなによりも美味しいのです。
レストランのちょっとした一品にも負けませんよ~( ^ー゚)♪
ヒンヤリ冷やしてどうぞ!



おいしそう~♪と思ってくださったら
↑ポチッと一押しよろしくお願い致しますm(_ _)m

a0056451_191399.jpg




「たっぷり野菜とシーフードのマリネサラダ」


【材料】

3~4人分

エビ 6~10匹
殻付きあさり 1パック(250g程度)
白ワインまたは日本酒 50cc(アサリ蒸し用)

グリーンアスパラ 1束(5cmに切る)
さやインゲン豆 10本程度(5cmに切る)
粗塩 水量の1%(茹で用)
サラダ用MIXビーンズ 1パック

『マリネ液』
アサリのだし汁 全部
粗塩、黒胡椒
レモン汁 レモン1/4個分
レモンの皮 レモン1/4個分(すりおろす)
にんにくみじん切り 小さじ1
ディル(あれば) 2房程度(葉をちぎる)
オリーブ油 大さじ2




【作り方】

1.【アサリのダシを引く】
鍋を熱し、熱くなったらアサリを入れて白ワインをまわしかける。
すぐに蓋をして弱火で貝の口が開くまで(3分程度)蒸し煮する。
貝が開いたら火を止め、ザルなどでこしてだし汁は冷ましておく。
粗熱が取れたら貝から身を外しておく。



2.【茹でる】
・野菜を茹でる
湯を沸かし、水量の1%の粗塩を溶かして野菜を茹でる。
まずさやインゲン豆を3分ほど茹で、同じ鍋にアスパラを一緒に入れて、
色が鮮やかになったらザルにあげる。
・エビを茹でる
小鍋に湯を沸かし、沸騰したらエビを入れて蓋をしてすぐに火を止める。
そのまま2分待ち、時間がきたらすぐにザルにあげてそのまま冷ます。



3.【混ぜる】
ボウルにアサリのだし汁を入れ、マリネ液の調味料で味を整える。
茹でた野菜とエビ、アサリを加えてよく和える。
そのまま冷蔵庫で冷やせば完成。





これ、ポイントはアサリを蒸して作るアサリのだし汁なんです。
これが非常にいい仕事をしてくれて、美味しいんですよね〜(*´д`*)ハフン♪
なのでここだけはきちんと殻付きのアサリを使って作ってくださいね。
あとの野菜やシーフードは、お好みのをものを使っていただいてOKです!


a0056451_191865.jpg

一緒に食べたのは、白身魚のムニエル。
軽く塩胡椒をしたら、小麦粉をまぶして余分を叩き、
多めのオリーブ油を使ってフライパンで焼くだけだから、
お料理初心者の方でもきっと一度くらいは作ってみたことあると思うんだけど、
我が家バージョンは、小麦粉を米粉で。
それにハニーマスタードを添えました。

ハニーマスタードは、マヨ大さじ1、ヨーグルト大さじ1、粗塩ひとつまみ、
そこに蜂蜜とマスタード(ディジョンタイプ)を小さじ1ずつ入れたもの。
これ、市販のものよりも甘みがあっさりで美味しいんですよ〜♪
簡単にできるのでぜひお試しを(*^-^*)v



今日も ←ポチッと一押し、
応援して行ってくださったらうれしいです。
どうぞよろしくお願いします!(^-^)

人気blogランキングに参加しています。

by aiaicafe | 2016-08-11 19:44 | サラダ・和えもの | Trackback | Comments(0)

簡単1品!大豆もやしとキムチ和え

a0056451_14414411.jpg



7月に入った途端、人も温度もうなぎ上りです(^▽^;)
ただいま我が家の温度計では、外気温がすでに32度を超えました。
昨日までは窓を開けると涼しかったのになぁ
今日はとうとうエアコンを入れちゃいましたよ〜(-_-;)

人のほうは、昨日から一斉にセールが始まったので
我が家近辺はいつもの倍以上の人出です(汗)
加えて、あちこちにできているゲストハウスを目指す外国人ラッシュで、
右を向いても左を向いてもスーツケースを引っ張る人でいっぱい(´~`;)

スーツケースがあると、フットワークがイマイチだと思うのは私だけか?
普通はホテルの部屋に置いてからか、
もしくは一時預かり(コインロッカーとか)に預けてウロウロすると思うんだけど、
どこへ行く時もスーツケースを肌身離さずお供にする方が多いようで、不思議だ〜(-_-;)

買ったものをすぐに詰め込みたいから??なんだかよくわからないけど、
壊れたスーツケースを道端に捨てていったりはしないでほしいなぁ(涙)

日頃の不満がちょっぴり出ましたが(^-^;)
暑くなってくると、なんだかイラッとしたり、
やる気が出なくなったり、モチベーションが下がってきますよね〜
そういう気分を吹き飛ばすべく!大切なのはやっぱり日頃食べるもの。
食べ物は、少なからず気分をも左右します。
医食同源って言いますもんね( ^ー゚)♪
暑いからと言って、簡単に麺類だけで済ましたり、
外食続き…っていうのは避けたいものですよね〜

今回は、そんなに頑張らなくても簡単にできて、超ヘルシーな1品のレシピです。
なんてったって、今を代表するヘルシー食材トップ10のうち2つも入ってる(笑)
大豆もやしとキムチをまぜまぜするだけ!
これ、キムチだけ、もやしだけ、を食べるよりもパクパクいけたので
良いおかずになると思います。
ぜひこれで夏場の体力維持にお役立てくださいね(*^-^*)



簡単そう~♪と思ってくださったら
↑ポチッと一押しよろしくお願い致しますm(_ _)m

a0056451_14414811.jpg




「大豆もやしとキムチ和え」


【材料】

3〜4人分

大豆もやし1袋
粗塩(茹で用)

白菜キムチ 適量(刻む)
醤油 小さじ1〜大さじ1/2
ごま油 大さじ1/2




【作り方】

1.【茹でる】
鍋に水と水量の1%の粗塩を入れて火にかけ、
沸騰したら大豆もやしを入れて茹でる。
4分〜8分くらい茹でて、豆の部分が柔らかくなったら
ザルにあげて水気を切っておく。
そのまま少し置いて粗熱を取る。



2.【和える】
ボウルにもやしとキムチを入れ、
味を見ながら醤油とごま油を回しかけて混ぜる。
器に盛り付け、いりごまを振ってできあがり。





もやしを茹でる時に入れる塩は、下味を付けるための塩です。
なので水はきちんと計ってくださいね。
500ccの水なら、5g(小さじ1)の粗塩を入れます。
ちょっとしたことなんだけど、
めんどクセ〜と(笑)ここを手抜きすると、
美味しくできないんですよね〜(^-^;)

使うキムチで塩気が変わってくるので、
味はお醤油で調節してくださいね。
使うオイルは、ごま油とエゴマ油や亜麻仁油なんかをブレンドして使ってもOK!
さらにヘルシー度がアップしますよ(^-^)v

このおかず、メインにするにはちょっと…ですが、
サイドメニューにはぴったりですよね!
あと、肉や魚を使った1品があれば完璧かな?
この日一緒にいただいたものはまた次回に(*^-^*)



←孫ねこロボたんをポチッと一押し
今日も応援して行ってくださったらうれしいです。
どうぞよろしくお願いします!(^-^)

人気blogランキングに参加しています。

by aiaicafe | 2016-07-02 16:17 | サラダ・和えもの | Trackback | Comments(6)

キャロット・ラペ oishii

a0056451_171240.jpg



先日、友人夫婦と一緒に食事に出かけたんですが(その話はまた後日に)
その時に食べたキャロットラペが美味しかったんですよね〜♪
ちょっと我が家の味と似た感じだったのが嬉しくて、
「今度レシピを教えるね!」と約束しちゃったので
みなさんにも大公開しますね( ^ー゚)♪

これ、お料理教室でも最近作ったんですが、
ラペとはおろすという意味で、
フランスのお惣菜ではポピュラーな一品。
生徒のみなさんには、簡単で美味しい!と大好評だったんです(*^-^*)
「日頃こんなにたくさん人参を食べることって無いわ!」と、ハマった方多数。
そして嬉しいことに、これって作った当日よりも、置けば置くほど(?)
味が染み込んで美味しくなる作り置きおかずなのです(^-^)v

私的には、これに入っているレーズンが特にお気に入りで、
画像は作りたてなのでまだ少々シワっぽいですが(^▽^;)
2日目以降は水分を吸ってぷっくり膨らむんですよね。
生でも無い、干したものでも無い、程よいジューシー感があって、
それが本当に美味しいの(*´д`*)ハフン♪
なので、できればレーズンは必ず入れてくださいね。

もちろん、主役の人参も、置くとやっぱり美味しくなります。
人参は、水溶性の植物繊維が豊富で、
調味料には蜂蜜も少量入るし、腸活には抜群の1品!
ぜひトライして、モリモリ食べてくださいね。


おいしそう~♪と思ってくださったら
↑ポチッと一押しよろしくお願い致しますm(_ _)m

a0056451_1704437.jpg




「キャロット・ラペ」


【材料】

3~4人分
人参 大1本
粗塩、コショウ、クミンシード
オレンジ 1個(またはレモン皮1/2個をすりおろして加えてもOK)
レーズン 適量
くるみまたは松の実、ピーカンナッツなどのナッツ 適量

『マリネ液』
白ワインヴィネガー 大さじ1
はちみつ 小さじ1(または煮切りみりん大さじ1でも代用可)
オリーブ油 大さじ2
粒マスタード 小さじ1/2

生くるみは、レンジ加熱してから冷ますか、
 フライパンで軽く炒るとサックリします。



【作り方】

1.【下ごしらえ】
マリネ液の材料を全て合わせて混ぜておく。
人参は、おろし機を使って皮ごとせん切りにおろす。
オレンジは皮を剥いて実を一口大にカットする。
くるみを使う場合は荒く刻む。


2.【和える】
まず、人参をボウルに入れ、調味料を加えてよく混ぜる。
(この時、粗塩は気持ち多めに。これが味付けの塩気になります)
オレンジ(またはレモン皮)レーズン、ナッツも加えたら、マリネ液を回しかけて和える。
冷蔵庫にしばらく置いて、味が染み込んだらできあがり。




オレンジを入れると、ジュワッとジューシーで、
パンと一緒の朝ご飯なんかにはピッタリ!
チキンやハムと共にサンドイッチにしたり、
ハンバーグなんかの付け合わせにすると
さっぱりして美味しいのよね〜♪
鮮やかなオレンジ色が気分も上げてくれますよ〜(^-^)v

一方ご飯にはレモン皮を使う方がおすすめかな。
加熱しないので、オイルは亜麻仁油やエゴマ油を使っても大丈夫ですし、
一緒に混ぜるものはお好みで決めていただいてOKです。
そうそう、クミンはパウダーじゃなくて、粒状のもの(挽く前)です。
省いても大丈夫ですが、入れるとレストランの味に仕上がりますよ〜( ^ー゚)♪

美味しく食べて、ヘルシーさアップ!
日々のおかずにぜひプラスして作ってみてくださいね(^-^)



←孫ねこロボたんをポチッと一押し
今日も応援して行ってくださったらうれしいです。
どうぞよろしくお願いします!(^-^)

人気blogランキングに参加しています。

by aiaicafe | 2016-06-18 18:10 | サラダ・和えもの | Trackback | Comments(0)

空豆とシーフードのマリネ・バジル風味&お知らせ

a0056451_18322973.jpg



梅雨に近づいている気配もして、少しずつ夏本番に向かってるなぁ
という感じがしますね。
毎日のご飯も、夏らしいおかずが並び始めている我が家。
先日は、空豆を使ってちょっとゴージャスな一品を作りました(*^-^*)v
これ、美味しかったんですよ〜♪

シーフードはエビ、イカ、タコを使ったけど、
ホタテやアサリを入れても良いし、
1種類だけでも十分美味しくできると思います。
バジルの爽やかな香りが効いて、
思わずワインが進む味なのよねぇ♪

ご飯がすすんじゃうおかずじゃないけど、
一番最初にこういうのをちょっとつまんで、
その後にご飯(米)をいただくと、血糖値があまり上がらないのです(^-^)v
私もダーリンもお年ごろなので、アルコール代わりにお茶をすすりながら(^-^;)
呑んだ気分になっております。
安上がりだね(笑)



おいしそう~♪と思ってくださったら
↑ポチッと一押しよろしくお願い致しますm(_ _)m

a0056451_18323337.jpg




「空豆とシーフードのマリネ・バジル風味」


【材料】

空豆(鞘付き) 10本程度
粗塩(茹で用)

エビ 5〜8匹
茹でダコ 足1本
ロールイカ(冷凍) 1/2ロール

プチトマト(彩り用) 2~3個

ニンニクみじん切り 1かけ分
レモン汁 1/4個分
アンチョビソース(フィレなら1枚) 小さじ1/2
粗塩、黒胡椒 各少々
バジルペースト 小さじ1
オリーブ油 大さじ2


バジルペーストは市販のものでもOK。作り方はこちらを参考にどうぞ。



【作り方】

1.【下ごしらえ】
空豆は鞘から出して薄皮に軽く切り目を入れておく(お歯黒と反対の方に)
イカは薄くそぎ切りにしてから切り目を入れておく。
エビは殻をむき、塩を振って揉んでから流水でサッと洗い流す(臭みを取る)
タコは一口大に切っておく。



2.【茹でる】
鍋に湯を沸かし、水量の1%の粗塩を入れ、空豆を茹でる。
切り目がぱっくりと開いたらザルに上げ、粗熱が取れたら薄皮をむいておく。
エビとイカは沸騰した湯に同時に入れ、すぐに火を止めて蓋をして2分待ち、
ザルに上げて水気を切る。



3.【和える】
ボウルに調味料を全て混ぜ合わせ、空豆とシーフードを入れてよく和える。
器に盛り付け、彩りにトマトを添えて完成。





時間に余裕があったら、
和えてから冷蔵庫で冷やすと味がよく染み込んで美味しくなりますよ〜(*^-^*)
これからの季節には、涼しげなガラスの器なんかに入れるとピッタリかも♪
おもてなしには演出を凝ってみてくださいね。


そうそう、今回はちょこっとお知らせがあります。
エキサイトブログ内にある暮らしノートというサイトに、
私のレシピを幾つかアップしていただいているようです。
暮らしに役立つ事の色々を総まとめしてあるみたいなので、
お時間のあるときにでもまたチェックしてみてくださいね(^-^)/

それと、来月6月と8月は、お料理教室のレッスンを全てお休みさせていただきます。
…と言うと、「お体の具合でも悪いんですか?」とみなさんお気遣いしてくださるんですが(^-^;)
体調はすこぶる元気です。
みなさんどうもありがとう!!

実は、これからは仕事内容が変化していく予定なので、
それに向かっての準備…っていうところかな。
秋ごろまでは隔月のレッスンになると思いますが、できる限りは続けるつもりです。
その後は、我が家でのお料理教室は終息に向かう予定になっていますので
わがままを言いますがどうぞお許しくださいね。

さて、5月のレッスンは終了して、ただいま一息ついたところです。
ここのところ忙しくてずっと書けなかったから(^-^;)
もう少しまめに更新できるといいなぁ



今日も ←ポチッと一押し、
応援クリックして行ってくださったらうれしいです。
どうぞよろしくお願いします!(^-^)

人気blogランキングに参加しています。

by aiaicafe | 2016-05-30 19:26 | サラダ・和えもの | Trackback | Comments(0)

柚子大根ピクルス

a0056451_15173833.jpg


明日は大晦日。
お煮しめや焼き物なんかのおせち料理は、
明日一気に仕上げて重箱に詰めるから、
ただいま黒豆を煮たり、酢の物なんかをぼちぼちと製作中です。

あ、そうそう。
私からのクリスマスプレゼントを開けた画像が
娘から送られてきたんだけど、
思わずクスっとしちゃったのでアップしときますね。

a0056451_15175067.jpg

箱の中にロボたんが!気付いてくださったら
↑ポチッと一押しよろしくお願い致しますm(_ _)m


娘、ホットプレートが欲しいと言ってたので、
たこ焼きプレートや鍋プレートに取り替えて使えるのをプレゼントしたんですよね。
箱から出して記念撮影をしようと思ったら、
ロボたんがスタスタとやってきて、タイミングよく箱にすっぽり♪

娘「私が箱に入れたわけじゃ無いのよ。自分で入ったんだから^^;」

ロボたん、猫タワーよりもこの箱がお気に入りのようす。
クリスマスプレゼントはコレでいいのか??
安上がりだね〜(笑)

で、娘からはケーラーの花瓶を貰いました。
どんな花が似合うかなぁ〜
考えるとワクワクします(*^-^*)

a0056451_15174743.jpg




さて!今回は、パッと出してきていつでも食べられる♪
柚子大根レシピです(*^-^*)
酢のものだから、なんと言っても保存が効いて、
ポリポリした食感とさっぱりした味は
食べだしたら止まらない1品です。
普段はもちろん、おせち料理の1品や
おもてなしにもおすすめ( ^ー゚)♪

a0056451_16211719.jpg漬けてある甘酢液は、
今回は柚子たっぷりだけど、
マスタードや唐辛子なんかの
ピクリングスパイスを入れると
洋風のピクルスになります。
風味が変わると全然別の味になるんですよ〜!

←ジップ袋に漬け込んだもの。



a0056451_16211362.jpgカブも漬けてみました。
大根よりも優しい食感で、
千枚漬けみたいな感じ。
スライサーで切ったら
アッと言う間にできそうですよね(^-^)v
旬の食材を使って、
いろんな味を楽しんでみてくださいね。



「柚子大根ピクルス」


【材料】

大根 300g~400g程度
粗塩 大根の重さの1%
柚子皮少々、またはフリーズドライ柚子皮(市販品) 小さじ1
輪切り唐辛子 ひとつまみ
だし昆布(細切り) ひとつまみ

『甘酢液』
米酢 50cc
水 50cc
粗塩 小さじ1/3
上白糖 大さじ3・1/2

精製塩ではなくて、必ず粗塩をお使いください。



【作り方】

1.【下ごしらえ】
大根は縦に1cm厚さにスライスし、繊維に沿って1cm太さの拍子に切る。
ザルとボウルを重ねて用意し、はかりに乗せて大根の重さを測る。
重量の1%の量の粗塩を全体に振り、しっかりまぶす。
水気がしたたり落ちるように、そのまま1時間~2時間程度置き、
かさが減ってしんなりしたらOK。



2.【甘酢液を作る】
調味料を全て合わせて、砂糖が溶けるまでよく混ぜておく。
昆布はハサミで極細に切り、おろした柚子皮や輪切り唐辛子と一緒に加える。



3.【漬ける】
ジップ付き袋に大根を入れ、甘酢液を注ぐ。
なるべく空気が入らないように口を閉じ、数時間~2、3日置いたら完成。



これ、酢を使うのでかなり日持ちがします。
甘酢液からピクルスの頭が出ないように気をつけることがお約束。
(空気に触れないように!)
柚子は、やっぱり生を使うと香りが違うので、
あれば皮をおろし金でおろして加えてみてください。
なければフリーズドライのものでもOKです。


さて、このへんで私の休憩は終わり!
あともうひと頑張りしますか(*^-^*)
おせち作ってるみなさんは
どうぞ頑張ってね〜!

aiai




←孫ねこロボたんにポチッと愛の一押しを!
どうぞよろしくお願いします(^-^)

人気blogランキングに参加しています。

by aiaicafe | 2015-12-30 16:25 | サラダ・和えもの | Trackback | Comments(0)