カテゴリ:冷たいスウィーツ( 16 )

和風パフェ風・抹茶豆乳プリン

a0056451_19090616.jpg



暑いですねぇ〜(´~`;)
大阪市内は、もう夜も30度近くあります(T^T)
寝る前と起きた時に水分を摂るんですけど…
寝ている間に脱水状態になりそうで、エアコン無しでは眠れません(涙)

昼間ももちろん暑いので、窓を閉めてエアコンを付けてますが、
今朝は風があってちょっとマシだったので窓を開けてたら

「あ、セミが鳴いている!!」

と、今日やっと気が付きました(^-^;)
我が家近辺、緑が少ないので
よ〜く耳を澄まさないと気がつかないんですよね。
このへんが都会のちょっぴり寂しいところかなぁ

夜になっても気温が下がらないからか、
最近は冷たいデザートをよく作ります。
…って、気温のせいにしちゃいけないって?(笑)

毎年今頃は、お料理教室のレッスンで
パフェコンをやってたから、
家にはパフェの材料がたくさんあって、
ダーリンと二人で時々自作のパフェを作って
どうだすごいだろ〜!と、自慢しあいっこしてましたが(笑)
「レッスンが無いからやらない」っていうのはちょっと寂しいので
それほど材料が揃わなくても作れるパフェを楽しんでます(*^-^*)

今回は、抹茶の香り高い豆乳プリンのレシピです。
プリンだけを食べても良いけど、
上に好きなものを色々と乗っけると
まるでお店のパフェみたい?
ドンドン豪華になっていきます〜♪


おいしそう~♪と思ってくださったら
↑ポチッと一押しよろしくお願い致しますm(_ _)m
a0056451_19091160.jpg

これ、夏のおもてなしデザートにも使えそうでしょ?(*^-^*)
前日にプリンを仕込んでおいて、
各自で好きなものをトッピングする…
っていうのも楽しいかも♪
気軽にパフエコンしてみてください( ^ー゚)♪




「和風パフェ風・抹茶豆乳プリン」


【材料】プリンカップ5~6個分

板ゼラチン 4枚(6g)
豆乳 300cc
製菓用抹茶 大さじ1
てんさい糖 30g
バニラアイス、あんこ、チェリーなどお好みで 適宜

★板ゼラチン以外では、粉ゼラチンなら1包(5g)、アガーなら5gで作れます。


【作り方】

1.【下ごしらえ】
板ゼラチンは2~3分水に浸けてふやかす。
(長く浸けすぎると溶けるので注意)


2.【煮る】
小鍋に抹茶を入れ、豆乳を少したらして混ぜながら湿らせる。
残りの豆乳を少しずつ加えて溶きのばしたら点火。
中火でゆっくり加熱して行き、湯気が立つくらいの温度になったら
ゼラチンを水から引き上げて加える。
てんさい糖も加え、泡立て器などで混ぜながら煮溶かし、
沸騰する一歩手前で火を止める。


3.【冷やし固める】
器に等分して流し入れ、粗熱が取れたら冷蔵庫へ。
1~2時間以上冷やして固まったら、
フルーツやアイスなどの好みのトッピングをして完成。



甘みは、てんさい糖でなくても大丈夫。
普通の上白糖でも粗製糖でも良いんですよ〜
味見してみて「美味しい♪」と思ったらそれでOK!

てんさい糖は、砂糖大根って言う大根から作ったもので、
オリゴ糖と同じく腸内菌のエサになるので
我が家ではデザートによく使ってます(^-^)

普通のお砂糖(上白糖やグラニュー糖)は、
サトウキビから作られるんですが、
レッスンで「お砂糖は何からできているか?」って言う質問をすると、
知らない人が多いのにちょっとびっくりだったのを思い出すなぁ
原材料が違うと甘みが全然違うので
自分の舌で確かめるのが一番いいかもしれません。

今回のプリンは、上にあんことアイスを乗せる予定で作ったので
甘さはグンと控えめ。
プリンだけを食べるんだったら、
あともう少し甘くしてもいいかな。
お好みの甘さで作れるって言うのが
おうちデザートの良さですよね〜

今回のデザート、ダーリンの帰りが遅くて
実は夜中に食べたんですが(^▽^;)
好きな時間に食べられるっていうのも
おうちデザートの良さかな(笑)





←孫猫ロボたんをポチッと一押し
今日も応援して行ってくださったらうれしいです。
どうぞよろしくお願いします!(^-^)

人気blogランキングに参加しています。





by aiaicafe | 2017-07-18 20:00 | 冷たいスウィーツ | Trackback | Comments(0)

番外編・パフェコン

台風が通過しつつある大阪ですが、みなさんのところは大丈夫ですか?
こちら大阪市内は意外なほど穏やか。
雨もそれほど降っていないし、風の音もしないし…
これからまた激しくなるのかなぁ

9月最初の週末はあいにくのお天気で、気分よく外へお出かけもままならないので
番外編として、パフェをいっぱ〜〜〜〜〜い(笑)
アップします。

これ、実は8月のレッスンのイベントだったんですよよね。
好きなものを好きなだけ盛る、根性パフェがデザートだったんですが(笑)
約17〜18種類のトッピングやソース、フルーツ、ホイップクリームなどを揃えて、
みんなでキャッキャ言いながら楽しんだんですよ〜(*^-^*)v
で、どうせだから、できあがった作品を撮って、
みんなで投票することにしました。
今月レッスンに来られた方に、これが最高!と思う作品に1票入れていただきます。
そこから「根性賞」「フォトジェニック賞」「ユニークビジュアル賞」なんかを選びたいと思ってます。
ミスコンならぬ、パフェコンであります(笑)
もちろん、賞品も出ますわよ( ^ー゚)♪

さて、栄光は誰の手に?
レッスンに来られた方は、自分のパフェがどういう風に写っているか、ここで確認していただいて、
そうでない方は、だれ一人として同じようなパフェが存在しないスゴさを
楽しんでいただけたらな〜と思います。

人気ブログランキングへおいしそう~♪と思ってくださったら
  ↑ポチッと一押し激励よろしくお願い致しますm(_ _)m



8月6日

a0056451_1501568.jpg



8月7日

a0056451_1502473.jpg



8月9日

a0056451_1502947.jpg



8月10日

a0056451_1503681.jpg



8月12日

a0056451_1504186.jpg



8月17日

a0056451_1504794.jpg



8月18日

a0056451_1505275.jpg



8月20日

a0056451_151108.jpg



8月21日

a0056451_1511646.jpg



8月22日

a0056451_1512115.jpg



8月24日

a0056451_1512695.jpg



8月25日

a0056451_1513170.jpg



8月27日

a0056451_1513657.jpg



8月28日

a0056451_1514322.jpg



8月30日

a0056451_1514960.jpg



さて、いかがでしょう。
こうやって並べてみると壮観ですよね〜(*^-^*)
ちょっと溶けかけてるのもあったりして(笑)みんなの努力の跡が伺えます。

お菓子のデコレーションって、お料理の盛りつけとはまた違って、
おいしそうと感じる以外に、かわいらしさや美しさ、そして夢も必要だと思うんですが、
その中でパフェのデコレーションはお手軽さナンバーワン!
発想力や表現力の良い練習になったんじゃないかなぁ
ブログでは公表していなかったので、来られた方々抜き打ちでごめんなさいね(笑)
たぶん毎年の恒例行事になりそうなので、これから一年いろんなパフェを参考にして、
次はもっとランクアップしてくださいね。
そして私を「ぎょえ〜!?」っと驚かせてくださったら幸いです(^-^)



いつも応援ありがとうございます!
今日も人気ブログランキングへ ←ポチッと一押し、応援して行ってくださったらうれしいです。
どうぞよろしくお願いします!(^-^)

人気blogランキングに参加しています。
by aiaicafe | 2011-09-03 16:03 | 冷たいスウィーツ | Trackback | Comments(2)

ピーチ・メルバ

a0056451_1938503.jpg



今回は、かな〜〜〜り久しぶりのデザートレシピでございます。
実は先日、友人から桃をいくつかいただいたんですよね。
が!少々硬くて…(汗)
そのまま食べるにはちょっとアレだし(^▽^;)
数もあったので、コンポートにしてゆっくりいただくことにしました。

白ワイン、水、砂糖、レモン汁でサッと煮て、シロップに漬けたまま一晩置くと、
桃からにじみ出た自然の赤い色で、きれいなピンクに染まるんですよ〜♪
ピーチピンクってまさにこの色の事ね!(*^-^*)
硬かった桃も、さっくりツルン♪とした質感になって、

うま〜〜〜(*´д`*)ハフン♪


a0056451_19385553.jpg

人気ブログランキングへおいしそう~♪と思ってくださったら
  ↑ポチッと一押しよろしくお願い致しますm(_ _)m



今が旬の桃、生で食べるのに飽きたら、コレおすすめですよ( ^ー゚)♪
白桃のコンポートの作り方はこちら。
梨やリンゴでも作れますから、ぜひお試しくださいね。

さて、今回のコンポート。実は私ではなくて、ダーリン制作なんです。
なので表面がいまいちガタガタしてたりするのはご愛嬌(笑)
(硬かったからスルッと剥けなかったらしいです^^;)



ダーリン「ピーチ・メルバや!ピーチ・メルバが食べられる!うれし〜( ̄∀ ̄+)」

Σ(・ω・ノ)ノ このはしゃぎようは何なんだ(笑)
で、ピーチ・メルバって??

ダーリン「昔、某有名ホテル(リーガロ◯ヤル)のメニューで見たことあって、
      一度食べてみたかったんよね。でも、実物食べた事無いからなぁ…」


まぁ食べるまでに1日以上あるし、ピーチ・メルバの正体を調べてから
ゆっくり作ることになりました。


【ピーチ・メルバ】
1892年か1893年に、
ロンドンのサヴォイ・ホテルの料理長オーギュスト・エスコフィエによって考案される。
バニラアイスにシロップ漬けのピーチを乗せ、
ラズベリーソースとアーモンドスライスをトッピングしたもの。
歌手のネリー・メルバのために作られたそうで、そこからのネーミング。
(wikipediaより)


さて、あこがれのピーチ・メルバを目前にして、
ダーリンの鼻息の荒いことと言ったら!(笑)
そして彼が作ったのはこちら↓

a0056451_1938598.jpg

アイスが少し溶けちゃってますが(汗)
2日かけて作った桃は、ほんの5分…いや、3分かからなかったか(笑)
めでたく彼の胃袋に収まりました。
お料理できない彼にしたら、上出来だったんじゃないかな(●´艸`)



おいしそう〜♪と思ってくださったら人気ブログランキングへ ←ポチッと愛の一押しを!
どうぞよろしくお願いします(^-^)

人気blogランキングに参加しています。
by aiaicafe | 2011-08-24 20:39 | 冷たいスウィーツ | Trackback | Comments(0)

白桃のコンポート・紅茶ゼリー添え

a0056451_12444818.jpg



ダーリンがやってくれました〜!
安かったからと、桃を箱で買って来たんですよね(^-^;)
いくら安かったからって、1箱(12個入り)もどうするの??
その後半分くらいまでせっせと食べてから、桃の事は暫く忘れたくなりました(笑)
が!腐らせてはもったいないし、保存が利くコンポートにしてみました。

コンポートって、早い話が桃の缶詰です。
もちろん缶には入っていないので、缶臭さも無いし、甘みもあっさりと抑えめ。
ワインと水で煮るだけの簡単さなのに、フワ〜っと桃の上品な芳香と、
口の中でとろけるような柔らかさが素晴らしく美味♪(*^-^*)
売っている缶詰とはひと味もふた味も違うのです。

コンポートにすると、生の時とは又違った食べ方が色々と広がって行きます。
そうそう、桃って生だと渋みというかえぐみみたいなのがありますよね。
煮るとそれが無くなってまろやかな味になるんですよ〜
あと、桃って皮を剥いて切るのがなかなか大変です。
デリケートだから、強く押さえると凹んじゃったりして(^-^;)
最初に半分に切ってから皮を剥きますが、
ちょっとしたポイントも一緒に書いておきますね。
生で食べるときも、この方法だと簡単で奇麗に食べられます(^-^)

今回は、生クリームを添えてシンプルに。
そして次はバニラアイスと紅茶のゼリーを添えていただきました♪
紅茶ゼリーはアールグレイを使用。
これがものすごく桃とよくあって美味〜 (*´д`*)ハフン♪
これを添えるだけでとっても上品なデザートになります。
混ぜて冷やすだけ〜♪ですから、ぜひトライしてみてください。


a0056451_1246417.jpg





「白桃のコンポート・紅茶ゼリー添え」


【材料】

桃3個分

白桃3個
白ワイン200cc
水400cc
砂糖(上白糖)100g
レモン汁レモン1/2個分(約大さじ3)

『紅茶ゼリー』
水300cc
ティーバッグ1個(アールグレイなどお好みで)
砂糖50g(上白糖)
ゼラチン5g(顆粒タイプ)





【作り方】

1. 【白桃の切り方】
  ボウルに水を張り、レモン汁(分量外)を少したらしておきます。
  桃を切ると、空気に触れた所がすぐに茶色くなってくるので、
  切ったらすぐにここに漬けておきます。
  まず、桃の縦に筋の入った所(くぼんだ所)に沿って包丁を入れて半分に切ります。
  (ここを切ると種が奇麗に半分に切れます)
  スプーンかペティナイフなどで種をくりぬきます。
  皮を剥いて、大きな桃の場合はさらに半分に(1/4に)切っておきましょう。




a0056451_12475772.jpg2. 【煮る】
鍋に水、ワイン、砂糖、レモン汁を入れて一煮立ちさせ、
桃を平らな方を下にして、重ならないようにそっと並べます。
(ワインと水の比率は1:2です)
オーブンペーパーなどで落としぶたをして、
一煮立ちしたら弱火にして静かにコトコト10〜15分煮て火を止めます。
そのまま粗熱が取れたらガラスかタッパー、ホウロウなどの器に移し、
冷蔵庫で一晩寝かせたらできあがりです。





3. 【ゼリーを作る】
  小鍋に湯を沸かし、沸騰したら火を止めて
  紅茶のティーバッグを入れます。
  数分経ったら取り出し、お砂糖を入れて再び火にかけます。
  細かい泡が出始めたら火を止め、混ぜながらゼラチンパウダーを加えてよく溶かします。
  粗熱が取れたら器に流し込み、冷蔵庫で2時間ほど冷やし固めたら出来上がり。
  スプーンなどでかき混ぜてクラッシュさせ、桃に添えて召し上がれ♪

a0056451_12471685.jpg



桃は、煮ると煮汁が淡いピンク色になるんです。
一晩置くと桃自体も淡〜いピンク色に染まって、文字通りの桃色になるんですよ〜♪
それがとっても可愛いくて、久しぶりに自然光で撮影してみました。
桃って見るだけでも癒される果物ですよね(*^-^*)
もちろん、食べたらもっと癒されますが(笑)

実は、最近新しいカメラを買ったんですが、
買ったとたんにそれまで愛用していたカメラが壊れちゃいました(汗)
2年しか使ってないのにぃ〜…って、私の場合酷使してますから
偉そうには言えません(^-^;)
新しいカメラはまだ取り説もちゃんと読んでいないのに、焦る〜!!
下の写真は新しいカメラデビューの1枚です(加工してあります)
まだまだこれから研究の余地有りだなぁ



おいしそう〜!と思ってくださったら
Blog ranking ←_ρ( ̄  ̄*)ポチッ♪と
応援どうぞよろしくお願いします!
a0056451_12455958.jpg

by aiaicafe | 2007-07-07 12:57 | 冷たいスウィーツ | Trackback | Comments(18)

マチェドニアでデザートプレート

a0056451_14463716.jpg


フルーツをいくつか頂いたので、少し足して
イタリアンデザートのマチェドニアを作ってみました。

これ、よくレストランなんかのデザートで出て来ますよね(^-^)
色んなフルーツを小さく切って、シロップに漬け込んであります。
フルーツポンチって言えば「あぁ、あれね!」ですよね(笑)
シロップに白ワインかキルシュなんかを入れて風味を付けるので、
フルーツポンチよりも少しだけ大人かもしれません(笑)
(私はコアントローを使いました)

さっぱりとおいしくて、こういうデザートは
これからの季節にはピッタリですよね。
そして何よりも、フルーツがなんとも言えず美しい!
まるで宝石のように見えませんか?
作って写真を撮ったあと、自然の美しさってなんて素晴らしいんだろう!と、
しばしウットリ(笑)

季節の果物を数種類と、柑橘系のフルーツが1種類あればOK!
我が家のは、今回は頂き物の(たぶん)甘夏が入ってます。
切ってシロップと混ぜるだけなので超超簡単♪
丁度ダーリンが「おみやげ〜♪」と、
ミニサイズのエクレアを買って来てくれました。
それとバニラアイスを添えて、ちょっとリッチなデザートのできあがり♪
晩ご飯の後のちょっとしたお楽しみって、たまにはいいですよね(^-^)


a0056451_14483341.jpg





「マチェドニア」


【材料】

3〜4人分

イチゴ150g(半分か4つに切る)
バナナ1本(5mmスライス)
キウイ小1個(半分に切って5mmスライス)
アメリカンチェリー120g(半分に切って種を取る)
オレンジ1個(袋を取り一口大に切る)

『シロップ』
水100cc
砂糖大さじ1〜2
レモン汁大さじ2
白ワイン又はお好みのリキュールなど小さじ1






【作り方】
  

1. 【シロップを作る】
  材料を全て混ぜ合わせてシロップを作る。
  リキュールはキルシュ、マラスキーノ、コアントローなどなんでも。
  なければ白ワインでOKです。



2. 【下ごしらえ】
  フルーツはよく洗い、小さく切る。
  バナナは変色するので(りんごなども同じく)レモン汁(分量外)を少々振りかけておく。



3. 【混ぜる】
  切ったフルーツをシロップに加え、よく混ぜ合わせます。
  冷蔵庫で少し冷やしてできあがり。




我が家のは一口大程度に切ってますが、
もう少し小さく切ると、ソース風な感じになります。
アイスの上にかけたり、クレープやパンケーキに添えたりしてもGOOD!

お砂糖の量は、使うくだもので調節してみてくださいね。
加えるお酒の量も、お好きな方はたっぷりとどうぞ(笑)
私は別に、左手にワインでいただきました(*^-^*)v



a0056451_14492369.jpg

人気blogランキングに参加しています。
みなさまのポチッに支えられて日々更新にがんばっております!
おいしそう〜!と思ってくださったら
Blog ranking ←_ρ( ̄  ̄*)ポチッ♪と
1日1クリックしてくださると、とても励みになります。
応援どうぞよろしくお願いします!
by aiaicafe | 2007-05-22 15:03 | 冷たいスウィーツ | Trackback | Comments(12)

ココナッツミルクプリン・マンゴーソース

a0056451_1305982.jpg

引っ越しが終わって一段落。ちょっと余裕(?)も出て来たので
デザートにココナッツミルクプリンを作ってみた。
晩ご飯はうどんすき♪
鼻水が出ちゃうくらいホカホカ暖まったら(笑)
なぜか冷たいデザートが欲しくなるのよね。


スーパーでお買い物をしていたら、某巨匠プロデュースのデザートで
「ココナッツミルクプリン、マンゴーソース付き」って言うのがあった。
巨匠、すみません。ヒントだけいただきますm(_ _)m
マンゴー以外の材料はうちにあるし、コレいただき〜♪

缶詰売り場に行くと、
w( ̄△ ̄;)wおおっ!100円以下ではありませんか!!
マンゴーの缶詰ってお安いのね〜♪
まだ作ってもいないのに得した気分の私(笑)



ai「今日はデザートがあるよ〜!」

ダー&娘「ヾ(*⌒∇⌒)人(⌒∇⌒*)ツ ゎぁぃ♪やったー!」

この一言が聞きたかったの(´∀`*)ウフフ






「ココナッツミルクプリン・マンゴーソース」


【材料】

3〜4人分

牛乳200cc
ココナッツミルク100cc(ココナッツパウダー10gを100ccのぬるま湯に溶いたもの)
砂糖大さじ2
粉ゼラチン1袋(5g入り)

マンゴー(缶詰)正味100g
レモン汁小さじ1
砂糖大さじ1
コアントロー又はラム酒などの洋酒小さじ1

ふやかして使うタイプのゼラチンは、大さじ1〜2の水に振り入れてでふやかしておく。




【作り方】


1. 【プリン液を作る】
  小鍋に牛乳とココナッツミルク、砂糖を入れて火にかける。
  白湯気が立って来たらゼラチンを加えて煮溶かし、火から下ろしてあら熱を取る。
  (沸騰はさせません)

  

2. 【固める】
  器にプリン液をそそぎ、冷蔵庫に入れて約2時間冷やし固めます。

  
3. 【ソースを作る】
  マンゴーを裏ごしします。
  (フードプロセッサーやバーミックスを使うと早いです)
  レモン汁、砂糖、コアントローなどを加えてよく混ぜ合わせます。
  堅いようなら水か缶詰の汁を少し加えて調節します。
  固まったココナッツプリンを器に盛り、ソースをかけて完成です!


a0056451_1314010.jpg



実は、プリン型がどこへ行ったか行方不明( ; ̄ω ̄)ゞ
んもう!引っ越しってこれだからイヤーネ!←私のせいです。はい(汗)
ガラスの器で作ったら、形がふっくら富士山みたい(笑)
でも、食べるとココナッツの香りがフワ〜っと口の中に広がって、
とっても優しい味に出来上がって大満足(^-^)
娘もダーリンも一口食べて「おっ♪」と一言。

(* ̄m ̄)v ウヒヒヒヒ


人気blogランキングに参加しています。
みなさまのポチッに支えられて日々更新にがんばっております!
がんばれよ〜!と
Blog ranking ←_ρ( ̄  ̄*)ポチッ♪と1日1クリックしてくださると、
とても励みになります。応援どうぞよろしくお願いします!
by aiaicafe | 2007-01-22 13:08 | 冷たいスウィーツ | Trackback(1) | Comments(6)

紅玉リンゴのコンポート

a0056451_12384816.jpg

友達からリンゴをいただきました。
真っ赤な紅玉リンゴ♪
とりあえず、ワインで煮てコンポートにしてみました。
赤ワインを使ったのでちょっと梅干しチックになっちゃいましたが(笑)
白ワインで煮ると赤い皮の色が出て綺麗なんですよ〜

リンゴって、2〜3分煮るだけですぐに火が通ります。
アッという間にできて超簡単!
バニラアイスに添えると、サッパリした味と少しサクっとした歯触りがピッタリ♪
リンゴとバニラアイスって、なんでこんなに相性が良いんでしょう!

晩ご飯の後に出したら家族も喜んでくれました(^-^)
簡単デザートだっていうのはナイショでね(笑)





「紅玉リンゴのコンポート」


【材料】

4人分

紅玉大きめ1個
ワイン100cc(赤白どちらでもOK)
水100cc
砂糖大さじ1〜2
レモン汁小さじ1/2

リンゴは芯を取りスライスしておく。


【作り方】
  

1. 【煮る】
  鍋に水、ワイン、砂糖、レモン汁を入れ、
  リンゴを入れて煮ます。
  沸騰したら火を弱めて3〜5分柔らかくなるまで煮て火を止め、そのまま冷まします。



2. 【仕上げ】
  冷めたら皮を剥がし、バニラアイスなどに添えて出来上がり。

a0056451_12392393.jpg



今回は、これも友達からいただいた、
ラムベースのミルクリキュールをタラリとかけていただきました。
「ミルキーランド」って言う宮崎名産のリキュールなんですが、
紅茶やコーヒーに垂らすと美味しいんですよね♪
アイスもラムが効いていい香り〜(*´д`*)ハフン♪
ちょっと大人な、贅沢なデザートになりました。
お家にラムがある方は試してみてくださいね。

今回は酸味の強い紅玉を使ったので、レモン汁も控えめにしました。
他の種類を使う場合はもう少し入れてもいいと思います。
お砂糖もお好みで。
アイスに添えても美味しいけど、もちろんアップルパイや他のお菓子にも使えます。
フルーツの美味しい季節ですよね。
どうぞお楽しみ下さいね(*^-^*)


人気blogランキングに参加しています。
おいしそう〜♪と思って下さったら
Blog ranking ←ぽちっとクリックしてくださいね(^-^)
応援ありがとうございます!
by aiaicafe | 2006-11-04 12:43 | 冷たいスウィーツ | Trackback | Comments(4)

ベトナムコーヒーゼリー

a0056451_1357228.jpg

我が家、家族揃ってベトナム料理が大好きです。
コーヒー好きのダーリンは、ベトナム式のコーヒーも大好き(^-^)
エスプレッソもいいけれど、甘い練乳を入れたベトナムコーヒーは
デザート代わりにおいしいものです。
先にカップに練乳を入れておき、豆を専用のコーヒーメーカーにセットして、上から熱湯を注ぎます。
エスプレッソと普通のドリップ式コーヒーを足して2で割ったみたい?(笑)

a0056451_13581372.jpg


先日、ダーリンがスーパーでベトナムブレンドのコーヒー豆を発見!
でもスーパーでコーヒー豆を買ってアタリだった事が無いんですよね(´〜`;)
お値段が格安だったので「ダメもとだと思って」と、
ダーリン私の止めを振り切って買っちゃったんです。

で、やっぱりハズレです。はい(笑)

深煎りでそれほど苦みは無いのですが、香りがねぇ…(-_-;)ビミョー
飲めないコーヒーをどうしましよう?
お友達に色々と聞いてみたら、他の豆とブレンドしたり、
フレーバーコーヒーにすると飲めるかも?と言うことで、色々と試してみました。

そして美味しかったのがコーヒーゼリー♪
飲むよりも食べた方がベトナムコーヒーの味だったんです(笑)
練乳がけと、ココナッツ風味のホイップクリームの2バージョンで食べてみました。


a0056451_141874.jpg






「ベトナムコーヒーゼリー」


【材料】

5〜6個分

コーヒー液600cc
砂糖30g
粉ゼラチン10g(5g入り分封2つ)
ブランデー大さじ1/2
練乳適宜

『ココナッツ風味のホイップクリーム』
生クリーム100cc
ココナッツミルクパウダー大さじ1
砂糖15g

ゼラチンは、顆粒タイプのものはそのままで。
それ以外のタイプのものは水少々(大さじ2くらい)でふやかしておきます。
ホイップクリームは、材料を全て合わせて泡立てます。




【作り方】


1. 【ゼラチンを溶かす】
  小鍋にコーヒー液と砂糖を入れて火にかけます。
  湯気が上がってきたらゼラチンを入れて混ぜながら溶かします。
  (沸騰させない事!沸騰すると固まりません。適温は80度です)



2. 【冷ます】
  ボールに氷水を用意し、小鍋ごと漬けて荒熱を取ります。
  ちょっと手間ですが、こうすると香りが飛びません。(早くできあがりますしね!)



3. 【固める】
  荒熱が取れたらブランデーを加え、グラスや器に注ぎ、
  冷蔵庫で2時間ほど冷やし固めてできあがり♪
  練乳や生クリーム、ホイップクリームなどを添えてどうぞ。


a0056451_1403752.jpg


ホイップクリームに入れたお砂糖、ヨーグルトに付属してる顆粒のお砂糖を使いました。
これ便利〜♪こういう時の為に(?)ヨーグルトには使わないけど取ってあります(^-^)v
顆粒だからサッと溶けるし、1袋15gで、量らなくてもいいから楽です。

コーヒーゼリーって、普通のコーヒーで作るより、
深煎りの濃いめのコーヒーで作ると美味しいですよね〜!
あまーい練乳が美味でした(*´д`*)ハフン♪

夏場のおやつやデザートに、ゼリーってお手軽でいいですよね。
秋もすぐそこだけど、まだもう少し「冷たいフルルン♪」を楽しめるかな(*^-^*)


人気blogランキングに参加しています。
おいしそう〜♪と思って下さった方は
Blog ranking ←ぽちっとクリックしてくださいね(^-^)
ご協力よろしくお願いします。

by aiaicafe | 2006-08-30 14:10 | 冷たいスウィーツ | Trackback | Comments(2)

氷ずんだ餅

a0056451_13444829.jpg

EW(枝豆ウィーク)続いております〜(笑)
今回はおやつです(^-^)
あまりにも暑いので、冷た〜いかき氷を乗せたずんだ餅を作りました♪
枝豆の餡が、氷でだんだんお汁粉風になっていくんですよ〜♪
ん〜おいしい(*´д`*)ハフン♪

大阪・堺に『かん袋』という老舗の甘味処があります(お店の名前は豊臣秀吉が付けたんですって!)
ここ、「くるみ餅」というメニューがただ1品あるのみ。
ちいさな白玉のようなお餅を、緑色のゆるめの餡でくるんであるので「くるみ餅」なんです。

これがすんごくおいしいの。激美味っ(* ̄‥ ̄*)=3

緑色のあんこ、何のあんこなんだろう?ちょっと謎なんですよ。
ずんだ(えだまめのあんこ)みたいな色なのに、舌触りはこしあんのよう。
私、正直言ってあんこ、特にこしあんは苦手な方なんです(^-^;)
でも、これを初めて食べたときはその上品な味にビックリ!目からウロコものでした。

かき氷を乗せた「氷くるみ餅」は店内でのみ食べられる1品。
しかしお店はいつ行っても行列。しかも遅めに行くと売り切れ…
そりゃ〜そうだわね(-_-;)

我が家からはかなり遠い所にあるので、今回はくるみ餅に近いものを作ろうと頑張ってみました。
ずんだ餅、作り方は超シンプル!ヘルシーな夏のおやつにオススメです♪




「氷ずんだ餅」


【材料】


枝豆200g(約2袋くらい)
砂糖40g
水約80cc程度
塩小さじ3(枝豆茹で用)

白玉粉、または餅粉適宜

枝豆はサッと洗って端をキッチンバサミで切っておく。



【作り方】


1. 【枝豆を茹でる】
  鍋に水250ccを入れて塩小さじ3を溶かし、そこへ枝豆を入れて少し揉みます。
  そのまま蓋をして普通より少し柔らかめに茹でます(10分くらい?)
  茹で上がったらザルに上げて冷まし、サヤから出して、
  薄皮も同様に取っておきます。


2. 【裏ごす】
  裏ごし器で裏ごします。
  裏ごし器が無い場合はミキサーでもOK!


3. 【味付けする】
  砂糖を加え、水を少しずつ足していってお好みの緩さになればできあがり!
  (豆に塩味が付いているので、別に塩を加える必要はありません)
  少し冷蔵庫で冷やしている間に白玉やお団子を作ります。
  器に盛り、お好みでかき氷を添えてできあがり!
  
a0056451_1344288.jpg



出来上がってすぐに娘と2人でとりあえず味見。

「おいしいね〜♪なんかどこかで食べたような懐かしい味がする」

「どう?」って聞く前に「おいしい」って言われると嬉しくなっちゃいますね(*´艸`*)ウフ
娘もあんこはダメで、普通の小豆は全く食べないんです。

今回は、滑らかに仕上げようと、裏ごししてからすり鉢でスリスリしてみました。
気合いを入れて作ってみよう!って言う方はやってみて下さいね。
とても滑らかに仕上がります(^-^)

ずんだ餅って宮城県名物ですよね。
私の母は宮城出身の人なんですが、今度もう1回作って持って行ってあげようかな♪
宮城には「ずんだラーメン」もあるよ!と在住の友達が言ってました。
味はちょっとビミョーなんだとか(笑)
でもちょっと気になりますよね(^-^)




 Blog ranking ←枝豆最高♪と思って下さった方、ぽちっとよろしくお願いします!
 みなさんのワンクリックがとっても励みになっています(^-^)イツモアリガトウ!

by aiaicafe | 2006-08-02 13:59 | 冷たいスウィーツ | Trackback | Comments(10)

ミルクプリン・黒ごまソース

a0056451_1132215.jpg

黒練りごまを買いました。
今まで白い普通の練りごましか買った事がなかったので、初黒練り胡麻です(長っ!)

これ、香ばしくて結構色々使えるんですよ〜!ちょっとはまりそうな予感…
昨日の夜、バニラアイスにそのままかけてみたら、

(゚∀゚)オイシイ〜!
ミルクと香ばしい黒ごまの組み合わせが気に入った私は、
早速ミルクプリン+黒ごまソースのデザートにトライ!

自分で言うのもなんだけど(笑)
もう、めちゃウマ〜〜〜に出来上がって感動!!
みんなに食べさせてあげたいなぁ(*´д`*)ハフン♪
プリンがまた、フルフルのちょうどいい感じの柔らかさ♪♪
しかも作り方は超簡単です(^-^)


レシピの前に、美味しそう〜♪と思って下さった方は、
人気blogランキングに参加していますので
↑ポチッとワンクリックしていただけると嬉しいです(^-^)
みなさんの応援がとっても励みになっています♪




「ミルクプリン・黒ごまソース」


【材料】

プリン型約4〜5個分

牛乳又は特濃牛乳300cc
粉ゼラチン5g(一袋分)
水大さじ2
上白糖大さじ3
バニラエッセンス数滴
あれば生クリーム大さじ2

『黒ごまソース』
黒練りごま大さじ2
蜂蜜大さじ1・1/2
熱めの湯大さじ1

特濃牛乳を使う場合は生クリームはいりません。
その場合は生クリームの分(大さじ2)を増やしてください。



【作り方】

1. 【プリンを作る】
  大さじ2の水に粉ゼラチンを振り入れてふやかしておく。
  小鍋に牛乳と砂糖を入れ暖める。
  沸騰する少し手前で火を止め(沸騰はさせません)
  バニラエッセンスとゼラチンを加えてよく溶かす。
  (生クリームを入れる場合はここで入れます。)


2. 【冷やす】
  ボールに氷水を用意し、小鍋を漬けてゆっくりかき混ぜながら荒熱を取る。
  プリン型かグラスなどに注ぎ入れ、冷蔵庫で2時間くらい冷やし固める。
a0056451_11332365.jpg


3. 【ソースを作る】
  分量の調味料を全て混ぜ合わせ、冷ましておく。
  プリンが固まったら型から外し、ソースをかけてできあがり!


a0056451_1134128.jpg


プリンはお砂糖控えめ、バニラアイスのようなとっても優しいお味です♪
ちょうどバニラビーンズが少しあったので入れてみました。
(黒いつぶつぶはホコリじゃなくて(笑)バニラビーンズです)
おうちにある方は、バニラ棒2〜3cm分を牛乳を温める時に入れて下さいね。

プリンの固さはちょうどいい感じでした。
これ以上柔らかかったらユルユルで型から出せないかな?っていうくらい。
冷蔵庫にあと2つあるので、ジャムをお湯でゆるめて少しラム酒を垂らして、
フルーツソースで食べてみようかと思ってます。
フルフルっと冷たいデザート、ぜひお試し下さいね(*^-^*)



a0056451_11345915.jpg

by aiaicafe | 2006-06-15 11:39 | 冷たいスウィーツ | Trackback | Comments(24)