カテゴリ:炒めもの( 176 )

簡単♪生レタスのキノコあんかけ oishii

a0056451_13185145.jpg



一雨ごとにグンと気温が下がって、今日はまさに冬!
ここ数日、喉が痛かったりくしゃみばっかりしていた私(^-^;)
こじらせたらいかん!と、とうとう今朝は暖房を入れました。
これからぼちぼちとコートやダウンなど引っぱり出さないとなぁ


冬は毎日でも鍋を囲んで…って言う方も多いんじゃないかな(*^-^*)
今月に入って、うちの晩ご飯も温かいものが中心になってきました。
先日、生徒さんから獲れたてのお野菜をいただいたんですよ。
(Yさん、いつもありがとう〜!!^^)
その中に、パリッとした大きなレタスが!
早速半分をサラダにしておいしくいただいて、
残りの半分は温かくいただくことにしました( ^ー゚)♪

レタスって、すぐに火が通るんですよね。
じっくり炒めたりしたら歯触りがイマイチ…
香港スタイルのチャーハンなんかにも入ってたりしますが、
やっぱり火を止めたあとにちゃちゃっと混ぜるだけ。
そうすると余熱で良い感じに煮えて、
食べた時にしゃっきりした歯触りが残っておいしい…って言うわけですね(^-^)v
実は今回の1品もその方法。
生レタスの上に、アツアツのあんをダダ〜っとかけるだけ
超即出来ですみませんな1品と言うわけです(笑)

張りのある葉野菜を炒めるのって、意外と大きなフライパンが必要だったりして、
混ぜると場外して外へ飛び出すし(苦笑)
あんまり時間が無いときなんかは、ちょっとイラっとしたりして(^▽^;)ははは
あるある〜!って言う方はぜひこの方法で。
ストレス無く作れて、しゃっきりとした歯触りアリ、
アツアツでごはんのおかずにもピッタリ♪だし、
乗っけて丼風にしてもいけます!(* ̄‥ ̄*)=3

大きめの器にざく切りレタスを盛りつけて、
アツアツのあんをかけたら1分ほど間を置き、
ざっくりと混ぜ合わせます。
もわ〜っと湯気が上がってるのが見えますか?
冷めないうちに召し上がれ〜(*^-^*)




おいしそう~♪と思ってくださったら
  ↑ポチッと一押しよろしくお願い致しますm(_ _)m

a0056451_13185582.jpg





「生レタスのキノコあんかけ」


【材料】

3~4人分
レタス1/2個(ざく切り)
豚ミンチ肉100g~150g
白ネギ5cm分(みじん切り)
にんにくみじん切り小さじ1
輪切り唐辛子適宜(お好みで)
サラダ油大さじ1

『あん』
水150cc
鶏ガラスープの素ひとつまみ
日本酒大さじ1
オイスターソース小さじ1/2
しょうゆ大さじ1・1/2
砂糖小さじ2
片栗粉小さじ2

ごま油小さじ1

レタスはザルにあげ水気をよく切ってから、前もって器に盛りつけておく。



【作り方】

1.【あんを作る】
器にあんの材料を全て合わせてよく混ぜる。
具を炒め始める前に用意しておく。



2.【炒める】
フライパンにサラダ油を熱し、にんにくとネギ、唐辛子を炒める。
香りが立ったらミンチ肉を加え、ほぐしながら炒める。
火が通って来たらキノコも加えてしんなりするまで炒め、あんの調味料を回し入れる。
一煮立ちしてとろみが付いて来たらごま油を加えて香りを付ける。



3.【かけて混ぜる】
用意しておいたレタスの上に、アツアツのあんをかける。
1分ほど待って、ざっくりと混ぜ合わせたらできあがり。




a0056451_13185863.jpg

混ぜたらしんなりしてこんな感じ↑
オイスターソースの旨味がレタスとピッタリなんですよ(*^-^*)
ミンチ肉は鶏でも良いですし、豚薄切り肉を細く切ってもOK!
レタスは、味付けが薄くなっちゃうから、しっかり水気を切っておくのがポイント。
私は輪切り唐辛子を入れて、ちょいピリ辛にしたけど、
おこちゃまには抜きでどうぞ^^

これ、冷めたのをチン♪するとちょっぴり残念な感じになるので(^-^;)
できれば作り立てをがっつりとどうぞ。
ザクザク混ぜる演出効果も加わって、おいしさ倍増ですぞよ( ^ー゚)♪



今日も ←ポチッと愛の一押しを!
ランキング投票どうぞよろしくお願いします(^-^)

人気blogランキングに参加しています。
by aiaicafe | 2013-11-11 14:09 | 炒めもの | Trackback | Comments(4)

豚肉とプチトマトのアンチョビ風味ソテー

a0056451_1623637.jpg



台風直撃は逃れたみたいですが、ですよね〜(´~`;)
ここ数日はずっと雨で、衣替えがなかなか進まず、
次に晴れたらお洗濯ラッシュか??と
ちょっと焦り気味な今日この頃です。
こんな雨たいしたことないや〜と思っていても、
いきなり猛烈に降ったりするからみなさまご用心を。


さて、先日お野菜たっぷりチャウダーと一緒に作った1品をご紹介します!
ソテーしたプチトマトが甘酸っぱくて、お肉がさっぱりと食べられるんですよ(*^-^*)
アンチョビがまた良い仕事してくれるんですよね〜♪
ガーリックと一緒に炒めると、旨味と塩気がにじみ出て、
塩コショウのシンプルな味付けでも、ちょっとしたごちそうの一皿になります。
彩り良くインゲン豆と一緒にソテーしたけど、
お好みでキノコやアスパラ、パプリカなんかがあったら組み合わせてみてくださいね( ^ー゚)♪




人気ブログランキングへおいしそう~♪と思ってくださったら
  ↑ポチッと一押しよろしくお願い致しますm(_ _)m

a0056451_1624074.jpg






「豚肉とプチトマトのアンチョビ風味ソテー」


【材料】

3人分
豚スライス肉200g(一口大に切る)
プチトマト10個程度
さやいんげん10本程度(3cmくらいに切る)
オリーブ油大さじ1
にんにく1片(スライス)
アンチョビ(フィレ)2切れ
クレイジーソルト又は粗塩、黒コショウ
チャービル又はイタリアンパセリなど(彩り用)適宜




【作り方】

1.【炒める】
フライパンにオリーブオイルとニンニク、アンチョビを入れて火にかけ、
焦げない程度の火加減でアンチョビをほぐしながら炒める。
香りが立ったら豚肉を炒め、火が通って来たらプチトマトとさやいんげんも加えて炒める。
塩コショウで味を整えたらできあがり。
器に盛り、あればチャービルなどを散らす。




ただただ炒めるだけ〜♪なので、気軽に作っていただけると思いますが、
お肉は鶏肉や牛肉でも大丈夫です(^-^)v
鶏肉の場合は、薄くそぎ切りにしてくださいね。
豚肉や牛肉は、一口サイズに切ってしまうので
切り落としや細切れなどで十分です。

写真の後ろに写っているのは前回のお野菜たっぷりチャウダー・ジェノベーゼ風と、
うちの家族達の大好物シーザーサラダ
ロメインレタス(コスレタスとも言います)が手に入ったら、
こちらもぜひトライしてみてくださいね。
シンプルでおいしいものは永遠の定番です!!(*^-^*)v




今日も←ポチッと愛の一押しを!
ランキング投票どうぞよろしくお願いします(^-^)

人気blogランキングに参加しています。
by aiaicafe | 2013-10-25 16:29 | 炒めもの | Trackback | Comments(4)

つくねとカブの葉のオイスターソース炒め

a0056451_22311748.jpg



もう2月もあと少しで終わりです。早いですね〜
まだまだ春の気配は全然無い…と思ってたけど、
気がつけば、日が沈むのが少し遅くなって来ましたよね。
あと1ヶ月ほどで春分の日。
そこからは多分大急ぎで暖かくなって行くのかなぁ
と思うと、待ち遠しい気持ちでいっぱいです(^-^)

さて、しばらく更新をさぼっちゃったので(汗)
時間のある時に書かなくちゃ!
ということで、今日の晩ご飯をアップです(* ̄‥ ̄*)=3


今月は、レッスンで白い冬野菜が色々入ったクリームシチューを作ってます。
その中の一つにカブがあるんですが、白く仕上げるために葉の部分は使わないんですよね。
でも、「葉も食べられるから、買うときは葉がおいしそうなのを選んでね!」と
みなさんにはお話してるんです。
で、具体的にはどういう風に?
ということで、今回はカブの葉を使ったおかずです。
ミンチ肉で作ったつくねと一緒に、オイスターソースで炒め煮にしてみました。
我が家では、油揚げと煮浸しにしたり、
細かく刻んで立て塩にして、胡麻と一緒にご飯に混ぜ込んで菜飯にしたりするんですけど、
味付けをちょっと変えると飽きずに食べられます(*^-^*)v
これ、見た目はハンバーグみたいだけど、
もっと気軽にできる『つくね』なんですよ〜
しかもフライパン1つでパパッと作れちゃうんです。
緑黄色野菜たっぷり♪
なかなか良いおかずになるので、カブはシチューやスープ煮などにして、
残った葉もしっかり堪能してみてくださいね(^-^)v



人気ブログランキングへおいしそう~♪と思ってくださったら
  ↑ポチッと一押しよろしくお願い致しますm(_ _)m

a0056451_2231228.jpg





「つくねとカブの葉のオイスターソース炒め」


【材料】

3人分

カブの葉適量(5cmくらいに切る)
ごま油大さじ1
生姜みじん切り大さじ1/2
日本酒大さじ2
みりん大さじ1
オイスターソース大さじ1
醤油大さじ1/2

『つくね』
ミンチ肉(豚、鶏、牛豚などお好みで)200g
粗塩、コショウ各少々
日本酒大さじ1
片栗粉大さじ1
刻みネギ大さじ2

好みでお砂糖を少し加えてもOK


【作り方】

1.【つくねを作る】
  ボウルにミンチ肉と片栗粉以外の調味料を入れ、手早くグルグルとよく練る。
  粘りが出たら、片栗粉を加えて混ぜ込む。
  等分し、中央を少しへこました小判状に形作る。



a0056451_22311959.jpg2.【炒める】
大きめのフライパンにごま油を熱し、生姜を炒める。
香りが立ったらつくねを並べて焼き始め、
空いているところでカブの葉を炒める。



3.【仕上げ】
  カブの葉がしんなりしてきたら、調味料を加えて味を整え、
  つくねにも絡めてできあがり。





大人ばっかりの我が家。
それぞれに仕事があって、最近は帰宅時間がみんなバラバラ(^▽^;)
それほど困る事は無いんですが、一番の問題(?)は、
鍋物ができないって事!
いや、全くできないことは無いんですけど〜…

でも鍋物って、やっぱり一緒に食べないと、
鍋の残りをつつくのって、なんとなくおいしくなさそうですもんね(^▽^;)ははは
それと、締めにおうどん入れたり、雑炊したりができないし。
と言う事で、毎日寒い日が続くのに、鍋はお正月に1度食べたきり。
鼻水が出るくらい温まりたくて(笑)
今日は無理矢理に鍋!そう、1人鍋でありました。

a0056451_22312489.jpg小さい土鍋に一人分ずつのキムチ鍋。
これ、小さいけど、ちゃんと火を止めても
しばらくはグツグツ煮えてるんですよ!
具を全部食べてから、
最後に十六穀米ごはんを入れて
雑炊風にしていただきました。

はふ〜!温まった〜♪
家族の分は、お鍋に具をセットしといたから、
私が居なくても火にかけるだけでOKと言う具合。
まだもう少し寒い日が続きそうだから
具を変えてまたやろうっと!
今年も風邪知らずで乗り切るぞ〜おー(・∀・)ノ



温まりそう!と思ってくださったら
今日も ←ポチッと愛の一押しを!
どうぞよろしくお願いします(^-^)

人気blogランキングに参加しています。
by aiaicafe | 2013-02-26 00:13 | 炒めもの | Trackback | Comments(0)

鶏肉とアスパラのレモンバターソテー

a0056451_14411191.jpg




3連休はいかがお過ごしでしたか?
私はレッスンの傍ら、真冬ものを引っ張り出したり、
娘とお買い物に出かけたり…と、かなり濃いめの3日間でありました。
反動が来ないといいけど(^▽^;)ハハハ

そろそろ11月も後半を迎え、年末気分も感じるようになってきました(ちょっぴりw
昨日ふとaicafeのアクセスレポートをチェックしたら、
昨日で7周年、今日から8年目に突入なんですよね〜!
ここ数年はばたばたしていて、何年aicafeを書いてるかなんて
ころっと忘れてました( ; ̄ω ̄)ゞ

そして、な、な、なんと!
訪問者数があと少しで800万アクセスではありませんかっ!!
(ノ゚ω゚)ノ*.オオォォォォォォォ いつの間に〜!?

まさかこんなに続けられるとは思わなかったなぁ
書き始めたころは、お料理教室をやるなんて夢にも思ってなかったし、
ブログを書いていなかったら、また違う人生だったんだろうな…
と思うと、感慨深いです。

ブログを書いていたおかげで、いろんな人との出会いもあったし、
嬉しい事や楽しい事がたくさんありました(*^-^*)
ずっと続けて来られたのも、やっぱりいつも見てくださっているみなさんがいるから。
目に見えなくても、たくさんの支えを感じます。
ほんとにほんとにありがとうございます!
マイペースですが、これからも地道に続けて行きたいと思っています。
今までと相変わりませず、これからもaicafeを可愛がってやってくださいね(*^-^*)



さてレシピの方は、今回はチャチャッとできる簡単な1品をご紹介。
どちらかというと、主役と言うよりはサイドメニューかな?
鶏胸肉とグリーンアスパラをサッとソテーした一皿。

あっという間にできるので、あともう1品何か…って言うときや、
朝ご飯や、ランチ時にもおすすめです。
フワ〜♪っと、レモンとバターのよい香りに癒されますよ〜( ^ー゚)♪




人気ブログランキングへ良い香りがして来そう~♪と思ってくださったら
  ↑ポチッと一押しよろしくお願い致しますm(_ _)m

a0056451_14411510.jpg




「鶏肉とアスパラのレモンバターソテー」


【材料】

3人分
グリーンアスパラ1束
鶏胸肉100g~150g(もも肉やささみでもOK)
オリーブ油大さじ1
バター5g
塩、黒コショウ少々
レモン1/4個程度(皮も使う)



【作り方】

1.【下ごしらえ】
  アスパラは下部を少しピーラーで削り、
  5cmくらいに切ってからサッと茹でる。
  胸肉は7~8mmにスライスしてから細切りにする。


2.【炒める】
  フライパンにオリーブ油を熱し、鶏肉を炒める。
  サッと炒めて周りが白くなったらアスパラとバターを加え、塩コショウする。
  器に盛り、レモンを適量しぼり、皮をすりおろして散らしたらできあがり。





鶏肉は、しっかり炒めすぎると硬くなるので、
早めに早めに…と、意識してソテーしてくださいね。
器に盛ってから1分くらい待つと、良い感じに余熱で火が通ります。

レモンの皮って、なんであんなに良いにおいなんでしょうね〜(*´д`*)ハフン♪
シンプルなソテーも、これでグンとおいしさアップ!
かなり贅沢な1品に早変わりします。
これ、皮をすりおろしてそのまま使うので、
できれば防腐剤を施していない国産レモンを選んでくださいね。
実は、今月はレッスンで毎回レモンを使ったので、
たくさん国産レモンを買い置きしてあったんですよね(* ̄m ̄)
少しだけ残ったヘタの部分も、おろすと残すところ無く使い切れます。
ソテーだけでなく、ドレッシングに加えたり、スープに散らしてみるのもいいかも〜(*^-^*)v


a0056451_14411825.jpg

この日のメインは、寒くなって来たので今期初ポトフでありました。
我が家特製、飴色タマネギが入ったオニオングラタンポトフです
これ、1滴残らず飲み干したくなるほどスープがおいしいんですよ♪
残ったスープは、フランスパンとチーズで、
ぜひオニオングラタン風にしてみてくださいね!
1度で2度楽しめますよ〜(*^▽^*) 



周年おめでとう!と、 ←ポチッと愛の一押しを!
どうぞよろしくお願いします(^-^)

人気blogランキングに参加しています。
by aiaicafe | 2012-11-26 16:05 | 炒めもの | Trackback | Comments(6)

オイルサーディンで簡単おつまみ&お米料理のコツ

a0056451_9474633.jpg




ここしばらく体調が悪かったので、泡や刺激物は控えてた私。
以前アレルギーでまぶたが腫れたことがあったけど、
その後どうやら大人アトピーになってしまったようで(汗)
唐辛子とお酒の組み合わせをいただくと、血流がよくなるからか、
ピリピリとかゆくなって腫れるんですよね(´~`;)
そういうこともあって、暑い日に冷たいビールをプハーっといきたかったけど、
完治するまでは!と、グッと我慢の子だったのでした。

ようやくお肌の調子も元に戻り、体調も良くなって来ました。
先日泡をいただいたらなんともなかったので、次はピリ辛だ!(笑)
少しずつ復帰(?)しつつあります(*^-^*)
買い置きしてあったオイルサーディンを使って、
ビールに合いそうなおつまみを作ってみました。



人気ブログランキングへおいしそう~♪と思ってくださったら
  ↑ポチッと一押しよろしくお願い致しますm(_ _)m

a0056451_9474921.jpg

ピリ辛とビール久しぶり〜♪
やっぱり夏はこの組み合わせだよね(*´д`*)ハフン♪
我慢しててよかった(笑)

オイルサーディンを食べるのも久しぶりだったけど、
これは青魚に含まれるオメガ3脂肪酸がアトピーやアレルギーに良いと言う事で、
お買い得だった時にGETしておいたもの。
こういう缶詰類は、少し余った野菜を処分する時に役に立ちますよね。
この日は、中途半端に余ったキャベツを食べるために缶を開けたのでした。

これ、ほんのりカレーとお醤油の味なんですよ。
レモンを搾って食べたら、さっぱり感アップでおいしかった〜(*^-^*)v
青魚苦手な人も、こういうのなら食べられるんじゃないかなぁ
骨まで食べられるしね。
ご飯のおかずにも合いますよ〜( ^ー゚)♪




「オイルサーディンとキャベツのカレー風味炒め」


【材料】

3人分
オイルサーディン1缶
キャベツ適量
にんにく1片
塩コショウ
輪切り唐辛子適宜(お好みで)
カレー粉(カレーパウダー)適量
醤油小さじ1
スダチやレモン適宜(お好みで)

オイルサーディンのオイルは捨てずに、炒める時に利用する。
にんにくは包丁の側面を当ててから、上から叩いて潰す。


【作り方】

1.【キャベツを炒める】
  フライパンに、オイルサーディンのオイルを大さじ1と、
  潰したにんにく入れて火にかける。
  香りが立ったらにんにくを取り出し、強火でキャベツを炒める。
  軽く塩コショウをして、好みの量のカレー粉を振り入れ、
  全体にうっすら焦げ目が付いてきたら器に盛る。



2.【仕上げ】
  同じフライパンにオイルを少し足し、オイルサーディンを温める程度に焼く。
  お醤油を振り入れ、好みで輪切り唐辛子を加えたら、
  盛りつけたキャベツの上にトッピングする。
  好みでレモンを添えたらできあがり。




キャベツとサーディンは違う味付けなんですよ。
ちょっと面倒そう?
いえいえ、一つのフライパンで作るので、全然そんなことありません。
サーディンは温まったらOKなので、あっという間にできちゃいます♪
キャベツと別々に食べても良いし、一緒に食べたらまた違う味…というわけね(*^-^*)
お野菜はキャベツじゃなくてもいいと思いますよ〜
さて、何が合うかな?
そういうのを考えるのも楽しいですね。
まずはオイルサーディンから、GETしにGO!



さて、お米料理を作る時の、
お米の下ごしらえについてご質問をいただいたので、
今回はまとめとして、お米の下ごしらえについて書いておきますね。

まず、「日本人はお米でしょう!」と言うくらい(笑)
お米は毎日の食卓に登場するものですが、
大きく分けて白いご飯と、味のついたご飯がありますよね。
特に白いご飯は日本独特と言っていいほど。
ご飯を炊く炊飯器も色々で、最近は洗米までしてくれる炊飯器もありますよね〜
ふっくらつやつやおいしく炊くために、
ああでもないこうでもないと、みなさんいろんな努力をしてるんじゃないでしょうか。
で、お米を研いでから水を切るのか切らないのか?
研いでから炊くまでの下ごしらえの方法がよく分からないとおっしゃる方が多いので
一目で分かるように、「お米の下ごしらえ一覧」を書いてみました。
よかったらコピペでもしてご利用ください〜


*白ご飯
1.米を研ぐ。
2.炊飯器の内釜に移し、水加減する。
3.30分くらい置いて吸水させる。
4.スイッチぽん♪で炊き上げる
★おいしく炊くポイントは、研ぐ時にお米にヒビをいかせたりせず、
 ある程度糠成分を残しておいてから炊くこと。


*炊き込みご飯(和風)
1.お米を研ぐ
2.炊飯器の内釜に移し、水加減(だし汁や調味料)をする。
3.少し置いて吸水させる。
4.スイッチぽん♪で炊き上げる。
★ただし、種類によって違う炊き方をするものもあります。


*ピラフ(洋風炊き込みご飯)
1.米を研ぐ(又は最初っから研がない)
2.ザルに上げて水気を切り、表面を乾かす。
3.炒めてから炊飯器の内釜に移し、水加減して炊き上げる。
★お米が乾いた状態で炒めるのがポイント。


*リゾット
1.研ぎません。
2.水気を足しながら時々かき混ぜ、微妙に芯が残るか残らないか…
 の程度でできあがり。
★糠のとろみを利用して作るので研ぎません。


*中華粥
1.米を研ぐ
2.ザルに上げて水気を切ったら、すぐにサラダ油をまわしかけて全体にまぶす。
3.水気を足しながら時々かき混ぜ、米が割れてつぶつぶ感が無くなるまで煮る。



大体こんなもんかなぁ
注意していただきたいのは、
「必ずこうしないと出来上がらない」というわけではないということ。
人それぞれ「好み」というものがあるから、
好きなように作ってOKだと思うのよね(^-^)d
時間が無かったら水に浸す部分は省略しても良いし、
(最近の炊飯器は浸さなくてもおいしく炊けますよね!)
作るメニューによってそれぞれ微妙に違うところもあります。
一緒に食べるおかずに合わせて、硬めにしたり柔らかめにしたり…と、
お料理には決まりが無いのです。

上記に書いた事はあくまでも私流ということで、
ちらりと参考程度に見ていただいて、あとは自分で色々な方法を試してみて、
食べてみて「おいしい!」と思える方法を探ってみてください。
気がついたらそれが我が家の味になってるはずですから
そうなることを楽しみにしながら、トライしてみてくださいね( ^ー゚)♪



レシピがお役に立ったら、今日も ←ポチッと愛の一押しを!
どうぞよろしくお願いします(^-^)

人気blogランキングに参加しています。
by aiaicafe | 2012-08-24 12:17 | 炒めもの | Trackback | Comments(4)

大しめじで!豆鼓炒め

a0056451_18302378.jpg



最近、多肉植物にはまってる娘。
植物を置いてるインテリア雑貨屋さんなんかを通りかかろうものなら、
「なんか可愛いのあるかなぁ」と、かじりついて動かなくなるくらい。

あ、多肉…って、食べる植物ではありません(^▽^;)
サボテンみたいな感じの植物のことですから念のため。
なんだか形が可愛らしかったり、変なの〜!っていうのもあったりで(笑)
娘、お気に入りを寄せ植えにして楽しんでるみたい(^-^)


a0056451_18304154.jpg「勝手に水やったりしないでね!」と、
彼女が可愛がってる鉢植え。
ふと見ると、にょっきりキノコがっ!!!

なんじゃこれ〜Σ(・ω・ノ)ノ

「これ、昨日は無かったよね?
一晩で生えたのよね?(汗)
なんのキノコだろう???」

なんだかみょ〜に多肉植物と馴染んでるけど(笑)
キノコに栄養を取られるような気がして、
抜こうということになりました。


手で触るとただれるくらいの強い毒キノコもあるらしいので、
ピンセットで引っこ抜いたらこれがなかなか!
根っこが深くてびっくり〜w( ̄△ ̄;)w
スマホのなめこみたいにポンポン抜けません(笑)
で、その後抜いても抜いても生えてくる…
きっと胞子がいっぱい散ったのね。


a0056451_18302825.jpgその日の晩ご飯は、謎のキノコ…じゃなくて(笑)
『大黒本しめじ』って言う、
デッカいしめじをいただきました。

これ、ダーリンが買って来たんですけど(^-^;)
1パックに4本入りの迫力の太さ!!

でもこのままじゃ太すぎるから
結局は切らないとね(^▽^;)ははは



極太のしめじは、お豆腐やアスパラと一緒に、
豆鼓風味の炒め物になりました。
エリンギみたいに歯ごたえしっかり!で、
なかなか美味でありました♪(^-^)v



  人気ブログランキングへおいしそう〜♪と思ってくださったら
  ↑ポチッと一押しよろしくお願い致しますm(_ _)m

a0056451_1830346.jpg



「豆腐としめじの豆鼓炒め」


【材料】

3人分

豆腐1/2丁(食べやすい大きさに切る)
しめじ1パック
グリーンアスパラ1/2束(5cmのななめ切り)
豆鼓大さじ1(粗みじん切り)
生姜みじん切り小さじ1/3
太白ごま油(白締め油)又はサラダ油大さじ2

『合わせ調味料』
スープ100cc(水+鶏ガラスープの素小さじ1程度)
日本酒又は紹興酒大さじ1
塩(粗塩)小さじ1/3
醬油小さじ1/2
片栗粉大さじ1/2

合わせ調味料は、材料を全て合わせて前もって作っておく。



【作り方】


1.【焼く】
  フライパンに太白ごま油(大さじ1)を熱し、まず豆腐を焼いて焦げ目を付ける。
  焦げ目が付いたら一旦器に取り出す。
  
2.【仕上げ】
  フライパンに大さじ1の油を足し、生姜と豆鼓を炒める。
  香りが立ったらしめじを炒め、油が回ったらグリーンアスパラと豆腐を戻して炒める。
  しめじがしんなりしてきたら、最後に合わせ調味料を回し入れて絡め、
  とろみが付いたら器に盛り、白髪ネギを添えてできあがり。





今回は、レッスンで使って残ったお豆腐を利用。
ネギは生徒さんが魂を込めて(笑)切ってくれた白髪ネギであります!
実はこれ、以前厚揚げと椎茸の豆鼓炒めでアップしたものと
作り方はほぼ同じなんです。
なので厚揚や他のキノコを使ってもおいしくできます。
豆鼓(とうち)を使うと、かなり本格的な中華に仕上がりますから、
ぜひトライしてみてくださいね。(^-^)v



いつも応援ありがとうございます!
みなさんの応援が励みになっています。
今日も←ポチッと一押し、
応援して行ってくださったらうれしいです。
どうぞよろしくお願いします!(^-^)

人気blogランキングに参加しています。
by aiaicafe | 2012-08-20 19:37 | 炒めもの | Trackback | Comments(2)

柔らか♪鶏胸肉と新タマネギのカレー風味ソテー

a0056451_2171683.jpg




そろそろ甘くてみずみずしい新たまねぎを見かけるようになってきましたね〜(*^-^*)
オニオンスライスも良いけど、丸ごとオーブンで焼いても甘くておいしいのよね♪
(「万能の薬能を持った奇跡の球根」と↑呼ばれるタマネギの効能については、上記をチェック!)
今回は、そんな新たまねぎを美味しく食べるために作った1品。

これ、ヘルシーな鶏胸肉と一緒に、食欲をシゲキするカレー風味でソテーしました。
作りながら、思わずお腹がぐぅ〜なんですよね〜(´∀`*)ウフフ
でもつまみ食いはダメよ!(笑)
硬くパサつきがちな胸肉を、ふんわり柔らかく炒める方法も一緒に書いておきますね。
「え、コレ胸肉!??」
って言うくらい柔らかく出来上がりますから、どうぞお試しを( ^ー゚)♪

もしかして似たようなのを過去にアップしてるかも…ですが(^▽^;)
レシピ数が1000を超えたあたりで記憶がさだかではなくなって来たので(笑)
多めに見てやってくださいね。



人気ブログランキングへおいしそう~♪と思ってくださったら
  ↑ポチッと一押しよろしくお願い致しますm(_ _)m

a0056451_2172192.jpg




「鶏胸肉と新たまねぎのカレー風味ソテー」


【材料】

3人分
鶏胸肉1枚
新タマネギ1個
しめじ1パック
サラダ油大さじ1
塩コショウ少々
日本酒又は白ワイン大さじ1
カレー粉(カレーパウダー)小さじ1/2
バター5g〜10g
醤油大さじ1
刻みパセリ(あれば)


【作り方】

1.【下ごしらえ】
  胸肉は、1cm幅くらいの、食べやすい大きさの削ぎ切りにする。
(大きい場合は、縦半分に切ってから削ぎ切りにする)
  タマネギは1cm幅の輪切りにする。



a0056451_2172447.jpg2.【鶏肉を炒める】
フライパンにサラダ油を熱し、
鶏肉を重ならないように並べて強めの中火で焼く。
すぐに裏返し、全体が白くなったら一旦器に取り出す。
(余熱で火を通す)


3.【野菜を炒める】
  同じフライパンでタマネギを炒め、しめじも加える。
  日本酒か白ワインをふりかけて、しんなりするまで炒める。


4.【仕上げ】
  鶏肉をフライパンに戻し、軽く塩コショウ、カレー粉を振る。
  バターをポンと落とし、溶けて全体に広がったらお醤油をまわし入れる。
  サッと絡めて器に盛ったら完成。
  彩りに刻みパセリを散らすとGOODです!



これ、香りはカレーですが、
ベースのお味はバター醤油なんですよね。
なのでご飯のおかずにもパッチリ(^▽^)v
カレーが苦手な方は、無しでも十分おいしく食べていただけますよ〜

鶏肉は、最初にしっかり中まで火を通してしまうと
硬くなってしまいます。
全体が白くなったら思い切って取り出し、
取り出した後は、余熱で中まで煮えますから大丈夫。
最終的にはまたフライパンに戻しますしね。
ただし、均一に火がとおるように、切る時の厚みは1cm程度に揃えてくださいね。
それがお約束です(^-^)v
栄養たっぷりの新たまねぎ、おいしく食べてくださいね!


レシピがお役に立ったら、今日も ←ポチッと愛の一押しを!
どうぞよろしくお願いします(^-^)

人気blogランキングに参加しています。
by aiaicafe | 2012-03-26 22:32 | 炒めもの | Trackback | Comments(10)

青菜の炒めず?中華炒め・焼きおにぎり弁当2種

a0056451_19361660.jpg



秋らしい爽やかなお天気が続きますね〜♪
お休みにはお弁当を持ってどこかへ出かけよう!と予定している方もいらっしゃるかな?
今回は、お弁当のアップです(^-^)

我が家で焼きおにぎりと言えば、韓国海苔を巻いたお醤油味のものと、
味噌を塗って大葉で巻いたものの2種類。
これ、どちらも別物で、冷めてもおいしいんですよ〜♪
普通のおにぎりも良いけど、焼くと香ばしさが加わって、
いつものとはちょっと違う、変化球的なお弁当になります。
もちろん、お家で食べると居酒屋さん風で、脱マンネリにぴったり!
秋の夜長をピクニック気分で楽しんでみてくださいね(*^-^*)


人気ブログランキングへおいしそう~♪と思ってくださったら
  ↑ポチッと一押しよろしくお願い致しますm(_ _)m

a0056451_19364159.jpg

まず、トップ画像は韓国海苔を巻いたもの。
海苔は炙ってから刷毛でごま油を塗り、塩を軽く振っておきます。
フライパンにごま油を熱しておにぎりを焼き、焦げ目が付いたら
お醤油にみりんを加えたものを刷毛で塗り、香りを付けます。
海苔をくるっと巻いてできあがり〜!

おかずは、信太巻き、茄子の胡麻風味煮、出し巻きたまご、
そして青菜(小松菜)とかにかまの中華風炒めず炒め。
…って、炒めたのか炒めてないのかどっちなの!(笑)
答えは「レンジでチン♪」しただけであります(^▽^;)
でも、ちゃんと中華風の炒め物みたいにできあがるからおもしろいのよね。
お弁当のおかずみたいに、少量ならこれがラクチンでおすすめです。
ぜひお試しあれ!



「青菜とカニかまの中華風炒めず炒め」


【材料】

1人分
小松菜などの青菜2〜3株(一口大に切る)
かに風味かまぼこ1〜2個(ほぐす)
水大さじ1
日本酒大さじ1
鶏ガラスープの素ひとつまみ
醤油小さじ1/2
塩ひとつまみ
ごま油小さじ1



【作り方】

a0056451_19365033.jpg
1.【レンジ加熱する】
耐熱容器に青菜とかにかまを入れ、
調味料をすべてまわしかけてふんわりラップをする。
レンジ強で2分〜3分加熱したらできあがり。
ラップを外し、よく混ぜて調味料を絡める。




 これ、ブロッコリーやグリーンアスパラでもできるので
お好みの材料で試してみてくださいね。
ちゃんと中華の香りがしますよ〜( ^ー゚)♪



a0056451_19365394.jpg

さて、こちらは味噌焼きおにぎり。
韓国風と同じく、フライパンで焼いてから味噌を塗り、
さらに香ばしくオーブントースターで炙ってあります。
味噌の分量など、詳細はこちらを見てみてくださいね。
大葉が爽やかでクセになるおいしさです(*^-^*)v
おかずは肉じゃが、ほうれん草とソーセージのソテー、和風オムレツ(崩壊w)などなど。
普段のご飯にもぜひどうぞ!




いつも応援ありがとうございます!
今日も人気ブログランキングへ←ポチッと一押し、応援して行ってくださったらうれしいです。
どうぞよろしくお願いします!(^-^)

人気blogランキングに参加しています。
by aiaicafe | 2011-09-29 20:29 | 炒めもの | Trackback | Comments(0)

豚フィレ肉とマッシュルームのソテー

a0056451_2094268.jpg




雨上がりの大阪、かなり涼しくて快適です♪
今朝は肌寒くて、長袖でちょうど良いほどでした。
秋の気配を感じたら、キノコや栗、根菜を使った秋のメニューが待ち遠しいですよね〜(*^-^*)
今回は、豚フィレ肉とマッシュルームを使って、ボリュームのある1品を作ってみました。
ダシ割り醤油にすだちを搾ったら爽やかさっぱりで
おいしい〜 (*´д`*)ハフン♪
すだちのフルーティーな香りが、なんとなく秋を連想させるんですよね。
サンマにはよく使うけど、こういうお肉を使った物にもよく合います。
フィレ肉は舌で噛み切れるほど柔らかいし、お年寄りの方にも喜んでいただけるんじゃないかな?
おいしく食べてみてくださいね(^-^)v


  人気ブログランキングへおいしそう〜♪と思ってくださったら
  ↑ポチッと一押しよろしくお願い致しますm(_ _)m


a0056451_20492720.jpg






「豚フィレ肉とマッシュルームのソテー」


【材料】

3人分

豚フィレ肉塊250g〜300g
塩コショウ
マッシュルーム1パック(半分に切る)
サラダ油大さじ1
すだち1〜2個

『ダシ割り醤油』
ダシ汁大さじ1
しょうゆ大さじ1
豚肉をソテーした後の肉汁全部

ダシ割り醤油は(肉汁以外)前もって用意しておく。




【作り方】

1.【下ごしらえ】
  豚肉は1cm程度にスライスし、肉叩きで叩いて半分くらいの厚さにのばす。
  軽く塩コショウして下味を付けておく。



2.【ソテーする】
  フライパンにサラダ油を熱し、豚肉をソテーする。
  両面に焦げ目が付いたら一旦取り出しておく。
  続けてマッシュルームをソテーし、焦げ目が付いてしんなりしてきたら
  豚肉を戻して温まる程度に火を通し、器に盛り付ける。
  フライパンに残った肉汁をダシ割り醤油に混ぜ、すだちと共に添えてできあがり。




豚肉は、余熱を利用して火を通し、焼きすぎないようにするのがポイント。
フィレ肉って元々柔らかいですが、もうワンランク上の柔らかさになりますよ〜( ^ー゚)♪
もう少し甘みがある方が良い方は、煮きりみりんを加えて味を調えてくださいね。
あ、すだちはレモンでもOKですし、もちろんポン酢で食べてもおいしいです。
お好みで食べてみてください(^-^)
ご飯も泡もすすみますぞよ〜(笑)

a0056451_23422695.jpg


おいしそう〜♪と思ってくださったら→人気ブログランキングへ←ポチッと一押し
今日も応援して行ってくださったらうれしいです。
どうぞよろしくお願いします!(^-^)

人気blogランキングに参加しています。
by aiaicafe | 2010-09-16 23:48 | 炒めもの | Trackback | Comments(4)

奇跡のこんにゃく!?ピリ辛炒め

a0056451_2063558.jpg



先日、わざわざ福井から来てくださった生徒さんに、
おいしいこんにゃくをいただきました(ありがとうございます^^)
いただいたのは、板状のものとお刺身こんにゃく(極薄にスライスしてあります)
上質なこんにゃく粉100%で作ってあるそうで、こんにゃく特有のアク臭が少なく、
一般的なこんにゃくに入っている、海藻の黒いつぶつぶの無い
真っ白で滑らかなこんにゃくです(*^-^*)
ほんと、あの独特の匂いが少なくて、だからお刺身でも食べられるのね!と納得なのでした。

実は我が娘、何でも食べるよい子なんですが(文句は言うけどねw)
こんにゃくだけは食べられず…なんですよね(´~`;)
あのこんにゃく独特の匂いがダメらしいんです。
しかしダーリンの肥満予防にこんにゃくは最適。
なので自然とこんにゃく料理は彼女の留守の時という事になってしまいました(^-^;)

ダーリンと2人のごはんの日、今だとばかりにこんにゃくメニューが勢揃い(笑)
いただいたこんにゃくのお刺身と、ピリ辛に炒めたのをいただきました。
ピリ辛は、具だくさんラー油を利用した味付けで、

ダーリン「これ、いけるね!」

ほんと!牛ミンチとこんにゃくの組み合わせが、
なんとなく牛スジ煮込みを食べた時と食感が似ているのです。
こんにゃくにクセが無いからか、牛肉の旨味が素直にこんにゃくと相まって、
ミンチだけど(笑)おいしかった〜 (*´д`*)ハフン♪
当然、お刺身もおいしかったことは言うまでもありません( ^ー゚)♪
普通のこんにゃくでも、サッと茹でてあく抜きするとおいしくできますから、
ぜひお試しくださいね!


  人気ブログランキングへおいしそう〜♪と思ってくださったら
  ↑ポチッと一押しよろしくお願い致しますm(_ _)m


a0056451_208206.jpg





「こんにゃくと牛ミンチのピリ辛炒め」


【材料】

3人分

こんにゃく1枚(食べやすい大きさにスライス)
牛ミンチ肉100g
サラダ油大さじ1/2
※具だくさんラー油大さじ1
みりん大さじ1
しょうゆ大さじ1
刻みネギ適量

※具だくさんラー油の作り方はこちら




【作り方】

1.【下ごしらえ】
  こんにゃくはサッと茹でてアクを抜いておく。


2.【炒める】
  フライパンにサラダ油を熱し、ミンチ肉を炒める。
  ポロポロにほぐれたらこんにゃくを加え、ラー油と調味料で味を調えながらさらに炒める。
  器に盛り付け、ネギを散らしたらできあがり。






私とダーリンがウマウマ言いながら食べている所へ帰って来た娘。

娘「何食べてるの?」

どうやら晩ご飯のメニューが気になる様子。食べて来たくせに〜(笑)

母「このこんにゃく、匂いが無いから食べられるかもよ。一口味見してみる?」

今までどうすすめても口に入れなかったこんにゃくを、娘パクッと一口…
そして飲み込んだ!

  _, ._
(;゚ Д゚)き、奇跡だ!!


娘「これ食べられるわ!でもこんにゃく嫌いだからね。」

先に予防線を張られてしまったけど(笑)
彼女がこんにゃくを飲み込んだ姿を初めて見た母。
ダーリンと二人で「おぉぉぉぉぉぉ」と拍手喝采であります(笑)

その後、娘は小学校の時に、給食でこんにゃくが食べられずに残された事を話し出す…
ソレがかなりトラウマになってるようで、こんにゃくを見るといつも話すんですよね(^-^;)

ダーリン「実は僕も、給食で茄子の煮ものが食べられなくて、放課後の掃除の時まで
  食べろと残されたなぁ…冷たくなった茄子なんて美味しいわけないし〜(苦笑)」

ええ〜!今は茄子大好きで、特に夏は茄子のピリ辛作って!と、
彼からリクエストが出るほどなのに〜w( ̄△ ̄;)w
そんな経験あったのか!とオドロキの発言でした。
でも、茄子が食べられるようになって良かったよねぇ

今は給食で食べられないものがあっても無理に食べさせるようなことはしないそうですが、
大人になっても食べられずに尾を引くか、克服できるかは、本人の意思次第っていうことかなぁ
でも、そういうイヤな想い出はずっとトラウマになって、
子供心を傷付けるのは確かみたいですね(^-^;)

さて、いただいたこんにゃくが少し残っているので、
今度は味噌田楽にでもしてみようかな。
娘、田楽味噌が好きなんです。むふふふふ(* ̄m ̄)


こんにゃく克服がんばれ〜!と(笑)→人気ブログランキングへ←ポチッと一押し、
応援して行ってくださったらうれしいです。
どうぞよろしくお願いします!(^-^)

人気blogランキングに参加しています。
by aiaicafe | 2010-08-25 20:18 | 炒めもの | Trackback | Comments(0)