カテゴリ:たまご料理( 39 )

エビとゆり根の玉子とじ

a0056451_12532454.jpg



友達からゆり根をいただいたんですよ(^-^)
茶碗蒸しなんかに入ってるアレです。
写真を撮るのを忘れちゃったんだけど(すみません!)
見た目はにんにくの大きなヤツみたいで(笑)
鱗片状の塊になっています。
アーティチョークなんかにも似てるかなぁ(チト違うか…)
根っこか球根か??
いえいえ、正しくは食用百合の鱗茎だそうですよ(^-^)
葉が変形したもので、百合はそこに栄養を蓄えていると言うわけね。
人間で言うと、ちゃんと貯金してるって事かな。
百合って偉いわ〜(笑)

今回は茶碗蒸しには入れずに、エビとグリーンピースと一緒に
玉子とじにしてみました。
お味は少し甘みのある、うま煮みたいな感じ。
栗かジャガイモみたいにほっくりしたゆり根と、
プリッとしたエビって相性バツグン♪
上品で後を引くおいしさなんですよ〜(*^-^*)

でもね、正直に言うと、これリベンジだったんです(^-^;)
数日前に、ダシ汁でゆり根を煮て、さぁあとはたまごを入れるだけね。
…と言う時に、ダーリンから「ちょっと遅くなるよ〜」と言う電話が…

  _, ._
(;゚ Д゚)イヤ〜な予感…

お鍋に蓋をして1時間ほど待ってから、さぁたまごとじだ〜と思ったら、
な、な、無い〜〜〜!!
ユリネの姿が見えません〜〜(T^T)

そう。余熱でゆり根がトロトロに煮えてしまって、
まるでポタージュスープのようになってるではありませんか!
まぁユリネのスープもそれはそれでおいしいかもしれないけど(笑)
a0056451_12563514.jpg

↑これってどうよ?(^▽^;)
よ〜く見たら百合根っぽい破片は見えるかもしれないけど(笑)
ゆりねの玉子とじよ〜♪って言ったら
詐欺だ!って言われそう(爆)

今回のはこちらです↓



←ポチッと一押しよろしくお願い致しますm(_ _)m






a0056451_12574367.jpg

「エビとゆり根の玉子とじ」


【材料】

3人分

ゆり根1個
エビ小9〜12匹
冷凍グリーンピース1/4カップ(50cc分)
たまご2個
ダシ汁300cc
日本酒大さじ1
砂糖(粗糖)大さじ1
薄口醤油大さじ1/2
塩(粗塩)小さじ1/4

エビは殻を剥き、塩(分量外)を振ってぬめりが出るまで揉み、
水でサッと洗い流して背わたを取っておく。




【作り方】
  

a0056451_12582712.jpg1.【下ごしらえ】
ゆり根は外側から1枚ずつ剥がし、
隙間に泥やおがくずが入っているのできれいに洗う。
大きいものは半分に切っておきます。






a0056451_12595242.jpg2.【煮る】
ダシ汁に調味料を入れて味を調え、ゆりねを煮る。
5分ほど煮たらエビとグリーンピースを加え、一煮立ちさせる。
沸騰しているところへ溶き卵を回し入れ、蓋をして火を止める。
2〜3分置いて、余熱で煮えたらできあがり。





今回は、ちゃんと形のあるおいしい百合根が食べられてやれやれ(笑)
たま〜にこんな失敗もあるけど(汗)
ゆり根って、すぐに火が通るからお鍋に入れたままにしちゃダメ!って言う

良い教訓になりました(^-^;)
まだまだ精進せねば!

ゆり根の旬はこれから(^-^)
ビタミンBやミネラルがたっぷりで疲労回復や滋養強壮に良いそうです。
すぐに柔らかくなって(笑)消化がいいから
風邪っぽい時に食べるおかずにもいいかもしれませんね。


さて、前回に少しお知らせしたaicafeショップですが
今週か来週あたりのオープン目指してがんばっております(^-^)
なにせワタクシが一人でコツコツと作っているものなので
1種類につき1個〜数個までしか作れませんが(汗)
丁寧に心を込めて制作しております♪
スタイルについては、シンプルでスタイリッシュなものと、大人可愛いもの。
2種の展開になる予定です(^-^)
(でもそう言いながら色々作っちゃいそうw)
あ、みなさんからの「こういうのを作って〜!」と言う
リクエストもお待ちしておりますね。
少しずつ撮影も始めているので、チラッとだけで申し訳ないですが(^-^;)
ぼちぼちとイメージ写真を公開しますね。
オープンまで今暫くお待ちくださいませ〜m(_ _)m



a0056451_1325942.jpg

いつも応援ありがとうございます!
みなさんの応援が励みになっています。
今日も ←ポチッと一押し、
応援して行ってくださったらうれしいです。
どうぞよろしくお願いします!(^-^)

人気blogランキングに参加しています。

by aiaicafe | 2008-11-17 13:13 | たまご料理 | Trackback | Comments(20)

和ムライス&土鍋焼きうどん

a0056451_11471818.jpg



お待たせしました〜♪
とうとう出ました!和ムライスです(笑)
鶏ごぼう五目ご飯を作った翌日のお昼ご飯はコレだったんですよ(*^-^*)
少〜し残しておいた炊き込みご飯の具は、あんの具に使ったと言うわけです。

コレ、以前に和風天津飯を作ったけど、それと少し似てますね。
大きな違いはご飯が炊き込みご飯だと言うところ。
ご飯の味を活かすために、あんはダシを利かせた薄味仕立てです。
和風天津飯と似たような味かな〜と思ったけど然にあらず!
ちゃんと上品な和の味でおいしいの♪
作った本人もびっくりしちゃった(笑)

a0056451_11492653.jpg


オムライスはダーリンが作ってくれたんですよ(^-^)(食べたのは土曜日でした)
危うく崩壊寸前(笑)
見ててはらはらしちゃったわ(それなら自分でやれって?w)
でも、娘の分も作って「昼飯作ったから来いよ〜!」と
わざわざ娘の部屋まで呼びに行ったりしちゃって、
ちょっと得意げだったな(* ̄m ̄)ププ

あんは、画像よりも少し多めにかけるのがおすすめです。
ごはんに染み込んだあんがおいしいのよね♪
炊き込みご飯を作ったら、ぜひトライしてみてくださいね!




←ポチッと一押しよろしくお願い致しますm(_ _)m






a0056451_11485158.jpg



「和ムライス」


【材料】

3人分

お好みの炊き込みご飯適量
たまご3個(一人1個)
塩少々
サラダ油適量
ネギ適宜(トッピング用)

『あん』
人参、ごぼう、さやいんげん、きのこなどのせん切り適量
ダシ汁300cc
日本酒大さじ1
みりん大さじ1
塩(粗塩)小さじ1/3
薄口醤油大さじ1/2
水溶き片栗粉(片栗粉大さじ1+水少々)

おいしいダシの取り方はこちらです。





【作り方】
  

1.【下準備】
  ご飯が冷たい場合は、レンジ加熱して熱くしておく。


2.【あんを作る】
  小鍋にダシ汁を入れて沸騰させ、煮えにくい野菜を先に入れて暫く煮る。
  野菜が煮えたら調味料で味を調え、一旦火を止めてから
  かき混ぜながら水溶き片栗粉を加え、再び弱火で沸騰させてとろみを付ける。



3.【たまごを焼く】
  たまごは塩ひとつまみを入れて溶く。
  フライパンを熱して油を敷き、溶き卵を流し入れて薄焼きたまごを焼く。
  中央にご飯を乗せて端を巻き込み、そのまま滑らせながら器に盛る。
  上から熱々のあんをかけてできあがり。





薄焼きたまごにご飯を包むって、少し難しいですよね(´〜`;) 
慣れないとすぐに崩壊しちゃったりして(苦笑)
自信の無い方は、片栗粉小さじ1に水を少し足して溶き、
そこへたまごを割り入れてから溶くと、破れにくいしっかりしたたまごに仕上がります。
少々硬くなっちゃうけど、崩壊するよりはマシかも(^-^;)


で、本日はリメイク料理がもう1品♪
天ぷらを揚げて、天丼にして食べたんですよね。

a0056451_1150559.jpg

えび大きいでしょ?(* ̄m ̄)ムフフ
パプリカやズッキーニも乗ってたりするけど〜(笑)
でも、エビの数が人数と合わなくて(2匹余ったw)
揉め事の元だから翌日に回しちゃったんですよ(^▽^;)
で、大きな土鍋で鍋焼きうどんを作って、その具になったと言うわけです。
小さい一人用の鍋があったらいいんだけど…
買うとまた収納場所に悩むから、このサイズです(^-^;)

でも、大きなお鍋をみんなでつつくのって楽しいのよね♪
娘と2人分だったんだけど、麺がちょっと多すぎて
あとからダーリンも参加して結局は3人で食べました。
エビはもちろんもう食べた後(笑)
早い者勝ちですわ〜♪


a0056451_11515217.jpg土鍋焼きうどんは、ダシつゆのレシピのみ書いておきますね。
ダシ1リットル(1000cc)、塩(粗塩)小さじ1、
日本酒大さじ1、みりん大さじ2、薄口醤油大さじ2です。
具はエビ天、茹でほうれん草、キノコ(舞茸、しめじ)
たまご、ネギです。

鍋焼きうどんって、豪華な(?)感じがして
子供のころは私の憧れのメニューだったんですよ(笑)
今考えると可笑しいわね(^▽^)
でも、充分大人な今も大好きなメニューには変わりありません。
ふーふー言いながら召し上がれ〜♪(*^-^*)

いつも応援ありがとうございます!
みなさんの応援が励みになっています。
今日も ←ポチッと一押し、
応援して行ってくださったらうれしいです。
どうぞよろしくお願いします!(^-^)

人気blogランキングに参加しています。


by aiaicafe | 2008-11-12 12:09 | たまご料理 | Trackback | Comments(16)

湯葉入り冷やし茶碗蒸し

a0056451_14562653.jpg



こってりめのメニューが続いたので、この辺で一息。
今回は、ひんやり優しい味の玉子料理です(*^-^*)

これ、本当はレシピ本(P85)にも掲載されている玉子豆腐なんです。
いつもは大抵ガラスの器を使うんですが、
少し気分を変えて和風の器で作ってみたら…

ダーリン「これ、器からして、玉子豆腐というよりも冷やし茶碗蒸しやね」

やっぱりそう見える?(^-^;)
この器、実は蕎麦猪口なんですよね。
我が家の蒸し器、これだと1度に5個蒸せるんです。
と言う事で、中身は玉子豆腐なんだけど
器の都合により今回は冷やし茶碗蒸しでございます(笑)

今回は、具に湯葉を入れてみました。
板湯葉があったので、パリパリと小さく割ったのが入っています。
市販でも「割れ湯葉」と言うのがあります。
割安で、汁物の具や和え物にはこれで充分!
他、ワカメを入れても合いますよ〜(^-^)v
お好みの具を使って工夫してみてくださいね。




人気blogランキングへ。  Blog ranking






a0056451_14572092.jpg


「湯葉入り冷やし茶碗蒸し」


【材料】

3〜4人分

たまご大2個
ダシ汁500cc
塩(粗塩)小さじ1/2
日本酒大さじ1
みりん大さじ1
薄口醤油小さじ1
湯葉15g程度

『ツユ』
ダシ汁100cc
日本酒小さじ1
みりん小さじ2
薄口醤油小さじ1・1/2
砂糖ひとつまみ

湯葉は砕いておく
ダシ汁の引き方はこちらです。




【作り方】
  

1.【たまご液を作る】
  鍋にダシ汁と調味料を合わせて一煮立ちさせ、粗熱を取る。
  溶き卵とよく混ぜ合わせて、茶こしなどで漉しながら
  さっと水で濡らした器にそそぐ。



2.【蒸す】
  砕いた湯葉を加えてラップをし、湯気の上がった蒸し器で10〜15分蒸す。
  最初の1〜2分は強火で、あとは弱火でじっくり蒸します。
  竹串などを刺してみて、透明のダシが出てきたらできあがり。
  蒸している間に、ダシ汁と調味料を合わせて一煮立ちさせ
  つゆを作っておきましょう。



3.【冷やす】
  粗熱が取れたら、ツユと一緒に冷蔵庫で冷やします。
  ツユを張り、三つ葉やゆずなどを添えてめしあがれ!




実はこれ、上の部分にすが入っちゃったんですよね(^-^:)
ラップをし忘れたのと、蒸し器に入れたあと、
ついついオリンピック放送に目が行っちゃったの(汗)
いや〜思わず夢中になって見てたら「あっ!蒸し器だ〜!!」ですよ(笑)
蒸し初めが肝心なので、よゐこはしっかり弱火にしてから
オリンピック見てくださいね〜!(^▽^;)ハハハ


a0056451_1458229.jpg


上はイマイチですが、下の方は無事でした(ホッ)
フルフルのたまごに、歯ごたえのある湯葉が良いアクセント。
ダシの香りが優しくて、上品な味に仕上がりました♪
こってり目のスタミナ料理の合間にいただくとウマ〜なのです。

いつもは大きめの器に3〜4個作るんですが、
蕎麦猪口だと5個できあがりました。
翌日の朝ご飯にもピッタリ♪
スルスルとおいしくいただきました〜(*^-^*)v
暑さで少々疲れ気味の胃にもやさしくておすすめです。
お疲れさま〜!とぜひ労ってあげてくださいね。


いつもポチッと応援ありがとうございます!
みなさんの応援が励みになっています。
今日もBlog ranking ←ポチッと
一押しして行ってくださったらうれしいです。
(1クリックで10ポイント加算される仕組みです)
応援どうぞよろしくお願いします!(^-^)

a0056451_14591865.jpg

人気blogランキングに参加しています。
by aiaicafe | 2008-08-19 15:11 | たまご料理 | Trackback(1) | Comments(4)

ふわふわ♪シラスと豆腐の玉子とじ

a0056451_13572895.jpg




これ美味しかった〜 (*´д`*)ハフン♪
とっぱしから(笑)

お吸い物風のダシ汁が優しくて、ホッとする味なんですよ。
たまごとお豆腐がふんわりふわふわ♪
そこにしらすの塩気が加わって、とても上品な味に仕上がって大満足(^-^)v


私が一人でウマウマ言っているところへちょうど娘が帰宅。
ご飯は外で食べてきたらしいけど、

ai「これおいしいよ〜♪少しどうぉ?」

じゃあちょっとだけね。と、味見をしたらこれが止まらない(笑)
「まだ残ってる?」と娘。

ai「まだ少しあるけど、もしかしたら遅くに帰って来るパパが
  夜食に食べたいっていうかも…少し残しておいてあげてよ。」

娘「そっか、じゃあ食べようっと!
   全部食べちゃえば、最初から無かったのと同じだもんね〜(* ̄m ̄)ムフフ」


あったまイイ〜!  …って Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)おぃっ!!

私は娘をそんなイヂワルな子に育てた覚えは(略)
とかなんとか私がぶつぶつ言っている間に、
彼女はそそくさと証拠隠滅に一生懸命(笑)

遅くに帰ってきたダーリンは、このおかずの存在を知らずに
平和な顔で今日に至ります(^▽^;)
(でもこの日記でバレるだろうなぁ笑)



このお豆腐、オイシックスのお試しセットに入っている
「とろーりまろやか絹豆腐」って言うやつなんですが、
冷や奴で食べてもおいしいのはもちろん、
温めるとふわとろ感が倍増するんですよね。
もうフルンフルンしてらっしゃいます(笑)
(シラスとたまごも同じくお試しセットから。)
ここのお豆腐が好き!って言う方の言葉をよく聞きますが、
食べて見ると納得。
豆の甘みがあって、本当においしいお豆腐でした(*^-^*)

こういうのって、夏バテ予防のスタミナ系おかずなんかと一緒にいただくと、
「夏は冷や奴もいいけど、温かいのもたまにはいいね」
と、癒し効果があるみたい(^-^)
おいしいダシ汁で作ってみてくださいね!





人気blogランキングへ。  Blog ranking





a0056451_1471771.jpg



「シラスと豆腐のたまごとじ」


【材料】

3〜4人分

絹ごし豆腐1/2丁(さいの目切り)
しらす25g
椎茸2枚(さいの目切り)
溶きたまご2個分
ダシ汁700cc
みりん大さじ1
塩(粗塩)小さじ1/2
薄口醤油大さじ1/2
三つ葉、ネギなどの薬味適宜

おいしいダシ汁の引き方はこちらです。





【作り方】
  

1.【つゆを作る】
  鍋にダシ汁を煮立て、調味料で味を調えておく。


2.【仕上げ】
  つゆが沸騰してきたら豆腐と椎茸を加える。
  静かに煮て豆腐が浮いてきたら、溶き卵にしらすを加えて混ぜ、
  少し高い所から廻し入れてすぐに火を止める。
  たまごが余熱でふんわり固まったら器に盛り、
  三つ葉やネギを散らして完成です。





きのこはしめじでもエノキでもOKです。
お好みで組み合わせてみてくださいね。
そうそう、食べる時にはレンゲやスプーンをお忘れなく!
一口ずついただきながら、優しい味に癒されてくださいね(*^-^*)


おいしそう〜♪と思ってくださったら
Blog ranking ←今日も_ρ( ̄  ̄*)ポチッ♪と一押し
応援どうぞよろしくお願いします!

a0056451_1465573.jpg

人気blogランキングに参加しています。






a0056451_14111719.jpg

ただ今全国の書店にて発売中!
こちらもどうぞよろしくお願いします。
本の詳細、ご購入は→こちらから(チラリと立ち読みできます)

a0056451_1411656.jpg

お得なオイシックスのお試しセットとのコラボ販売もどうぞ!
詳しい内容とご購入は→こちら←から。
期間限定です。この機会をぜひお見逃しなく( ^ー゚)♪

by aiaicafe | 2008-07-14 14:25 | たまご料理 | Trackback(1) | Comments(13)

皮なしキッシュ

a0056451_1249976.jpg



キッシュって、本来はパイ生地(練りパイ)に、具とたまご液を流し込んで焼いて作る
エッグタルトの甘くない版みたいなもので(わかります?w)
キッシュ・ロレーヌって言う、フランスのロレーヌ地方の郷土料理です。

しか〜し!暖かくなると、手の温度でバターがすぐに溶けちゃうんですよね(汗)
パイ生地があっちこっちにくっつきまくるから
失敗しやすいのなんの!(笑)
私の中では「パイは寒い時に作るもの」って言う図式がすでに成立済み(^▽^;)

そして生乳不足でバターが貴重な今日この頃。
欲しくてもなかなか手に入らなかったりしますよね。
市販のパイ生地はマーガリンを使った物が多くて、
トランス脂肪酸の問題から、私的にはあまりおすすめできません。
と言う事で、今回はバターをたくさん使うパイの部分は省略。
皮が無いと又別の物になってしまうけど、
これがなかなか(笑)


ダーリン「おいしぃ〜(*^-^*)」


ほらね(笑)
ダーリンから久々に「おいしい」と言う言葉をいただきました(*^-^*)v

ふんわりフワフワ♪
オーブンで焼いたプリン…いやいやオムレツかな?
チーズのコクとまったり味のたまごがウマ〜 (*´д`*)ハフン♪
お子様からお年寄りまで食べていただける1品です。

我が家は時間差で帰って来る家族のために、2つに分けて焼いたけど、
大きい器でド〜ンと焼くとかなりの迫力。
おもてなしにもおすすめです(^-^)
炒めた具にたまご液を流し込んで焼くだけ!
簡単なのでぜひトライしてみてくださいね。



人気blogランキングへ。  Blog ranking





a0056451_12544270.jpg



「皮なしキッシュ」


【材料】

3〜4人分

ほうれん草1把(サッと茹でて3cmくらいに切る)
ベーコン3枚(細切り)
しめじ又はマッシュルームなどのキノコ1パック(マッシュルームを使う場合はスライスする)
バター10g程度(約大さじ1)
白ワイン大さじ1
塩コショウ

たまご3個
生クリーム50cc
牛乳100cc
粉チーズ大さじ3

オーブンは180度に予熱しておく。
耐熱皿に薄くバター(分量外)を塗っておきます。




【作り方】
  

1.【炒める】
  フライパンにバターを熱し、ベーコンを炒める。
  キノコを加えたらワインをふりかけて蒸し炒めにし、
  しんなりしたらほうれん草を加えて軽く塩コショウします。



2.【焼く】
  たまごを溶きほぐし、生クリーム、牛乳、粉チーズを入れてよく混ぜ
  たまご液を作っておきます。
  バターを塗った耐熱皿に具を入れ、たまご液を流し込みます。
  オーブンへ入れて約30分、真ん中までぷっくりと膨らむまで焼けたらできあがり。





焼き時間は、器の大きさやオーブンの機種によって違ってきます。
15分くらいで1度チェックしてみて、
真ん中あたりがしっかり膨らんだら焼き上がりです。

a0056451_125307.jpg


この膨らみ具合↑ちょっとすごいでしょ?(^▽^;)
倍くらいに膨らむので、器に目一杯入れると大変な事になります(笑)
八分目くらいまでになるようにご注意くださいね。

オーブンから出すと、プリンみたいにぷるんぷるん♪
ですが!残念ながらすぐにシュワ〜っと萎みます(笑)
温、冷、どちらもおいしいですよ〜( ^ー゚)♪





a0056451_1249553.jpg

人気blogランキングに参加しています。

一緒にいただいたのは、前回のボンゴレビアンコやシンプルサラダなどなど。

Blog ranking ←_ρ( ̄  ̄*)ポチッ♪と一押し
応援どうぞよろしくお願いします!

by aiaicafe | 2008-05-03 13:04 | たまご料理 | Trackback(1) | Comments(14)

ピータン豆腐

a0056451_15224161.jpg



真っ黒なモノが白いお豆腐の上に!これはいったい??
…と、見た目はちょっとビックリな(笑)
ピータン豆腐でございます。

a0056451_15241683.jpg←パッと見は石ころみたい?
ピータンは、アヒルのたまごを加工して熟成させた中国の食材。
中国語では「皮蛋」と書きます。
殻の周りにアルカリ分を多く含んだ泥を塗り、籾殻をまぶして数ヶ月置くと
白身は褐色のセリー状、黄身は緑がかった黒い層になります。
最近は、スーパーの中華食材コーナーなんかでも
よく見かけるようになりました。


a0056451_15244594.jpgインパクトありますよね〜!(笑)
これ、保存食なんですよ(^-^)
1月に神戸の南京町で購入してきたものです。
ピータンにも色々種類があるらしくて、
私が買ったのは黄身が半熟状でクセのない溏心皮蛋です。
黄身が硬いのはツ〜ンとアンモニア臭がして
慣れないと少し食べにくいんですよね(^-^;)
でも好きな人にはそれがたまらないのかも。



白くない白身は(笑)一見コーヒーゼリーみたいな感じ。
ぷるぷるしてそう…だけど食べると意外にしっかりしていて
歯ごたえのあるゼリーみたいな感じです。
黄身はマタ〜リ♪トロ〜リ♪
もしかしたら鶏の黄身よりもクセが無いかも?
淡白なお豆腐と一緒にいただくとおいしいんですよね(*^-^*)
普通の冷や奴に飽きた頃にいかがでしょ?



人気blogランキングへ。  Blog ranking






「ピータン豆腐」


【材料】

3〜4人分

絹ごし豆腐1丁
ピータン2個(大きめなら1個)
白ネギ10cm分
ショウガみじんぎり小さじ1/2
醤油大さじ1・1/2
水大さじ1
酢小さじ1
砂糖小さじ2/3
ごま油小さじ1






【作り方】
  

1.【下ごしらえ】
  豆腐は水を切り、食べやすい大きさに切っておく。
  ネギは外側を白髪ネギにし、芯の部分はみじん切りにする。
  ピータンは殻を剥き、粗みじんに切っておきます。
  



2.【タレを作る】
  ボウルに調味料を混ぜ、生姜、ねぎ(みじん切り)
  ピータンを加えて混ぜ合わせておく。



3.【盛りつけ】
  器にお豆腐を盛り、上にピータンのタレを乗せます。
  白髪ネギをふんわりトッピングしたらできあがり。




レシピは色々と書いてますが、切って乗せたらできあがりのスピード料理です。
って、お料理とは言えないかもしれないけど(^-^;)

これ、お料理上手な華人の友人宅で初めて食べたんですよね。
それまでは、切っただけのオードブル風のピータンしか知らなかったんだけど
へぇ〜!こういう食べ方もあるのね!と目からウロコでした。

さて、タマゴラヴァーとしては、
鶏、うずら、魚卵と来てここでアヒルもクリア(笑)
あとは…ダチョウかな?
そのうち沖縄に行って食べてやろうと計画中です。
これでタマゴ制覇だー(^▽^)ノおー




a0056451_15261090.jpg

人気blogランキングに参加しています。

Blog ranking ←_ρ( ̄  ̄*)ポチッ♪と一押し
応援どうぞよろしくお願いします!

by aiaicafe | 2008-04-13 15:32 | たまご料理 | Trackback | Comments(4)

イカ焼き

a0056451_141515.jpg



イカ料理、まだまだ続いております(笑)
サラダに使わなかったイカの足。実はおやつになりました♪
今回は、甘くないおやつのレシピです(^-^)


大阪でイカ焼きと言ったらコレ!
イカとタマゴを上下から専用の鉄板でギュ〜っと挟んで焼いた
お好み焼きのイカ版みたいなものですが、
たこ焼きやお好み焼きと並んで大人気♪
下町の商店街なんかには、たこ焼きと一緒に
ソフトクリームやイカ焼きを売るお店が必ずあるんですよ〜(^-^)

本来は専用のイカ焼き機で、上下から挟んで一気に焼くんだけど、
お家のフライパンでも同じようにおいしくできるんです。
ま、我が家のはイカの胴は入らず、ゲソ(足)とエンペラだけだから(^-^;)
イカ焼きと言うよりはゲソ焼きと行った方が正しいんですが(笑)
少〜しツナを加えてコクをプラスするのがポイントです。
ツナが焦げたところが香ばしくっておいしいの! (*´д`*)ハフン♪
あとはソースを塗って食べるだけ。


娘「おいしい〜 (*´д`*)ハフン♪」

ai「ほんまやね♪ちょっとひとっ走りしてビール買いに行ってくれない?」



昼間っから、よからぬ相談をする親子なのでした(笑)




人気blogランキングへ。  Blog ranking





a0056451_14172431.jpg


「イカ焼き」


【材料】

1枚分

イカ30〜40g
薄力粉大さじ3
水大さじ3
塩ひとつまみ
ツナ大さじ1/2
たまご1個
サラダ油少々
お好み焼きソース適宜





【作り方】
  

a0056451_1423714.jpg1.【種を作る】
小さめのボウルに粉と水、塩ひとつまみを入れて溶き、
イカとツナを加えてよく混ぜる。




a0056451_1424532.jpg2.【焼く】
フライパンを熱してサラダ油を少し垂らし、
キッチンペーパーなどで薄く伸ばす。
うす煙が立つくらい熱くなったら、1度火を消して少し冷まし、
強めの中火にしてからスタート。
まず、種を重ならないように広げます。




a0056451_14245851.jpg3.【返す】
中央にタマゴを落とし、タマゴが少し焼けて来たら
ヘラの角で黄身をトン!と一突き。
そのままひっくり返して軽く上から押さえます。
(ヘラを2本使うと上手に返せます)
タマゴが八分方煮えて来たらもう一度ひっくり返します。
今度は上からギュ〜っと強めに押し、焦げ目を付けます。




4.【仕上げ】
  器に盛り、お好み焼きソースをかけて刷毛で伸ばしたらできあがり。



たくさん焼く場合は、生地をまとめて作ってもいいと思います。
(1枚分は大さじ3の粉と大さじ3の水です)
好きなように作れるって言うのがお家で作るおやつの良いところ(^-^)
ソースだけ、って言うのが王道だけど、
お好みでマヨや青のりを振ってみたりしてくださいね。

今回は、するめイカ2杯分の足とエンペラを使いました。
(だいたい3〜4枚ほど焼けます)
が!本当は胴の部分を入れるともっとおいしいのよ〜(^-^;)
イカ焼きを堪能したい方はぜひ1匹丸ごと使ってくださいね(笑)


小腹が減って、がっつりおやつを食べたい時はコレだなぁ〜♪
もちろん、お酒のおつまみにもおすすめ!
気の置けない仲間が集まって飲むときには大ウケ間違い無しです( ^ー゚)♪




a0056451_14211221.jpg

人気blogランキングに参加しています。

Blog ranking ←_ρ( ̄  ̄*)ポチッ♪と一押し
応援どうぞよろしくお願いします!

by aiaicafe | 2008-03-27 14:34 | たまご料理 | Trackback | Comments(8)

ポーチドエッグの作り方・パプリカのパスタ

a0056451_14541842.jpg



パプリカの甘みがおいしいトマトソースのパスタ。
一番初期の頃に1度アップしてますが(パプリカのパスタ
今回はこれにトッピングしてある、
ポーチドエッグの詳しい作り方をご紹介しますね(^-^)

簡単なようで少しコツのいるポーチドエッグ。
生野菜に添えれば、それだけで立派な前菜になるほど
存在感があります。でも…
ツルンと丸くきれいにできた時は嬉しいんだけど、
なんじゃこりゃ?(笑)な結果になった時は
もう1回作り直そうかなぁと思うほどショックですよね(^▽^;)
火加減やタイミング…少しのコツで失敗も少なく作れるので
ぜひこの機会に練習してみてくださいね。

この日はまたまた一人ご飯だったんですよね(^-^;)
(娘が遅くに「お腹減った〜!」と帰ってきましたが)
ポーチドエッグの練習にはこういう一人ご飯の時がぴったり(笑)
ゆっくり落ち着いて作れますしね。
失敗したらこっそり食べちゃいましょう!
証拠隠滅よ〜(笑)






人気blogランキングに参加しています。  Blog ranking


a0056451_14575743.jpg







「パプリカのパスタ・ポーチドエッグ乗せ」


【材料】

3人分

お好みのパスタ250g程度(一人80〜90g)
パプリカ1/2個(細切り)
しめじ1パック
オリーブ油大さじ1
白ワイン大さじ1
トマトソース250cc
塩コショウ
粉チーズ適宜
ポーチドエッグ3個

『ポーチドエッグ』
たまご3個
酢少々

トマトソースのレシピはこちらです。





【作り方】
  

1.【ポーチドエッグを作る】
  1.たまご(1個)を器に割り入れておく。
   鍋にたっぷりの湯を沸かし、お酢をチョロリと加え(大さじ1〜2)
   沸騰したらオタマでグルグルとかき混ぜ水流を作る。

  2. たまごをオタマに移し、水流の真ん中にスルリと沈めるように入れる。

  3.たまごが踊らないように、グラグラ沸騰しない程度の火加減にし、
   約2分程度煮る。(周りがしっかり白くなったら少し火を強めても大丈夫です)
   周りのモロモロした白身は網じゃくしなどですくっておきます。

  4.穴あきオタマや網じゃくしなどでしっかり水気を切って取り出します。


a0056451_14595984.jpg



2.【パスタを茹でる】
  鍋にたっぷり湯を沸かし、塩(分量外)を入れてパスタを茹ではじめます。


3.【炒める】
  パスタが茹で上がる5分くらい前になったら、
  フライパンにオリーブ油を熱し、パプリカとしめじを炒める。
  軽く塩コショウし、白ワインを振りかけて蒸し炒めにし、
  しんなりして来たらトマトソースを加えて一煮立ちさせます。



4.【仕上げ】
  茹で上がったパスタの水気を切ってソースに加えてよく混ぜ
  器に盛ってから上にポーチドエッグをトッピング。
  粉チーズを振ってできあがり。
  あればイタリアンパセリやパセリのみじん切りなどを添えると彩りがよくなります。




たまごはなるべく新鮮なものを選ぶのがポイントです。
新鮮なたまごは白身や黄身がこんもりしていて、
そっと茹でれば失敗無く奇麗な形にできあがるんですよね。
古いと(食べられないくらい古いと言う意味ではありません)
白身が広がってしまって、こんもりとした形になりにくいの。

新鮮なたまごって、殻がザラザラしてます。
あとは産卵日などの日付をチェックして、
「新鮮なたまごでありますように!」と祈って買うしかないんですが(笑)
古いのは古いので活躍する場所があって、
メレンゲを作る時には、新しいたまごよりもきれいに泡立つので向いているんですよ(^-^)
ほぐれやすいっていう事かな。
メレンゲをたくさん使うシフォンケーキにはコレです!


a0056451_15154766.jpg使ったお道具はこんな感じ。
私のポーチドエッグ用三種の神器です(笑)
オタマはなんでもOKですよ(^-^)
使いやすい物でお試しくださいね。



a0056451_157422.jpg今回作ったポーチドエッグ、
こんな感じにできあがりました!
まぁまぁの出来かな(笑)
左手でたまごを鍋に入れて、右手でカメラを持っていたので
1個は少々アレでしたが(言い訳?w)
水流はそれほどグルグル激しく渦巻いてなくても大丈夫ですから〜(笑)
まずはやってみる。
これが上達への一番の近道かもしれません( ^ー゚)♪





人気blogランキングに参加しています。

奥のお皿は?…次回をどうぞお楽しみに♪

Blog ranking ←_ρ( ̄  ̄*)ポチッ♪と一押し
応援どうぞよろしくお願いします!

a0056451_155911.jpg

by aiaicafe | 2008-03-07 15:19 | たまご料理 | Trackback(1) | Comments(6)

ひょうたんダシ巻きたまご

a0056451_11571746.jpg



2日の朝はお澄まし仕立てのお雑煮をいただきました。
私の実家では、ほうれん草と鶏肉、かまぼこを入れるけど、
ちょっと関西風に水菜で。
ダシは昆布とかつおで引き、みりん、塩、薄口醤油で味を調えます。
お餅は焼いた角餅が入ります。
私はやっぱり焼いてぷっくり膨らんだお餅が好きだなぁ(*^-^*)


a0056451_11581792.jpg


今回はおせちの中の1品、
ひょうたん型のダシ巻きたまごの作り方をご紹介します。
これ、ちょっと可愛いでしょう?(^-^)
おせち意外にも、松花堂なんかのちょっとしたおもてなしにもいいですよね。
本当は、南天の葉っぱか何かを添えたかったんですが…
実家の庭にあるんですけど、貰ってくるのをすっかり忘れちゃって(^-^;)
来年はしっかり覚えておかなくちゃ!

ひょうたんの形にするには、す巻きで包んでから
お箸(2組使います)で挟んで、輪ゴムでしっかり留めます。
とっても簡単なので、普段に1度作ってみてはいかがでしょう(^-^)
お弁当に入ってたら、ちょっと嬉しいかも♪




人気blogランキングに参加しています。  Blog ranking







「ひょうたんダシ巻きたまご」


【材料】


たまご3個
ダシ汁40cc
塩小さじ1/3(粗塩)
みりん小さじ1
薄口醤油小さじ1/2
サラダ油適量





【作り方】


1.【たまご液を作る】
  たまごをボウルに割り入れ、泡立て器で切るようによく溶きほぐします。
  だし汁、調味料で味を調えて準備OK!


a0056451_120106.jpg

1.【だし巻きを作る】
  まず卵焼き機を火にかけて熱したら、一度火を消し少し冷まします。
  再度火をつけ今度は弱火にしてからスタート。
  薄くサラダ油を敷いて、おたまに八分目くらいのたまご液を流し込んで焼きます。
  向こう端からクルクルと巻き、巻き終わったらまた向う端へ。
  空いている所に又サラダ油を塗って、たまご液を流して最初と同じように焼きます。
  2回くらい繰り返したらす巻きに乗せ、写真のようにお箸で挟んでゴムで留めます。
  粗熱が取れるまでそのまま置いてから、1cmくらいにスライスして出来上がり。


  



お箸は、1組は真ん中あたりに。
もう一組は上部の一番端ぎりぎりの所を挟みます。
厚みが無い方がひょうたん型にしやすいので、
横から見て縦長になるように焼くときれいに仕上がりますよ(^-^)
たまご3個で大体卵焼きが2個作れます。

今回のおせちの中では1番の売れ行きでした♪
と言っても、私と娘と2人だからこんなもんかな(笑)
来年はもっと色々と作って、家族3人でゆっくりとお祝いしたいなぁ

病院に入院中のダーリン、おせちが食べられなくて少々可哀想だな…
と思ったら!お正月はしっかり「特別食」だったらしくてすごかったんですよ〜!
彼が送ってきたメールを見てビックリ!!
大晦日は錦糸卵や鶏肉、かまぼこなんかが入った年越しソバだったし。
元旦の晩ご飯は、お赤飯、白みそのお雑煮(白玉入り)、
そして尾頭付きの鯛とお煮染めなんかが重箱風の入れ物に入ってたり。

ai「うちのおせちよりも豪華だよ〜(笑)」

ダーリン「鯛の骨が抜いてあったのに感動したよ!どうやって抜いたんだろう??」

彼がニコニコしながら話してくれたのでちょっと安心しました。
なんにもする事の無い病院で、小さな楽しみが嬉しかったらしいです(*^-^*)
きっと、自分にはお正月はやって来ないと思ってたんでしょうね。
食べるものって、癒しの効果もあるんだなぁと実感したお正月でした。





人気blogランキングに参加しています。

Blog ranking ←_ρ( ̄  ̄*)ポチッ♪と一押し
応援どうぞよろしくお願いします!

a0056451_1159055.jpg

by aiaicafe | 2008-01-05 12:08 | たまご料理 | Trackback | Comments(6)

あんかけエビだし巻き

a0056451_1574596.jpg



クリスマス前にいただいた、優しい味の変わりダシ巻きです。
エビがぷりぷり♪
おいしいダシの効いたたまご焼きにアツアツあんのダブルだし053.gif
作りながら目がハートになちゃった(笑)

ダーリン「もうないの?」
娘「もうないの?」

親子でハモってくれてありがとう(笑)
たかがダシ巻き…と思ってたんだけど(^-^;)
家族にはかなり好評でした♪
又今度作るね〜!

クリスマス前だったので、あっさりとしたおかず中心の晩ご飯でした。
もう1品…という時におすすめです。
過食になりがちな時期ですから、優しいおかずで
お腹を労ってくださいね(^-^)





a0056451_1585557.jpg

人気blogランキングに参加しています。  Blog ranking








「あんかけエビだし巻き」


【材料】

3人分

エビ5〜6匹
たまご3個
ダシ汁40cc
塩小さじ1/3(海の塩などの自然塩)
みりん小さじ1
薄口醤油小さじ1/2
サラダ油適宜
ほうれん草1/2把

『あん』
だし汁200cc
みりん小さじ1
塩小さじ1/3(海の塩などの自然塩)
薄口醤油小さじ1
水溶き片栗粉(片栗粉大さじ1/2+水少々)

おいしいダシの取り方はこちらです。





【作り方】


1.【下ごしらえ】
  ほうれん草はサッと色よく茹でて水気を絞り、
  5cmくらいに切っておきます。
  エビは殻を剥いて塩少々(分量外)を振って揉み、ぬめりが出たら洗い流す。
  背わたを取って荒みじんに切っておきます。
  たまごは溶いて調味料で味を調え、エビを加えてよく混ぜておきます。



2.【あんを作る】
  鍋にだし汁を入れて煮立て、調味料で味を調えます。
  水溶き片栗粉を回し入れてトロミが付けばOK。



3.【だし巻きを作る】
  まず卵焼き機を火にかけて熱したら、一度火を消し少し冷まします。
  再度火をつけ今度は弱火にしてからスタート。
  薄くサラダ油を敷いて、おたまに八分目くらいのたまご液を流し込んで焼きます。
  端からクルクルと巻き、開いている所に又サラダ油を塗ってたまご液を流して焼きます。
  2回くらい繰り返したらす巻きに乗せ、丸く筒状になるように形を整えて粗熱を取ります。



4.【仕上げ】
  たまごを一口大に切って器に盛り、ほうれん草を添えます。
  上からアツアツのあんをたっぷりかけてできあがり。


  



今日が仕事納めって言う方が多いですね。
みなさんどんなお正月を迎えられるんでしょうか(^-^)
どうぞよいお年をお迎えくださいね!

あ、そうそう。このブログ、携帯からも見る事が出来ます。
http://mobile.excite.co.jp/user/aiaicafe/ (携帯サイトです)
お時間があったらのぞいてみてくださいね。

お見舞いのコメント、ほんとにほんとにありがとうございます!
どれだけ元気づけられた事か!!
会った事もない私に、なんてありがたい事かと感動し、感謝し、
温かい気持ちがあふれてきてウルウルしております。
言葉のパワーって本当にすごい!と実感です(^-^)

ここ2〜3日疲れ気味だったので
お天気も悪いし、今日は疲れを取ろうと家でゆっくりと過ごしてます(^-^)
クリスマス以降はあんまりろくな物を食べていないので(汗)
今日はちゃんとお料理しなくちゃ!
ダーリンからも「ちゃんと食べて、ブログサボるなよ〜」って
言われちゃったしね(笑)
お正月は女2人だけど、一応お雑煮も食べて、それっぽくなるように
これから買い出しにでかけようかな〜と思います。
明日から又寒くなるみたいですね。
みなさん無事お正月が迎えられますように、風邪には充分にお気をつけくださいね。
さて、又明日からがんばるかな(^-^)




人気blogランキングに参加しています。

Blog ranking ←_ρ( ̄  ̄*)ポチッ♪と一押し
応援どうぞよろしくお願いします!

a0056451_1510150.jpg

by aiaicafe | 2007-12-28 15:19 | たまご料理 | Trackback | Comments(7)