カテゴリ:パスタ・麺類( 106 )

大葉ジェノベーゼ&大葉カプレーゼ

a0056451_16513313.jpg



先日作った大葉ペースト、少しずつ色んなものに試してるんですよ(^-^)
松の実、にんにく、オリーブ油を入れたイタリアン風のペーストなので、
試すとしたら、やっぱりイタリアンだよねぇ
と言う事で、通常バジルペーストで作るものを大葉ペーストで作ってみました。

作ったのはジェノベーゼとカプレーゼ。
カプレーゼはモッツァレラチーズ無しなので『なんちゃって』ですが(^▽^;)
冷たく冷やしたトマトに大葉の香りが爽やか♪
結構いけましたよ〜!

パスタはジェノベーゼと同じ作り方。
茹でたてのパスタをペーストと粉チーズに混ぜるだけ〜の、
簡単パスタですが、これがなかなか。
湯気と一緒に大葉の香りがふんわり♪
バジルじゃなくて、やっぱり大葉だ!と思う香りがするんです。
器に盛り付けてから、これは松の実やめて炒りごまだなと(笑)
炒りごまをトッピングしたらおいしいかったです(*^-^*)v

こういう、新しい味のもので色々とトライしてみるって
楽しいですよね〜♪
どんな味にできあがるか、ある意味賭けでもあるんだけど(笑)
食べられない事もないだろうと思いつつ作ってみて、
おいしかったら(^-^)vヤッタ~なのです。
まぁ反省するときもありますけどね(笑)

大葉ペーストの作り方はこちらです。
どんなお料理に合うか、まだまだ試行錯誤中ですが(汗)
楽しみながらお料理してみたい方は、ぜひやってみてくださいね!


おもしろそう〜!と思ってくださった方は
↑ポチッと一押しよろしくお願い致しますm(_ _)m






a0056451_16522612.jpg


「大葉ジェノベーゼ」


【材料】

3人分

大葉ペースト大さじ2
オリーブ油大さじ1
粉チーズ大さじ1
炒りごま適量
お好みのパスタ250g程度

大葉ペーストの作り方はこちら



【作り方】
  

1.【茹でる】
  鍋にたっぷりの湯を沸騰させ、水の量の1%の塩(粗塩、分量外)を入れる。
  使うパスタを規定時間通り茹であげる。



2.【和える】
  ボウルなどに大葉ペーストとオリーブ油、粉チーズを入れて混ぜ、
  茹で上がったパスタを入れてよく混ぜる。
  器に盛り、炒りごまを散らしてできあがり。





カプレーゼは、切ったトマトに↑これと同じ
粉チーズとオリーブ油を混ぜた大葉ペーストをかけただけです。

a0056451_16533651.jpg



そうそう、2〜3日前にどっさり大葉をいただいたので(^-^;)
次は和風のペーストを作ってみるつもりです。
オイルと一緒にペーストにすると、オイルが膜になるからか、
大葉の色や香りが飛ばずに、いつまでも爽やかな香りが長続きするみたい。
もしかして他のものでも応用できるかもしれませんね。
どなたか良いアイディアがあったら教えてくださいね(^-^)

さて、今日は先日いただいた、すくなかぼちゃをいただく予定です。
スクナちゃん、生徒さんにだっこされて人気者だったんですよ(笑)

「こんなに大きいんですね〜!」
「(だっこする)腕にフィットする感じがたまりません(笑)」

みなさんにお見せしたいと思ってたけど、あんまり置くと味が落ちてしまうので
そろそろお別れ(?)です。
でも、来月のお料理教室では、形を変えてまた登場するかもしれません。
その時はどうぞよろしくです(笑)

いつも応援ありがとうございます!
みなさんの応援が励みになっています。
今日も ←ポチッと一押し、
応援して行ってくださったらうれしいです。
どうぞよろしくお願いします!(^-^)

人気blogランキングに参加しています。
by aiaicafe | 2009-07-13 17:02 | パスタ・麺類 | Trackback | Comments(2)

レバーと大葉のパスタ

a0056451_11464981.jpg



今年は梅雨らしい梅雨で、湿気でうっとうしい毎日が続く大阪です。
大阪って、夏は暑いのよね〜(´〜`;)
朝晩も、昼間と変わりなく暑いのです。
とりあえず、暑いと思考能力もマヒしそうなので
今日はこれから髪をカットしに行く予定。
…ってそっからかぃ(笑)
コメントのお返事が遅くなって心苦しいのですが、
後ほど書かせていただきますね。


毎日の晩ご飯も、どんどん夏メニューに移行しつつあります。
バテないようにスタミナの付くものとか、
食欲が落ちないように、さっぱりしたものとか。
その中で、今回は豚レバーを使った、スタミナ系のパスタレシピです。
大葉がたくさんあったので組み合わせてみたら、
オイル系のパスタなのにさっぱりといただけました。
コレおいしいわ〜 (*´д`*)ハフン♪
同じく、おいしそう〜♪と思ってくださったら、
←ポチッと一押しよろしくお願い致しますm(_ _)m







a0056451_11482628.jpg


「レバーと大葉のパスタ」


【材料】

3人分

豚レバー150g〜200g程度
日本酒大さじ1
醤油大さじ1
みりん大さじ1/2
生姜すり下ろし小さじ1/4
にんにくすり下ろし小さじ1/4
カレー粉小さじ1/4

片栗粉大さじ1+小麦粉大さじ1(混ぜる)
さらだ油適量(揚げ用)

パスタ240g
塩(粗塩)茹で用
大葉10枚(せん切り)
にんにくみじん切り小さじ1
輪切り唐辛子適量(お好みで)
オリーブ油大さじ2〜3




【作り方】
  

1.【下ごしらえ】
  レバーは水に浸して血抜きし、薄くそぎ切りにしてから
  食べやすい大きさに切る。
  調味料を合わせてボウルかバットに入れ、レバーを暫く漬け込む。



2.【揚げる】
  片栗粉と小麦粉を混ぜ、レバーの水気を切ってまぶす。
  小さめのフライパンかミルクパンに少量のサラダ油を熱し、
  レバーをカラッと色よく揚げる。



3.【パスタを茹でる】
  鍋にたっぷりの水を入れ、レバーを揚げ始める前に火にかける。
  沸騰したら塩を入れ(水の1%)規定時間通りにパスタを茹でる。



4.【仕上げ】
  パスタが茹で上がる3分前になったら
  フライパンにオリーブ油とにんにく、唐辛子を入れて火にかける。
  茹で上がったパスタを加え、大葉とレバーを加えて手早く混ぜる。
  器に盛ったらできあがり。





このパスタ、ペペロンチーノベースのシンプルな味なので、
レバーのおいしさが素直に出てました。

娘「レバーに甘みがあっておいしいね〜♪」

そうそう。レバーって、血抜きする時に水に漬けすぎてもダメなのよね。
周りが白くなる一歩手前くらいに引き上げるのがベストみたいです。
そして漬け汁に、ほんの少し入れるカレー粉が良い仕事をしてくれて、
入ってると分からないんだけど、
香ばしさをアップしてレバー独特の臭みを和らげてくれます。
これ、野菜と一緒にサラダ仕立てにして
ごはんのおかずにしてもいけますよ〜( ^ー゚)♪
揚げてからパスタにするのは少々面倒…と思う方はそちらでどうぞ。

さて、これから髪をバッサリいくために、ちょっと出かけて来ますね!
暑いので、なるべく冷房の効いている地下街を歩いて行くのが地元流なんですよ(^-^)v
そろそろ始まった、夏のセールの様子も見て来なくちゃ〜
ではではまた明日。



いつも応援ありがとうございます!
みなさんの応援が励みになっています。
今日も ←ポチーッと一押し、
応援して行ってくださったらうれしいです。
どうぞよろしくお願いします!(^-^)

a0056451_11475731.jpg

人気blogランキングに参加しています。

by aiaicafe | 2009-07-02 11:54 | パスタ・麺類 | Trackback | Comments(2)

冷やしラーメン

a0056451_1704462.jpg



お昼ご飯に無性にラーメンが食べたくて、
前回のチャーシューを並べて、チャーシュー麺を作りました。
でも熱々をいただくと汗が吹き出て来ちゃうから、
冷た〜い冷やしラーメンです。
冷やし中華や冷麺ともまた違う味なんですよ( ^ー゚)♪
ほんのりごま油が香って、でも油分は控えめなのでサッパリ。
なかなかおいしくいただけました♪

私は乾麺を使ったけど、やっぱりこういうのは生麺の方がおいしいかな?
メンマや焼豚はもちろん、トロトロの味玉なんかもあると
お店顔負けのおいしい冷やしラーメンができあがりますよ〜!
冷やし中華に飽きちゃったらぜひおすすめです。
暑い日にちゅるるんと食べてみてくださいね!







おいしそう〜♪と思ってくださったら、
↑ポチッと一押しよろしくお願い致しますm(_ _)m

a0056451_1713961.jpg




「冷やしラーメン」


【材料】

2〜3人分

*生ラーメン又は乾麺3人分
*焼豚、メンマなど適量(お好みで)
*刻みネギ適量

『ラーメンスープ』
*スープ500cc(水+鶏ガラスープの素大さじ1)
*日本酒大さじ1
*オイスターソース小さじ1
*醬油大さじ2・1/2
*塩(粗塩)小さじ1/3
*みりん小さじ1
*酢小さじ1
*砂糖(粗糖)小さじ1/2〜1
*ごま油小さじ1

塩はできれば粗塩(海の塩)をお使いください。
精製塩を使う場合は必ず量を減らしてください。



【作り方】
  

1.【スープを作る】
  鍋に水を入れて火にかけ、鶏がラスープの素と調味料を入れて味を調える。
  最後にごま油を香り付けに加えて火を止め、
  粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やす。



3.【仕上げ】
  鍋に湯を沸かして麺を茹でる。
  規定時間通りに茹でたらザルに上げ、冷水にさらして締める。
  水気を切って器に盛り、スープを張って
  チャーシューやメンマ、ネギを添えて完成。
  お好みで、コショウを振って召し上がれ!




コレ、冷たくてもおいしいですが、
つゆを温かくして、冷たい麺を漬けて食べる、つけ麺にしてもおいしいです。
隠し味にお砂糖を少し加えますが、
温かい時は控えめに、冷たい時は多めに入れる方が良いかな。
味を見ながらお好みで調えてみてください(^-^)




ごくフツーのラーメンも、チャーシューがあるとちょっと豪華ですよね。
残しておいて良かったわ(笑)
味玉を作らなかったのが心残りだけど、
どなたか私の代わりに作って、ウマウマ言ってくださいね。
まかしとけ〜!と言ってくださる方は(笑)
←ポチッと一押し、
応援して行ってくださったらうれしいです。
どうぞよろしくお願いします!(^-^)

a0056451_172576.jpg

人気blogランキングに参加しています。

by aiaicafe | 2009-06-28 17:07 | パスタ・麺類 | Trackback | Comments(12)

エビ冷やし中華

a0056451_17595386.jpg



冷や奴が食卓に登場するようになったら、次はコレですよね〜♪
夏はツルツルと喉越しの良い麺類が最高!
素麺、ざるそば、ぶっかけ、冷やしうどん、冷麺…
麺類好きの私にはたまらない季節です(*^-^*)
具を乗せたり、お供のおかずを添えたり、薬味に凝ったり、
色々アレンジできて楽しいですよね。

今回は、私の好物が2つも乗った、冷やし中華をいただきました。
(エビと錦糸卵にご注目w)
エビは片栗粉をまぶしてから茹でてあるので、ツルン&ぷりぷり♪
たまご多めなのは気のせいではありませんので念のため(^▽^;)ハハハ

この日は一人ご飯だったので、後片付けが楽な1品もので、
好きなものを色々乗っけたご飯がテーマだったんですよ(笑)
タレは、酸っぱいのが少し苦手なので胡麻たっぷりのごまダレです。
これ、ドレッシングにも使えておいしいの!
市販のタレは必要以上に味が濃くて(汗)
食べている途中で飽きちゃったりするけど、
ほどよい味でなかなかいけます。
冷蔵庫に入れて、1週間やそこらは大丈夫だと思います(たぶん^^;)
蒸し鶏やキュウリにかけてもおいしいので
ぜひトライしてみてくださいね!







おいしそう〜♪と思ってくださったら、
↑ポチッと一押しよろしくお願い致しますm(_ _)m
a0056451_1802349.jpg



「エビ冷やし中華」


【材料】

3人分

中華麺3玉(生または乾麺がおすすめ)
えび小20匹程度
片栗粉適量
キュウリ1本(せん切り)
葉野菜やトマトなどお好みで適量(彩り用)
たまご2個(錦糸卵用)

『ゴマだれ』
スープ200cc(水+鶏ガラスープの素)
醬油50cc
酢50cc
砂糖大さじ2
みりん大さじ1
練り胡麻大さじ2
すりごま大さじ2
白締め油(太白ごま油)又はサラダ油大さじ1/2




【作り方】
  

1.【下ごしらえ】
  エビは塩を振って揉み、ぬめりが出たら洗い流して
  背を開いて背わたを取っておく。
  玉子は小さじ1の片栗粉(分量外)を少量の水で溶いて加え、
  塩ひとつまみを加えて薄焼きにし、錦糸卵にします。
  タレは、まずみりんを20秒ほどレンジ加熱してアルコール分を飛ばし、
  温かいうちに練り胡麻を加えてよく混ぜる。
  他の調味料を少しずつ混ぜながら加え、最後に炒りごまを加えたらできあがり。



2.【茹でる】
  エビに片栗粉をまぶして余分を叩き、沸騰した湯に入れて
  周りが白くなって来たら火を止めてザルに上げ、余熱で火を通す。
  麺は、生や乾麺を使う場合は茹でておく。
  冷水にさらして締め、ザルに上げて水気を切ります。



3.【仕上げ】
  付け合わせ野菜を器に盛り、麺を乗せ
  キュウリと錦糸卵をトッピングする。
  茹でたエビを散らし、ゴマだれを添えて完成。





ごまダレはたっぷりとかけて、よ〜く混ぜ合わせて召し上がれ♪
少し多めのレシピなので、余ったらアレンジに燃えてみてくださいね(笑)
Good Luck!!



エビ好きさんも、たまご好きさんも、おいしそう〜♪と思ってくださったら
今日も ←ポチッと一押し、
応援して行ってくださったらうれしいです。
どうぞよろしくお願いします!

a0056451_18143.jpg

人気blogランキングに参加しています。

by aiaicafe | 2009-05-17 18:09 | パスタ・麺類 | Trackback | Comments(6)

エビと竹の子の中華焼きそば

a0056451_10245036.jpg



今月のお料理教室では、サラダにたけのこが登場しています。
サクサクした歯触りがおいしいんですよね♪
見た目も春らしくて、私のお気に入りサラダの1つです(^-^)

で、サラダには穂先の柔らかい部分を使うので、
当然下の少し硬めのところは余るわけで…
もう想像がついたと思いますが(^▽^;)
我が家はただいま筍祭り真っ最中〜
しかも硬めオンリー(笑)

今回はとりあえず、えびやきぬさやと一緒に
焼きそばにしていただきました。
メインはあくまでも竹の子ですが(笑)
お醤油風味の中華焼きそばです。

a0056451_1029549.jpg

合わせ調味料を先に作っておくので楽々♪
本格的な味にできあがりますよ〜(*^-^*)
ランチなどにもおすすめです!







おいしそう〜♪と思ってくださったら、
↑ポチッと一押しよろしくお願い致しますm(_ _)m
a0056451_10282843.jpg



「エビと竹の子の中華焼きそば」


【材料】

3人分


中華麺(焼きそば麺)3玉
えび12〜16匹
たけのこ水煮1/2個分(食べやすくスライス)
きぬさや15〜20枚程度
太白ごま油またはサラダ油大さじ1
ごま油大さじ1
塩コショウ

『合わせ調味料』
日本酒大さじ1
醤油大さじ2・1/2
オイスターソース大さじ1
砂糖(粗糖)小さじ1/2
水大さじ2
酢大さじ1/2

合わせ調味料は全て合わせて混ぜ、前もって用意しておく。



【作り方】
  

1.【下ごしらえ】
  エビは殻を剥いてから塩(分量外)を振って揉み、
  ぬめりが出たら洗い流して、背を開いて背わたを取っておく。



2.【炒める】
  フライパンに太白ごま油(又はサラダ油)を熱し、竹の子ときぬさやを炒める。
  きぬさやの色が鮮やかになったらエビを加え、両面が白くなる程度に炒める。
  麺を加えてほぐしながら炒めたら、合わせ調味料を回しかけて絡める。
  最後にごま油を鍋肌から回し入れて、艶が出たらできあがり。






麺は中華蒸し麺や焼きそば用などなど、黄色い麺ならなんでもOKです。
私は中華の乾麺を使用。
乾麺を使う場合は茹でてから水で締め、くっつかないように少しサラダ油をまぶして、
茹でたてをすぐに使わずに、少し表面を渇かしてから炒めると
お団子にならずにパラリと仕上がります。

そうそう、エビの下処理ですが、
これも今回の教室で出て来るんですよね。
上手な殻の剥き方や、同じく上手な背わたの取り方をやるわけですが、
背わたを取るのには少しコツがあって、それが分かると一発でスルリと取れるの!
それが結構おもしろいらしくて(笑)
「見て〜!すごい立派な背わたが取れた(笑)」
「これってある意味快感ですね♪」と、みんな大はしゃぎ(^▽^)
いや〜背わた取りも楽しいもんです(笑)

焼きそばは、前回のフワフワ蒸し茄子
セロリとたまごの中華スープと一緒にいただきました。
ちゃんと下処理をしたエビは、臭みも無くてプリッとおいしく仕上がりましたよ〜
おかげでおいしい焼きそばが食べられました。
シンプルなお料理ほど下処理はしっかり!ですね( ^ー゚)♪



おいしそう〜♪と思ってくださった方は
今日も ←ポチッと一押し、
応援して行ってくださったらうれしいです。
どうぞよろしくお願いします!(^-^)

a0056451_10295729.jpg

人気blogランキングに参加しています。

by aiaicafe | 2009-04-20 10:35 | パスタ・麺類 | Trackback | Comments(8)

記念日ディナー♪蒸し鶏と空豆のパスタ

a0056451_1625429.jpg



先日は、誕生日に続いて結婚記念日だったんですよね。
我が家、4月の第一週は記念日週間で(笑)
毎年外食が続くんですが、今年は全員忙しくてなかなか揃わずです(^-^;)
時間ができたら外に食べに行こう!と言う事で、
それほどたいそうじゃないけど、ワインで乾杯したかったので、
ちょっとだけソレ風のご飯でした。

この日は、ダーリンが奮発して珍しい食材を買って来てくれていたこともあって、
トマトベースのパスタがメインのイタリアンな晩ご飯。
とりあえず、鶏肉を蒸して色々使おうという魂胆です(^▽^;)

蒸した鶏の肉汁はトマトソースに混ぜ込んでベースに。
赤いトマトに緑の空豆が奇麗かな〜と思って、空豆も使いました。
そしてダーリンが買って来てくれたチーズをトッピング。

う、うまい〜〜 (*´д`*)ハフン♪

チーズは羊乳で作ったペコーリノロマノ。
これ、トマトベース料理にぴったりなんですよ〜!
ソースもチキンの旨味でワンランクアップ♪
おいしいね〜♪と言おうとしたら、ダーリンすっと席を立ち
キッチンでなにやらごそごそと…

そして手にはサッとトーストした、
翌日の朝用に買って来たカンパーニュ(フランスパン)が…

ダーリン「はい(^-^)ドーゾ」

と言いながら私に渡す彼。

これでソースをぬぐって食べろと??
こういう事にはなぜか気が利くのよねぇ(笑)
おいしい晩ご飯は夫婦の協力あってこそ(?)
結婚記念日らいし晩ご飯になったかもしれません(笑)
お皿はピカピカ☆
おいしいソースの付いたパンは美味なのでありました(*^-^*)v







おいしそう〜♪と思ってくださったら、
↑ポチッと一押しよろしくお願い致しますm(_ _)m
a0056451_16301162.jpg



「蒸し鶏と空豆のパスタ」


【材料】

3人分

空豆50〜60g(サヤ無し正味量)
鶏胸肉1/2枚
クレイジーソルト又は塩(粗塩)
粗挽き黒コショウ
白ワイン大さじ2
基本のトマトソース150cc前後
お好みのパスタ250g程度
チーズ(お好みで)

空豆はサヤから出し、薄皮も剥いておく。
基本のトマトソースは、蒸し鶏の肉汁と足して1カップにする。
基本のトマトソースの作り方はこちら




【作り方】
  

1.【鶏を蒸す】
  耐熱容器に鶏を入れ、皮にフォークなどを突き刺して適度に穴を開ける。
  クレイジーソルト(又は塩)とコショウを振ってすり込み、
  白ワインを振りかけたら、湯気の上がった蒸し器で10〜15粉蒸して火を止め
  そのまま少し置いて粗熱を取る。
  手で触れられるくらいになったら取り出し、手で細かく裂いておく。
  (肉汁は捨てずに、トマトソースと合わせて1カップにする)



2.【パスタを茹でる】
  鍋にたっぷりの湯を沸かし、塩を入れて(海水程度の塩辛さ)
  パスタの規定時間通りに茹でる。



3.【仕上げ】
  パスタが茹で上がる5分くらい前になったら、
  フライパンに、肉汁を足したトマトソースを入れ、
  空豆も加えて1〜2分煮る。
  鶏肉を加えたら味を見て、もの足りなかったら塩コショウで調える。
  茹で上がったパスタを加えて絡め、器に盛り付けて
  お好みで削ったチーズや粉チーズを振りかけて召し上がれ!





蒸し鶏は胸肉1枚分を作って、2/3はパスタに、
残りはサラダに使いました。
ハーブを色々入れたイタリアンドレッシングでさっぱりと♪
チン♪じゃなくて、ちゃんと蒸した鶏は
ふんわりしててやっぱり美味なのです(*^-^*)v

a0056451_1631633.jpg


そしてもう1品は、アサリや春野菜を使った、イタリア〜ンな(笑)洋風スープ煮。
こちらは来月のお料理教室用の試作メニューです。
(5月はピザ&イタリアンの予定。
まだ予約は受け付けていませんが、予定はカレンダーで見ることができます)
これも野菜がおいしいスープの旨味をたっぷり吸って本当においしかった♪
やっぱりパンが大活躍!同じくお皿ピカピカ☆
5月になって、これが暫く続いても大丈夫かな(笑)



a0056451_16313821.jpgまぁ特に何事もなく、
いつもと同じ晩ご飯タイムだったけど、
普通が一番ありがたいのかもしれません。
夫婦仲良く晩ご飯がいただける事に感謝!
また来年もこうやって過ごせたらいいな♪

おいしそう〜♪と思ってくださったら、
今日も ←ポチッと一押し、
応援して行ってくださったらうれしいです。
どうぞよろしくお願いします!(^-^)

人気blogランキングに参加しています。


by aiaicafe | 2009-04-08 16:49 | パスタ・麺類 | Trackback | Comments(6)

トマトスープパスタ

a0056451_1318258.jpg



今日はいいお天気♪朝からお洗濯に張り切っております!
そろそろ始動開始です〜(・∀・)ノ おー

と言っても、まだ学校は冬休みですよね。
お母さんはまだまだ一息つけないかな?
今回はパパッとできるおいしいパスタのご紹介です。
最近登場のソフリットを使って、簡単で美味しいスープパスタ♪
コレ、温まるのよ〜(*^-^*)v
トマトソースは風味付け程度に少しだけ。
炒める手間が無いので、あっさりしてて
パスタを茹でる時間だけでできてしまいます。

実はこれ、年末の忙しい時に作ったお昼ご飯なんですよ〜
ベーコンと野菜、キノコも入って、1品で栄養バランスもバッチリ!
忙しい時のランチなんかにおすすめです( ^ー゚)♪





おいしそう〜♪と思ってくださったら、
↑ポチッと一押しよろしくお願い致しますm(_ _)m
a0056451_13192163.jpg





「トマトスープパスタ」


【材料】

3人分

パスタ約250g(一人80g程度)
パプリカ1/4個(粗みじん切り)
しめじなどのキノコ1/2パック
グリーンアスパラ1/2束(食べやすく切る)
ベーコン1枚(細切り)
スープ2カップ(水400cc+粉末コンソメの素1包)
ソフリット大さじ2
基本のトマトソース1/4カップ(50cc)
塩コショウ

ソフリットはタマネギ、セロリ、人参をじっくり炒めたものです。
作り方はこちら

基本のトマトソースの作り方はこちら




【作り方】
  

1.【パスタを茹でる】
  鍋に湯を沸かし、塩を入れてパスタを規定時間通りに茹でる。


2.【スープを作る】
  別鍋にスープを沸騰させ、ソフリット、トマトソース、ベーコンと野菜を全て入れて煮立てる。
  塩コショウで味を調え、茹で上がったパスタを入れて
  一煮立ちさせたらできあがり。




具は、冷蔵庫にあるものを利用してみてくださいね。
mixベジタブルや、冷凍してあるレンズ豆とかコーンなんかを入れても合うと思います。
パパッと作っても、ソフリット効果で
少し煮込んだような複雑な味に仕上がりますよ〜!
まだ作ってみた事のない方は、この機会にぜひどうぞ(^-^)

我が家は年末にいただいたこれでソフリットは完売。
また作っておかないとなぁ
今年の目標は『ゆとり』なので、時間を上手に利用して
ゆったりする時間を増やしたいと思ってます。
実現なるか??
まぁしっかり実行できなくても、
意識するだけでも違ってくると思うので、
できるだけ頭に置いて行動する事にします。
それもゆとりってことで( ^ー゚)♪




いつも応援ありがとうございます!
みなさんの応援が励みになっています。
今日も ←ポチッと一押し、
応援して行ってくださったらうれしいです。
どうぞよろしくお願いします!(^-^)

a0056451_13201071.jpg

人気blogランキングに参加しています。

by aiaicafe | 2009-01-05 13:43 | パスタ・麺類 | Trackback | Comments(2)

クリスマス準備開始!&牡蠣のクリームパスタ

a0056451_1319747.jpg



牡蠣が安くておいしい季節ですよね〜♪
牡蠣もワインで蒸すと、アサリと同様に旨味エキスがたっぷり出ます。
今回は、そんな牡蠣の旨味た〜っぷり♪のパスタを作ってみました(^-^)

ソースはベシャメルと生クリームを使った濃厚な味。
おいしかった〜 (*´д`*)ハフン♪
クリスマスメニューに取っとけば良かったなぁ(笑)
食べる直前に粗挽き黒コショウを振ったのが
良いアクセントになったみたい。

ベシャメルは、ソースにとろみ感を出すためなので、
無ければ入れなくても大丈夫です。
(その場合は生クリームの量を増やしてくださいね)
お好みで、一緒にキノコを入れたりして
工夫してみてくださいね(*^-^*)





おいしそう〜♪と思ってくださったら、
↑ポチッと一押しよろしくお願い致しますm(_ _)m

a0056451_13195964.jpg



「牡蠣のクリームパスタ」


【材料】

3人分

牡蠣1パック
バター大さじ1/2(5g程度)
サラダ油大さじ1/2
白ワイン1/4カップ(50cc)
生クリーム1/2カップ(100cc)
ベシャメルソース1/4カップ(50cc)
塩コショウ
お好みのバスタ250程度

ベシャメルソースの作り方はこちらです。
牡蠣は海水程度の塩水で優しく振り洗いする。
2〜3回塩水を替えて洗ったら、最後は真水で濯ぎザルに上げて水気を切っておく。




【作り方】
  

1.【パスタを茹でる】
  鍋に湯を沸かし、塩を入れて(海水程度の塩辛さ)
  使うパスタの説明書に従って、規定時間通り茹でる。



2.【ソースを作る】
  パスタが茹で上がる5分くらい前になったら、
  まずフライパンにバターとサラダ油を熱し、牡蠣を焼きます。
  白ワインを回し入れて沸騰させ、生クリームとベシャメルソースを加え
  塩こしょうで味を調えます。



3.【仕上げ】
  茹で上がったパスタをザルに上げ、
  牡蠣に加えて手早く混ぜ、器に盛ったらできあがり。





さてさて、
目前に迫ったクリスマスのために、少しずつ準備を始めました!
当日は忙しいから(しかも平日^^;)少しでもする事が減るほうがいいものね(笑)
まだメニューは決まってないんだけど(汗)
とりあえず、何か温かい煮込みものを作ろうと思って、
イタリアンの煮込みに使う『ソフリット』を作ったんですよ(^-^)

a0056451_13215981.jpg


ソフリットとは、タマネギ、セロリ、人参なんかの香味野菜をじっくり炒めたもの。
煮込む時にこれを入れると、それほど長く煮込まなくても
甘みが出ておいしくなると言うわけね( ^ー゚)♪
飴色タマネギの簡易版と思ってくださったらいいかな?
フレンチでも、飴色までは行かないしっかり炒めたタマネギに、
ワインとコンソメを加えて煮た『ヴルーテ』というのがあります。
ソフリットはそれよりも簡単に、気軽に作れるのでおすすめ!

炒めるのはほんの10分〜15分くらい。
全体がしっとりとまとまって来たらOKです(^-^)
一応作り方を載せておきますね。

a0056451_13205487.jpg


1. タマネギ中2個、人参1/2本、セロリ2本をみじん切りにする
2. オリーブ油大さじ3を熱し、中火で炒め始めます。
3. 5分経過。まだ少しごわごわした感じ?焦げそうなら火を少し弱めてくださいね。
4. 15分経過。全体的にしっとりとまとまってきたらできあがり。


みじん切りが面倒な方は、フードプロセッサーを使ってもOK!
ですが、やっぱり手で刻んだ方がなぜかおいしいのよね(^-^;)
フープロを使う場合は、細かくしすぎないのがポイントです。

冷めたら小分けして、ラップに包んで冷凍します。
(すぐに使い切る予定なら冷蔵庫で1週間)
私は、半分は煮込み料理に使って、あとの半分はさらにまた半分にして
スープやその他モロモロにも使おうと言う魂胆( ̄ー ̄)ニヤリ
さて、何を作ろうかなぁ…って、いい加減だな(笑)
ま、備えあれば憂い無しってことでネ( ^ー゚)♪

いつも応援ありがとうございます!
みなさんの応援が励みになっています。
今日も ←ポチッと一押し、
応援して行ってくださったらうれしいです。
どうぞよろしくお願いします!(^-^)

人気blogランキングに参加しています。
by aiaicafe | 2008-12-21 13:37 | パスタ・麺類 | Trackback | Comments(4)

ツナとキャベツのペペロンチーノ風

a0056451_13125128.jpg



ツナとキャベツの組み合わせ、好きなんですよね(^-^)
ちょっと焦げ目が付くくらいに炒めて、甘みが出たキャベツって美味しいですよね♪
本当は、少し前に自家製ツナを作った時にこのパスタを作りたかったんだけど、
あっと言う間に売り切れてしまって、ここまでたどり着けず(^-^;)
次回作った時にはまずコレよ!と心に誓うためにアップしております(笑)

ペペロンチーノは本来具は入らないけど、おかずがちょっと寂しい時は、
にんにくに合いそうな具を色々入れてアレンジすると
バランスよく食べられます。
今回パスタはペンネを使いました。
ペンネって、かさがあるから見た目にボリューム感があるんですよね。
それと、すすらないで食べられるからいいの(笑)
ダーリン、外で食べる時はそうでもないんだけど、
家だと思いっきり「ズズズズ〜〜〜〜」なんですよ(^▽^:)

ai「あのねぇ もうちょっとゆっくりとすすらないで食べてくれない?」

ダーリン「だってお腹減ってるねんもん(´〜`;) 」

ai「蕎麦は許すがパスタは許さんっ!早食いは肥満の元です(  ̄^ ̄)キッパリ」

まるで躾をしている母のよう?(^-^;)
ペンネだとこうはいきません。
すすれるならすすってみなさいって(笑)

ダーリン「ツナとキャベツって合うよねぇ♪」

おかげさまで、ゆっくりと味わって食べてくれました(* ̄m ̄)ムフフ




←ポチッと一押しよろしくお願い致しますm(_ _)m






a0056451_13143099.jpg


「ツナとキャベツのペペロンチーノ風」


【材料】

3人分

ペンネ又はお好みのパスタ250g程度
キャベツ1/8個(ざく切り)
ツナ缶80g入り1個(ノンオイルスープタイプ)
オリーブ油大さじ2
にんにくみじん切り大さじ1/2
唐辛子適量
塩(粗塩)胡椒

ツナは缶汁ごと使うので、汁気は切りません。



【作り方】
  

1.【パスタを茹でる】
  鍋にたっぷりの湯を沸かし、海水くらいの塩っぱさになるように塩(分量外)を入れ、
  規定通りの時間でパスタを茹でます。



2.【具を炒める】
  パスタが茹で上がる5分くらい前になったら具の用意!
  フライパンにオリーブ油とにんにく、唐辛子を入れて弱火にかける。
  香りが立ってきたら強火にし、キャベツを炒める。
  ツナを缶汁ごと加え、塩コショウで味を調えたら準備OK!



3.【仕上げ】
  茹で上がったパスタをザルに上げて水気を切り、
  具に加えて絡める。
  器に盛りつければできあがり。




これ、白菜とベーコンのスープと一緒に、
前回の鱈トゥイユ(笑)といただきました。
う〜ん、これにサラダがあったら立派なコース風だったなぁ
おもてなしにもぜひ活用してくださいね!


コメントのお返事、遅くなっててすみません(^-^;)
昨日は母の誕生日だったので、病院(入院中です)へお見舞いに行く予定だったんですよ。
さて、支度をしようか…と思ったら、いきなりド〜ンッ!とスゴイ音。
娘、自分の部屋のドアを開けたところでパッタリと倒れておりました。
どうやらお腹を壊したようで、あまりの痛さに貧血でぶっ倒れてしまったみたい(汗)
腸炎かなぁ…
小さい時から熱を出すと言えば土日なのよね(´〜`;)
そして10分置きくらいに「おかあさぁ〜〜〜ん」って呼ぶのよ(笑)
母のお見舞いの前に、娘の看病で大忙しの連休でした。
季節の変わり目、みなさんもどうぞお気をつけて!



いつも応援本当にありがとうございます!
みなさんの応援が励みです。
今日も ←ポチッと一押し、
応援して行ってくださったらうれしいです。
どうぞよろしくお願いします!(^-^)
a0056451_13151315.jpg

人気blogランキングに参加しています。

by aiaicafe | 2008-11-04 13:23 | パスタ・麺類 | Trackback | Comments(6)

ヒシウメタマリソース&白菜と豚肉の煮込みうどん

a0056451_10344194.jpg
今回は、大阪ソウルフードレポです。
レシピは一番最後に登場します。
(少々長いです(汗)すみません^^;)


イカ焼き屋を始めるのだ!と張り切っている知り合いから
先日ソースをいただきました。
その名も「ヒシウメ タマリソース」って言う豚カツソース♪
(写真左がそうです)

これ、大阪の小さなソース会社で作られている
地ソースなんですよ(^-^)
毎日手作業で瓶詰めされて、ラベルも手張り。
少量しか生産していないそうで、
普通のスーパーには置いてありません。
ゆえに幻のソースと呼ばれるらしいです(笑)



お好み焼きやたこ焼き、イカ焼きなどなど…
大阪人は粉もの好きって言うけど、
粉よりも、ソース好きって言う方がきっと正しいのよね。
こういう地ソースを作っている小さな会社って、
一般には知られてないだけで、たぶん他にもいくつかあるんでしょうね。

お好み焼き屋さんによっては
「お好み焼きにはヒシウメのソースやないとあかん!」
と言うお店もあるそうですよ。
少し舐めてみると、「あ、どこかで食べた事のある味だ〜♪」
と思ってしまうのは、大阪人なら私だけではないはず!
なんだかソウルフルな味のソースなのです(*^-^*)

この日は、知り合いがタマリソースとウスターソースを
わざわざ家まで持ってきてくれたので、
イカ焼きに合うかどうかの大試食会(大げさだなぁw)になりました。

とりあえずは、イカ焼きを2〜3枚焼いて、
豚カツソースを塗って食す。
(イカ焼きの作り方はこちらです)

a0056451_10363962.jpg

ソースを塗った写真が無くてすみません(汗)
(このイカ焼き、ダーリンが焼いております(^-^;))
私がキッチンで準備をしている間にほとんど完売で、
私にはほんの一口…(T^T)うぅ

でもおいしかった(笑)

このソース、タマリソースと言うだけあって(?)
すご〜く味が濃いのです!
甘みは、うちで使っているオ◯フクソースよりも抑えめ。
お好み焼き向けと言っても意外に甘くないのよね。
けど酸味はあまりありません。
なので少量でOKって言う感じ?たくさん使うとちょっと塩辛いかも…

イカ焼きだけの晩ご飯だと家族からブーイングが出そうなので(^-^;)
みんながイカ焼きをがっついてぱくぱく食べている間に、
ソースに合いそうなものを作ってみました。

a0056451_103727100.jpg

やっぱり豚カツソースは生キャベツで試食しないとね!
と言うダーリンの意見で、変わりとんぺい焼きです♪
(とんぺい焼きの作り方はこちらです)

これ、バカウマ!!

このソースって、コレ食べるためにあるんじゃないの〜?
と、娘とハモっちゃいました(笑)
とにかく、豚肉とキャベツにめちゃくちゃ合うのです!
味が濃いからか、キャベツに絡まるとちょうど良いのよね♪
結局変わりとんぺい焼きは3個焼いて即完売(^▽^;)

このソース、スーパーでは市販はされていませんが、
楽天やアマゾンなどで通販入手できるんですよ。
360ml入りの小さいサイズからあるので、
興味のある方は「ヒシウメ タマリソース」で検索してみてくださいね。
お好み焼きの味もワンランクアップするかもしれませんよ〜!('∇^d)



ダーリン「晩ご飯これで終わり?(^-^;)」

やっぱり来たか〜(笑)
そう言うと思ったのよね(^▽^;)
お腹の具合に合わせて食べられるように、
締めにおうどんを用意しておいて大正解!
白菜をたっぷり入れた、優しい味の煮込みうどんです。
鰹節をふんわり乗せたら良い香り♪
お腹に染みわたるおいしさでした(*^-^*)




人気blogランキングへ。  ←ポチッと一押しよろしくお願い致しますm(_ _)m






a0056451_10391429.jpg


「白菜と豚肉の煮込みうどん」


【材料】

3〜4人分

うどん人数分(一人1玉)
豚肉
白菜1/8玉(ざく切り)
しめじ1パック
ダシ汁1100cc
酒大さじ1
塩(粗塩)小さじ1・1/2
みりん大さじ2・1/2
薄口醤油大さじ1
醤油小さじ1
刻みネギ適量
鰹節適量
七味適宜(お好みで)

おいしいダシ汁の取り方はこちらです。




【作り方】
  

1.【ダシつゆを作る】
  鍋にダシ汁を入れて火にかけ、沸騰したら豚肉を加えて一煮立ちさせる。
  アクを取り、調味料を加えて味を調える。



2.【煮る】
  沸騰してきたら白菜としめじを加え、再び煮立ったら
  うどんを加えて少し煮る。
  器に盛り、ネギと鰹節をたっぷり乗せて召し上がれ!




パンチの効いたソース味の後に食べたからか(笑)
これがなかなか好評で、ダーリンはおかわりして食べてくれました(^-^;)
色合いがイマイチぱっとしないので、そのぶん花鰹を多めにふんわりと添えてみてくださいね。

こう言うおうどんは、夜食やお酒を飲んだ後には最高ですよね〜♪
これからの季節には喜ばれる1品です(今はまだ暑いけどw)
食べ終わった後は、なぜか「はふ〜♪ごちそうさま〜(*^-^*)ニッコリ」と
笑顔が出ること間違いなしです( ^ー゚)♪




いつも応援ありがとうございます!
今日も ←ポチッと
一押しして行ってくださったらうれしいです。
応援どうぞよろしくお願いします!(^-^)


人気blogランキングに参加しています。

by aiaicafe | 2008-09-05 10:51 | パスタ・麺類 | Trackback | Comments(8)