カテゴリ:パスタ・麺類( 106 )

ラザニア

a0056451_18543692.jpg



ラザニアが食べたいからと、ダーリンがラザニア用のパスタを買って来てくれました。
そう言えば長い事作ってなかったわ(^-^;)
ラザニアって、ミートソースとベシャメルソースの2種類を使うから、
最初から作るとなると、かなり大変なのです。
今回は、作り置きのトマトソースがあったので、ミートソースはすぐにできるか?と、
重い腰を上げて母さんひと頑張り。
自分が食べたいっていうのもあったんだけどね(笑)



a0056451_18553295.jpg←パスタはディチェコのラザニア用(500g入り)
大きさは8cm×16cmくらいです。
幅広の板状なので、フライパンを使う方が茹でやすいかな。
これを何枚か重ねるわけですが、
間にミートソース&ベシャメルを挟んで層にします。
ラザニアって、重ねるっていう意味だそうですよ(^-^)
そして最後にチーズを振りかけてグラタンのように焼き、
切り分けてからいただきます。
アッツアツのミートソースと、
ベシャメルが混ざり合ったところが
も〜う、最高に美味なのです♪




今回唯一の反省点は、うちの耐熱容器にラザニアのサイズが中途半端だったこと(汗)
少しはみ出てしまって、カットしようか悩んだんだけど、
はみ出たまま焼いたらどうなるか試してみたくて〜(笑)
で、結果的にはカリカリのおせんべいみたいになっておいしかったんですけどね( ^ー゚)♪
おもてなし用にはカットすることをおすすめしますです。はい(笑)

最初から全部作るには少々の思い切りと時間が必要なので(^-^;)
トマトソース、ベシャメルを前もって作り置きしておくと、
かなり楽できると思います。
できあがりは満足度が高いですよ〜!!


  人気ブログランキングへおいしそう〜♪と思ってくださったら
  ↑ポチッと一押しよろしくお願い致しますm(_ _)m


a0056451_1859429.jpg





「ラザニア」


【材料】

3〜4人分

ラザニア用パスタ5〜6枚
塩適量(茹で用)
粉チーズ適量

『ミートソース』
牛ミンチ肉200g
タマネギ小1/2個(みじん切り)
セロリ1/2本(みじん切り)
人参小1/3本(みじん切り)
オリーブ油大さじ2
赤ワイン大さじ2又は白ワインか日本酒でも
基本のトマトソース1カップ(200cc)
塩コショウ
バター5g(小さじ1程度)

『ベシャメルソース』
バター30g
小麦粉大さじ3
牛乳350cc
生クリーム50cc
粉末コンソメひとつまみ
塩コショウ

基本のトマトソースの作り方はこちら
ベシャメルソースの作り方はこちら
両方とも前もって用意しておく。
オーブンを使う場合は、200度〜220度くらいに予熱しておく。



【作り方】

1.【ミートソースを作る】
  フライパンにオリーブ油を熱し、タマネギ、セロリ、人参を炒める。
  しんなりして色づき始めるまで、焦げないように10分ほどしっかり炒めます。
  ミンチ肉を加えてボロボロに火が通ったら、ワインを加えて一煮立ちさせ、
  トマトソースも加える。
  弱火で汁気が少なくなるまで10分〜15分煮て、塩コショウで味を調え、
  最後にポンとバターを加えて混ぜたらできあがり。



2.【パスタを茹でる】
  フライパンか鍋に湯を沸かし、10%の塩を入れてから
  パスタを規定時間通りアルデンテに茹でます。



a0056451_18575247.jpg3.【重ねて焼く】
耐熱皿に薄くオリーブ油(分量外)を塗り、
まず一番底にパスタを敷く。
ミートソースを適量敷いたら、その上にベシャメルソースを乗せる。
またパスタを重ね、ミートソース、ベシャメルの順に乗せ、
器の上まで来たら、ベシャメルで終わる。
粉チーズを振り、オリーブ油(分量外)を適量たらして
オーブントースターかオーブンで焼きます。
ふつふつして、焦げ目が付いたらできあがり。





焼きたてのアツアツはもう最高に美味しくて、
実はワタクシ、超が付くほど猫舌なんですが
今回は、もう水ぶくれが出来てもいいっ!って思いました(笑)

パスタの量は、使う容器によって違いますから、
枚数は目安にしてくださいね。
茹でてもそれほど大きくはなりませんから(気持ち大きくなるくらいです)
最初にシミュレーションしてから茹でると無駄無く使えます。

我が家は写真の耐熱皿で2つ分作ったんですよ〜
1つは晩ご飯にいただいて、もう一つは朝ご飯用に、
焼いたらおしまいのところまでで冷蔵庫へ。
このまま冷凍もできるので、非常用(?)にするのもいいかもしれません(笑)
ソースをいっぱい作っておいて、ひと頑張りしてみてくださいね(*^-^*)


a0056451_18595599.jpg

いつも応援ありがとうございます!
今日も人気ブログランキングへ ←ポチッと一押し、
応援して行ってくださったらうれしいです。
どうぞよろしくお願いします!(^-^)

人気blogランキングに参加しています。

by aiaicafe | 2010-04-14 19:17 | パスタ・麺類 | Trackback | Comments(8)

ツナと春キャベツのペペロンチーノ

a0056451_15183780.jpg



ただ今外気温21度(!)今日も暖かいですね〜♪
暖かいと、これからのお天気が心配…と思ったら、どうやら明日から降るみたいで、
日曜のお引っ越しは雨になりそう(T^T)ううう
日頃の行いは良いはずなんだけどなぁ(笑)

食器は最低限を残して箱詰めしてしまったので、
本日のお昼はワンボウルでした。
前回も登場したあのボウルね( ^ー゚)♪
親子丼からカレー、そしてパスタなどなど、我が家では大重宝していて
お気に入りな食器です。(ちなみに、IKEAにて購入)
もしかして、これ1つあったら事足りるかも(笑)

今回は、この間見つけてGETした春キャベツをがっつり食べたくて、
ツナを使ったパスタをいただきました。
以前にも1度登場してますが、ガーリックと唐辛子を利かせたペペロンチーノ風です(*^-^*)
キャベツが甘くて、そこにピリッとした刺激がおいしかった〜♪
ちゃちゃっと簡単にできてしまいますよ(^-^)v
おいしそうな春キャベツを見つけたら、
ぜひ作ってみてくださいね!



  人気ブログランキングへおいしそう〜♪と思ってくださったら
  ↑ポチッと一押しよろしくお願い致しますm(_ _)m


a0056451_15202478.jpg





「春キャベツとツナのペペロンチーノ」


【材料】

3人分

キャベツ1/4個(ざく切り)
ツナ缶1個(80g入り)
ショートパスタ150g程度
オリーブ油大さじ1
にんにくスライス5〜6枚
輪切り唐辛子適宜(お好みで)
塩コショウ

ツナ缶は軽く油を切っておく




【作り方】


1.【パスタを茹でる】
  鍋にたっぷり目に湯を沸かし、水の量の1%の塩(分量外)を入れ、
  パスタを規定時間通りに茹でる。



2.【炒める】
  パスタが茹で上がる5分くらい前になったら
  具を炒め始める。
  フライパンにオリーブ油とにんにく、唐辛子を入れて熱し(ツナ缶の油を利用してもOK)
  強火でキャベツを炒める。
  しんなりして来たらツナを加え、塩コショウで味を調える。



3.【仕上げ】
  茹で上がったパスタをザルに上げて水気を切り、
  フライパンに移してザッと混ぜ合わせる。
  器に盛ったらできあがり。





パスタは、セダニーニって言うショートパスタを使いました。
これ、今月のレッスンでグラタンに使ったパスタで、
筋が入っていてソースが絡みやすいんですよね。
大きさも程よくて、食べやすいショートパスタです。

キャベツを炒めるときは少し強火でしっかり炒めました。
私的に、春キャベツの少し焦げたところが大好きなのよね (*´д`*)ハフン♪
あんまりしっかり炒めすぎて全体がべったりするよりも、
強火でサッと炒めて、焦げたところとパリッとした所が混在するほうが
おいしいと思います。

a0056451_1521752.jpg


さて、お腹も満足したし、これからラストスパートに入ります。
あぁ忙しい…とかなんとか言いつつ、また明日も更新しそうな予感(^▽^;)
逃避か?(笑)


いつも応援ありがとうございます。
おいしそう〜♪と思ってくださったら人気ブログランキングへ ←ポチッと一押し
今日も応援して行ってくださったらうれしいです。
どうぞよろしくお願いします!(^-^)

人気blogランキングに参加しています。
by aiaicafe | 2010-02-25 15:27 | パスタ・麺類 | Trackback | Comments(4)

グリル鶏なんばん

a0056451_18243062.jpg




寒いですね〜!
比較的寒さの厳しくない大阪も、冬本番という感じで
ここ数日は冷え込みます。
まだ一月だと言うのに、春が恋しいわ(^▽^;)

そうそう、冷えると言えば、先月お料理教室用のスリッパを冬バージョンに変えたら
「これ、暖かくて気持ちいいですね〜♪」と、教室の生徒さんに好評なんですよ〜
これ、ユニクロのスリッパなんですが、私の大のお気に入り(^-^)v
(写真が無くてすみません!)
軽くて歩く時にパカパカしないから、足の余計な所に力が入らず、
底に低反発素材が入ってて、長く立っていても足(足の裏)が疲れないの。
それって、長くキッチンに立つ者にとっては重要ポイントよね?
私はすでに愛用して3足目に突入。
冬バージョンは内側が起毛してあって暖かいし、
夏バージョンはタオル地でサラッとしてます♪
うちで履いてみて、帰ってから即買いに走った生徒さんもいるようで(笑)
「女物はあったけど、男物の大きいサイズは売り切れてました〜(涙)」と、
ちょっとがっかりした様子。
女性用は、スリッパに代わるルームシューズみたいなのが色々売ってるけど、
男性用って、そういうのがあんまり無いからかな?
実はダーリンも、今回初めてユニクロで自分用のスリッパを買って、

ダーリン「おぉぉ〜!これ、めっちゃ良いわ〜♪」

と、かなり気に入った様子。
買って来た日は無駄に部屋の中をウロウロ〜ウロウロ〜(笑)
夏バージョンも買いそうな勢い…いや、絶対買うね(* ̄m ̄)ププ
1足1050円と買いやすいお値段ですし、
良いスリッパ無い?とお探しの方はぜひどうぞ〜(*^-^*)


で、話はそれちゃったけど(笑)
本日のレシピは、グリルした香ばしいチキンがど〜んと乗っかった
グリル鶏なんばんであります。
これ、寒いからお買い物へは行かずに、年末の年越し蕎麦の残りでパパッと済ませようと(笑)
私一人の晩ご飯に作った1品です(^-^)v
お蕎麦だけだとちょっともの足りないかな〜と思ったけど、
食べたらかなりのボリューム!(汗)
しかもピリッとスパイシーなおダシで身体はポカポカ♪
はふ〜っ!いや〜食った食った。世は満足ぢゃ〜…と言う感じ(笑)
寒い日のブランチなんかにいいかもしれません。
麵は蕎麦でもうどんでもOK
ツルツルっと、火傷しないように食べてみてくださいね( ^ー゚)♪



  人気ブログランキングへおいしそう〜♪と思ってくださったら
  ↑ポチッと一押しよろしくお願い致しますm(_ _)m





a0056451_1826313.jpg


「グリル鶏なんばん」


【材料】

2人分

鶏もも肉又は胸肉小さめ1/2〜1枚
塩コショウ
白ネギ1本(5cmくらいに切る)
しめじ1パック
きぬさや又はブロッコリーなどお好みで適宜(彩り用)
蕎麦又はうどん人数分

ダシ汁750cc
みりん大さじ2
薄口醬油大さじ1/2
濃い口醬油(普通のしょうゆ)大さじ1/2
塩(粗塩)小さじ1/2〜1
カレー粉(カレーパウダー)小さじ1
水溶き片栗粉(片栗粉大さじ2+水少々)

おいしいダシの引き方はこちら




【作り方】


1.【下ごしらえ】
  鶏肉は分厚いところは切り開いて厚みを均一にし、
  人数分に等分して軽く塩コショウを振っておく。
  胸肉を使う場合は、薄くオリーブ油(材料外)を塗ると、
  パサ付かずにパリッと焼き上がります。



2.【ダシを作る】
  鍋にダシ汁を入れて火にかけ、調味料で味を調える。
  しめじを入れて一煮立ちさせたら、水溶き片栗粉でとろみをつけてできあがり。



3.【麵の用意】
  乾麺を茹でる場合は、鍋に湯を沸かして茹で始める。
  ゆで麺を使う場合も、鍋に湯を沸かして麵を通し、温める。
  どちらも揚げ際にブロッコリーやキヌサヤを一緒に入れて、サッと茹でておく。



4.【グリルする】
  魚焼きグリルで、鶏肉とネギを焼く。
  (麺を茹でるなら、茹で上がる頃に焼き上がるタイミングで!)
  ネギは焦げやすいので先に取り出し、鶏肉は良い焼き色が付いたら取り出し、
  食べやすい大きさに切る。



5.【仕上げ】
  器に麺を盛り、熱々のダシを張る。
  グリルしたチキンやネギなどをトッピングしてできあがり。





かけつゆは、つゆだけを味見して
少し濃いかな〜と思うくらいがちょうど良いんですよね。
あとから麵が入ると少し薄くなります。
なので味付けはしっかりめにね( ^ー゚)♪
(今回のレシピは2人分なのでご注意ください)

私一人だから楽しよう〜♪と思って作ったメニューですけど、
よく考えたら、これって一人分でも四人分でも手間は同じなのよね(笑)
作り終わってから、あら?と気がつく(^▽^;)
ま、おいしかったからいっか〜(笑)
今度はカレー&グリル好きのダーリンにも作ってあげようっと!
冷え性の方は、下ろしショウガをちょっぴり入れると
さらに温まりますよ〜(*^-^*)v

いつも応援ありがとうございます!
温まりそう〜♪と思ってくださったら人気ブログランキングへ←ポチッと一押し
今日も応援して行ってくださったらうれしいです。
どうぞよろしくお願いします!(^-^)

人気blogランキングに参加しています。
by aiaicafe | 2010-01-07 18:34 | パスタ・麺類 | Trackback | Comments(8)

車エビのパスタ

a0056451_158386.jpg



元旦の晩ご飯は、我が家ではめずらしくイタリアンでした。
って、もしかしてそういうのって初めてかな?
と言うのも、友達から「たくさんあるから食べて〜」と、活け車エビをいただいたんですよね。
大晦日だったので、最初はおせちに…と思ったんだけど、

ダーリン「なんかもったいないね(^-^;)」

う〜ん、おせちって冷たいしね(^-^;)
せっかくの新鮮なエビは、やっぱり一番美味しい食べ方がしたいよねぇ
そこで以前ロスのイタリアンレストランで食べた、
スカンピ(手長エビ)のパスタが頭に浮かぶ…
あれおいしかったよなぁ〜(*´д`*)ハフン♪

と言う事で、重箱には入れずに冷蔵庫へ。
エビさんには一晩お休みしていただきました。
元旦まで持たないか?と思ったけど、なんのなんの(笑)
いざ料理しようか…と思ったら、ピッチピチ!
ワタクシ小心者ゆえ、生きてるものを料理するのが少々苦手なんですよね(´〜`;)
特にエビは、尖ってるところが刺さるのが怖くて〜(汗)
なので今回の下ごしらえはダーリン担当であります。助かった〜( ; ̄ω ̄)ほっ

ダーリン曰く、「水道水に漬けるとおとなしいけど、浄水器の水だと暴れるみたい」らしいです。
一般的には、水道水に浸すとおとなしくなるって言うけど、
うちの浄水器が普通のとはちょっと違うからか?
もしくは水温が微妙に違うからか?(浄水器の方が少し高いんです)
そのへんはナゾです。
とにかく、眺めてるとなんだかエビが気の毒になるので(笑)
私はあんまり見ないようにして、他の事に没頭。
家族はやっぱり助け合わなきゃ!(^▽^;)ははは

今回は、作り置きのトマトソースが無かったので、トマトの水煮を潰して使用。
非常に簡単に、思い立ったらすぐにできる超簡単パスタです。
でもね、これがw( ̄△ ̄;)wおおっ! と叫んでしまうほどおいしくて、
素材が良いと、こんなにスペシャルな味になるのね!と言う事が
イヤと言うほど分かるのよ(笑)
この味だけは、残念ながら他のエビでは代用できないなぁと実感です(^-^;)
ピチピチの車エビを入手したら、ぜひぜひトライしてみてください。
たぶん、この世で一番おいしいパスタだ!と感激すること間違いナシです( ^ー゚)♪


  人気ブログランキングへおいしそう〜♪と思ってくださったら
  ↑ポチッと一押しよろしくお願い致しますm(_ _)m





a0056451_1591468.jpg


「車エビのパスタ」


【材料】

3人分

車エビ9匹
塩コショウ
にんにく1片(スライス)
オリーブ油大さじ3
白ワイン大さじ3
水煮ホールトマト1/2缶
お好みのパスタ250g程度
イタリアンパセリ、刻みパセリなど適宜

トマトは前もって手で潰すか、ポテトマッシャーなどでしっかり潰しておく。



【作り方】


1.【下ごしらえ】
  エビは流水でおがくずなどを洗い、背を開いて背わたを取る。
  身の方に塩コショウを振っておく。



2.【パスタを茹でる】
  鍋にたっぷりの湯を沸かし、1%の塩(材料外)を入れて
  パスタを規定時間どおり、アルデンテに茹でる。



3.【ソースを作る】
  パスタを茹で始めたら、ソース作り開始!
  フライパンににんにくとオリーブ油を入れて火にかけ、香りが立ったらエビをソテーする。
  殻から焼き始め、両面を香ばしく焼いたら白ワインを回し入れる。
  潰したトマトを加えて一煮立ちしたら、エビは一旦取り出す。
  ソースは塩コショウで味を調えておく。



4.【仕上げ】
  茹で上がったパスタをソースに加えて絡め、器に盛る。
  上にエビをトッピングして、イタリアンパセリや刻みパセリを散らして完成です。




これ、最初にパクッと一口食べて、思わず
「うっそぉ〜!!」って言っちゃったんですよね(笑)
車エビはプリプリでびっくりするほど甘いし、
エビの味噌の旨味がソースに滲み出て、それをパスタがしっかり吸って
もうもう、ニンマリしてしまうほど美味しかったの!
娘とダーリンに「おいしいよね♪ね?」と振ったら、
なぜか二人ともだんまり…

ai「なんで何にも言わないの?」

娘「ちょっと黙っててくれる?今食べるのに忙しいから」
ダーリン「…食べ終わるのが悲しいくらいおいしいよぉ〜(T^T)」

あらま(^▽^;)
私以上に感激してくれたみたいです(笑)

今回の1品は、家族の胃袋鷲掴みでした。
と言っても、これは私の腕じゃなくて、素材の良さのなせる技ってところでしょうね。
エビをくれた友人に感謝感謝であります。
味をしめた家族達、きっと来年も「作って〜!」って言うだろうなぁ
元旦の夜はイタリアンで!が定番になりそうな予感です(*^-^*)

いつも応援ありがとうございます!
人気ブログランキングへ←ポチッと一押し今日も応援して行ってくださったらうれしいです。
どうぞよろしくお願いします!(^-^)

人気blogランキングに参加しています。
a0056451_1585329.jpg

by aiaicafe | 2010-01-04 15:23 | パスタ・麺類 | Trackback | Comments(8)

お好み釜玉うどん

a0056451_1221989.jpg




今日も爽やかな秋晴れのお天気♪
そろそろ遠足や運動会の季節ですよね!
我が家の窓からは、ちょうど向かいの中学校の運動場が見下ろせるんですが、
今日は運動会の練習なのか、音楽に合わせて行進している姿が…
またスピーカーから流れて来る音楽がお決まりの曲で
私が子供の頃とぜんぜん変わってないのよね(^-^;)
他に無いんだろうか?とか思いながら(笑)
しばし眺めておりました。

さて、今日のレシピはおうどんです。
実は、私は少し胃腸の具合が良くなくて食欲低下(汗)
娘は顎関節症が悪化してウンウン言ってるので
あまり硬いものが食べられず。
私は大した事無いんだけど、娘の方は
近所の口腔外科もやっている歯医者に診てもらったら、
かなり重症なので大学病院へ行けと言われてしまって、
半日かけてレントゲンを撮りに行って来たばかり。

医者「急に痛くなったんですか?」

娘「以前からなんとなく顎に違和感があったんですが、
     おしゃぶり昆布とスルメを食べたら痛くなって…」

医者「 (* ̄m ̄)ぷっ」

くちゃくちゃやりながらビールでも飲んだな?っていうのがバレバレ(笑)
そういうたぐいのおつまみばっかり食べたから
ずれていた顎の関節が擦れて炎症を起こしたらしいです(^▽^;)

と言うわけで、おうどんなら食べやすいかな?と思って
最初は釜玉うどんにしようと思ったんだけど、それじゃああまりにも寂しいから
食べられそうなものを乗っけて食べる、お好みスタイルにしました。

a0056451_124323.jpg

まずは刻みネギと大根おろしに、山菜ミックス。
たまごは6分茹でのトロトロゆで卵です。

a0056451_1244382.jpg

そしてプリプリの揚げたてエビ天と茄子の素揚げ。
エビ天は手軽に作れる中華のエビ天です。
そこに我が家の熱々の便利つゆをたっぷりかけて…

うま〜〜 (*´д`*)ハフン♪

讃岐うどんの半生麺を茹でたんですが、
これがまたツルッと舌触りが良くておいしかったのよね〜♪
私の胃腸の具合は即復活(笑)
娘は山菜以外を乗っけて食べておりました。
お休みの日のブランチなんかにぜひやってみてくださいね(*^-^*)



人気ブログランキングへおいしそう〜♪と思ってくださったら
↑ポチッと一押しよろしくお願い致しますm(_ _)m






a0056451_1225949.jpg


「お好み釜玉」


【材料】

3人分

うどん3玉
エビ10〜15匹
溶き卵1個分
片栗粉大さじ3
茄子1個
サラダ油適量(揚げ用)
大根おろし適量
山菜適量(市販品)

『便利つゆ』
ダシ汁200cc
みりん80cc
醬油80cc

つゆは全てを合わせて小鍋で一煮立ちさせ、みりんのアルコール分が飛んだらできあがり。
最初に作っておきます。



【作り方】


1.【下ごしらえ】
  茄子はさいの目に切って水にさらし、ザルに揚げて水気を切っておく。
  エビは殻を剥いてから塩を振って揉み、ぬめりが出たら洗い流して
  背わたを取っておく。
  麺を茹でる場合は湯を沸かして茹で始める。
  ボウルに溶き卵を入れ、エビと片栗粉を入れて手でしっかり混ぜ、
  揚げる用意をしておく。



2.【揚げる】
  180度に熱した油で、まず茄子を揚げる。
  次にエビを1匹ずつ油に落として揚げて行く。
  エビの周りが白くなったら揚げ上がり。
  余熱で中まで煮えるので、揚げすぎないようにします。
  器に盛り、熱々のうちに召し上がれ!





エビは揚げたて熱々がおいしいので、エビが出来上がった時には
他のものも全部出来上がっているタイミングで作ります。
なので大根おろしや山菜、ネギなんかは先に用意しておくのがベスト。
作り始める前にしっかりシミュレーションしてから始めてくださいね。
お料理の段取り上手になるために、良い練習になりますよ( ^ー゚)♪

このエビ天、実は今月のお料理教室メニューで出て来るんですよね。
あ、アレかぁ〜と思った方もいらっしゃる?(笑)
アレンジの1つとしてヒントにしてみてくださいね。

おいしそう〜♪と思ってくださったら、
今日も人気ブログランキングへ ←ポチッと一押し、
応援して行ってくださったらうれしいです。
どうぞよろしくお願いします!(^-^)


a0056451_1233167.jpg


人気blogランキングに参加しています。
by aiaicafe | 2009-09-17 12:16 | パスタ・麺類 | Trackback | Comments(4)

豆乳クラムチャウダーパスタ

a0056451_18364717.jpg



朝晩が涼しいを通り越して肌寒くなって来ました。
でも、昼間はお天気が良かったらまだエアコンが必要で、
そのノリで先日ダーリンと夜のお散歩に半袖で出かけたら
さむ〜〜〜((((;゚Д゚))))ブルブル
もう夜は長袖が要るのね…と実感。
秋は少しずつやって来てますね!

我が家のメニューも少しずつ秋っぽくなってきました。
今回は、温かスープパスタレシピです(^-^)
アサリと野菜、キノコが入った、クラムチャウダー風のスープなので
パスタ無しで、具沢山スープとしてもおいしく食べられますよ〜
がっつり食べてみてくださいね!


人気ブログランキングへおいしそう〜♪と思ってくださったら
↑ポチッと一押しよろしくお願い致しますm(_ _)m






a0056451_18414279.jpg



「豆乳クラムチャウダーパスタ」


【材料】

3人分

アサリ200g程度
白ワイン又は日本酒大さじ3
サラダ油大さじ1
ベーコン1枚(細切り)
タマネギ小1/2個
人参1/4本
じゃがいも大1個
しめじ1/2パック
スープ300cc(水+粉末コンソメ1包)
豆乳150cc
塩コショウ
刻みパセリ適宜(あれば)

野菜はすべて1cm程度のさいの目切りにして大きさを揃える。



【作り方】


1.【アサリを返す】
  フライパンを熱し、アサリを投入する。
  白ワインを回し入れたらすぐに蓋をし、中火で2分程度
  アサリの口が開くまで蒸し煮する。
  煮汁(返し汁)は別に除け、アサリは取り出して
  トッピング分(一人3個程度)を除けて、他は殻から身を外しておく。



2.【炒めて煮る】
  鍋にサラダ油を熱し、ベーコンとタマネギを炒める。
  他の材料も加えてサッと炒めたら、スープを注いで蓋をし、10分ほど煮る。



3.【パスタを茹でる】
  スープの仕上げをする前に、パスタを茹で始めます。
  鍋にたっぷりの湯を沸かし、1%の塩を入れて
  パスタを規定時間通りに茹でます。



4.【仕上げ】
  材料が柔らかくなったら、豆乳を加えて塩コショウで味を調える。
  沸騰する直前に火を止める(煮立てないこと!)
  器に茹でたパスタを盛り、上からたっぷりとスープをかけてできあがり。
  パセリを散らせば彩りが奇麗です。





これ、豆乳が入ってますが
アサリとベーコンの旨味たっぷりで、豆乳だとは気がつかないくらいです。
なので豆乳が苦手な方にも(コッソリ入れたらw)食べていただけるかな。
もちろん牛乳でもOKですよ〜( ^ー゚)♪

じゃがいもは男爵を使いました。
メークインに比べて煮ると崩れやすいんですが、
サラッとしたスープなので、少し煮くずれた方が
とろみが付いておいしいんですよね♪
サラッとしたのが好きな方はメークインで、
ポタージュみたいな食感がお好きな方は
ぜひ男爵をおすすめします。
お好みでどうぞ!

a0056451_1838074.jpg

一緒に写っているのはイチジク&生ハムです。
(詳しくはこちら
いつも応援ありがとうございます!
みなさんの応援が励みになっています。
今日も人気ブログランキングへ ←ポチッと一押し、
応援して行ってくださったらうれしいです。
どうぞよろしくお願いします!(^-^)

人気blogランキングに参加しています。
by aiaicafe | 2009-09-12 18:45 | パスタ・麺類 | Trackback | Comments(0)

舞茸とグリーンアスパラのクリームパスタ

a0056451_20452341.jpg



久しぶりのパスタです(*^-^*)
ベシャメルソースが余っていたので、それを利用してクリームパスタを作りました。
具はグリーンアスパラと舞茸。

ダーリン「舞茸って、ポルチーニみたいな旨味があるよねぇ♪」

ほんと!
今月のお料理教室で炊き込みご飯を作ってるんだけど、
そこにも入ってるんですよね。
ジワ〜っと旨味がご飯に染み込んで、おいしいんだな〜これが!
舞うようにおいしいから舞茸と命名されたそうですが…

☆彡(ノ゜▽゜)ノお☆彡ヘ(゜▽゜ヘ)い☆彡(ノ゜▽゜)ノしぃ〜☆彡

こんな感じ?(笑)

キノコも種類によって色んな味がしますよね。
マッシュルームやしめじでもおいしいかも♪
お好みのキノコで作ってみてくださいね!

おいしそう〜♪と思ってくださったら
↑ポチッと一押しよろしくお願い致しますm(_ _)m






a0056451_20473096.jpg


「舞茸とグリーンアスパラのクリームパスタ」


【材料】

3人分

パスタ250g程度
舞茸1パック
グリーンアスパラ3〜4本(斜め切り)
オリーブ油大さじ1
白ワイン又は日本酒大さじ2
※ベシャメルソース1/2カップ(100cc)
牛乳又は豆乳100cc〜150cc
生クリーム大さじ2(あれば)
塩コショウ

※ベシャメルソースの作り方はこちら




【作り方】


1.【パスタを茹でる】
  鍋にたっぷりの湯を湧かし、塩(1%)を入れて
  規定時間より1分ほど短めに茹でる(アルデンテに!)



2.【ソースを作る】
  パスタを茹で始めたら、
  フライパンにオリーブ油を熱し、アスパラと舞茸を炒める。
  油が回ったら白ワインを回し入れて蒸し炒めにし、
  舞茸がしんなりしてきたらベシャメルソースを加える。
  牛乳を少しずつ入れて好みの緩さに調節し、塩コショウで味を調える。



3.【仕上げ】
  茹で上がったパスタをザルに上げて水気を切り、
  ソースに加えて手早く混ぜる。
  器に盛ったらできあがり。





グリーンアスパラは、斜め切りにすると下茹でしなくても大丈夫。
太めでも、炒めるだけでちゃんと火が通ります( ^ー゚)♪
ベシャメルソースを牛乳で溶きのばすわけですが、
冷めて来るとポッテリしてしまうので、少し緩めに調節するのがベストです。
お好みで豆乳でもOKなので、お好きな方でどうぞ。

a0056451_2049988.jpg


コレ、前回の白身魚のフライと一緒にいただきました。
てんこ盛りの大根サラダも。
ドレッシングは、大葉ペーストを利用しています。
いつものポン酢ドレッシングに混ぜるだけ〜なんですが、
大根にピッタリなんですよ〜♪
こちらもぜひお試しくださいね(*^-^*)

そうそう、大葉ペーストで思い出した!
昨日お買い物に行ったら、いつも100円前後で売ってる大葉が
なんと!249円ではありませんか〜(汗)
数字を見て思わず手を引っ込めちゃった(^▽^;)
チラリとキャベツやレタスを見たら、
これまた250円〜300円くらいでビックリ!

葉野菜が値上がりしてますねぇ
ちょっと添えたいな〜と思っても、買うのに二の足を踏んでしまいます(T^T)

ダーリン「水耕栽培の野菜はどうよ?お天気に関係ないから24毛作らしいよ。
2週間で収穫できるんだってさ!」

えぇぇ〜Σ(・ω・ノ)ノ
そのわりには結構いいお値段なのはナゼ?(^▽^;)
もうちょっとなんとかなりませんかねぇ

私の心の叫びに共感してくださる方は
←ポチッと一押し、
応援して行ってくださったらうれしいです。
どうぞよろしくお願いします!(^-^)

人気blogランキングに参加しています。
by aiaicafe | 2009-08-20 21:00 | パスタ・麺類 | Trackback | Comments(0)

ひんやり♪ジュレ素麺

a0056451_1247452.jpg



今日も暑いですね〜(´〜`;)
シャーシャー鳴くセミが暑さに追い打ちをかけるようで、
それにしても今日はいやにウルサいなぁ…と思っていたら、
ベランダでドスンバタン怪しげな音が…

もしかして、洗濯物が落っこちた??
干したばっかりなのになぁ〜(涙)


娘「おかあさ〜ん!音で目が覚めたんだけど、私の部屋の網戸にセミが止まっててさぁ
   それを鳥が食べたみたい。ビックリしたぁ(;゚Д゚)」

え!?Σ(・ω・ノ)ノ
あの怪しげな音はセミと鳥が格闘している音だったのか〜!


うちの近所の川に、鳥が飛んで来るんですよね。
川って、あのカーネルおじさんが沈んでた道頓堀川ですよ(笑)
でも…川に来る鳥って、セミ食べるの?
もしかしたらカラスかも〜(^▽^;)
色々と憶測が飛び交って、まぁセミに起こしてもらってよかったよねぇ
と言う事で話が一件落着しました(笑)

先日は、うちの真上から聞こえてきたし(^-^;)
今年はよくベランダの網戸にセミがしがみついて鳴いているみたいです。
間近で聞くセミの声(音?)ってホント迫力なんですよ〜
たった1匹なのに、10匹くらいいるみたいに聞こえるんですよね。
寝起きの悪い娘も思わず飛び起きるくらい(笑)
セミは何年かに1度大量発生するそうですが、今年がそうなのかもしれませんね。
でも、お願いだからもう少し小さな声で鳴いて〜(T^T)


さて、うだるように暑い日のランチは、ヒンヤリ冷たい麺類が嬉しいですよね〜♪
実は先日、晩ご飯にジュレサラダを食べていて、

ダーリン「ね、これ素麺に乗っけたの作ってみて!きっと合うで〜」

リクエストをもらったので早速作ってみたのでした。
フルフルンと冷たいジュレをかけた素麺、
口の中でサーッと溶けて、後からおダシの香りが広がるんですよ♪
ジュレは前日からでも作っておけるので、
夏のおもてなしの締めにもいいかもしれません。
ぜひトライしてみてくださいね!

ひんやりおいしそう〜♪と思ってくださった方は
↑ポチッと一押しよろしくお願い致しますm(_ _)m






a0056451_12531669.jpg


「和風ジュレ素麺」


【材料】

3人分

ダシ汁350cc
薄口醬油大さじ2
みりん大さじ2
粉ゼラチン5g(一袋)
エビ10匹程度
オクラ3本
トマト1/2個又はプチトマト5〜6個
炒りごま大さじ1
素麺適量



【作り方】


1.【ジュレを作る】
  鍋にダシ汁とみりん、薄口醬油を入れて火にかけ、
  湯気が上がるくらいに温まったら、火を止めて粉ゼラチンを振り入れる。
  (沸騰しているところに入れるとゼリーが固まらないので注意)
  バットかボウルなどに流し入れ、粗熱が取れたら冷蔵庫で1〜2時間冷やし固める



2.【具の用意】
  エビは沸騰した湯に入れて、周りが白くなったら火を止め、
  あとは余熱で火を通し、食べやすくぶつ切りにしておく。
  オクラはサッと色よく茹で、小口切りに。
  トマトは小さくさいの目に切っておく。
  固まったジュレをスプーンなどで崩し、具と炒りごまを混ぜ合わせておく。



4.【仕上げ】
  素麺を茹でてザルに上げ、冷水で締めてからよく水気を切る。
  器に盛り、上にジュレを乗せたらできあがり。




暑い日は、室温に置くとジュレがすぐに溶けてしまうので、
なるべく食べる直前に麺に乗せてください。
すぐに食べない場合は、冷蔵庫に入れておいてくださいね。

これ、少し不思議な食感なんですよ〜!
ジュレが溶けたら普通のぶっかけ素麺みたいになるかな〜と思ったら、
ゼラチンのとろみがあるからか、あんかけのようなトロリとした感じなんですよね。
思ったよりも麺に絡んでくれて、美味しかったですよ(^-^)v
おうどんでもおいしくできると思うので、お好みの麺でお試しくださいね!



暑い日にはもってこいだね!と思ってくださったら
←ポチッと一押し
今日も応援して行ってくださったらうれしいです。
どうぞよろしくお願いします!(^-^)

a0056451_12542276.jpg


by aiaicafe | 2009-08-07 13:06 | パスタ・麺類 | Trackback | Comments(4)

冷やしつけ麺

a0056451_1357460.jpg


前回の居酒屋メニューの締めはラーメンでした。
我が家で晩ご飯にラーメンを食べるってめずらしいんだけど、

ダーリン「生ラーメン買って来たよ〜!この前、冷やしラーメン作ったときは乾麺だったでしょ?
      やっぱりラーメンは生の方がおいしいと思ってね(^-^)v」

実は、先日の冷やしラーメンは、私と娘がランチに食べたもので、
彼は食べてなかったんですよね(^-^;)
どうやら遠回しに「作ってくれ」と催促されたようです(笑)

今回は、タレをつけ麺用に少し濃いめに作ってみました。
ダシは、和風のラーメン屋さんがあるけど、そこで出て来そうな感じを狙って(笑)
鶏ガラスープに我が家の厚削りで取った和風ダシをプラス。
さっぱりと上品に、なかなかおいしくできました♪

具は小大豆モヤシとメンマ、それにトロトロたまご!
結構ボリュームがあって、これだけでもお腹がいっぱいになるほど。
具があんまり無かったら、ザルに上げてザルラーメンで食べるのもいいけど、
やっぱりつけ麺の方が響きがいいよね。
イケメンに似てるから?(笑)


娘「あのね〜、本当はタレのほうに具が入ってるもんなんだけど(^▽^;)」

ぬぉぉ〜〜Σ(・ω・ノ)ノ
そ、そうなのか!?←外で食べた事が無い人(汗)


お店で食べた事のある娘曰く、
とんこつラーメン系のところは、タレがもっとギットリしてて
お醤油たっぷりで塩っからいんだそうな。
食べ終わった後に、タレをスープで割ってくれるサービスもあるらしい。

知らんかったわ〜(^▽^;)

ま、我が家のはヘルシー版と言う事で、
さっぱり食べたい人向きかもしれないけど(汗)
ダーリンはズルズルっと一気に食べてたし、
これはこれで(゚з゚)イインデネーノ? と娘が言ってくれたので
ヨシということにしときましょう。
暑い日のお昼なんかにぜひトライしてみてくださいね!



おいしそう〜♪と思ってくださったら
↑ポチッと一押しよろしくお願い致しますm(_ _)m




a0056451_1443450.jpg


「冷やしつけ麺」


【材料】

3人分

生ラーメン又は中華麺など3人分
小大豆モヤシ1/2袋
たまご3個
刻みネギやメンマ、焼豚など適量(お好みで)

『付けダレ』
スープ300cc(水+鶏がらスープの素小さじ2)
ダシ汁100cc
日本酒大さじ1
砂糖(粗糖)大さじ1/2
醬油大さじ3
塩ひとつまみ
コショウ少々
酢小さじ1
ごま油小さじ1

おいしいダシの引き方はこちら



【作り方】


1.【下準備】
  タレは最初に作って粗熱を取り、冷蔵庫で冷やしておく。
  モヤシは塩を入れた湯で3分ほど茹で、ザルに上げて冷ましておく。
  たまごはお尻(尖ってない方)に押しピンなどで穴を開け、
  沸騰した湯に入れて、きっかり6分茹でる。
  すぐに氷水に取って急冷しておく。



2.【仕上げ】
  麺を規定時間通り茹で、冷水に取って締める。
  水気を切って器に盛り、モヤシ、半分に切ったトロトロたまご、メンマ、ネギを乗せる。
  タレを添えて召し上がれ!




だし汁(和風)は特に加えなくても鶏ガラスープだけでも作れます。
その場合は鶏ガラスープの素をもう少し足してくださいね。
具はどうぞお好みで。
我が家は無かったけど(笑)チャーシューを乗せても美味です♪

a0056451_1475839.jpg


この日は前回の砂肝の唐揚げや叩きキュウリ、
しめ鯖なんかと一緒にいただきました。
久しぶりの居酒屋風、麦茶がお供だったけど(笑)
いつもと違う雰囲気だったからか、なかなか好評でした。
またやろう〜っと!(*^-^*)

お帰りの際には、今日も ←ポチッと一押し、
応援して行ってくださったらうれしいです。
どうぞよろしくお願いします!(^-^)

人気blogランキングに参加しています。
by aiaicafe | 2009-07-24 14:18 | パスタ・麺類 | Trackback | Comments(2)

パスタで!炒めずビーフン&お知らせ

a0056451_1445755.jpg




今月のお料理教室のメニューで、カッペリーニを使った冷製パスタサラダがあります。
カッペリーニは極細のパスタで、細さは素麺みたいな感じ。
冷製にすると素麺そっくりなんですよね。
でもね、ワタクシ今月はすでに7回ほど食べて(汗)
食べているうちに…

「いやいや、素麺じゃなくて、これってビーフンよ!」
素麺は、茹でて時間が経つとブヨっとした感じに伸びてしまうけど、
カッペリーニは時間が経ってもそうはならず、
ずっとさっくりしたような食感が続いておいしくいただけるんですよね。
そのさっくりしたような食感がビーフンに似てるわ!

…と、新たな発見(?)をしてしまったのです(笑)
それなら思い切ってカッペリーニをビーフンにしてしまえ!と、
中華味の冷製サラダを作ってみました。
茹でたカッペリーニに具とドレッシングを混ぜるだけ〜♪なんですが、
これがあっさりしたビーフンみたいでおいしかったんですよね(*^-^*)
ビーフンは使ってないから、正しくは
「冷製炒めずビーフンでも実はカッペリーニよ」かな(笑)

カッペリーニは茹で時間が素麺並みで、すぐにできるのが楽ですよね。
でも冷製にしておいしく食べるためには少しだけコツがあります。
ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

おいしそう〜♪と思ってくださったら、
↑ポチッと一押しよろしくお願い致しますm(_ _)m





a0056451_1461015.jpg



「炒めずビーフン」


【材料】

3人分

カッペリーニ150g程度
塩(粗塩)
薄切り豚肉150g(一口大に切る)
きゅうり1本(薄切り)
パプリカ赤、黄、少々(薄切り)
冷凍又は缶詰コーン大さじ3
プチトマト7〜8個(食べやすい大きさに切る)

『ドレッシング』
スープ50cc(水+鶏がらスープの素小さじ1/2
オイスターソース小さじ1
醤油小さじ1
塩コショウ少々
ごま油大さじ1

ドレッシングは味を見ながら全ての材料を混ぜ合わせ、最初に用意しておきます。



【作り方】


1.【茹でる】
  鍋に湯を沸かし、お湯の量の1%の塩(粗塩)を入れてパスタを茹でる。
  パスタを茹でているあいだにボウルに氷水を用意しておく。
  (この氷水にも塩を1%入れて溶かしておく)
  規定時間通が来たらパスタの鍋へ豚肉を入れ、パスタと一緒にさらに1分ほど茹でる。
  ザルに上げて水気を切り、そのまま氷水に入れて締める。
  再びザルに上げて水気をよく切ります。



2.【和える】
  野菜と茹でたパスタをボウルに入れ、
  ドレッシングを回しかけてよく混ぜる。
  器に盛り、軽くコショウを振って完成です。




そうめんは、麺自体にに塩気があるので、
茹でて水で締めると適度に塩気が抜けて、ほどよい味になります。
方やパスタは、麺に塩を練り込んでいないので、
茹でる時にお湯に塩をたっぷりと入れますよね。
そのまま普通に氷水で冷やすと、せっかく麺に絡んだ塩気が抜けてしまって、
かなり水っぽい味になってしまうんですよねぇ(´〜`;)
(逆に、減塩食をされている方は、この方法がおすすめ!
素麺よりも少ない塩分で食べられますよ〜)
なので、冷やすお水にも塩を入れておくと、
水っぽくならずにおいしく食べられるというわけね( ^ー゚)♪


それと、普通パスタは、気持ち芯が残る程度のアルデンテに茹でるけど、
冷製にするときは少し長めに茹でた方がいいかな〜と思います。
アルデンテは、やっぱり余熱も考えた温かいパスタを食べる時のもので、
『余熱』の無い冷製は、アルデンテだと…芯のある素麺?(笑)
なので豚肉と一緒に、規定時間よりも1分ほど余計に茹でました。
具も一緒に用意できて楽々です♪

と言うわけで、ドレッシングは濃いめに作らなくても
そのままの味でいただけます(*^-^*)v
温かいとすぐに伸びて、ちょっと扱いにくいカッペリーニですが(汗)
冷たく爽やか〜に食べてみてくださいね!




【お知らせ】

15日の深夜1:00〜昼12:00まで、DBサーバー入れ替えとメンテナンスのために
エキサイト全サービスが利用できなくなるらしいです。
なので、何か予定のあるかたは今のうちに!
しっかり予定を立ててくださいね。
aicafeのレシピがみなさんのお役に立ちますように(^-^)

いつも見てるよ〜!と言ってくださる方は
お帰りの際に ←ポチッと一押し、
応援して行ってくださったらうれしいです。
どうぞよろしくお願いします!(^-^)

人気blogランキングに参加しています。
by aiaicafe | 2009-07-14 14:24 | パスタ・麺類 | Trackback | Comments(0)