2017年 10月 20日 ( 1 )

常備菜で!和風天津飯

a0056451_15473063.jpg



すっかりご無沙汰しちゃいましたが(^-^;)
みなさんお元気にお過ごしでしょうか。

雨の日が続いたり、真冬みたいに寒かったり、
このところ極端なお天気だから
体調くずしてないといいんですが…


ここ数週間、わが家は思いっきりバタバタしてました。
実は、お家を引っ越しをすることにしたんです。

以前、お料理教室のパーティーをした時に、
みなさんに「住むとしたらどこがおすすめか?」
という質問をしたことがありました。

仕事でどこかへ引っ越さなければいけないとなると
ピンポイントでここ!と決められるかもしれないけど、
どこにでも、好きなところに住める…となると、
決めるのがなかなか難しくて〜(涙)
「みんなの住んでいるところはどうなの?」と、
いろいろ教えてもらって参考にしようと思ったのでした。

我が家は娘も嫁いでしまって夫婦二人きり。
仕事も辞めたのでそんなに広い住まいも必要じゃないし。
なにより、そろそろ終活していかないと、
私やダーリンが居なくなったら
娘たちが後片付けにきっと困るよねぇ…

そんなことをダーリンと話しながら、
ここが良いかな?あそこが良いかな?
な〜んてお家を物色していたら、
新築の可愛いお家を発見!
あれよあれよと言う間に決まってしまいました(汗)
まぁ不都合があれば、
またそのうち違うお家に引っ越しするか
って言うノリです(^▽^;)ははは


というわけで、ただ今わが家は激しく断捨離中です。
食卓なんかの家具も、この際新調しようかどうしようか、
毎日ウンウン言いながら悩んでます(^-^;)


まだ本格的じゃないですが
少しずつダンボールの箱も出来上がってきて、
部屋がすごいことになっているので(汗)
毎日のご飯はパパッと簡単にできるものが中心。
今回のレシピは片付けの合間に食べた一品です。

見た目はオープンオムレツっぽいですが
ごはんの上に好みのお惣菜を乗せて、
焼いた卵をトッピング。
上から熱々の和風あんをかけたらできあがり〜
おダシの香りがフワ〜っと漂って美味しいのです♪


おいしそう~♪と思ってくださったら
↑ポチッと一押しよろしくお願い致しますm(_ _)m
a0056451_15473567.jpg



これ、特に技術もいらないので、
冷凍ものや残ったおかずがあれば
10分くらいでできちゃいます(^-^;)
a0056451_15473869.jpg

私は冷凍してあったご飯とひじきの煮物を利用。
きんぴらや肉じゃがなんかの煮物でもいけると思いますよ(^-^)v
ごはん少なめなら小腹用にもピッタリかな?
お夜食なんかにも良いかもしれませんね(^-^)v





「常備菜で!和風天津飯」

【材料】2人分

タマゴ4個(一人2個)
粗塩 少々
植物油大さじ1

ごはん 好みの量
お惣菜(ひじき煮やきんぴらなど) 好みの量

『あん』
ダシ汁300cc
日本酒大さじ1
みりん大さじ1
粗塩小さじ1/3
薄口醤油大さじ1/2
水溶き片栗粉(片栗粉大さじ1+水少々)

おいしいダシの取り方はこちらです。
卵はボウルに割リ入れ、粗塩を加えて荒くほぐす。
(しっかり混ぜないこと!)



【作り方】
  

1. 【あんを作る】
鍋にダシ汁を入れて火にかけ、調味料を入れて味を整える。
一旦火を弱めて水溶き片栗粉を回し入れたら、
火を強めてとろみがつくまで煮立てる。



a0056451_15474461.jpg2. 【ご飯の用意】
温かいご飯を器に盛り付け、
好みのお惣菜を乗せておく。




a0056451_15474185.jpg3. 【タマゴを焼く】
フライパンを火にかけて植物油を熱し、
熱くなったら溶き卵を一気に流し込みます。
周りからお箸でグルグル円を描くように混ぜ、
ふんわりと焼き上げたら火を止める。
ご飯の上に乗せ、アツアツのあんをかける。
みつばか刻みネギを散らして完成。




こういう時のたまごは
しっかりほぐさずに、ところどころ白身のかたまりが残っている程度に
チャチャっと荒く混ぜて止めておきます。
しっかり混ぜすぎるとふんわりしたコシがなくなるので気をつけて!

それから「あともう少しかな〜?」というところで
火を止めるのもポイント。
思った以上に余熱で火が通っちゃうのでご注意を。


さて、今日もこれからもうひと頑張り(* ̄‥ ̄*)=3
疲れたら気晴らしにまた更新しますね。
またまた台風が来てるみたいなので
みなさんどうぞお気をつけて!




←孫猫ロボたんをポチッと一押し
今日も応援して行ってくださったらうれしいです。
どうぞよろしくお願いします!(^-^)

人気blogランキングに参加しています。





by aiaicafe | 2017-10-20 17:25 | たまご料理 | Trackback | Comments(6)