2017年 06月 10日 ( 1 )

トマトのピクルス

a0056451_18403526.jpg



早いですね〜!6月に入って、夏至までもう少し。
去年の今頃は何してたっけなぁ
と、ブログをチェックしてみたら
キャロット・ラペとか作ってますね〜私σ(^▽^;)
そういえば、最近はあんまり作ってなかったな。
オレンジがあるから今日早速作ろうっと!

暑くなってくると、こってりスパイシーなものや
ひんやり冷たいものが多くなってくる我が家。
そういう時にあったらいいな〜
…っていうのがさっぱりめの常備菜ですよね。
キャロットラペもおすすめ常備菜の一つだけど、
今回は、私のお気に入りトマトピクルスのレシピです( ^ー゚)♪
a0056451_18404183.jpg

これ、以前夏のカレーレッスンで、サイドメニューとして作ったんですが
衝撃的な味(?)と食感で、みなさんに大好評だった一品。
つるん♪としてて、噛んだらジュワワ〜♪
はじめに食べた時の甘酸っぱさの次に、
トマト自体の酸味がやってきます。
なんかね、一度で二度美味しい感じがするのよね(*^-^*)v


つぶれやすいトマトは、ガラス瓶やホーローなんに入れて作るとベスト。
なんだかカワイイ~♪と思ってくださったら
↑ポチッと一押しよろしくお願い致しますm(_ _)m
a0056451_18403981.jpg

湯むきしたプチトマトを合わせ酢に漬け込むだけ!
お子ちゃまでもOKな、ちょっぴり甘めのレシピです。
お砂糖の量を調節すると好みの味で作れますよ(^-^)v




トマトのピクルス


【材料】
プチトマト 2〜3パック分

『マリネ液(合わせ酢)』
米酢 50cc
水 50cc
粗塩 小さじ1/3
砂糖(上白糖) 大さじ3〜4
ピクリングスパイス(市販品) 小さじ1
輪切り唐辛子 ひとつまみ
ニンニクスライス 2枚
材料を全て合わせ、砂糖が溶けるまで
よく混ぜてマリネ液を作っておく。



1.【トマトの下ごしらえ】
湯むきするための湯を沸かしておく。
トマトのヘタを取り、ヘタの無い方に軽く十字に切り込みを入れる。
傷程度に皮だけを切ること。
包丁が切れなかったら、パン切り包丁を使うと切れますよ〜^^

沸騰している鍋に一度に入れ、切り目が裂けて皮が剥がれてきたらすぐにザルにあげる。
粗熱が取れたら、指でつまんでツルンと皮を剥がして取る。

2.【漬ける】
器にトマトを入れ、マリネ液をそっと注いだら完成。
1日以上置いて味を染み込ませる。




器は、酸に弱い金属は却下です。
ガラスやホーロー、またはジップ袋などを使ってくださいね。
ちなみに私は、トマト以外の野菜はジップ袋を使ってます。
a0056451_18404428.jpg

液が少なくてもしっかり全体に回るから便利ですよね( ^ー゚)♪

美味しく作るポイントは、ニンニクの芽(芯の部分)は取ることと、
入れる量は2枚までにすること。
入っているとわからない程度が美味しいので(*^-^*)

ピクリングスパイスは、最近はどこのスーパーでも
スパイスコーナーで入手できるようになりました。
ギャバンやフォーションがおすすめだけど、
おうちにローリエ、マスタードシード、クローブなどがあれば
それを利用してもOKです。

他のお野菜を漬ける時は、
秤にザル&ボウルを重ねて置き、
そこへ野菜(500g程度まで)を入れ、
重さの1%の粗塩を振ってよくまぶします。
2〜3時間置いて、水気が出たら捨てて
そのままマリネ液に漬けるだけ。
ちょっとヤミつきになる味だから、
ぜひトライしてみてください(*^-^*)


この日ピクルスと一緒にいただいたのは、
スパイシー唐揚げや青菜炒めなどなど。
お野菜をしっかり食べる、ってなかなか大変だけど
ピクルスはお助け度大です( ^ー゚)♪
a0056451_18404873.jpg



←孫猫ロボたんをポチッと一押し
今日も応援して行ってくださったらうれしいです。
どうぞよろしくお願いします!(^-^)

人気blogランキングに参加しています。











by aiaicafe | 2017-06-10 20:19 | その他 | Trackback | Comments(0)