冷やしつけ麺

a0056451_1357460.jpg


前回の居酒屋メニューの締めはラーメンでした。
我が家で晩ご飯にラーメンを食べるってめずらしいんだけど、

ダーリン「生ラーメン買って来たよ〜!この前、冷やしラーメン作ったときは乾麺だったでしょ?
      やっぱりラーメンは生の方がおいしいと思ってね(^-^)v」

実は、先日の冷やしラーメンは、私と娘がランチに食べたもので、
彼は食べてなかったんですよね(^-^;)
どうやら遠回しに「作ってくれ」と催促されたようです(笑)

今回は、タレをつけ麺用に少し濃いめに作ってみました。
ダシは、和風のラーメン屋さんがあるけど、そこで出て来そうな感じを狙って(笑)
鶏ガラスープに我が家の厚削りで取った和風ダシをプラス。
さっぱりと上品に、なかなかおいしくできました♪

具は小大豆モヤシとメンマ、それにトロトロたまご!
結構ボリュームがあって、これだけでもお腹がいっぱいになるほど。
具があんまり無かったら、ザルに上げてザルラーメンで食べるのもいいけど、
やっぱりつけ麺の方が響きがいいよね。
イケメンに似てるから?(笑)


娘「あのね〜、本当はタレのほうに具が入ってるもんなんだけど(^▽^;)」

ぬぉぉ〜〜Σ(・ω・ノ)ノ
そ、そうなのか!?←外で食べた事が無い人(汗)


お店で食べた事のある娘曰く、
とんこつラーメン系のところは、タレがもっとギットリしてて
お醤油たっぷりで塩っからいんだそうな。
食べ終わった後に、タレをスープで割ってくれるサービスもあるらしい。

知らんかったわ〜(^▽^;)

ま、我が家のはヘルシー版と言う事で、
さっぱり食べたい人向きかもしれないけど(汗)
ダーリンはズルズルっと一気に食べてたし、
これはこれで(゚з゚)イインデネーノ? と娘が言ってくれたので
ヨシということにしときましょう。
暑い日のお昼なんかにぜひトライしてみてくださいね!



おいしそう〜♪と思ってくださったら
↑ポチッと一押しよろしくお願い致しますm(_ _)m




a0056451_1443450.jpg


「冷やしつけ麺」


【材料】

3人分

生ラーメン又は中華麺など3人分
小大豆モヤシ1/2袋
たまご3個
刻みネギやメンマ、焼豚など適量(お好みで)

『付けダレ』
スープ300cc(水+鶏がらスープの素小さじ2)
ダシ汁100cc
日本酒大さじ1
砂糖(粗糖)大さじ1/2
醬油大さじ3
塩ひとつまみ
コショウ少々
酢小さじ1
ごま油小さじ1

おいしいダシの引き方はこちら



【作り方】


1.【下準備】
  タレは最初に作って粗熱を取り、冷蔵庫で冷やしておく。
  モヤシは塩を入れた湯で3分ほど茹で、ザルに上げて冷ましておく。
  たまごはお尻(尖ってない方)に押しピンなどで穴を開け、
  沸騰した湯に入れて、きっかり6分茹でる。
  すぐに氷水に取って急冷しておく。



2.【仕上げ】
  麺を規定時間通り茹で、冷水に取って締める。
  水気を切って器に盛り、モヤシ、半分に切ったトロトロたまご、メンマ、ネギを乗せる。
  タレを添えて召し上がれ!




だし汁(和風)は特に加えなくても鶏ガラスープだけでも作れます。
その場合は鶏ガラスープの素をもう少し足してくださいね。
具はどうぞお好みで。
我が家は無かったけど(笑)チャーシューを乗せても美味です♪

a0056451_1475839.jpg


この日は前回の砂肝の唐揚げや叩きキュウリ、
しめ鯖なんかと一緒にいただきました。
久しぶりの居酒屋風、麦茶がお供だったけど(笑)
いつもと違う雰囲気だったからか、なかなか好評でした。
またやろう〜っと!(*^-^*)

お帰りの際には、今日も ←ポチッと一押し、
応援して行ってくださったらうれしいです。
どうぞよろしくお願いします!(^-^)

人気blogランキングに参加しています。
by aiaicafe | 2009-07-24 14:18 | パスタ・麺類 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://aiaicafe.exblog.jp/tb/8692583
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by おぎん at 2009-07-25 17:33 x
自称らーオタのわたくしこの記事のつけ麺に
食いつきました・・・ポチッ
次は4人前で・・・
Commented by aiaicafe at 2009-07-27 15:42
+おぎんさん+
了解しました(笑)
自転車ですっ飛んで来てくださいね!
<< アボカドやっこ 砂肝の唐揚げ・ガーリックソース >>