お手軽チャーシュー

a0056451_1746319.jpg



先日、ダーリンに「ナンプラー焼豚、しばらく食べてないなぁ…」と言われて、
じゃあ作るか?と言うところで、
うちの冷蔵庫に豚肉をつり下げておくスペースが無い事に気がついた(汗)

それ専用に、つり下げるフックは取り付けてあるのよね。
しかし!お料理教室を始めてから、冷蔵庫の中は常に満杯状態(-_-;)
ナンプラーのタレに漬けてから、3日はつり下げておかないと乾かないので
(ナンプラー焼豚は乾燥させてから焼きます)
お料理教室が3日続けてお休みの日までお預けとなったのでした。

でも、なんとなく後ろ髪を引かれちゃったので、
今回はもっとお手軽にできる焼豚を作りました。
簡単すぎてごめんなさいシリーズに入りそうなくらいの勢いです(笑)
タレに漬けておいてからオーブンで焼くだけ!
焼いて作るタイプの叉焼(チャーシュー)であります。

バラ肉みたいに脂身の多い部位だったら、
1度茹でて脂抜きして作る、煮豚の方法がおいしいですよね。
本当は、ほどよく脂身のあるほうがおいしいんだけど、
我が家は脂身の無いもも肉を使うので、
しっとり柔らかく焼けるオーブン焼きです。
ヘルシーに食べたい方はぜひお試しください(*^-^*)







おいしそう〜♪と思ってくださったら、
↑ポチッと一押しよろしくお願い致しますm(_ _)m

a0056451_17471814.jpg




「お手軽チャーシュー」


【材料】

3人分

豚塊肉もも又はロースなど250g〜300g程度
塩(粗塩)少々
生姜スライス5〜6枚
ネギ1本(白ネギなら端切れでOK)

『漬け込みダレ』
醬油大さじ2
日本酒大さじ2
水大さじ2
オイスターソース小さじ1
砂糖(粗糖)大さじ1

タレは前もって合わせておく。
オーブンは200度くらいに予熱しておく。



【作り方】
  

a0056451_17482929.jpg1.【下ごしらえ】
豚肉は余分な脂身を取り、軽く塩を振ってすり込み10分ほど置く。
ジップ付きの袋に入れ、ネギと生姜を入れたら、
タレを注ぎ、できるだけ空気を抜いて密着させるようにして、
袋の口をとじる。
そのまま冷蔵庫で2時間〜一晩置いて味を染み込ませる。




3.【焼く】
  豚肉を取り出し、水気を切って
  オーブンペーパーを敷いた耐熱容器に乗せて、200度に予熱したオーブンで焼きます。
  15分ほど焼いたら上下を返し、更に5〜10分焼きます。
  焼いている間に、タレを半量くらいになるまで煮詰めておく。
  豚肉にほんのり焦げ目が付いたら取り出し、アルミホイルを被せて少し置く。
  (余熱を利用してしっかり火を通します)
  触れるようになったらスライスして器に盛り、
  ほとばしり出た肉汁は、煮詰めたタレに加えて一緒に添えます。




a0056451_17503533.jpgアルミホイルを被せて5分くらいすると、
←お肉からじゅわ〜っと肉汁が出て来ます。
捨てないで、必ずタレに加えてくださいね!
コレが入ると本当に美味なんですよ〜 (*´д`*)ハフン♪

私は3時間くらい漬けてから焼いたけど、
しっかり味にしたい方は、一晩漬けておいた方がいいかな。
もしくは、焼いている途中で、
煮詰めたタレを刷毛で2〜3回塗ってもいいかも。
漬けダレに八角(アニス)を少〜し加えたら、
かなり本格的な風味のチャーシューになりますよ〜( ^ー゚)♪



さ〜て、こういうのは一度で食べ切らないで、
残ったのをどういう風に利用するか?を考えるのが楽しいのよね♪
そのまま食べてももちろんおいしいけど、
和え物にしたり、何かに乗っけたり…
う〜ん、楽しみo(≧∀≦)o
おいしそう〜♪と思ってくださった方は
今日も ←ポチッと一押し、
応援して行ってくださったらうれしいです。
どうぞよろしくお願いします!(^-^)

人気blogランキングに参加しています。
by aiaicafe | 2009-06-27 11:14 | グリル・焼きもの | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://aiaicafe.exblog.jp/tb/8504317
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by sssumunion at 2009-06-27 11:16
初めまして!
遊びに来ました!
これからヨロシクお願いしま~す<m(__)m>
Commented by aiaicafe at 2009-06-28 17:44
+ sssumunionさん+
はじめまして!
こちらこそよろしくです〜
<< 冷やしラーメン 鶏肉と大豆もやしの豆鼓炒め >>