さつまいも餅

a0056451_135107.jpg



少し前に、さつまいものレシピをリクエストしていただきました(^-^)アリガト!
先日、いもバターきんぴらを作ったときのお芋が余っていたので
ちょっと作ってみました。
久しぶりにスイーツものよ( ^ー゚)♪


一時期、娘がおから餅なるものに凝った事があったんですよね。
味は……

  _, ._
(;゚ Д゚)



で、(笑)
これって居酒屋さんなんかによくある、
芋餅(ジャガイモの餅)のアレンジからできてるみたいなんですが、
それならさつまいもで作ってもきっとおいしいわよね?と、
娘に手伝ってもらって親子クッキングです(お芋潰しただけw)

潰して丸めてフライパンで焼くだけ!
シンプルだけどおいしいのよね〜 (*´д`*)ハフン♪
みたらし風のタレと、黒蜜、メープルシロップで食べ比べしました。
それぞれにおいしいんだけど、私はメープルシロップがお気に入り。
娘はみたらし風がおいしいと言ってました。
ダーリンは…

ダーリン「うわぁ〜こりゃやられましたな!丸くてコロンとしてるの、ツボやなぁ〜♪(*^▽^*)」

もうカタチからノックアウトされたもよう(笑)

もしかして、私に惚れ直したのか?
…と思ったら、
惚れたのはお芋みたいで(^▽^;)
目がハートになってました(笑)

外はカリッとして、バターの香りがふんわり♪
中はもっちりほっくりしております。
スイートポテトのような、和風スイーツのような…
誰にでも好かれる味です。
お好みのタレで食べてみてくださいね(*^-^*)




←ポチッと一押しよろしくお願い致しますm(_ _)m







a0056451_1311726.jpg



「さつまいも餅」


【材料】

6〜7人分

さつまいも2個(約450g程度)
片栗粉大さじ10
生クリーム大さじ3(又は牛乳でもOK)
塩(粗塩)小さじ1/2
バター大さじ1(10g程度)
炒り黒ごま適宜

『タレ』
醤油大さじ1
砂糖(粗糖)大さじ2〜3
みりん大さじ1
水大さじ6(90cc)
水溶き片栗粉(片栗粉大さじ1/2+水少々)






【作り方】
  

a0056451_13131724.jpg1.【茹でて潰す】
さつまいもは皮を剥き、さいの目に切ってから
10分ほど茹でて柔らかくする。
(少量ならレンジ加熱でもOK)
マッシャーなどで潰すか、丁寧に作るなら裏ごしする。






a0056451_13152091.jpg2.【練る】
片栗粉と塩を入れてよく練る。
まとまりやすいように生クリームか牛乳を少し加えてさらに練り、
一口大のお団子に丸める。




3.【タレを作る】
  小鍋に調味料と水を入れて煮立て、一旦火を止めてから水溶き片栗粉を回し入れ
  弱火で混ぜながらとろみを付ける。



4.【焼く】
  フライパンにバターを熱し、お団子を焼きます。
  蓋をして、弱めの中火でじっくり火を通します。
  押さえてみて硬く弾力が出たら焼き上がり。
  仕上げは蓋を取って火を少し強め、焼き色を付けてパリッとさせます。
  器に盛り、お好みのタレを添えて完成!





a0056451_13252030.jpgさつまいも1個(200g程度)で
お団子が2個刺さった串が10本ほどできました。
お芋2個は少し多かったかなぁ(^-^;)
ってことで、半分は棒状にしてラップに包み冷凍庫へ。
3〜4人分作りたい方は半分の量で作ってみてくださいね。
小さく丸めるのが面倒な時は、
小ぶりのパンケーキ状にして、器に蜜を添えても
ホットケーキ風で可愛いかな〜と思います(^-^)



ダーリン「この黒ごまがいいよね〜♪」

はいはい(笑)
まるで彼女を見つめるように愛おしそ〜に食べるダーリン。
あのぉ…作ったのは私なんですけど?(^-^;)

あ、焼き餅にやきもち焼いたりなんかしてませんからね!(笑)



↓写真は黒蜜をかけたもの。
惚れるのも分かるような気がするな〜と言う方は(笑)
今日も ←ポチッと一押し、
応援して行ってくださったらうれしいです。
どうぞよろしくお願いします!(^-^)

a0056451_13173764.jpg

人気blogランキングに参加しています。

by aiaicafe | 2008-10-21 13:42 | スウィーツ・焼き菓子 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://aiaicafe.exblog.jp/tb/7591232
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by まき at 2008-10-21 16:00 x
以前一度コメントさせて頂いたまきです☆
今日このレシピでおやつ作りましたぁ(^O^)
さつまいもゎないからジャガ芋でしたが..
みたらしのタレいつも味が決まらなくて微妙だったのに、aiさんのレシピの分量で超おいしいくできました(≧ε≦)★
ありがとうございましたぁ★
豚のこま切れをよくかうんですが、なにかいいレシピがあったら教えてください(o・ω・o)
Commented by ベー at 2008-10-21 17:50 x
わぁ~ aiさん、リクエストのさつまいものレシピを
アップしていただいてありがとうございます♪
さすがaiさん、すごいおいしそうで感動ですTOT 
さつまいもがまだまだ家にあるので、近々絶対に作ってみます☆
また作ったら報告しますね♪
なんて話していたら、さつまいもが食べたくなりました(笑)
今日は、芋バターきんぴらを作ろうかな~

ところで、私は、aiさんのレシピはもちろん、文章もいつも
楽しく読ませていただいております^^
関西人らしく、ノリツッコミがあったり(同じ大阪人として
これ大事です!)、いつも微笑ましく読ませていただいてます(笑)
これからも楽しいブログ、楽しみにしていますね♪
Commented by uhihihihi at 2008-10-21 21:19
みたらしタレが大好きな私は、この写真に目を奪われました!!
サツマイモのお団子なんて、珍しいですね。美味しそう♪
Commented by beadsLH at 2008-10-22 09:30 x
おはようございます。またまたツボのおやつ登場です。
さつまいも料理は結構aiさんレシピを活用させていただいて
いますが、これも好き~って感じです。みたらし風のたれも
美味しそうで、可愛いし!!おばあちゃんも喜びそうな一品
ですね~
Commented by babyskinkobo at 2008-10-22 10:43
momomamaです^^
これ、オサレです~。 こんなおやつを作ってあげておうちでホノボノもいいな。 優雅だな~。 ダーリンもみたらしが大好きなので、そのうちやってみよう。 おととい、鶉の卵でやってみました。 上手にできましたよ~! 本当においしかった~。 3人で10個つくったけど、こんどはやっぱり20個つくらなきゃだわ。 旦那に『足りん!』と言われてしまった^^;
いくらでもバクバク食べてしまいそう・・・^^;
Commented by aiaicafe at 2008-10-22 15:44
+まきさん+
早速作ってみてくださってありがとう〜!
これって本来ジャガイモで作るものだから、みたらしのタレぴったりだったでしょ?(^-^)v
おいしく食べてもらえてよかったわ♪
>豚のこま切れをよくかうんですが、なにかいいレシピがあったら教えてください
う〜ん、何百かあるので、横の→検索で「豚肉」で検索してみてくださいね。
ちなみに、我が家で最近作ったのは
「キムチご飯」と「豚肉と野菜の娼婦風」でした(*^-^*)
Commented by aiaicafe at 2008-10-22 16:10
+ベーさん+
お待たせしました!
さつまいもを買ったので早速作ってみました〜(^-^)
これね、練ってすぐ焼いたらモッチリで、
冷凍して置いたのはフワッとできましたよ。
寝かすと柔らかめになるみたい。
どっちもおいしかったわ〜(*^-^*)v
>関西人らしく、ノリツッコミがあったり
あはは!どうもありがとう(^▽^)
そう言ってもらうと、大阪人冥利に尽きますなぁ(笑)
Commented by aiaicafe at 2008-10-22 16:13
+uhihihihiさん+
これ、さつまいもの自然の甘みがおいしいの!
みたらしのタレは少〜しかけるだけで充分かも。
焼きたては最高に美味でした(*^-^*)v
Commented by aiaicafe at 2008-10-22 16:19
+beadsLHさん+
これ、なかなかヒットでしたよ(*^-^*)v
甘いものが得意でない私も、これはイケる!って感じです。
>可愛いし!
あら、ダーリンと一緒のツボね?(笑)
お団子丸めるのってなかなか楽しいのよね(^▽^)
Commented by aiaicafe at 2008-10-22 16:22
+momomamaさん+
丸くてコロンとしてて、ちょっと可愛いでしょ?(*^-^*)
味もなかなかでしたよ〜!
家族みんなでお団子作りっていうのもおすすめです(^-^)
>旦那に『足りん!』と言われてしまった^^;
あはは!あれって、一口サイズだからパクパクーっと無くなっちゃうわよね(笑)
作ってみてくださってどうもありがとう!
次回は大量生産に踏み切ってくださいね(^-^)v
<< ゴボウと豆腐の甘辛煮&砂糖の話 秋の宴&牡蠣と白菜のグラタン >>