鶏肉とカシューナッツの甘辛炒め

a0056451_16101397.jpg

鶏肉と香ばしいカシューナッツの炒め物、うちの家族の好物なんです(^-^)
シンプルに甘辛い味でお惣菜風に仕上げています。

今回はわさび菜という葉野菜を見つけたので、レタス代わりに使ってみました。
これ、アブラナ科の野菜で、ビミョーにピリッとした味があります。
解毒作用があってとても体にいい野菜だそうで(アブラナ科の野菜は全て)
特に、子宮内で炎症を起こす原因になるタンパク質を押さえる働きがあるので
女性は積極的に食べた方が良い野菜なんですって!

ベビーリーフの中に混じってたりする野菜なので、
見覚えのある方もいらっしゃるかな?
縮れた葉がなんだか可愛いですよね(^-^)
こってり目の炒め物と一緒に食べたら相性バッチリ♪
プリーツレタスやサニーレタスを使ってもGOODですよ〜






「鶏肉とカシューナッツの甘辛炒め」


【材料】

3人分

鶏肉(もも又は胸)1枚(一口大のそぎ切り)
塩少々
酒小さじ1
片栗粉大さじ1
ししとう1パック又はピーマン2〜3個(ピーマンは一口大に切る)
カシューナッツ30〜40g程度
サラダ油
葉野菜(わさび菜、レタスなどなどお好みで)

『合わせ調味料』
酒大さじ1
砂糖大さじ1
醤油大さじ1・1/2

調味料は前もって合わせておきます。





【作り方】
  

1. 【下ごしらえ】
  鶏肉は塩とお酒を振り、片栗粉を入れてよく混ぜ合わせておく。
  前もって器に葉野菜を盛りつけて用意しておきます。



2. 【炒める】
  フライパンにサラダ油大さじ2を熱し、鶏肉を炒める。
  周りが白くなったらOK!一旦取り出しておきます(余熱で火が通ります)
  油が少なかったら少し継ぎ足し、ししとうとナッツを炒めます。
  そこへ鶏肉を戻し、合わせ調味料を回し入れて一煮立ち。
  タレが充分絡まったらできあがり。
  用意した器に盛り付けて完成です!


a0056451_1611250.jpg



カシューナッツがサクサク♪と香ばしくて
美味しく頂きました〜(*^-^*)
濃い味付けのおかずはついついご飯をたくさん食べたくなるけど、
葉野菜と一緒なら安心(?)
ドレッシングいらずでちょうどいい感じでした。
お野菜いっぱい召し上がれ〜♪


人気blogランキングに参加しています。
みなさまのポチッに支えられて日々更新にがんばっております!
おいしそう〜!と思ってくださったら
Blog ranking ←_ρ( ̄  ̄*)ポチッ♪と
1日1クリックしてくださると、とても励みになります。
応援どうぞよろしくお願いします!
by aiaicafe | 2007-04-01 16:15 | 炒めもの | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : http://aiaicafe.exblog.jp/tb/5330528
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yuu at 2007-04-01 17:47 x
2回目の書き込みです(^-^)v
本当に相変らず素晴らしい食卓、尊敬いたします!!
aiさんのこの素晴らしいメニューたちには、いつも家族への「愛」が
ヒシヒシと伝わってきます・・・きっと仲の良い、素敵な家族なんでしょうね☆
aiさんのおかげで、私も盛り付けまで頑張ってみようと奮闘の毎日・・・
料理って、ちょっとした工夫や気遣いで、何倍も愛情が込められるんですね♪
益々精進できるよう、引き続きaiさんのブログを師匠として頑張りますo(^-^)o
Commented by aiaicafe at 2007-04-01 23:46
+yuuさん+
こんにちは!お久しぶりです〜♪
嬉しいコメントどうもありがとうございます。
>料理って、ちょっとした工夫や気遣いで、何倍も愛情が込められるんですね♪
そういう風に思っていただいて、このブログを書いてて本当によかったなぁって思います(*^-^*)
食べる人の事を思って作る「思いやり」って大切ですよね!
ほんの些細な事でも、がんばりはきっと食べてくれる人に通じると思いますよ(^-^)
師匠だなんて〜(^-^;)私も毎日試行錯誤ですから(笑)
お互いにがんばりましょうね!!
Commented by まりも at 2007-04-02 00:01 x
はじめまして☆
こっそりとたまに覗かせていただいております。
いつも素敵なお写真とおいしそうなお料理、そしてレシピ!!
素晴らしいです。 
また、遊びにきます~☆
Commented by べに at 2007-04-02 09:44 x
aiaiさん、おはようございます!

カシューナッツ炒め、中華に行くと頼んじゃう1品です。
そして、わさび菜。これいいですよね(^^)
近所の八百屋さんに昨年から出回っていて、見つけたら必ず買って
しまいます。
ほんのりピリッ。これがたまりません(^u^)
我が家では、かつおのたたきのサラダに頻繁に登場します。
今度は、こちらにチャレンジしてみますね!
Commented by KOIママ at 2007-04-02 09:45 x
ナッツ類はボリボリ食べるもの。。。だったので
こういう一品を覚えておくとまた素敵な料理になりますね。。。
でも本当に料理に愛情を感じます。。。♪
Commented by aiaicafe at 2007-04-02 14:46
+まりもさん+
はじめまして!
コメントどうもありがとうございます(*^-^*)
お役に立つお気に入りレシピ見つけてくださいね。
又お気軽に遊びに入らしてください☆
Commented by aiaicafe at 2007-04-02 14:50
+べにさん+
そちらの方にもわさび菜売ってますか?
うちの近所ではまだ見かけなくて、今回は少し遠出したスーパーでGETしました。
生でも炒めても使えてなかなか便利な野菜ですよね。
お気に入りの1つになりました(^-^)
又見つけたら絶対に買っちゃいます!
Commented by aiaicafe at 2007-04-02 14:54
+KOIママさん+
ナッツって、お料理に使うと香ばしさUPとミネラル補給にいいんですよ〜(^-^)
特にピーナッツとクルミは使いやすくて◎です。
クルミをトッピングしたサラダ、おいしいですよ〜♪
1〜2分チン♪してから刻んで使ってみてくださいね。
普通のサラダもスペシャルになります(^-^)d
Commented by harp☆ at 2007-04-02 21:05 x
初めまして!!
ずぅ~っと以前から拝見してましたが初コメントです。
aiaiさんの料理を見てるとすっごくわくわくします♪
ところでお聞きしたいのですが、カシューナッツ今日お店で見てきたのですが、おつまみにするような塩などで味が付いたものしかなかったのですがこれに使うにはやっぱり生とかローストしただけのものがいいのでしょうか??味付きでもこうしたらいいよとかありますか?
ぜひ作ってみたいので教えてください!!
Commented by aiaicafe at 2007-04-03 14:26
+harp☆さん+
はじめまして〜!
コメントどうもありがとうございます(*^-^*)
>塩などで味が付いたものしかなかったのですが
そうですか〜私が使ったのは、ちゅうか食材コーナーに売っていた塩無しタイプのものです。
味付きならやっぱりお醤油をもう少し控えめにしたほうがいいでしょうね。
サクサク感は最初からあると思うので、火を消す少し前に入れてサッと混ぜ合わせるだけでいいと思いますよ。
そうすればナッツの塩分もお料理自体の味には影響しないと思います。
お醤油チョッとだけ控えめでやってみてください(^-^)
美味しく出来上がりますように!!
Commented by しらインコ at 2007-04-06 17:01 x
「カシューナッツをたずねて3軒目」のスーパーでようやく購入できました♪
明日の晩御飯の予定です。楽しみだな~。
Commented by aiaicafe at 2007-04-06 17:40
+しらインコさん+
ははは!私も最近ソレよくやります。
この間歩いて片道30分もかかるスーパーまで行って来ました!
(自転車盗まれたから〜(笑))
あ、そうそう。
ナッツは、炒める前にオーブンペーパーにドーナツ状に置いて、
レンジで1〜2分チンしてから使うとサクサク感アップです(^-^)v
Commented by harp☆ at 2007-04-12 23:55 x
こんばんは!!
先日は丁寧にアドバイス頂いてありがとうございます。
なのに・・・なんですが、生のカシューナッツがget出来たので
今日晩ごはんに作りましたぁ~♪
コメントを参考にレンジで2分チンしたら少々焦がしてしまいましたが>-<;
ちゃんと様子を見ないといけませんね。。。
でも!!味はばっちりでしたぁ☆
Commented by aiaicafe at 2007-04-13 01:35
+harp☆さん+
そうなんですね!ヨカッタ〜
実は、先日お買い物してたら、製菓コーナーにも置いてあったので
「あら、こんな所にもあるじゃない!」と思ってた所だったんです(^-^;)
少し焦げちゃいましたか。じゃあ量的に1分で充分だったのかな?
美味しくできて何よりでした(*^-^*)v
<< 居酒屋aiai乙女系・かぼちゃ... タラのクリームチーズフライ・ハ... >>