鶏肝の焼き肉風

a0056451_15213584.jpg

目やお肌にいいレバー。
風邪をひきやすい季節には、
粘膜を強くするために時々は食べたいものです。

鶏肝はあまりクセが無くて食べやすいので
我が家では結構頻繁に食べています。
なかでも焼き肉風にタレに漬け込んだものは大人気。
ご飯にとってもよく合うの !(*´д`*)ハフン♪
一緒に炒める、タレのしみ込んだしんなりしたタマネギも美味しいんです。
もちろんビールやお酒のおつまみにもオススメです♪




「鶏肝の焼き肉風」


【材料】

2〜3人分
鶏肝(レバーと心臓)200g
タマネギ小1/2個
サラダ油大さじ1/2

『漬けダレ』
醤油大さじ1
酒大さじ1
みりん大さじ1・1/2
生姜(すり下ろし)小さじ1/2
ニンニク(すり下ろし)小さじ1/3

あればネギ、一味唐辛子など



【作り方】


1. 【洗って切る】
  レバーはよく洗い一口大に切る。
  心臓は半分に切って中の血をよく洗い流す。


2. 【タレに漬ける】
  漬けダレをあわせ、肝と切ったタマネギを混ぜ合わせて
  10分以上漬けておく。
  

3. 【炒める】
  フライパンにサラダ油を熱し、肝をタレごと入れて炒める。
  押してみて弾力があり(柔らかい時はまだです)
  お箸を突き刺してみて、赤い肉汁が出なくなったらOK!
  (あまり長く炒めすぎると堅くなるので注意)
  お皿に盛って、ネギや一味唐辛子をお好みで振りかけてできあがり!


a0056451_15222987.jpg



人気blogランキングに参加しています。
ワンクリックしていただけたらウレシイです!どうぞよろしくですm(_ _)m


鶏肝は、普通レバー2片と親指の先くらいの
心臓1個がくっついた状態です。
ちょっと苦手だなぁって言う方は、
スーパーなどで下処理をした物があると思います。
それを利用すると楽です(^-^)

生姜とニンニクの風味が食欲をそそるんですよね〜♪
レバーが苦手な方も、焼き肉感覚で食べていただけるかも!
砂肝とか他のお肉でももちろん美味しくできます。
ついついご飯を食べ過ぎないように!

by aiaicafe | 2006-02-22 15:27 | 炒めもの | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : http://aiaicafe.exblog.jp/tb/3237747
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ハナ at 2006-02-22 15:37 x
はじめまして!
鶏のレバー大好きなんです!こんな食べ方もあるんですね。
家はいつも甘辛く煮て食べていました。
今度真似して作ってみてもいいですか~(^^ゞ
Commented by hanamaru-mako at 2006-02-22 18:04
こんにちは、またお邪魔します。
いつもaiai@cafeさんのレシピを見て、参考にさせていただいてます。
手羽のスープも美味しかったです。
色々作りたいもの一杯!!
私の駆け込み寺みたいです。本当にありがとうございます。
クリッククリック!!です。
Commented by aiaicafe at 2006-02-22 19:53
+ハナさん+
はじめまして〜♪
甘辛く煮たのって、生姜を少し入れたのですよね?
私も昔はそればっかりでした〜(笑)
母が、砂肝をタレに漬け込んだのをよく作ってくれたんです。
それを思い出して作ってみたら美味しかったので
それ以来こればっかり(笑)
たまねぎが入ると甘みも加わって美味しいですよ!
ぜひやってみてくださいね(*^-^*)


+hanamaru-makoさん+
こんにちは!
手羽先スープ美味しくできましたか?よかったー!(*^-^*)
駆け込み寺ですか!(笑)
そう言っていただけると嬉しいです。
ブログ書いてて良かった〜!(笑)
これからも頑張りますね。どうもありがとう♪
Commented by りりー at 2006-07-09 00:24 x
お肌によくて、粘膜を強くしてくれて、ダイエットにもいい玉ねぎ入り!
これを見逃すことはできず作ってみました。
鶏の心臓とレバーを料理したのは初めてでしたが、思ったより簡単で
クセもなくて美味しかったです(^^)
Commented by aiaicafe at 2006-07-09 03:27
+りりーちゃん+
思ったより簡単でしょ?
ちょっと焼き肉風で、レバーはちょっと…っていう人も食べられそうな味だったでしょ(^-^)
又色んな素材でアレンジしてみてくださいね!
<< アップルチーズロール 水菜と豆腐のハリハリ風 >>