アツアツ♪鍋焼きピビンパ

a0056451_14555977.jpg



めったに雪が降らない大阪市内も、
明け方に降ったのか?
昨日の朝は珍しく雪が積もってました。

たった3cmほどでしたけど(^▽^;)
太陽が照って雪が溶けてきたら
屋根に積もっていて一気に溶けた雪が
雨樋の角から溢れてボタボタと…

太陽が照っていたから「良いお天気ね〜♪」と
洗濯物を外干ししていた私。
降ってくる大粒の水滴に「雨!??」と、
大慌てヽ(´Д`ヽ)(/´Д`)/ぁゎゎ

結局はお風呂場乾燥室行きとなりましたが(汗)
3cmでコレじゃあ情けないなぁ
という気持ちでいっぱい(´~`;)

あのすごい雪が一気に溶けたら…
積雪の多い地方じゃ
雪が溶けたら溶けたでまた大変なんでしょうね。
気象ニュースを見ながら考えてしまいました。


さて!今回は、体が温まるご飯です。
スキレットやフライパンを使った鍋料理!
もうお馴染みになってしまった韓国料理のピビンパ。
これ、鍋ダシも使わなければ
白菜なんかの葉野菜も使いません。

が!モヤシや根菜類なんかのお野菜たっぷり〜♪
お肉も入って栄養バランスはバッチリだし、
なんと言ってもジュジュ〜っとアツアツをいただけるのが
最高なんです( ^ー゚)♪


アツアツに焼いた石の丼でいただく石焼ピビンパは
寒い韓国ならではのご飯ですよね。
フライパンを使って、家庭でも簡単に楽しめないかなぁ…と、
一度お料理教室でレッスンしたことがありました。



おいしそう~♪と思ってくださったら
↑ポチッと一押しよろしくお願い致しますm(_ _)m
a0056451_14564911.jpg

大きなソテーパンで作ったピビンパは5人分!
ジュジュ〜っと目の前で焼きながら混ぜていると、
部屋中においしそうな香りが…♪

生徒のみなさんからも
「早く食べた〜い!」コールが出るほど(笑)
大好評メニューでした(*^-^*)
a0056451_14564690.jpg

レッスンでは、数種類のナムルを大きな器に盛り付けました。
一人ずつの盛り付けも、それはそれで素敵だけど、
おもてなしにもOKなくらい豪華に見えますよね〜(´∀`*)

ピビンパは、まずお野菜やキノコを使ったナムルを何品か作りますが、
全て個別に味付けするので、
そこがちょっと「めんどう」だと思うところ。
ですが!お家で食べるのなら
そんなにたくさんの種類が揃わなくても大丈夫!
ちょっとした焼肉風のお肉と、
2品くらいのお野菜があれば
かなり美味しいピビンパができあがります(*^-^*)v

思う野菜が手に入らなければ、
そぼろ風に炒った玉子を使っても良いし、
トップ画像のピビンパは、
前日に食べたナムルの残りで作ったもの。
なので量のバランスが悪いですが(汗)
ピビンパって、混ぜるものなので
(ピビン=混ぜる という意味)
ナムルの数はそれほど重要じゃないのです。

それに、最近はスーパーに行くとお惣菜として
セットになったナムルが売られてますよね。
そういうのを利用するのも手だと思いますよ〜(^-^)v

2人家族の我が家は、大きな鍋で食べるには量が多過ぎるので
今回は小ぶりのスキレット(鉄製鍋)でいただきました。



a0056451_15544070.jpgまず、スキレットを弱火にかけて
温めながらご飯を広げます。
ナムルを均一に乗せたら、
中央に玉子をトッピング。
火を弱めの中火程度にして、
温まってきたら鍋の縁にごま油を回し入れます。
ジュージューバチバチ音がして
良い匂いが漂ってきたらできあがり。
(ナムルの作り方はこちら

これ、なるべく熱いうちに
スプーンでガガーッとかき混ぜてからいただきます。


ちなみに、我が家で食べたナムルは
ほうれん草、大豆モヤシ、きゅうりの3種。
焼肉風なのは牛肉じゃなくて
ミンチ風の大豆たんぱくで作ったナ〜ンチャッテなのでした(笑)
a0056451_14563993.jpg

a0056451_14570181.jpg

海苔をいっぱい乗っけて…
今期初めて作った粕汁と。

マシッソヨ〜♪(*´д`*)ハフン♪
日本がんばれ〜!




←孫猫ロボたんをポチッと一押し
今日も応援して行ってくださったらうれしいです。
どうぞよろしくお願いします!(^-^)

人気blogランキングに参加しています。




by aiaicafe | 2018-02-13 16:36 | ご飯もの | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://aiaicafe.exblog.jp/tb/238323407
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
もつ鍋レシピ >>