つくねとカブの葉のオイスターソース炒め

a0056451_22311748.jpg



もう2月もあと少しで終わりです。早いですね〜
まだまだ春の気配は全然無い…と思ってたけど、
気がつけば、日が沈むのが少し遅くなって来ましたよね。
あと1ヶ月ほどで春分の日。
そこからは多分大急ぎで暖かくなって行くのかなぁ
と思うと、待ち遠しい気持ちでいっぱいです(^-^)

さて、しばらく更新をさぼっちゃったので(汗)
時間のある時に書かなくちゃ!
ということで、今日の晩ご飯をアップです(* ̄‥ ̄*)=3


今月は、レッスンで白い冬野菜が色々入ったクリームシチューを作ってます。
その中の一つにカブがあるんですが、白く仕上げるために葉の部分は使わないんですよね。
でも、「葉も食べられるから、買うときは葉がおいしそうなのを選んでね!」と
みなさんにはお話してるんです。
で、具体的にはどういう風に?
ということで、今回はカブの葉を使ったおかずです。
ミンチ肉で作ったつくねと一緒に、オイスターソースで炒め煮にしてみました。
我が家では、油揚げと煮浸しにしたり、
細かく刻んで立て塩にして、胡麻と一緒にご飯に混ぜ込んで菜飯にしたりするんですけど、
味付けをちょっと変えると飽きずに食べられます(*^-^*)v
これ、見た目はハンバーグみたいだけど、
もっと気軽にできる『つくね』なんですよ〜
しかもフライパン1つでパパッと作れちゃうんです。
緑黄色野菜たっぷり♪
なかなか良いおかずになるので、カブはシチューやスープ煮などにして、
残った葉もしっかり堪能してみてくださいね(^-^)v



人気ブログランキングへおいしそう~♪と思ってくださったら
  ↑ポチッと一押しよろしくお願い致しますm(_ _)m

a0056451_2231228.jpg





「つくねとカブの葉のオイスターソース炒め」


【材料】

3人分

カブの葉適量(5cmくらいに切る)
ごま油大さじ1
生姜みじん切り大さじ1/2
日本酒大さじ2
みりん大さじ1
オイスターソース大さじ1
醤油大さじ1/2

『つくね』
ミンチ肉(豚、鶏、牛豚などお好みで)200g
粗塩、コショウ各少々
日本酒大さじ1
片栗粉大さじ1
刻みネギ大さじ2

好みでお砂糖を少し加えてもOK


【作り方】

1.【つくねを作る】
  ボウルにミンチ肉と片栗粉以外の調味料を入れ、手早くグルグルとよく練る。
  粘りが出たら、片栗粉を加えて混ぜ込む。
  等分し、中央を少しへこました小判状に形作る。



a0056451_22311959.jpg2.【炒める】
大きめのフライパンにごま油を熱し、生姜を炒める。
香りが立ったらつくねを並べて焼き始め、
空いているところでカブの葉を炒める。



3.【仕上げ】
  カブの葉がしんなりしてきたら、調味料を加えて味を整え、
  つくねにも絡めてできあがり。





大人ばっかりの我が家。
それぞれに仕事があって、最近は帰宅時間がみんなバラバラ(^▽^;)
それほど困る事は無いんですが、一番の問題(?)は、
鍋物ができないって事!
いや、全くできないことは無いんですけど〜…

でも鍋物って、やっぱり一緒に食べないと、
鍋の残りをつつくのって、なんとなくおいしくなさそうですもんね(^▽^;)ははは
それと、締めにおうどん入れたり、雑炊したりができないし。
と言う事で、毎日寒い日が続くのに、鍋はお正月に1度食べたきり。
鼻水が出るくらい温まりたくて(笑)
今日は無理矢理に鍋!そう、1人鍋でありました。

a0056451_22312489.jpg小さい土鍋に一人分ずつのキムチ鍋。
これ、小さいけど、ちゃんと火を止めても
しばらくはグツグツ煮えてるんですよ!
具を全部食べてから、
最後に十六穀米ごはんを入れて
雑炊風にしていただきました。

はふ〜!温まった〜♪
家族の分は、お鍋に具をセットしといたから、
私が居なくても火にかけるだけでOKと言う具合。
まだもう少し寒い日が続きそうだから
具を変えてまたやろうっと!
今年も風邪知らずで乗り切るぞ〜おー(・∀・)ノ



温まりそう!と思ってくださったら
今日も ←ポチッと愛の一押しを!
どうぞよろしくお願いします(^-^)

人気blogランキングに参加しています。
by aiaicafe | 2013-02-26 00:13 | 炒めもの | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://aiaicafe.exblog.jp/tb/17373104
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 新じゃがで!ソーセージと豆の塩煮 3月のレッスンは春いっぱいの洋... >>