ソーセージスティックパイ

a0056451_1548472.jpg



昨日は、久しぶりにスカーっとお天気が良くて、
ダーリンと二人で床のワックスがけに精を出してました。

ダーリン「膝いた〜〜〜(x_x;) 」

ai「私の方が痛いよ、腰いた〜〜〜〜 (≧ε≦)ノ 」

ダーリン「僕なんて、膝と腰両方痛いよ。」

這いつくばって床を磨いたもんだから、思わず
どっちが痛いとこ多いか自慢です(^▽^;)
年寄りはこれだからや〜ね(笑)

でも、がんばった甲斐あって床はピカピカ♪
奇麗になると気持ちがいいもんですね。


さて、今年も残すところあとわずか。
お正月の準備でばたばたしてる方も多いかな?
私も、今日はおせちの材料なんかを買い出しに行ってきました。
昨日と打って変わって、思いっきり雨で寒かった〜〜〜!(T^T)
今晩から仕込みを初めて、明日はおせち作りに励む予定。
ベイシックなお煮染めひょうたんだし巻き玉子なんかを作りますよ〜。
それから年越し蕎麦も♪
みなさんもぜひトライしてみてくださいね( ^ー゚)♪


今年最後のレシピになるかも…な今回は、
ダーリンからのリクエストで作ったソーセージのパイであります。
これ、「これで甘くないパイ作れるの?」と、
なぜか彼が冷凍パイシートを買って来たんですよね。
どうやら、パイは生地にお砂糖が入って甘い=お菓子と思い込んでいるらしくて(^-^;)
生地にお砂糖は入らないし、中に入れる具が甘いとお菓子になって、
塩っぱいものを入れたらおかずパイ(と言うかスナックと言うか)になるっていうことを説明。

ダーリン「そっか〜!じゃあとりあえずソーセージの入ったのが食べたい!(* ̄‥ ̄*)=3」

というわけで、
簡単にできるスティックパイを作ってみました。

ダーリン「お、なかなかいけるね♪(*^-^*)v」

どうやら気に入ってくれたみたい(*^-^*)
でも…なんとな〜く、冷凍パイシートばっか買ってきそうな予感(笑)



人気ブログランキングへおいしそう~♪と思ってくださったら
  ↑ポチッと一押しよろしくお願い致しますm(_ _)m

a0056451_15484990.jpg



「ソーセージのスティックパイ」


【材料】

3人分
粗挽きソーセージ4本入り1パック
冷凍パイシート2枚(19cm×11cm程度の大きさ)
溶き卵1個分
粉チーズ適量
バジルペースト小さじ2
カレー粉少々
粒マスタード(お好みで)適宜

粉チーズは溶けるチーズでも。


【作り方】

a0056451_15485285.jpg1.【ソーセージを挟む】
パイシートは室温に10分くらい置き、
ソーセージが乗るくらいの大きさに麺棒で伸ばす。
もう片方のシート(かぶせる方)は、一回り大きめに伸ばす。
ソーセージを並べ、空いているところに溶き卵を塗る。
好みで粉チーズやカレー粉、ハーブなどを振り、
もう片方のシートをかぶせる。




a0056451_1548556.jpg2.【焼く】
ソーセージを1本ずつに切り離し、回りをフォークなどで押さえる。
切り目を入れ、つや出し用のたまごを塗って、
210度に予熱したオーブンで10分くらい焼く。
全体が膨らんだら、温度を190度に下げ、
奇麗な焼き色が付くまであと10分ほど焼いてできあがり。





これ、2本はカレー粉を入れてチーズカレー風味に。
もう2本は、バジルペーストを入れてイタリア〜ン(笑)な風味に。
チーズだけでもいける味ですが、
たくさん作るときは何かお気に入りのハーブなんかを振ってみてくださいね。

焼きたてはさっくりカサカサ♪
食べるとソーセージがジュワーッとしてて、オツな味。
ワインなんかにも合いそうですよ。
お正月に、ちょっとつまむのに良いかもしれません。
煮リンゴを挟んでアップルパイも良いかな?
さぁ冷凍パイシートを買いに走れ〜〜〜(笑)



今年もaicafeを見てくださって本当にありがとうございました。
おいしいものをいっぱい作れるように、来年もがんばります!
みなさんも良いお年をお迎えくださいね。


藤島あい




今日も ←ポチッと一押し、
応援して行ってくださったらうれしいです。
どうぞよろしくお願いします!(^-^)

人気blogランキングに参加しています。
by aiaicafe | 2012-12-30 17:04 | グリル・焼きもの | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://aiaicafe.exblog.jp/tb/17070460
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< おめでとうございます! 我が家のクリスマス2012 >>