大しめじで!豆鼓炒め

a0056451_18302378.jpg



最近、多肉植物にはまってる娘。
植物を置いてるインテリア雑貨屋さんなんかを通りかかろうものなら、
「なんか可愛いのあるかなぁ」と、かじりついて動かなくなるくらい。

あ、多肉…って、食べる植物ではありません(^▽^;)
サボテンみたいな感じの植物のことですから念のため。
なんだか形が可愛らしかったり、変なの〜!っていうのもあったりで(笑)
娘、お気に入りを寄せ植えにして楽しんでるみたい(^-^)


a0056451_18304154.jpg「勝手に水やったりしないでね!」と、
彼女が可愛がってる鉢植え。
ふと見ると、にょっきりキノコがっ!!!

なんじゃこれ〜Σ(・ω・ノ)ノ

「これ、昨日は無かったよね?
一晩で生えたのよね?(汗)
なんのキノコだろう???」

なんだかみょ〜に多肉植物と馴染んでるけど(笑)
キノコに栄養を取られるような気がして、
抜こうということになりました。


手で触るとただれるくらいの強い毒キノコもあるらしいので、
ピンセットで引っこ抜いたらこれがなかなか!
根っこが深くてびっくり〜w( ̄△ ̄;)w
スマホのなめこみたいにポンポン抜けません(笑)
で、その後抜いても抜いても生えてくる…
きっと胞子がいっぱい散ったのね。


a0056451_18302825.jpgその日の晩ご飯は、謎のキノコ…じゃなくて(笑)
『大黒本しめじ』って言う、
デッカいしめじをいただきました。

これ、ダーリンが買って来たんですけど(^-^;)
1パックに4本入りの迫力の太さ!!

でもこのままじゃ太すぎるから
結局は切らないとね(^▽^;)ははは



極太のしめじは、お豆腐やアスパラと一緒に、
豆鼓風味の炒め物になりました。
エリンギみたいに歯ごたえしっかり!で、
なかなか美味でありました♪(^-^)v



  人気ブログランキングへおいしそう〜♪と思ってくださったら
  ↑ポチッと一押しよろしくお願い致しますm(_ _)m

a0056451_1830346.jpg



「豆腐としめじの豆鼓炒め」


【材料】

3人分

豆腐1/2丁(食べやすい大きさに切る)
しめじ1パック
グリーンアスパラ1/2束(5cmのななめ切り)
豆鼓大さじ1(粗みじん切り)
生姜みじん切り小さじ1/3
太白ごま油(白締め油)又はサラダ油大さじ2

『合わせ調味料』
スープ100cc(水+鶏ガラスープの素小さじ1程度)
日本酒又は紹興酒大さじ1
塩(粗塩)小さじ1/3
醬油小さじ1/2
片栗粉大さじ1/2

合わせ調味料は、材料を全て合わせて前もって作っておく。



【作り方】


1.【焼く】
  フライパンに太白ごま油(大さじ1)を熱し、まず豆腐を焼いて焦げ目を付ける。
  焦げ目が付いたら一旦器に取り出す。
  
2.【仕上げ】
  フライパンに大さじ1の油を足し、生姜と豆鼓を炒める。
  香りが立ったらしめじを炒め、油が回ったらグリーンアスパラと豆腐を戻して炒める。
  しめじがしんなりしてきたら、最後に合わせ調味料を回し入れて絡め、
  とろみが付いたら器に盛り、白髪ネギを添えてできあがり。





今回は、レッスンで使って残ったお豆腐を利用。
ネギは生徒さんが魂を込めて(笑)切ってくれた白髪ネギであります!
実はこれ、以前厚揚げと椎茸の豆鼓炒めでアップしたものと
作り方はほぼ同じなんです。
なので厚揚や他のキノコを使ってもおいしくできます。
豆鼓(とうち)を使うと、かなり本格的な中華に仕上がりますから、
ぜひトライしてみてくださいね。(^-^)v



いつも応援ありがとうございます!
みなさんの応援が励みになっています。
今日も←ポチッと一押し、
応援して行ってくださったらうれしいです。
どうぞよろしくお願いします!(^-^)

人気blogランキングに参加しています。
by aiaicafe | 2012-08-20 19:37 | 炒めもの | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://aiaicafe.exblog.jp/tb/16002060
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2012-10-15 18:43
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by aiaicafe at 2012-10-16 09:29
+非公開コメさん+
はじめまして^^
お役に立ったら嬉しいです。
またいつでも遊びにいらしてくださいね〜!
<< オイルサーディンで簡単おつまみ... 中華エスニックで!9月のお料理... >>